言い訳しながら報告します

現役の学校栄養士が写真とイラストで報告する、言い訳の日々。

 

ゆく年くる年


Category: 日々の出来事   Tags: ---

20171230アナウンス






うっかり過ごしてたら、いつの間にか2学期が終わってた。


あーだこーだと並べても、仕事上は大きな事故や事件がなかった。
なかったはず、と思うし、これが何よりのことかな。


すぐそこに2018年が揉み手をして待ってる雰囲気。
きっと来年に引き継がなきゃいけないことだってあるはず。
ところがどっこい、それがなんなのか?すぐには出てこないのがトホホ。

いやいや妙齢の乙女にとって、健康であること。
誰にとってもこれが何よりの引き継ぎ事項!だよね。

おそらくこれが本年最後の記事となりますが・・・

2017年、皆様のご訪問、温かいコメント、本当にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。





20171230挨拶




にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

クリスマスオレンジ


Category: 給食の食材   Tags: ---

20171220パンダ






もうすぐクリスマス、そしてお正月。

そのような華やかなイベントよりも給食が終わるのが何より嬉しい。
おっといけねえ、つい本音を・・・

そんな給食のおばちゃんの気持ちを無視する生徒たち、待っているのは「ご馳走」っぽい献立であり、そのご馳走は冬至の柚子やかぼちゃではなく、クリスマスの鶏肉だろう。

しょうがない、唐揚げ作るよ。
デザートはせめてもの抵抗でフルーツゼリーにしたけど、みかんにしたらよかったなあとしみじみ思う。その理由は・・・


カナダのクリスマスイブでは、つるした靴下の中にプレゼントとともに温州みかんを入れるんだそうだ。「クリスマス・オレンジ」と呼ばれている。(カナダシアター より引用)


なんだってー?!ミカンとカナダの組み合わせも驚きだけど、それがクリスマスに絡み、さらにクリスマスオレンジってロマンチックなものになってるなんて!!

その昔、カナダに移住した方たちが日本から持ち込んだのがミカン。
それが今ではカナダで定着し、可愛い箱に詰められたり、イブの靴下にちょこんと入ってる。想像するだけで、なんともほっこりしてきちゃう。

今では 「日本の温州みかんの輸出のうち、カナダ向けが実に全体の80パーセントを占めている。」(引用 同上) と聞けば、小さなミカン色の日本の果物がカナダに幸せを運んでる気になってくる。

詰めが甘かった自分を反省しながらも、来年のネタはこれだな。

給食のおばちゃんはタダでは転ばないのでありました。

※タウンネット愛媛 愛媛からカナダから、世界に広げる「クリスマスオレンジ」





20171220クリスマス



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

冬の風物詩


Category: 日々の出来事   Tags: ---

20171214水羊羹






寒い冬、気の持ちようと思っても寒々しいものは体が冷える気がする。

実際、同じ豆腐でも夏は冷奴、冬は湯豆腐を作ってしまうし食べたくなる。
同じようにかき氷やアイスクリーム、水羊羹も夏の食べ物と位置付けてしまう。

しかし。

福井県では水羊羹は冬に食べる冬の定番、と聞いてビックリ!
銀座の福井県アンテナショップでずらりと並ぶ水羊羹を前に、しばしショーウィンドウをガン見してしまったし、解説文を隅まで読んでしまった。

暖かい部屋でちょいと喉が渇いたらミカンに手が伸びる、同じようにこたつで水羊羹手も確かにオツだ。
東京のアンテナショップでもこの様子だから、福井のスーパーでは水羊羹がズラーッだろか?圧巻だろうなあと、頭の中に映像が浮かんで来ちゃう。

しかし、なぜ冬の水羊羹は全国区にならんのだろか。

おそらくワタクシがそうであるように、水羊羹イコール夏、のイメージが邪魔してる?

ツルンと喉を通る冬の水羊羹にブラボー!というお話でございました。

※本日の写真は銀座の福井県アンテナショップで撮影させていただいたものです

福井水ようかん紀行←水ようかんの圧倒的迫力に降参!というサイトです





20171214解説



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

具材の量


Category: 給食の話   Tags: ---

20171211大入り






和食の基本はご飯と汁物。

これに異議はないと思う。
さらに汁物と聞けば、味噌汁がすまし汁よりもすぐに浮かぶ気がする。

それほど身近な料理であっても、というか身近だからこそ味噌汁へのこだわりは人それぞれあるだろうし、生徒たちにしてもあーだこーだとウンチクを述べる。

まずは味噌の具材。
好みは知ったこっちゃないが、「具沢山がいいVS具はポッチリがいい」に分かれる。

私なぞビンボー症だからあるもんは何でもたくさんがありがたい。
ええ、大きいつづらと小さいつづらがあれば迷わず大きい方を選ぶ、当たり前だ!

・・・少し冷静になろう。

豚汁やけんちん汁のように具沢山よりも、ネギがほんの少し浮いてるくらいが好きなの、と訴える生徒もいるんだから、表向きは「そうなんだね」と聞くが、内心は「へーっ!」とおったまげている。

さらに味噌も白がいい、赤がいいと聞くこともある。

手前味噌、という言葉が存在するくらいで日本人と味噌は共に歩んできた。

それぞれの家庭でそれぞれの味噌汁をすする。
どんなにウンチクを言われようと、なんとも平和な家庭の姿が浮かんでくる。

寒い季節に一杯の味噌汁で掌を温める生徒の姿を見ると、ほっこり癒される。

冬の給食光景の一コマでございます。





20171211汁物




にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

カンカン


Category: 献立の話   Tags: ---

20171210白馬






料理の取り分けには道具が必要。

ご飯であればヘラ、汁物はおたま、取り分けるには箸など多岐にわたる。

給食で主に使うのもこれらだけど、学校によって違ってくるだろうが、おたぬきが勤務する中学ではトングが大活躍。お浸しや切り干し大根などの煮物、魚の照り焼きだってトングだ。

おいおい、魚だったらトングよりもフライ返しの方がよくねえか?
その通り!

しかしお家で魚(や肉)をフライ返しで取り分けることが少ないのか、お手伝いそのものをする機会がないのか、フライ返しを使ってた頃、やたらと取り落す事件が多発した。

つまり、うまくフライ返しの上に魚を乗せられず、半端なポジションで皿にのせようとして落下。それも床に。
このパターンが多く、だったら挟むトングがよかろうと、ずうっとトングを使ってる。

これは譲歩した使い方だが、いつも何を使ったらいいのか迷う料理がある。

ポテトサラダやマッシュポテトなど、水分を含んだジャガイモ料理。

これはお玉を使うとお玉から離れず、ポテトを入れたボールでカンカン!と時折お玉についたものを落とさないといけない。トングだって同じ、というかかえって難しい。

ポテトサラダ、マッシュポテト、と書かれた献立表を見るたびに、ううむ、これは難儀だとうなるタヌキが一匹・・・

12月はどちらの献立も入ってるから、教室からカンカン!が聞こえるはずだ。





20171126クラス




にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

話を引っ張る


Category: 給食の食材   Tags: ---

20171130大根






大根の話を引っ張る、ええ、引っ張りますとも。

開き直る形で大根話を続けさせていただきますが、日本人が一番食べる野菜は大根だという結果がある(平成24年調査 1歳以上男女32,228名対象 厚生労働省「日本人がたくさん食べている野菜」より)
※参考:日本人が食べている野菜1位はダイコン 保健指導リソースガイドより)

スクリーンショット


これは国民健康・栄養調査という国を挙げての調査結果。
ううむ、「11 月のある1日の調査」だから、時期が変わればまた違うのかもしれないけど、頷ける部分もあるなあ。

何しろ大根は生産量・消費量ともに日本は全世界の9割以上を占めているという。
9割って、ほぼ独占じゃん。
大根は世界の9割を日本で生産・消費している!(旬の野菜を食べよう より)

不思議なのはカブは洋食でも頻出するのに、なぜ大根は広まらないんだろか。
独特の臭いだろか・・・カブより取り扱いにくいと思われてるのか・・・

つまり、大根は日本に来日する海外の方たちだけでなく、日本に住む多くの外国人は、母国で口にしたことがない野菜ナンバーワン。
もしかしたらあえて食べない野菜になるかもしれないデインジャラス扱いも?

東京は多くの外国人が住み、公立学校にも通っている。

給食で食べてまずはお父さんお母さんに、そして母国の友人知人、帰国することがあれば彼の国の農業組合に大根のうまさをアピールして欲しい。

おっと、なぜか大根大使のような話っぷりになっちまっただよ。





20171130海苔



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

連チャン


Category: 給食の食材   Tags: ---
20171125すぐき






おろし、煮物、蒸し物、漬物、時には焼き物も・・・

大根の用途は多い。

寒くなると甘みも旨味もますし、価格もとんでもなく高くなることはない。
ありがたいのは加熱してもほぼ目減りしないので量を稼ぐこともできる。

しかし!
問題はオコチャマが好むかどうかが給食食材の使用頻度の分かれ道。
こればっかりはやってみないと分からない。

おでんの大根が大量にあまり、チッ!と舌打ちして絶対に出さねえと心に誓う。ところが生徒が変われば「ねー、おでんに大根がなんで入らないの?」とせがまれ、腰を抜かすたぬきが一匹。

今年の生徒たちは大根がとてもお好みのようで、煮物にするとニコニコ。
ほぼ完食してくれている。

とはいえ、おたぬきは知っている。
いい気になって大根を頻出させると、なぜだ?という残り方をする。

その見極めをするのがアンタの仕事と言われればそれまで。

来週は大根おろし、おでん、みそ汁の具と連チャン。
はて、どーなることやらでござるのだ。





20171126おでん




にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

代理キャベツ


Category: 献立の話   Tags: ---

20171115キャベツ






給食献立では、なかなかドカン!としたものは出せない。

ドカン!というのはどでかサイズの肉とか魚のことで、とんかつも例外じゃない。

うっす〜いか小っさ〜い肉にパン粉をつけて揚げるので、残念感が漂う。

年度末までまだ時間がある。
ここらでひとつかましたろうじゃないかっ!てことで、ちょいと奮発して厚切りロース肉のとんかつを作ることにした。

とんかつは作り方の手順は簡潔。
しかし、さらに考えなきゃいけないのは付け合せのこと。

とんかつのお供といえばせんキャベツが定番だけど生野菜が出せない給食では、どうしても一度ボイルした温野菜となってしまう。

残念気分がチラチラしたけど、なんと!創世記のとんかつは温野菜が定番だったそうだ。


とんかつに欠かせない付け合わせとしてキャベツがある。当初は日露戦争の影響で人手不足となり、温野菜を添える手間を省くために添えられた代用品でしたが、値段が安くボリュームもあり、またソースにも合うことから取って代わられました。(日本食レストラン海外普及推進機構 「とんかつ」より)


ううむ、日露戦争・・・取って代わられた・・・
生のせんキャベツと温野菜の力関係がビミョーに思える。

柔らかいものを好むようになったと言われる日本人の食卓。
でもフライの付け合せはやっぱ歯ごたえのあるものが少々欲しい。

これは欲なのか本能なのか、それとも勝手に脳内で「フライものにはキャベツでっせ!」と囁く声が聞こえてるのか。

しばし考えることになったおたぬきでありまする。





20171118キャベツ



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

酢橘


Category: 給食の食材   Tags: ---

20171109スダチ






秋刀魚の不漁が続いている。

それでも秋の献立、給食で1回は出したい。
ということで1尾の半分という、ちょいとトホホな秋刀魚塩焼き献立をした。

骨つきの魚を出すことがほとんどない給食。
家庭であっても「尾頭付き」の焼き魚が頻出してるとは考えずらい。

そんなこんなで半分であっても許していただこう。

ご飯、秋刀魚塩焼き、里芋とレンコンの煮物、豆腐となめこの赤だし味噌汁、みかんの内容。
さらに死んだ気でスダチを半分、秋刀魚の付け合せにつけた。

焼き魚もスダチもスペシャルなんだけど、チビッコたちの中には「いらない!」とにべもなくスダチを素通りしちまうのもいて、思わずギリギリと奥歯を噛むおたぬき。
もちろん、「スダチ、持ってけよー!」と叫ぶのも忘れない。

しかしクラスによっては「おーっ!スダチ!気が利いてるなあ」なんてオシャレな一言をおっしゃっていただいたり、「赤だし味噌汁、香りが違うよなー」なんて聞いちまったら、おたぬき思わず踊り狂ってしまったぜ。

日本の香りがするスダチ、それだけで格が上がる気がする。

スダチ(JAPAN WEB MAGAZINE )





20171109酢橘



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

50倍!


Category: 給食の食材   Tags: ---

20171105鍋






玉ねぎは給食では頻出野菜のひとつ。

生の玉ネギを出すことはまずないけど、それでも玉ねぎにも個性というか辛味が強いかな?なんて思わせる時がある。

玉ねぎの辛味と独特の刺激のある匂いは、硫化アリルという成分によるもの。

しかし辛いと思っている玉ねぎも、加熱することで甘みがどんどん出てくる。

実は玉ネギはもともと糖度が高い野菜だという。
でも含まれる辛味成分がとても強いため、生では辛さをより感じることがあるのだとか。

じゃあ玉ネギを加熱したときの甘さはどのくらい?
低カロリーの割に砂糖の50倍もの甘さを持つと聞いたらビックリじゃあないか!

カレーやオニオンスープなどはガンガン炒めることでほんのりとした、砂糖ではない甘さを感じる。

チビッコたちもその辺はお分かりいただけるようで「今日のスープ、甘〜い」などと聞くと、よしよしと頷くおたぬき。

自然のなせる技というか、玉ねぎの特性というか。

大したもんじゃあないか!と、おばちゃんは深くうなずくのであります。

玉ねぎの甘み成分(玉ねぎ情報.com より)





20171105玉ねぎ



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

02 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

01

03


 
プロフィール
現役の学校管理栄養士の日記です。

管理栄養おたぬき

Author:管理栄養おたぬき
現役の学校栄養士の日記です。

初心者マークの写真とイラストで給食、日常、おとぼけ話などを書いています。

 
カウンター
 
月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...