言い訳しながら報告します

現役の学校栄養士が写真とイラストで報告する、言い訳の日々。

 

グローバル除去


Category: 給食の食材   Tags: ---

20150529クマ







学校給食では食物アレルギーの生徒には、アレルゲン食材を除去した給食を作る。

大規模校で給食施設の問題や、アレルギーの生徒がとてつもなく多くて対応できない学校もあるかもしれないけど、今では(東京都内では)給食のアレルゲン除去対応をしている学校がほとんどだと思う。

では、除去食はアレルギーの子どもたちだけか?となると、答はNO。
コーラン(イスラム教徒 ムスリム)に代表される豚肉禁止で、栄養士仲間では「豚禁献立」と呼ぶ、豚肉除去献立も珍しくなくなってきた。

これは豚肉そのものだけでなく、豚エキスを含むもの、豚由来の食材も同様で、イスラム法に乗っ取った基準をクリアした「ハラール認証」でないと口にしないという。

イスラム教だけでなく、ヒンドゥー教やユダヤ教、モルモン教など、宗教上や文化、法律の違いによる禁忌食品(きいしょくひん・タブーの意味)は世界中にたくさんあり、世界中から人が集まる東京にはそういう方たちが暮らしている。

外国籍の生徒が入学する時は、禁忌食品がないか確認することも給食では必要なことになる。

しかし、給食では1人の生徒のために、ハラール食材を使うには至っていない。
だから豚肉はもちろん、スープに入れるベーコン、ハムサンドのハム、豚ゼラチンを使うゼリーなど、その都度、豚肉と豚由来のものを除去している。

どれだけ厳しくタブーとされてるか?は、同じイスラムでも地域や個人差があるかもしれない。
また、保護者の考えもあり、お弁当を持参してくる生徒もいる。

ここでは宗教食としてハラールの話だけになったけど、他のケースでも同様の対応となる。

日本だけでなく世界には様々な人がいて、共存し、生活し、理解するには、子どもの頃からその人や国の文化を知り、尊重するのはとても大事なことであり、貴重な体験だと思う。

公立学校の給食は、食物アレルギーだけでなく宗教(文化・法律)による除去食も時として必要とされている。

日本全国のグローバルな地域では、日々、そこならではの給食献立が繰り広げられてるのかもしれない。




20150530ウニ



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記


Comments

おたぬきさん、給食も大変な時代なんですね。
私が子供の頃は、アレルギーってこれほど問題になっていませんでした。
『偏食』で済まされていたような気もします。
私なんか肉を食べると『吐き気』がしたのですが、
やっぱりあれは肉アレルギーだったのでしょうか。
でも無理やり食わされていましたが、
結局嫌いなまま、吐き気が今でもしますよ。

移民国ではモスリム、ユダヤ教、ヒンドゥー教
宗教によって制限されれいるものがると大変ですが、
仏教徒も昔は肉を食べませんでしたからね。
毎日どうか無理しないで楽しんでください。
あと一ヶ月もしないうちに『夏休み』ですね。
 
こんにちわ

今は色々と有るのですね 都会だと一クラスに数人は外国人の人が
いそうなそんなですからね 宗教上の理由で食べられない物というのも
結構有りそうですね 日本では昔は四足歩行の物は食べませんでしたが
日本人特有の美味しければOKの精神で今ではそんな事は何処へやらですね
宗教でも厳格なものからゆる〜い物まで色々と有りますから対応も
一筋縄では生きませんねよね  そんな給食も後少しでしばしの休息に
入れそうですね おたぬきさんのバカンスも後少しですね(^^♪

それでは
 
献立
なるほど~~!!! ・・・と頷きながら今日の記事を読みました。
確かに宗教的な問題で口にする事が出来ない食べ物ってありますもんね
給食でもそこを意識しなければいけない・・・となると、これは大変だ~~!
もちろん、勉強しなければいけない事も沢山出てきますよね

栄養バランスやエネルギー量はもちろんの事、予算上の都合あり、アレルギーの問題あり、宗教上の問題あり(&生徒達からのリクエストもあり?)。
色んな面をクリアしながら日々の献立を立てるんだから、おたぬきさんがやっている仕事って凄いレベル高いわ~~っ!!!(*_*)
 
こんにちは。
おおお!!!宗教かぁ・・・・と唸ったマダムです。
あいや、マダムは軽いのですが食品アレルギー有りの人で、でもマダムがチビッコの頃って、給食で食べちゃって、軽く蕁麻疹出して、親にも「あらぁ、また出たの?」で終わったように記憶しております。
でも、これも軽い症状だからで、重い症状の人は、確かに大変なことですよね。
食事は毎日のことですもの。
うっかりが大事故につながるようなこと、ごく稀だけどもテレビのニュースで見かけます。
ごく稀ですんでいるのは、全国のおたぬきさんのような職業の方が努力されてるからなんですものね。
して、宗教ともなると、これって、厳しい戒律だったりして、甘く見ると国際問題にもなりかねないですものね。
いやあ、ゆるかった昭和が懐かしいと思ったりもしますが、子供の頃からの世界規模、グローバルな目線。
もう必須なことなのかもしれませんね。
 
こんにちは。

このアレルギー問題・宗教・・TVで取り上げていました。
給食も大変!と思いながらみていました。

私みたいにポー!となる日がある人には管理できませんねぇ~。
おたぬきさんは流石!!と思ってしまいます。(*^^)v
 
「それぐらいのこといいじゃないの。みんなと一緒でいいじゃない。めんどくさいし、ちょっとは
協調性を持って、周りのことも考えてよ。あなた一人のために、周りの人が迷惑するんだからさ」って
いう考え方が日本人のベースにあるような気がします。

でも、本当にその人の立場になって、その行動、思考を理解すれば、自分の考え方が「自分勝手」で
あることに気がつきます。

今日のおたぬきさんの記事を読みながら、おたぬきさんは今の給食事情がとっても大変!ってことが
言いたいのではなく、それぞれの立場に立ったものの考え方が、とっても大切だし、必要とされているんだと言うことが伝えたかったのでは…と、勝手に思ってしまいました。

物事の受け止め方、理解度によって、人それぞれに現れる行動は千差万別。
おたぬきさんは、とっても思慮深く、洞察の働く方だと、思いを新たにしております。

* 今日のイラストも可愛いですねえ。ウニは私も嫌いだからいらないですが、イクラと牡蠣は
  私にくださいねー(笑)

  熊の写真も「ギョギョッ!」となりました。
  ほんとにこんな写真をどこから集めてこられるのか、これも一つの才能ですよねえ★
  

 
takechan0312 さん
> おたぬきさん、給食も大変な時代なんですね。
> 私が子供の頃は、アレルギーってこれほど問題になっていませんでした。
> 『偏食』で済まされていたような気もします。

食物アレルギーは今では子どもだけでなく、大人も突然発症したりで、あっちもこっちも・・・って感じかもしれません。
私も思い出すと、クラスに必ず◯◯を食べると・・・っていた気がしますが、だから何かすることもなく、本人も気にせず(^^;)
数も今よりはるかに少なかったし、劇症の人も(いたかもしれないけど)身近にはいなかったかなあ・・・

> 私なんか肉を食べると『吐き気』がしたのですが、
> やっぱりあれは肉アレルギーだったのでしょうか。
> でも無理やり食わされていましたが、
> 結局嫌いなまま、吐き気が今でもしますよ。

これは何でしょうねえ・・・、吐き気となるとアレルギーも否めないし・・・
しかしチビッコ時代にこういう経験があると、大人になってもトラウマになってしまうかもしれませんね。
もしアレルギーでないのなら、それを払拭できたら少しはお肉が食べられるようになるかな??

> 移民国ではモスリム、ユダヤ教、ヒンドゥー教
> 宗教によって制限されれいるものがると大変ですが、
> 仏教徒も昔は肉を食べませんでしたからね。
> 毎日どうか無理しないで楽しんでください。
> あと一ヶ月もしないうちに『夏休み』ですね。

移民国はどんだけいろんなタブーがあるんだろうか?って思っちゃいます。
それをお互いに受け入れて共存する、これは大人の国でないと厳しいんじゃないか?なんてことも思っています。

夏休み!
休むことより、給食が早く終わって欲しい〜!(笑)
 
koozyp さん
> こんにちわ
>
> 今は色々と有るのですね 都会だと一クラスに数人は外国人の人が
> いそうなそんなですからね 宗教上の理由で食べられない物というのも
> 結構有りそうですね 

koozypさん、こんにちは!

アレルギーとは違う除去食の多くは、宗教が関係してることが多いかな。
これは個人を尊重することになりますし、そういう子どもに対応するのも結構な頻度であります。
私立だとお弁当が多いけど、公立学校は給食ですから、初めて宗教食と聞いた時は???だったなあ(^^)

> 日本では昔は四足歩行の物は食べませんでしたが
> 日本人特有の美味しければOKの精神で今ではそんな事は何処へやらですね

そうそう!日本独自の解釈は、大らかというかテキトーと言うか(笑)
電車の時間、法規の遵守など、何事もキチッと感が強い民族だのに、何でこうなるんでしょうね(^^)

> 宗教でも厳格なものからゆる〜い物まで色々と有りますから対応も
> 一筋縄では生きませんねよね  そんな給食も後少しでしばしの休息に
> 入れそうですね おたぬきさんのバカンスも後少しですね(^^♪

随分前に行ったボルネオはマレーシアなので、主たる宗教はイスラムでした。
が!その甘ちゃんぶりにビックリしたもんです。
ボルネオが部族の島で、マレー半島の厳格さはないからだよ、とガイドさんが言っていましたが、これにしてもきっと個人差は大きんでしょう。

おたぬきバカンスまであと1ヶ月・・・早く給食が終わってくれ〜!でも、昼飯の心配が・・・!!
しかし軍配は当然、バカンスに上がりますですよ(*^^*)
 
ふぶき さん
> なるほど~~!!! ・・・と頷きながら今日の記事を読みました。
> 確かに宗教的な問題で口にする事が出来ない食べ物ってありますもんね
> 給食でもそこを意識しなければいけない・・・となると、これは大変だ~~!
> もちろん、勉強しなければいけない事も沢山出てきますよね

食物アレルギーは対応が医学的見地からなので、医師の指示が必ずあるし、それにより対応が決まってきます。

でも、宗教は何がなんだか、聞いててもハテナがいっぱいで、心のなかで「ヒーーーーッ!」と叫びっぱなし(^^;)

> 栄養バランスやエネルギー量はもちろんの事、予算上の都合あり、アレルギーの問題あり、宗教上の問題あり(&生徒達からのリクエストもあり?)。
> 色んな面をクリアしながら日々の献立を立てるんだから、おたぬきさんがやっている仕事って凄いレベル高いわ~~っ!!!(*_*)

一番は・・・金だよ(笑)
なんてね、もちろん予算内で収めることは大事だけど、アレルギーや宗教上のことになると、対応するまでの聞き取りが一番時間を取るかなあ。

食べることって、好き嫌いだけでなく、いろんな要素が絡み合ってるなあ。
この仕事をしてなかったらここまで向き合うこともなかったと思うし・・・
レベルというよりも、今日は除去はこれとこれで・・・って間違わないように!
タヌキの軽い脳みそでは、ここがプレッシャーなのぉ〜(^^;)
 
マダム猫柳 さん
> こんにちは。
> おおお!!!宗教かぁ・・・・と唸ったマダムです。
> あいや、マダムは軽いのですが食品アレルギー有りの人で、でもマダムがチビッコの頃って、給食で食べちゃって、軽く蕁麻疹出して、親にも「あらぁ、また出たの?」で終わったように記憶しております。

マダム、こんにちは♪

そう!宗教が給食に絡むとなると、ううむ・・・と唸ってしまうかもしれないです(^^)

昭和のチビッコは、食べて蕁麻疹がでても、親も本人もおおらかなもんでしたよねえ。
今は魚のほね1本が引っかかってもすぐに耳鼻科ですから、給食で蕁麻疹がでたらと考えただけど卒倒しちゃう〜〜〜〜!

> でも、これも軽い症状だからで、重い症状の人は、確かに大変なことですよね。
> 食事は毎日のことですもの。
> うっかりが大事故につながるようなこと、ごく稀だけどもテレビのニュースで見かけます。
> ごく稀ですんでいるのは、全国のおたぬきさんのような職業の方が努力されてるからなんですものね。

給食時の事故って、食べる前に気づいてセーフ!って、これはほとんどの現場であるかもしれません。
そのほとんどはキチンと手順を踏んでいれば防げることなので、やはり緊急搬送など事故になることは・・・

> して、宗教ともなると、これって、厳しい戒律だったりして、甘く見ると国際問題にもなりかねないですものね。
> いやあ、ゆるかった昭和が懐かしいと思ったりもしますが、子供の頃からの世界規模、グローバルな目線。
> もう必須なことなのかもしれませんね。

昭和時代の学校にも、ちびまる子ちゃんの登場人物、もしかしたらそれ以上のインパクトの子どもがいましたよねえ。
学校(公立学校)のいいところは、世の中にはいろんな人がいると知ることが1つあると思っています。
そして今はグローバル!
子どもどうしはアッサリ仲良しになることも多いので、こうやって世界を広げるのっていいなあ、って思うこともしばしばです(^^)
 
yamaneko さん
> こんにちは。
>
> このアレルギー問題・宗教・・TVで取り上げていました。
> 給食も大変!と思いながらみていました。

ママさん、こんにちは♪

アレルギーはずいぶん前から取り上げられていましたが、宗教に関する給食対応はほんとにごく最近かもしれません。
しかし、どこまで対応できるか?となると、希望通りにならないこともあるので(ハラールを用意してくれ、持ち込むからそれを出してくれとか・・・だったら弁当にしようよ・・・と遠回しに・・・^^;)、そこを理解してもらう「話し方」も、勉強です(^^)

> 私みたいにポー!となる日がある人には管理できませんねぇ~。
> おたぬきさんは流石!!と思ってしまいます。(*^^)v

いやいや、ママさん、実際の給食現場では調理さんが複数で確認してくれるので、これがないとおたぬき1匹では怖くて!
いやあ、考えてるだけでドキドキしてくる(^^)
 
ツヅレサセコオロギ さん
> 「それぐらいのこといいじゃないの。みんなと一緒でいいじゃない。めんどくさいし、ちょっとは
> 協調性を持って、周りのことも考えてよ。あなた一人のために、周りの人が迷惑するんだからさ」って
> いう考え方が日本人のベースにあるような気がします。
>
> でも、本当にその人の立場になって、その行動、思考を理解すれば、自分の考え方が「自分勝手」で
> あることに気がつきます。

郷に入っては郷に従えと言いますが、これは妥協できる郷と出来ない郷があるのでしょう。

協調性と個人のバランス、これを相容れる環境づくりをしないと、学校って成立しないところなのかもしれないですね。
もちろん学校だけじゃないけど、日本人が自国の歴史や文化を大切に思うように、他国の人も同じと理解して、そこからスタートするだけで話はすんなりいくのかなあ、なんてことも思っています(*^^*)

> 今日のおたぬきさんの記事を読みながら、おたぬきさんは今の給食事情がとっても大変!ってことが
> 言いたいのではなく、それぞれの立場に立ったものの考え方が、とっても大切だし、必要とされているんだと言うことが伝えたかったのでは…と、勝手に思ってしまいました。

おおおっ!その通りでございます〜〜〜〜!
確かに話を聞いて、思わず無言になることもありますが(笑)、「間違いなく対応できること」をきちんと理由と一緒に説明すると、たいていの方は納得してくれる・・・かなあ。
ここは、希望も込めてね(*^^*)

> 物事の受け止め方、理解度によって、人それぞれに現れる行動は千差万別。
> おたぬきさんは、とっても思慮深く、洞察の働く方だと、思いを新たにしております。

複数の人が集まれば違って当たり前、ってここがスタートだとたいていのことは・・・たいていのことは・・・大抵の事ってなんだろか?(と結局は自分にツッコミ入れちまってます〜)

> * 今日のイラストも可愛いですねえ。ウニは私も嫌いだからいらないですが、イクラと牡蠣は
>   私にくださいねー(笑)
>
>   熊の写真も「ギョギョッ!」となりました。
>   ほんとにこんな写真をどこから集めてこられるのか、これも一つの才能ですよねえ★

いつもイラストや写真に食いついてくれて嬉しいです〜(*^^*)
イクラと牡蠣がほしい?
おおっ、差し上げましょう!かわりに198円のイチゴをたんまりお願いしますよぉ♪
 
グローバル・・・
ハラルって、確か調理器具も別にしないといけないのよね。。。
豚肉を使ったまな板とか包丁もNGだとか。先日、イスラム圏からの観光客を誘致するための準備・・・みたいな番組をしていたわ・・・
アレルギーは命に係わるし、給食ってどんどん複雑になりそうですね。
グローバルかぁ~
島国だな~って最近思うことが多いですわよ、betipa。
最近本社(アメリカ)の介入がすごくって、理解に苦しむもん。
だいたい、慣習も考え方も違うからね~日本ってやっぱり独特な文化があるんだな~と思うことしばしば・・・
 
betipa さん
> ハラルって、確か調理器具も別にしないといけないのよね。。。
> 豚肉を使ったまな板とか包丁もNGだとか。先日、イスラム圏からの観光客を誘致するための準備・・・みたいな番組をしていたわ・・・
> アレルギーは命に係わるし、給食ってどんどん複雑になりそうですね。

詳しいことは分からずだけど、宗教となるとアレルギーとは違う難しさもあり・・・
日本もどんどんいろんな国からの観光客を期待してるし、オリンピックもあるし。
島国ニッポン、こういうところはこれから国をあげての対策になるのかもしれないですよね。

> グローバルかぁ~
> 島国だな~って最近思うことが多いですわよ、betipa。
> 最近本社(アメリカ)の介入がすごくって、理解に苦しむもん。
> だいたい、慣習も考え方も違うからね~日本ってやっぱり独特な文化があるんだな~と思うことしばしば・・・

みんな、自分が正しいって前提で話ししてくるものね(^^;)
阿吽、なんて言葉が今でも生きてる国は、他国から見たら独自でミステリーなのかもしれないです。
 

Leave a Comment



06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
プロフィール
現役の学校管理栄養士の日記です。

管理栄養おたぬき

Author:管理栄養おたぬき
現役の学校栄養士の日記です。

初心者マークの写真とイラストで給食、日常、おとぼけ話などを書いています。

 
カウンター
 
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...