言い訳しながら報告します

現役の学校栄養士が写真とイラストで報告する、言い訳の日々。

 

ナンモクムラ


Category: 日々の出来事   Tags: ---

20170814南牧村






ナンモクムラ。

漢字で書くと「南牧村」は、群馬県と長野県の県境にあり、川を挟んで小さな集落が点在している。前回の記事の白駒池に行く前に、南牧村を訪ねていた。

あえてカタカナにした訳は、ここ群馬県ナンモクムラから車で約1時間30分、長野県側に「南牧村」と書いてミナミマキムラがあるから、両方ご存知の方がいたら、「ハテ、どちらの話だろか?」
余計なお世話だろうけど、まずワタクシがネットで南牧村と検索するとどっちの話かわからなくなったからでして、はい。

なので、ここから先は南牧村と書けば群馬県南牧村のこととご理解ください。

南牧村は石垣が特徴で、小さな集落が点在する村内は、いつ重ねられたかわからない古そうな石垣の上に立つ家がとても多い。
それだけ急斜面で平らな土地がなかったところ、なんだろか。

この1枚の写真だけだと、日本全国どこにでもある山里と思える。

しかし南牧村は知る人ぞ知る村。

「日本で最も消滅が近い村」。民間シンクタンクにこう名指しされたのが群馬県南牧村だ。65歳以上の高齢者が村民の58%、75歳以上でも41%を占める。その一方で、若い女性は今後30年間で9割減る。
(日本経済新聞2015年11月10日「消滅する」と言われた村」より抜粋)

約2000人の村民のほとんどが高齢者、と聞くと重い気持ちになるけど、「最も」という言葉で括られたからであり、日本全国同じ悩みのところはゴマンとあるはず。
何と言っても東京だって豊島区は消滅の危機と名指しされてるし。

マイナスイメージは拭えないにしても、この村は如何にもという古刹があったり、水がとても豊富でそこかしこに美しい川と滝がある。
登山を伴うハードなものは最初から無視し、根性無しでも車を降りてとっとと行ける滝を求めていくつか訪ねたけど、どれもが独特の特徴があって素晴らしい!





20170814南牧村02




上の写真の右上は「線ヶ滝」で、これだけ見れば一直線に伸びてるだけのチョロそうな雰囲気。ところがどっこい!確かに車を降りて急坂を数分降りたら落差35メートルのこの滝の姿が拝める。

しかし、滝つぼ近くまで行こうとすると、ほぼ直角の断崖絶壁に沿ってありえない急角度の狭っまーい螺旋階段を急降下し、さらにかなりの高さの鉄ハシゴを降りねばならない。
高所平気症のおたぬきでも、勘弁してくだせえましお代官様!とビビる始末。
ええ、降りられませんとも!(降りなかったではない、降りられなかったのだ)
その螺旋階段と鉄ハシゴが下の写真




20170814南牧村03




よく分からないのは、この螺旋階段&鉄ハシゴのシステムは、滝壺まで行かせたいのか行かせたくないのか?どっちなんだろかと考えてしまう。

おそらくこの日、線が滝を訪れた人はひと桁・・・いや、もしかしたら??

残念なのは村の滞在時間は約6時間。
超駆け足で村を通り抜け、まだ見ぬ南牧村があちこちにあり心残りなこと。

いつかまた、違う季節にここを訪ねようと思うおたぬきでございました。

南牧村 滝めぐり(南牧村公式サイト)




20170814グデグデ





にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

苔の森


Category: 日々の出来事   Tags: ---

20170807苔






以前から「いつか」と思っていた長野県の白駒池に行ってきた。

ここは今だとJR東日本のCM(吉永小百合の「大人の休日倶楽部」)の森、といえば「ああ、あの!」と思い出される方もいるかもしれない。

白駒池の入り口から入るとすぐに苔の森が広がり、そのまま進むと池の周りを一周する形になる。

横岳、赤岳などの北八ヶ岳の登山ルートの入り口になるこの森は、お気軽に池の周りを散策するワタクシの横を、3倍くらいの歩幅とスピードでかっ飛ばす登山者の姿も多い。

こちらの目的は苔の森。
右を見ておーっ!左を見てほーっ!となかなか前に進まない。

中でも「もののけの森」と名付けられたところは幻想的な苔の森で、ここで一晩過ごせと言われたら絶対に無理!(本日の写真はその「もののけの森」の一部)

自然が長い時間かけて作った苔の芸術。

できれば紅葉の時期にまた訪れたいと思った深い深い森と緑でした。





20170807池




東京からだと中央自動車道または関越&上信越自動車道で約3時間
標高2000メートルを超える白駒池は一周約40分
木道を歩くコースが多いので滑り止めのある靴が安全

この日の天気予報は雨
苔と雨の組み合わせは理想じゃんと思ってたし、実際、濃い霧の中の車の運転は視界10メートル
ところが2000メートル以上となると雲の上?
少しばかりスッキリしすぎでございましたが、雰囲気は上々でございました





20170807ぐうたら





にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

自主カチカチ山


Category: 日々の出来事   Tags: ---
20170729お灸






ふと気づけば首筋がコリコリで首が左右に回らない。

借金はとりあえずないつもりだけど、職場の方の勧めで整形外科に行きレントゲンを撮ってもらった結果、首の骨そのものは「経年劣化」程度。

要は猫背というか、肩が前に出てる姿勢が続いてしまい、姿勢が悪くなってるのも大きな原因の1つと指摘され、これには思わず納得。

解消法としては肩甲骨周りもそうだけど、鎖骨付近の緊張を和らげる必要もあると言われ、押してみるとヒーッ!と仰け反るような痛み。なるほどね、こいつだったか・・・

筋弛緩剤という恐ろしい名前の薬ももらい、飲むと確かに楽になる。
楽になるけど一生これじゃあシャレにならない。

で、ふとしたきっかけでお灸をやってみた。

即効性はないけど、希望も込めてチビチビ効いてるような気もする。

たぬきが自主的にカチカチ山。
結果、煙でいぶされてゲホゲホ、安い空気清浄機じゃ間に合わない。

おたぬき村はただいまお灸という煙幕に包まれております、やれやれ。






20170730暑中





にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

みどりの窓口


Category: 日々の出来事   Tags: ---

20170726国鉄






先日、上野の国立科学博物館に行ってきた。

屋内の涼しいところならばよかろうという考えでチョイスしたのだけど、親子連れで賑わってたし、チビッコの阿鼻叫喚が聞こえてくると汗がどっと吹き出し・・・いや、泣くのも叫ぶのも子供の特権、何も言うまい。

そんなこんなの国立科学博物館、もちろん初めてじゃないけど頻繁に行くところでもなし、前回行ったのは5〜6年前?展示内容も雰囲気も変わってて、へーっと思うこともしばしば。

おそらくその時々の興味の変化もあるのだろうけど、こんな展示があったっけか?なんてものも多々あって、なかなかよろしい(上から目線)
何と言っても昭和6年の本館建物はそれだけで素晴らしい。

懐かしいものもいろいろあったけど、中でも目を引いたのはこのシーン。

全くもってアングルが悪すぎるのだけど、このお兄さんのお仕事は「旧国鉄みどりの窓口の発券端末」

四国のおたぬき村で待つ爺婆たぬきに会いに行くのに、切符を購入するため親は大汗をかいてみどりの窓口に並んだたっけなあ。
そんな思い出が浮かんできてしまった。

日本初のオンラインシステムが「みどりの窓口」
今も名前は残ってるけど、昔のレトロなシステムには、開発にも機械にも莫大な費用と膨大な知恵が詰まってたに違いない。

今では自宅でネット予約、スマホでチケット予約
これが当たり前ってんだから、昭和の思い出と言ってしまえばそれまでのこと。

料金以上の見学してやろうとのスケベ根性
足を棒のようにさせながらもあっちを見ては、へーっ!こっちを見ては、ほーっ!

結果、帰宅と同時にヒローコンパイでヘロヘロでございましたです。

国立科学博物館





20170726ミドリ





にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

今週の願い事


Category: 給食の話   Tags: ---

20170717ブンブク






なんやかんやで今日は海の日。

東京は朝方にザーッと久々の雨が降ったけど、あっという間に止んじまった。

日本全国、どこでも酷暑と言われ、昭和の学校も頭の上から湯気出してます。

4階建てのコンクリート製のくせして、屋上部分は相当病んでるらしく、雨が降れば廊下で雨漏りがひどくてバケツが総動員だし、何より4階の教室が暑いこと!
ここで勉強せい、と言われたら「無理!」と即答しちまう。

給食室も高温だけでなく、吸気と排気のバランスが悪いので、必要以上に湿度がこもるのがトホホ。

いや、トホホなんて緩やかな嘆きを言ってる場合じゃなくて、この状況で食べるものの管理をしろと言われても限界もあり、とにかく1日も早く給食終わって欲しい、その一心。

なんてボヤいてたら今週で1学期の給食終了じゃあないか。

4月は先の長さに気を失いそうだったのに、まあ、早いこと!

無事に今週が過ぎますように、願うのはそれだけでございます。





20170717茶釜01





にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

たなばた


Category: 給食の話   Tags: ---

20170707たなばた






7月7日は七夕(たなばた)

チビッコの頃、なんとなく乙女チックな雰囲気の漂うこの日が、一年の中でもスペシャルな1日の雰囲気がバリバリなことだけは分かってた気がする。

なぜか竹に飾り付けをする日。
なぜか「笹の葉サラサラ〜」と歌う日。
なぜか素麺を食べた日。

今は7月7日、素麺を出す立場になってしまった。

そして中学生からは「素麺かよー!」の眼差しを向けられる。

そんなこんなで、主食の素麺はいつからか「素麺汁」として、ほんの少量をすまし汁の具として使うようになってしまった。

これじゃあ願い事をしても、届くものも届かないかも・・・

なんて素麺の量であれこれ画策してしまうおたぬき。

七夕は、汚れた心を洗い流す日に変わったのかもしれませぬ。





2017707願い事





にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

画鋲


Category: 学校の出来事   Tags: ---

20170702貼る






家庭で使わなくなったものの1つに画鋲があると思う。

少なくともワタクシのゴージャスな生活の中では画鋲の存在は無い。
あっても頭がプラスチックの画鋲・・・これも画鋲なんだろうけど・・・ここで言うのは金属製のアレ、昭和生まれの方ならピン!ときていただけるはずの、アレ。

先日、壁に貼ってある古い写真を外そうと思ったら、画鋲がそりゃもう根性でひっついてて、うんともすんとも動かない。と言うか、壁にめり込んじまってる状況。

画鋲外しでウンウンと格闘すること数分、ピッ!と飛び出し、ポロっと落ちて思わず手の平を出したら、痛えのなんの!

ピンの部分がサビきってる画鋲にやられるとは・・・

思わず「負けた」と口走ったおたぬき。

昭和の学校では、長年のお勤めで錆びたり変色した画鋲が現役バリバリというお話。

お粗末様でございました。





20170702吸盤





にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

カチカチ


Category: 給食の話   Tags: ---

20170625カチカチ





最近は給食現場でもガスコンロに変わってIHが多くなっている。

ガスコンロはアレルギー食を作るときには必要。
いわゆるフツーのガスコンロを使っている。

しかしこれがIHだと、使わないときはしまう、という離れ業が使えるので
作業台も有効活用できる可能性が高い。

昭和の歴史ある給食室。
最近このガスコンロが火が点かなくってね。
点火用のダイヤル?を回しても、カチッ!カチッ!と音がするだけで、チャッカマンを持ち出してボッ!となるのだから、トホホ

「IHになる日はいつかなあ」、なんて呟いても無駄な話。

明日もチャッカマンが活躍してくれるのであります。




20170625かちかち山01





さてさて、本日の写真は富士山を望むカチカチ山(天上山)からの眺めでございます。
名物?のオブジェと富士山はなかなかのものでしてね

それにしても昔話カチカチ山、そして太宰治がカチカチ山?!
中年おじさんと美少女・・・そうですか、太宰治、思う節があったんだろうなあ

ガスコンロのカチカチ音を聞くと、この話を思い出す・・・こともないか(^^;)

(小さな字で読みづらいですが写真をクリックすると画像がでかくなります)

河口湖天上山公園カチカチ山ロープーウェイ




201706カチカチ




20170626カチカチ





にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

関東の実力


Category: 給食の食材   Tags: ---

20170617合鴨





地産地消の言葉を聞いて久しい。

で、地産地消の範囲はどこまでなんだろか?
目の前の畑と言いたいけれど、東京都区内であればそれは無理。

そこで広範囲に関東と考えると、これがまあ、びっくりするくらいの実力県揃い。
農業だけでなく、漁業、畜産、林業でも頑張ってくれている。

特に茨城県と千葉県の実力は大したもので、東京はこの2県に食べさせてもらってるようなもん、そう言い切っても過言じゃないと思う。




20170617関東農業





この表は農林水産省が発表しているもので、産出額ベースのランキング。
ここでいう1位は「全国で1位」、そうなると相当数だもの。

茨城県がメロン全国ナンバーワンは以前から知ってたけど、サツマイモは鹿児島だと思ってたらこれも茨城、千葉はさすがふなっしーの故郷、梨が全国ナンバーワン(私は鳥取だと思ってた)

また茨城県や千葉県は大きな漁港があり、サバとイワシの水揚げもナンバー1

1位に限らず上位ランクを含めるとさらにすごいと思ってしまう。
東京が近県の農家さんに食べさせてもらってるのは事実、逆に大量に作っても東京が大量消費してくれるからという見方もできるかもしれない。

また、支えてもらってるなと思うのは、日々、普通に食卓で食べるものが並んでいることだろう。生徒たちにも知ってもらいたくて、これらのナンバーワンを並べた給食を作って改めて紹介してみた。

全国各県、各地域でナンバーワンがあり、それがご当地ものになり、おいしさをおすそ分けしてもらっている。

小さな日本の国土、贅沢な日常食を味わえる幸せを再確認でございます。



20170617料理





にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

西の国から


Category: 給食の食材   Tags: ---

20170612水やり







給食で初物を口にする。

いやらしい話だけど、実際にある話でして、今時期だとスイカがまさにそう。

不思議なものでちょっと暑いな、暑くなったなと肌が感じるとスイカが美味しそう!食べたい!となるのだから人体の不思議、脳みそのミステリーだろか。

スイカは英語ではWaterMelon
漢字では西瓜

なんでも日本語変換しちまえば、「水メロン」となる英語は笑っちゃうけど、西瓜?
西ってどこだよ!

なんでもいちゃもんつけたいおたぬきは、この日もスイカに詰め寄ったところ・・・

スイカの原産はアフリカ、中国より西の方から伝わった瓜なのでスイカを西瓜と呼ぶそうになったのです。

小さな声でスイカが答えてくれました。

答えてくれたのはウェブサイト、おたぬき、決して怪しい者ではござらぬよ。

旬の食材百科 スイカ より





20170612キル





にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

08

10


 
プロフィール
現役の学校管理栄養士の日記です。

管理栄養おたぬき

Author:管理栄養おたぬき
現役の学校栄養士の日記です。

初心者マークの写真とイラストで給食、日常、おとぼけ話などを書いています。

 
カウンター
 
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...