言い訳しながら報告します

現役の学校栄養士が写真とイラストで報告する、言い訳の日々。

 

瓢箪から・・・


Category: 日々の出来事   Tags: ---

20140714ひょうたん





一生に食べる、食材の種類ってどれくらいなんだろか。

おそらく口にしたことがないもの、したくないものの方が遥かに多いと思う。

今日のニュースでビックリしたのが、食用でないひょうたんを食べて食中毒症状が出たということ。
生でひょうたんも食べるんだ!と初めて知った。

同じような形でブラブラぶら下がっているものといえば、ヘチマを思い出す。
ヘチマも沖縄ではしごく一般的な食材の1つらしい。

そして本日のビックリ。
ひょうたんはヒモ状にして干して作るかんぴょうはおなじみの食材だし、給食でも煮付けてお寿司に入れる事がある。
でも、生で食べたことはなく、食用ひょうたん以外は毒を持っているのも知らなかった。

※かんぴょうは夕顔を薄くそいでヒモ状にして乾物にし・・・、と習うことも多いけれど、『干瓢』というくらいで、瓢箪を干したもの。



給食で生のひょうたんが出ることは、少なくとも私が作る献立では無いと思う。

野菜でも魚でも、生徒たちは苦手なものだけでなく、過去に食べたことが無いものは口にするのをためらう事がある。
『一口でも食べてみよう』と声かけをしても、頑として口にしない方が多い。

顔見知りの給食のオバチャンが食べられるものを出してる。

そう判っていても、食べるのを拒むのは、単に苦手なだけでなく、口にしたらどうなるんだろか?知らないものを無用に口にするのは危険を伴う、って生命の危機を感じてるのか・・・

食べることは学習し、経験値の積み重ねなのだなあ、と改めて思う次第なのです。

食中毒:食用で販売のヒョウタン食べ(毎日新聞 7月13日)より




20140714コマ




にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記


Comments

夕顔
こんにちわ(^^)
瓢箪と夕顔は品種的にはほぼ同じものなのですが形が瓢箪型で
綺麗なものを瓢箪と呼んでいる様ですね 夕顔も有毒の品種は
有るのですが殆どは無害な品種だそうです 瓢箪の方は一般的には
食べない(鑑賞用)なので有毒な品種が多いのでは無いでしょうか?

かんぴょうは夕顔の実が瓢(ふくべ)と呼ばれそれを干したので干瓢と
呼ばれたものですね 夕顔の実は確かにこの辺では普通には売っていませんが
実家の新潟では味噌汁に入れたり餡かけにしたりで冬瓜の様に普通に使う
野菜でした 勿論干瓢も造りますけどね 道端の無人販売とかでも40〜50センチ
有るデカイ夕顔の実を売っているのを夏の間は見る事が出来ます

冬瓜は食べた事が有るでしょうから夕顔の実も黙って出せば食べてくれそうな
気もしますよ今の子の嫌いなグニャグニャ食感ではありますけどね
何事もチャレンジで一回しら〜っと出して見ては如何でしょうか・・・・

それでは(^^♪

まだ早いですがこの辺で売ってますhttp://www.461888.jp/7_48.html←大きさにびっくりかも・・・・

夕顔関係はこの辺がhttp://www.yonemura.co.jp/main/engei/mame/006/006w.htm

 
同じく・・
ワタシもニュースを見てビックリしたうちの一人
瓢箪=かんぴょう??? そうだったんですね(笑)
それにしても、瓢箪て難しい漢字、、 これも初めて見たわぁ~
 
食べず嫌いは、我が家も同じ
小さい頃は、違和感なく食べれたものが もの心つくと食べれない(;'∀')
なんてことも多いしね、、、
高校生ともなると、もう改善のしようがない
給食の先生の「一口食べてみよう」は、ありがたいことだし
とっても重要なことだとも思う!!!
今後も、是非!声掛けを続けて下さいな♪
 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
ニュース、見ました。
「食べるんや・・・ひょうたん?」
そんな感想でした。

ヘチマは石垣島の農家の友人が栽培販売してます。
何度か頂きましたが・・・・難しい味でした。


食べれるか、食べられないかの判断?
わが家のりんたろうは最近、八の字水引の葉を頻繁に食べます。
自分の届く範囲のものは食べ尽くしてます。
なので、別の場所の葉を取って与えると、バリバリ喰います。
試しに別の葉(セリ)を口の側に持って行ったら・・・・よそ見してます??

水引の葉、一度食べてみようかと思います。
(その前に調べてみて?)
 
遅れてる・・・(>_<)
週末のニュースをほぼ知らずに(←走る事で精一杯だった!?)月曜日を迎えたふぶきです(>_<)
そんな食の事故があったのですね・・・
瓢箪=食べものとしての認識はなかったのですが割れてみれば乾瓢を作る原材料なんですよね
ただ、生で食べるのは知りませんでした
そして瓢箪に食用と食用じゃないものがある・・・という事も初耳で。
知らない事って山ほどあるものですね(>_<)

>『一口でも食べてみよう』と声かけをしても、頑として口にしない方が多い。

これはね~、大人になればなるほど頑として拒否しますよね。
出来れば子供のうちに色んなものを食べて食材の「味」や「食感」を脳にインプットしておいたほうがいいと思うのだけど・・・
現実には難しいかな~^^;
私もまだまだ「食べたことがないもの」は沢山ありますが、夫から勧められたら頑張って食べます(笑)
(↑↑↑子供かっっ!?)
で、食べれば意外と好みの味だったりして~♪
唯一、いまだに食べられないのが「鯉」ですわ(-"-)

 
ひょうたん
私もびっくりした、生で食べるんだ~って。
しかし、食べたことないものを食べないって、損する可能性も高いよね。

信頼関係かと思いきや、そうでもないのかなぁ・・・

家のわんこ姫は、なんでも食べる。
薬入りであろうと何であろうと、出されたものは食べる。

なのに、ボーロ(わんこ用)だけは食べない(笑)
一方にゃんこは、ココ&ネル以外は警戒してなかなか食べない(笑)

・・・やっぱり信頼関係なんだろうか???
 
koozyp さん
> こんにちわ(^^)
> 瓢箪と夕顔は品種的にはほぼ同じものなのですが形が瓢箪型で
> 綺麗なものを瓢箪と呼んでいる様ですね 

こんにちは♪

瓢箪と夕顔の違いがイマイチ分らなかったワタクシ(^^;)
情報をありがとうございます。
しかし瓢箪を生で食べるってドヒャ〜ンだったし、毒まであるってのにビックリです。

> 夕顔の実は確かにこの辺では普通には売っていませんが
> 実家の新潟では味噌汁に入れたり餡かけにしたりで冬瓜の様に普通に使う

わわわっ!そうなんだ〜〜〜〜!!!!
新潟、恐るべし・・・
道ばたでデカい夕顔を売っている、みそ汁に入れちゃう、う〜む、一度体験してみたい(^^)
日本って広いなあ(しみじみ)

> 冬瓜は食べた事が有るでしょうから夕顔の実も黙って出せば食べてくれそうな

実はあさって、冬瓜の入ったスープを出す予定なんです、うわあ、ドキドキして来た。

> まだ早いですがこの辺で売ってますhttp://www.461888.jp/7_48.html←大きさにびっくりかも・・・・

40センチ、3.5キロで450円・・・なんか夕顔に悪い気がしてきました(笑)
しかしデカイ!
保存食になれば、もっと価格も変わってくるのかしら・・・いや、やっぱ道ばたで買ってみたい!
 
ランちゃんママ さん
> ワタシもニュースを見てビックリしたうちの一人
> 瓢箪=かんぴょう??? そうだったんですね(笑)
> それにしても、瓢箪て難しい漢字、、 これも初めて見たわぁ~

いやもうこのニュース、久々にマジですか?!って食いついちまいました。
キノコとかだったら『またか』って感じだけど、瓢箪でしょ、瓢箪・・・
ワタクシも、パソコンが勝手に漢字変換してくれるから読めるけど、そうでなかったらなんて読むだろうなあ・・・

> 食べず嫌いは、我が家も同じ
> 小さい頃は、違和感なく食べれたものが もの心つくと食べれない(;'∀')
> なんてことも多いしね、、、
> 高校生ともなると、もう改善のしようがない

そうそう、小学校の栄養士が「ほとんど残さないよ』って言うのが羨ましくって(^^)
チビッコは先生が『食べてみましょう』って言えば素直に食べてくれるのに、中学生になって制服を着た途端にハスに構えやがる(笑)
高校生は・・・やはり諦めが肝心かしらね(^^;)

でも、もう少し大人になったらまた変わってくると思うんだ、それまでしばしお待ちを、かしら。

> 給食の先生の「一口食べてみよう」は、ありがたいことだし
> とっても重要なことだとも思う!!!
> 今後も、是非!声掛けを続けて下さいな♪

おおおっ、そうですか、そういうものであれば是非とも続けねば!
生徒がうっとうしそうな顔をしたら『ランちゃんママさんから声かけしてくれって言われてんだ!』って言っていいすか?(^^)
 
鍵コメ さん
瓢箪から出てくるのはコマだけでなく、毒もあるってのにビックリでしたよね〜!

千成ひょうたん、我が目で見たことが無いのでいったいどのくらい実をつけるのか・・・
でもって、それを器にするとなると、1〜2個作って飽きた〜ってなりそうでしょか(^^;)
いやいや1個10万になるよって言われた途端、明日にでも苗を買ってくるかも(笑)

ワタクシも「このひょうたん、おいしいからおすそ分け、さあさあ遠慮はご無用!」なんてキツネどんに言われても、騙されないようにしなきゃだな〜(^^)


 
T’s さん
> 「食べるんや・・・ひょうたん?」
> そんな感想でした。

食通のT'sさんも生のひょうたんを食べるってのは初耳だったんですね。
いやもう、マジで「食べるんや・・・」って驚きです。

> ヘチマは石垣島の農家の友人が栽培販売してます。
> 何度か頂きましたが・・・・難しい味でした。

ヘチマを食べるってのも想像がつかない・・・
ヘチマはタワシかヘチマ水がせいぜい、食用は『難しい味』、うん、何となく想像できそうです(^^)

> 食べれるか、食べられないかの判断?
> わが家のりんたろうは最近、八の字水引の葉を頻繁に食べます。
> 自分の届く範囲のものは食べ尽くしてます。

何が起こってるんでしょう・・・年とともに好みが変わるというけれど、りんたろう君も???

> なので、別の場所の葉を取って与えると、バリバリ喰います。
> 試しに別の葉(セリ)を口の側に持って行ったら・・・・よそ見してます??

セリは鍋に最高!って思っても、通じないんでしょうねえ(^^;)
何がそこまで執着させるのか、りんたろう君、教えて欲しいなあ
 
ふぶき さん
> 週末のニュースをほぼ知らずに(←走る事で精一杯だった!?)月曜日を迎えたふぶきです(>_<)

週末、唯一耳に残っているニュースが「ひょうたん」のワタクシです(^^;)

> ただ、生で食べるのは知りませんでした
> そして瓢箪に食用と食用じゃないものがある・・・という事も初耳で。
> 知らない事って山ほどあるものですね(>_<)

私も生でひょうたんを食べるって知らなかったし、食用とそうでないものがあるってのも初耳。
知らないお山で遭難して、どれが食べられるか毒があるか見極めなきゃいけない、そんなシーンを想像すると、安心して口に出来るってありがたさをしみじみ感じちゃいます。

> これはね~、大人になればなるほど頑として拒否しますよね。
> 出来れば子供のうちに色んなものを食べて食材の「味」や「食感」を脳にインプットしておいたほうがいいと思うのだけど・・・

ホント、大人になると好みがハッキリするし、お金を出して苦手なものを食べるか!ってなるかな〜(^^;)
ええ、この点はワタクシも強烈に同感です。
だから子どものうちにあれこれ口にするって大事だし、苦手だろうなあって食材や料理を給食で出す意味もある、って思わないとね、ブチブチ文句たれられてるだけじゃ、給食のオバちゃんはつまらない(笑)

> 私もまだまだ「食べたことがないもの」は沢山ありますが、夫から勧められたら頑張って食べます(笑)

監督代行、やるな〜!
お勧め食材は山菜系かなあ、それとも・・・なんて想像してますよ(^^)

> 唯一、いまだに食べられないのが「鯉」ですわ(-"-)

鯉は私も苦手・・・食べられるけど、あえて食べるものでもない・・・
ああっ、きっとゼイタク言ってるんでしょうけど、ダメなものはダメなんですよね。
 
betipa さん
> 私もびっくりした、生で食べるんだ~って。
> しかし、食べたことないものを食べないって、損する可能性も高いよね。

生ひょうたん、定食の付け合わせに出たらビックリするだろうなあ(笑)
他になんかなかったのか?なんてツッコミそう。
食べたことが無いものって、やっぱ構えちゃうとこもあるしね。

> なのに、ボーロ(わんこ用)だけは食べない(笑)
> 一方にゃんこは、ココ&ネル以外は警戒してなかなか食べない(笑)

お姫さま、そういえばパクパクなんでも召し上がると風の噂でお聞きしておりました(^^)
ボーロは何がそこまで嫌いなのか、教えて欲しいなあ。

で、ニャンコは警戒心が強いけど、その中でココ&ネルは鉄砲玉なんだ〜(笑)
仲間のためにお毒味っていうよりは、食意地ってヤツなのかしら(^^;)

食べる食べないの基準、どこなのかワンニャンに聞いてみてくだされ〜

>
> ・・・やっぱり信頼関係なんだろうか???
 



今日もまたまた面白い記事。記事と皆さんからのコメントで「瓢箪授業」をしっかりと受講致しました。
「干ぴょう」という代物は、私これまで一度も自分で買ったこともないし、調理したこともありません。
巻き寿司の具とか、昆布巻きをクルリ結ぶお役目くらいしか知らないしなあ~。

で、今日のイラストですが…
何でパンダさんはクルクルと回ってるんだろう?…
「ああ、瓢箪からコマ」ってことかって、フフフと思った私でしたが、ふと、
「瓢箪からコマが出る」って、そもそもどんな意味なのかなと、ちょっと気になり調べて
みました。


瓢箪から駒が出る

【読み】 ひょうたんからこまがでる
【意味】 瓢箪から駒が出るとは、思いもかけないことや道理上ありえないことが起こること。また、冗談半分で言ったことが現実になること。

【瓢箪から駒が出るの解説】


【注釈】 ここでの「駒」は馬のことで、瓢箪のような小さい口から、馬のように大きいものが飛び出す意味から。
『上方(京都)いろはかるた』の一つ。
「瓢箪から駒」とも。


とありました。 私もコマってクルクルと回る独楽だと思ってましたぁ~。
なるほど、瓢箪の口から馬が飛び出たら、そりゃビックリ。
おまけでこれも勉強になりました★
 
こんにちは。

ニュース
みてないんですが・・
生ヒョウタンを食べるって??考えられません・・。

エッ!
干瓢みたいに煮物・おすしにも・・・それは知りませんでした!
もしかしたらこちらで売っているのり巻きの中にも
干瓢と!思いきや・・瓢箪!!って事もありですよね。
 
ツヅレサセコオロギ さん
> 今日もまたまた面白い記事。記事と皆さんからのコメントで「瓢箪授業」をしっかりと受講致しました。

ひょうたんた侮るなかれ、そんな話だけど、ホント、色んなコメントでワタクシも瓢箪授業をしっかり受講した次第です(^^)

> 「干ぴょう」という代物は、私これまで一度も自分で買ったこともないし、調理したこともありません。

カンピョウは使う人は使うんでしょうが、私も自宅でいつ使ったか?となると、う〜ん・・・思いだせない!(笑)
知ってるし食べたこともある、でも自分じゃあまり調理しない乾物かもしれないですね。

> 何でパンダさんはクルクルと回ってるんだろう?…
> 「ああ、瓢箪からコマ」ってことかって、フフフと思った私でしたが、ふと、

まさにその通りだったんですが、いやいやいやいやいや!!!!
ツヅレサセコオロギさんのお話で、タヌキの浅知恵というかタヌキの化けの皮が剥がれたというか、びっくりびっくりなのです!

> 【注釈】 ここでの「駒」は馬のことで、瓢箪のような小さい口から、馬のように大きいものが飛び出す意味から。

コマと言えばくるくる回るあのコマだと勝手に決め込んでたけれど、いやあ、お馬ちゃんだったとは!!!!!
コマが出てくるよりも馬が出てくる方が、数万倍のインパクト(^^)

何より、『そうだったのか!!』であります。
コメントを読んでいて、ヒョ〜!とう〜む!のエンドレス状態で、ワタクシ、『瓢箪からコマ』の意味だけは、老人になってボケが進んでも忘れないかも、なんて思っておりますよ。
 
yamaneko さん
> ニュース
> みてないんですが・・
> 生ヒョウタンを食べるって??考えられません・・。

瓢箪そのものを見る機会がまずないし、頭の中に浮かぶあの瓢箪を生で食べるってのも・・・
そのこと自体がすんげえインパクトですよね。

> エッ!
> 干瓢みたいに煮物・おすしにも・・・それは知りませんでした!
> もしかしたらこちらで売っているのり巻きの中にも
> 干瓢と!思いきや・・瓢箪!!って事もありですよね。

植物って和名や俗名がごっちゃになって、実は・・・って多いのかもしれないなあ。
そんなことも瓢箪から学んだ気がしております。
のり巻き、じっくり観察しちゃいそうですよね〜(^^)
 

Leave a Comment



06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
プロフィール
現役の学校管理栄養士の日記です。

管理栄養おたぬき

Author:管理栄養おたぬき
現役の学校栄養士の日記です。

初心者マークの写真とイラストで給食、日常、おとぼけ話などを書いています。

 
カウンター
 
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...