言い訳しながら報告します

現役の学校栄養士が写真とイラストで報告する、言い訳の日々。

 

店仕舞い


Category: 給食の話   Tags: ---

20151201店







今年になり、八百屋さん、魚屋さん、豆腐屋さんと相次いで店仕舞いの連絡があった。

給食食材の納品は、いわゆる総合的なところもあれば、個人商店もあり、区からはできるだけ地元のお店から購入の指示もある。

個人商店は規模も小さいところが多いし、店に買いに来てくれるお客さん相手でも大変だろうに、配送となるとまた話は違う。
朝は指定した時間までに数と大きさを揃え、不足があれば厭わず再配達をしてくれ、さらに問題があればすぐに取り替えに来てくれる。

そんな都合のいい話にホイホイと応じてくれるお店は、今の時代そうそうないだろう。

地元店をたどると、その学校の卒業生だからって店も多い。
思い入れがあるからと頑張ってくれていても、店仕舞いをすると言われたら、え〜っ!と叫びながらも、お世話になりましたとお礼をいうことしか出来ない。
そして、じゃあ豆腐はどこから取ろうか?白菜はどうする??と次を考えないと・・・

都内で個人店の経営は、大手スーパーや安売り店、さらに100円ショップなどもあるから勝負するのは大変だろうと思う。

私の自宅近くの商店街も経営者はご老人ばかり。つまり、後は継がなくていいよ(もしくは継ぎたくない?)が漂う老夫婦の方が切り盛りしてるのも珍しくない。

小さなお店が並ぶ商店街は楽しい。
でも、いつ仕入れたんだろか?ってお店で買い物するのは勇気がいる。
そのくせ、いざお店がなくなると残念感があったりと、ホントにワガママだと思う。

見た目はバリバリで、とてつもない焦げ目がついてることもあった油揚げ。
これが味噌汁に入ると、魔法のようにウマウマの味噌汁に仕上がってた。

これからは充填豆腐に機械揚げの油揚げになっちまう、トホホだなあ。





20151201名前




にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記


Comments

魚屋さん、八百屋さん、豆腐屋さん、お肉屋さん…。そんな風に呼べるお店で買い物をしたのは
もうずいぶん前のような気がします。
いつの間にかスーパーの店内ですべての物を調達できる便利さが当たり前になりました。

一消費者は、自分からお店に出向くわけですが、給食の場合は「取り寄せる」ってことに
なるんですよね。
その仕入れ先をどこにするかもおたぬきさんの大事なお仕事なんでしょうね。

「閉店」の言葉の向こうには、そのお店それぞれに色々な事情があり、ドラマがあるのでしょう。
一抹の寂しさを感じるのも、身勝手で無責任な感傷以外のなにものでもない気がします。

今ではネットで好きな時に好きな物を買える時代。そんな中で商店として生き残るためには
新たな知恵や対策も必要なのかもしれませんねえ。


 
私の住むこの下町もどんどん個人店は閉店してます
お豆腐屋さん 奴に切って下さい なんてこともしてくれてたお店
お魚屋さん 2000円でさし盛作っといて~ なんてこともしてくれたお店
今はありません

まぁ私も買い物はスーパーでしてしまうし
最近ではネットスパーばかりです。。。(^^;

注文して慣れているお店は
いちいち言わなくても「はいよ!」って
わかってくれてたりもしますからね

新しいお付き合いを始めると
信頼関係を作るところからでしょうから
なかなか大変ですね

 
商店
私のスタジオの側にもとても古い商店街があります。
先日、商店街が出す新聞(ミニコミ)の一面を飾ったT's です。

なぜ私に依頼があったかと言うと・・・

長年、この商店街を見てるから・・・(25年以上)
スタジオをここにしてから、商店街は便利な場所。
もちろん食材も、もちろん荒物も、もちろん食堂や電気屋さんや・・・
取材を受けて、ライターの方が来られました。
昼過ぎから1時間程度で・・・と言いながら、話がどんどん出て気がつけば外は暗かった?

商店街での想い出は語り尽くせない・・・

でも、おたぬきさんの記事の様に、消えて行った店は多いですね。
とても仲良くしてた鶏屋のおやじが懐かしい・・・
あの豆腐屋のおっちゃんも・・・
荒もんやのおやじはどうしてるかなぁ・・・?

でも、ここの商店街は他所に比べてかなり活気はあります・・・それがすくいです。


魚は魚屋で買い、肉は肉屋で、豆腐は豆腐屋で・・・・
その楽しさを体験するイベントをしようと、取材の方に話しました。



 
こんにちは。

そうなんです!
ワガママなんですよねぇ~(*^_^*)

商店が行ってアジがあり楽しいですものねぇ~!
こちらも同じような感じです。
淋しいですが何か慣れるのも早い?!

我が家も時代の流れで閉店しましたよ(*^^)v
 
こんにちわ

何処に行っても大手のスーパーショッピングセンターに
チェーン店のコーヒーショップに飲食店で何だか何処に
行ったのか分からなくなってしまいますね 個人商店
中々に厳しい時代なのですが上手くやって欲しいものです
個人商店ならではの個性的な品揃えとかそんなお店は
元気が有ったりしますが特徴の無い所はやはり厳しいと
言うのが現実の様ですね

それでは

東京の某所で親戚が八百屋さんをやっていますが近隣の高級住宅街の
需要に合わせた高級品中心の品揃えで代替わりも上手く行って今も
安泰にやっていますよ こんなのは珍しいのでしょうね~きっと
 
こんばんは。
昔は、酒屋さんの御用聞きが家に注文とりに来てくれたりなんかして。^^
でも今は量販店には勝てない。で若旦那が、きき酒師の資格とってネット販売を始める。
そういった方向が今風なんだろうか・・。
昔ながらんお店は懐かしさがあるけど、知らない街のお店だと、ちょっと入りにくかったりして、結局はスーパーに・・・。
便利になるということは、何かを得てるけど、何かを無くしてるんでしょうねえ。
う〜〜〜む。パソコンの前で腕組みしちゃってるマダムなのだ。
 
そうですね
うちの近辺でもどんどん小さなお店が店じまいしています。
残念だな~と閉まると聞くと思うけど、普段は行かないのもまた事実。
むずかしいねぇ。

そうそう、更地をみて、以前何が建っていたかわからないことが多いわ~
あと、お店が変わっているのを見ても、前になんのお店だったかわからないの。。。
 
ツヅレサセコオロギ さん
> 魚屋さん、八百屋さん、豆腐屋さん、お肉屋さん…。そんな風に呼べるお店で買い物をしたのは
> もうずいぶん前のような気がします。
> いつの間にかスーパーの店内ですべての物を調達できる便利さが当たり前になりました。

町の小売店、私も店の前を素通りし、スーパーで買物が多いです。
でも、豆の専門店は知らない豆を目にすると、懇切丁寧に使い方を教えてくれたり・・・今思えば、生き字引だった爺ちゃんにもっと教えてもらえばよかったなあ、なんて思い出してます。

> 一消費者は、自分からお店に出向くわけですが、給食の場合は「取り寄せる」ってことに
> なるんですよね。
> その仕入れ先をどこにするかもおたぬきさんの大事なお仕事なんでしょうね。

給食の納品業者は、お互いが相思相愛になったら契約書を交わすのですが、納品時間や様々な縛りから、簡単に「おまかせ!」とならにことも。
仕入先を選択したり変えるのは、思ってる以上にしんどいものです(^^;)

> 「閉店」の言葉の向こうには、そのお店それぞれに色々な事情があり、ドラマがあるのでしょう。
> 一抹の寂しさを感じるのも、身勝手で無責任な感傷以外のなにものでもない気がします。

「諸事情からこのたび閉店」、簡単に書かれていても、何があったんだろうか?なんてついつい深読みをしちゃいますね。
ホント、続けるのも大変だけど止める決断も相当なんだろうなあ。
そしてそうなると、一抹の寂しさを感じてしまうのも、お付き合いがあったからだけじゃあない気もしています。

> 今ではネットで好きな時に好きな物を買える時代。そんな中で商店として生き残るためには
> 新たな知恵や対策も必要なのかもしれませんねえ。

まさに「乱立」であり、知恵比べ的なものも必要でしょうね。
さらに気まぐれな消費者、ワガママな納品先を納得させるとなると、起業をする方を尊敬しちゃうのです(*^^*)
 
ひめ さん
> 私の住むこの下町もどんどん個人店は閉店してます
> お豆腐屋さん 奴に切って下さい なんてこともしてくれてたお店
> お魚屋さん 2000円でさし盛作っといて~ なんてこともしてくれたお店
> 今はありません

人が多く住むところでも、お店の経営は厳しいのでしょうねえ。
ワタクシ、常々思っていることですが、古くからの商店街には豆腐屋さんがあると信じています。
オシャレな商店街に豆腐屋はまず見つからない、それだけに貴重な存在だよなあって。

> まぁ私も買い物はスーパーでしてしまうし
> 最近ではネットスパーばかりです。。。(^^;

分かるなあ、分かってて特に重いものなんかは、夜中に注文して次の日に届くなんて夢のようだもの。
ついつい頼んじゃいますよねえ(^^;)

> 注文して慣れているお店は
> いちいち言わなくても「はいよ!」って
> わかってくれてたりもしますからね
>
> 新しいお付き合いを始めると
> 信頼関係を作るところからでしょうから
> なかなか大変ですね

ほんとに少量の注文は気がひけるのだけど、気にしないでください〜!なんて言われると、次もここで頼もうなんて思うのもあるかな(^^)
それに、お宅だったらこっちの方がいいですよ、なんて気を利かせてくれたりね、ホント、小回りがきくからこそのメリットもあるし。

新しい取引先は、まずはここからですもんね。
 
T’s さん
> 私のスタジオの側にもとても古い商店街があります。
> 先日、商店街が出す新聞(ミニコミ)の一面を飾ったT's です。

おおおっ!時々お話に出てくる、あの商店街でしょうか(*^^*)
古くからの商店街は、そこにある安心感がありますもんね、そこの一面を飾った常連さん!流石だなあ(*^^*)

> なぜ私に依頼があったかと言うと・・・
>
> 長年、この商店街を見てるから・・・(25年以上)
> スタジオをここにしてから、商店街は便利な場所。
> もちろん食材も、もちろん荒物も、もちろん食堂や電気屋さんや・・・
> 取材を受けて、ライターの方が来られました。
> 昼過ぎから1時間程度で・・・と言いながら、話がどんどん出て気がつけば外は暗かった?

25年以上、商店街を見ている写真スタジオ。
これはすでに商店街の一部じゃないかしら(^^)
お店の話になると、歴史や商売以外にも、子供の頃はこういうことがあってなんて自分の思い出話しもクロスしちゃいそうですね(*^^*)

> 商店街での想い出は語り尽くせない・・・
>
> でも、おたぬきさんの記事の様に、消えて行った店は多いですね。
> とても仲良くしてた鶏屋のおやじが懐かしい・・・
> あの豆腐屋のおっちゃんも・・・
> 荒もんやのおやじはどうしてるかなぁ・・・?
>
> でも、ここの商店街は他所に比べてかなり活気はあります・・・それがすくいです。

お店を閉めるって、ほんとに勇気がいるだろうなあ・・・
何でもない会話やお店の棚の様子が断片的に思い出されてしまうし。
でも、25年前から元気な商店街は、きっとこれからも元気でいてくれるって思います(*^^*)

> 魚は魚屋で買い、肉は肉屋で、豆腐は豆腐屋で・・・・
> その楽しさを体験するイベントをしようと、取材の方に話しました。

子供の頃、お店やさんごっこをして楽しんでたなあ。
今の子供達は、お店やさんごっこというとネットやスーパーになるのかしら?そこには名物オヤジも機嫌が悪いオバちゃんもいない・・・?なんか寂しいと思うのは昭和人のセンチなのかなあ。

だからこそ、お店の魅力を十分伝える記事や写真になるんでしょうね。
これは私も読みたいです〜〜〜〜!!!
 
yamaneko さん
> こんにちは。
>
> そうなんです!
> ワガママなんですよねぇ~(*^_^*)

ママさん、こんにちは♪

自分で思うもの、ワガママだって(^^;)
これとこれを買うって決めてても、そのお店の手前で「あれっ?」と思うものに出会うと浮気する(笑)

> 商店が行ってアジがあり楽しいですものねぇ~!
> こちらも同じような感じです。
> 淋しいですが何か慣れるのも早い?!
>
> 我が家も時代の流れで閉店しましたよ(*^^)v

時代の流れに乗るか、乗らずに頑張り続けると、「レトロ」という名前で違う魅力になる??
そこまで頑張るだけの気力と諸々が・・・
ママさん、色んな思いがあったのでしょうねえ・・・
 
koozyp さん
> こんにちわ
>
> 何処に行っても大手のスーパーショッピングセンターに
> チェーン店のコーヒーショップに飲食店で何だか何処に
> 行ったのか分からなくなってしまいますね 個人商店
> 中々に厳しい時代なのですが上手くやって欲しいものです

koozypさん、こんにちは♪

チェーン店はコンビニエンスだけど、たまにちゃんとした喫茶店でコーヒーを頼むと、味だけでない雰囲気を感じるものです。
個人商店が全て素晴らしい、とは言わないけれど、素晴らしいお店にできる可能性は・・・
なんてやったことないのが簡単に言っちゃあいけないな(^^;)

> 個人商店ならではの個性的な品揃えとかそんなお店は
> 元気が有ったりしますが特徴の無い所はやはり厳しいと
> 言うのが現実の様ですね

そう!ここですよね!!
置いてあるものは同じだけど、買うならおたぬき商店!!(笑)
なんてお店は生き残れるんでしょうが、いつ何がどう変わるか、それに合わせたり合わせなかったり・・・経営は厳しいのでしょうねえ。

> 東京の某所で親戚が八百屋さんをやっていますが近隣の高級住宅街の
> 需要に合わせた高級品中心の品揃えで代替わりも上手く行って今も
> 安泰にやっていますよ こんなのは珍しいのでしょうね~きっと

あ〜〜〜っ!これも分かるお話です。
ご親戚のお店はご近所を大切にするから、何が必要とされてるか分かっている。だからしっかりしたお店になってるのでしょう(^^)
私も、高級住宅街に住んでたらなあ、きっとご贔屓にしてたのにぃ〜〜〜〜!(笑)
 
マダム猫柳 さん
> こんばんは。
> 昔は、酒屋さんの御用聞きが家に注文とりに来てくれたりなんかして。^^

マダム、こんばんは♪

御用聞き!!サザエさんをしっかり思い出しちゃう(^^)
酒屋さんで注文をとりに来てくれるって、いやあ、はるか昔の話になってしまってますよぉ。

> でも今は量販店には勝てない。で若旦那が、きき酒師の資格とってネット販売を始める。
> そういった方向が今風なんだろうか・・。

そうそう!量販店で話を聞いて、商品をネットで頼む。多くの人が便利に使うだけに、ギリギリしてるんでしょうねえ・・・
そこでどうするか?って話なんですよね。
酒屋さんの若旦那は利酒師の資格、電気屋の息子は修理専門でご老人宅を回り・・・
特化した何かがないと厳しいのかもしれないなあ(^^;)

> 昔ながらんお店は懐かしさがあるけど、知らない街のお店だと、ちょっと入りにくかったりして、結局はスーパーに・・・。
> 便利になるということは、何かを得てるけど、何かを無くしてるんでしょうねえ。
> う〜〜〜む。パソコンの前で腕組みしちゃってるマダムなのだ。

買い物をするお店だけでなく、知らない飲食店もレトロじゃなくてただ汚いと入る気にならない、そして「常連さんばかり」でも入りづらい、ってのもあるでしょか(*^^*)
閉店するお店を見ると、なんで?って思いながらも、よほどの思い入れがないと・・・ね(^^;)
いやあ、ホント、日本を支えてくれる小さな経済学者の方々、どういうお付き合いをしたらよいか、どうなってくのか・・・なんてついつい考えちゃいますね(^^)
 
betipa さん
> うちの近辺でもどんどん小さなお店が店じまいしています。
> 残念だな~と閉まると聞くと思うけど、普段は行かないのもまた事実。
> むずかしいねぇ。

小さなご近所のお店が閉まると、残念と思いながらも普段は行かない・・・わわわっ!これ、分かるぅ〜〜〜〜!!(^^;)
同じ値段でスーパーでも売ってると思うと、一緒に買物をしちゃうかなあ。

> そうそう、更地をみて、以前何が建っていたかわからないことが多いわ~
> あと、お店が変わっているのを見ても、前になんのお店だったかわからないの。。。

記憶喪失になりますよねえ(^^;)
お店が変わってしまうと、前のお店が何屋さんだったか思い出せないんだもの。
さらに更地になってしまうともうアウトよ(^^;)
 
時代の流れ
私自身、一消費者として足が向き易いのは 小さい個人商店よりスーパーや大型店、また価格重視(?)で100円ショップ。

・・・とはいえ、「大型スーパーさえあればいい」「100円ショップ、最高」とも限らないのですよね~
現に、事務用品を買うなら100円ショップより文房具屋さん(メーカー品)のほうが品質がよろしい。
(しかも品揃えも豊富)
お野菜などは八百屋さんのほうが鮮度よかったりしますし・・(&地産池消になる)
あとは、会話を楽しむなら やはりスーパーより個人商店!
お店のオッチャンやオバチャンと何気ない会話が出来るの、意外と心がホッコリするんですよね♪

・・・とはいえ、小さい商店がなくなっていくのはやはり時代の流れ!?
このご時世、利益が出るような商売をするのも段々難しくなってきている気がするし。
潮時を見極めてお店を閉める・・というのも一つの手なのかな~なんて思ったりもします
 
ふぶき さん
> 私自身、一消費者として足が向き易いのは 小さい個人商店よりスーパーや大型店、また価格重視(?)で100円ショップ。

スーパーや100円ショップが小売店より利用率高い、これ、ワタクシも一緒です(^^)

> ・・・とはいえ、「大型スーパーさえあればいい」「100円ショップ、最高」とも限らないのですよね~
> 現に、事務用品を買うなら100円ショップより文房具屋さん(メーカー品)のほうが品質がよろしい。
> (しかも品揃えも豊富)
> お野菜などは八百屋さんのほうが鮮度よかったりしますし・・(&地産池消になる)
> あとは、会話を楽しむなら やはりスーパーより個人商店!
> お店のオッチャンやオバチャンと何気ない会話が出来るの、意外と心がホッコリするんですよね♪

おおおっ!文房具屋さんといえば、あれを購入するんですもんね(*^^*)
資本主義では値段相応であり、100円で賄えるものもあれば、100円じゃ物足りないものもある。

以前、一緒に働いてた講師の先生が、ご近所に激安スーパーがありそこの野菜を買ってたけど
ある時、八百屋さんで買ったら「野菜の味がした」とビックリ(^^;)
同じものでも似て非なるもの、そこにはそこの値段の理由もあるのかもしれないですね(*^^*)

> ・・・とはいえ、小さい商店がなくなっていくのはやはり時代の流れ!?
> このご時世、利益が出るような商売をするのも段々難しくなってきている気がするし。
> 潮時を見極めてお店を閉める・・というのも一つの手なのかな~なんて思ったりもします

何が流行るかって見極めもムズカシイでしょうし、まさかの大当たりもあったり???

定年退職したら焼き鳥屋をするのが夢。
いざ初めてみたら大繁盛で、忙しくて忙しくてこんなはずじゃなかった・・・で、店仕舞い。
こういう人も知っています(笑)

店仕舞いの理由は色々、ドラマが絶対にあると思っております(^^)
 

Leave a Comment



04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

03

05


 
プロフィール
現役の学校管理栄養士の日記です。

管理栄養おたぬき

Author:管理栄養おたぬき
現役の学校栄養士の日記です。

初心者マークの写真とイラストで給食、日常、おとぼけ話などを書いています。

 
カウンター
 
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...