言い訳しながら報告します

現役の学校栄養士が写真とイラストで報告する、言い訳の日々。

 

バイリンガル


Category: 給食の話   Tags: ---

20140626ボトル





平成26年。

改めて言うことじゃないけれど、小渕さんが『平成』の色紙を掲げてから、はや26年も経っている。
あれもこれも変わって当たり前だろう。

先日、給食の後、廊下をプラプラしていたら、生徒から『今日の給食のスープは何が入ってたの?』と聞かれた。

その日はミネストローネにしたので、トマトベースで塩やコショウ、香辛料とぶどう酒も入ってたよ、と答えると、生徒の頭にハテナが点滅。

ぶどう酒って、何?

問われて気づいた。
そうか、ワインは分っても、ぶどう酒は死語に近いのかもしれない。

この話を小学校の栄養士にすると、『ああ〜っ!』と言って、小学1年生に『揚げパンを食べる時は前もってチリ紙を用意しましょう』、って言ったらハテナだったよ、と笑っていた。

ティッシュなら分っても、小学1年生のチビッコには、チリ紙もほぼ死語なのだろう。

にしても、普段は赤ワインと言うのに、とっさに『ぶどう酒』と出てきたのは何故だろか。

昭和と平成のバイリンガル、TPOを考えなきゃいかんのだろうなあ。




20140626卵



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記


Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
葡萄酒
確かにワインってぶどう酒ですもんね。
朝ドラ「花子とアン」でもワインの事は「葡萄酒」と表現されています
そのせいでしょうか、ちょっとモダンなイメージが沸きますね♪
でも、平成世代の中学生には通じなかったか・・・(涙)

私からすれば、今どきの中学生ワールドで理解出来ない事っていっぱいあります
それだけに、今を生きている中学生諸君からすれば「葡萄酒」という表現はピンとこないのも当然かしら^^;

「食」とは違うジャンルだけど・・・
「ズボン下」って言って通じるのかな~^^;
「ももひき」はどうだろう・・・
「スパッツ」は??(これはまだ通じる世代かしら??)
 
こんにちは。

え~!葡萄酒とか・・果実酒なんて言葉・・
消えてほしくないですね!
勉強になりますねぇ~・・^^

うで卵なんていうんですかぁ??
初耳です!!!
 
酒盛り
こんにちわ(^^)

う〜む 葡萄酒と言うと赤ワイン限定で銀のグラスで酒盛りと
そんなイメージですね 確かに今の子は知らない単語かもしれません
食品よりも電気系は更に顕著で今の一年生にレコードを見せても
恐らくこれ何?って顔をしてくれますよ カセットも同じで
これで音楽って言うと恐らく目を丸くしてくれる筈です 
電話も回すダイヤルの電話では電話出来ない子が殆どらしいので
昭和の遺物と言えそうですね 言葉は世に連れと言いますが
いざホントに直面すると時代の差に驚いてしまいますね

うで卵は実家の母がそう言いますよ かなり歳ですがどの位から
うでと言うかはちょっと気がかりですね (自分はゆでです)

それでは(^o^)
 
鍵コメ さん
自分では当たり前、わかってる言葉でも、世代によっては死語と言われる・・・

これっていつの時代であってもあるんでしょうねえ。
ぶどう酒もちり紙も、知ってるヤツに言わせれば常識と言いかねないけれど、知らないモノは知らない。
怒ることはできないから、半笑いでおさまるかな〜(^^;)

今だって相当なボケ具合。
昔のことはよく覚えていると親の事を笑ってばかりもいられませぬ、とほほ〜っ(^^;)
 
ふぶき さん
> 確かにワインってぶどう酒ですもんね。
> 朝ドラ「花子とアン」でもワインの事は「葡萄酒」と表現されています
> そのせいでしょうか、ちょっとモダンなイメージが沸きますね♪
> でも、平成世代の中学生には通じなかったか・・・(涙)

ぶどう酒って、モダンなイメージありますよね。
できればブドウや葡萄って書きたい(笑)
なんちゅうか、ワインはピンキリのお値段、とお金が最初に浮かぶ自分がトホホであります(^^;)

> 「食」とは違うジャンルだけど・・・
> 「ズボン下」って言って通じるのかな~^^;
> 「ももひき」はどうだろう・・・
> 「スパッツ」は??(これはまだ通じる世代かしら??)

中学生に通じるかどうか、これは『今』の時代についていってるかどうかのバロメーターになるのでしょか。
だとしたら、私は不合格ですな(笑)
ズボン下、モモヒキ、スパッツ・・・もしかしたら言葉だけは知ってる生徒も?
なので、これはぜひともビジュアルと正しく結びつくか、そちらの試験をしたいな〜(^^)
 
yamaneko さん
> こんにちは。

ママさん、こんにちは〜♪

> え~!葡萄酒とか・・果実酒なんて言葉・・
> 消えてほしくないですね!
> 勉強になりますねぇ~・・^^

ビンを開けた時に漂う香りは、ワインと葡萄酒では違う感じがします。
たとえ昭和人の思い込みであっても、こういうステキな想像ができるのが大人でしょ(く、苦しい・・・^^;)
中学生諸君にはこのあたりも含め、再教育かな(^^)

> うで卵なんていうんですかぁ??
> 初耳です!!!

昔、婆ちゃんが『うで卵』って言ってたんです(笑)
で、妙にそれがツボでねえ、同じ茹でた卵であってもご利益があるんじゃないかって(^^;)
もっとも、キオスクやコンビニのレジ近くで『うで卵、あります』と書かれてたら、中学生から間違ってる!って指摘されるかなあ。
 
koozyp さん
> う〜む 葡萄酒と言うと赤ワイン限定で銀のグラスで酒盛りと
> そんなイメージですね 確かに今の子は知らない単語かもしれません

おおおおっ!!さすがkoozypさん!!!
葡萄酒はバッカスが銀のグラスでご機嫌さんになってる画が、まさに浮かんできます〜(*^0^*)
で、そうそう、赤ワインなんですよねえ。
渋めの樽の香りがするのもよし、ちょいと甘めのポートワインでもよし、でしょか(^^)

> 食品よりも電気系は更に顕著で今の一年生にレコードを見せても
> 恐らくこれ何?って顔をしてくれますよ カセットも同じで
> これで音楽って言うと恐らく目を丸くしてくれる筈です 

黒電話もダイヤル式は使えない・・・昭和人にとっては驚きだけど、身近に無いし使ったことが無ければさもありなんですもんね。

理科の授業では、チャッカマンで火をつける試験があると今日聞いたばかり。
中学生で火が扱えない使えないって、動物から人間になった根源であろうに!

> うで卵は実家の母がそう言いますよ かなり歳ですがどの位から
> うでと言うかはちょっと気がかりですね (自分はゆでです)

流石のワタクシも、『ゆで卵』と普段は言いますが、うで卵の響きは卵の栄養がタップリ詰まってる気がしてねえ、大好きなんです(笑)
 
時の流れの中で、物の名前が変化していくのは、とりもなおさず生活そのものが変化していってるからだと
思いますよねえ。
ちり紙って言ってた時代は、トイレ事情も今とは全く違ってて、トイレットペーパーの登場によって
一気にちり紙の存在価値がなくなったような気がします。

なので、今の子供たちが「ちり紙?」って思うのもうなずける話です。

先日外出先のトイレで、「火気厳禁。ライター、マッチの使用禁止」と書いてあるのを見て
マッチって今でも売ってるのかなあ~って思いました。

一昔前の喫茶店では、必ずオリジナルのマッチがありましたよねえ。
今ではどこも禁煙だし、マッチの必要性も無くなりました。100均とかでは
売ってるんでしょうかねえ~。

それこそ今の子供にマッチで火を点けてごらんって言ったら、「???」って
なるんじゃないでしょうか…。

私が子供時代、明治生まれの祖母が「はばかり」と言っていたのを、「?」って
思ったのと同じこと。こうして時代はめぐっていくのでありましょう★
 
昭和・・・
やっちゃいましたね~~ 葡萄酒(笑)
チリ紙っていうと、和式便座時代 カゴに入ってたアレを思い出す
ロール式が主流の今、 チリ紙はそれが固有名詞みたいな感覚もあって
つい 子供の頃を思い出す・・
我が家の息子たちには、通じないだろうなぁ~~
おたぬきさんもワタシも、大きな時代の変わり目にいたんだろうね 貴重!
昭和を知らない、子供たちがかわいそうな気もする。
 
ツヅレサセコオロギ さん
> 時の流れの中で、物の名前が変化していくのは、とりもなおさず生活そのものが変化していってるからだと
> 思いますよねえ。

ホントにそうですよねえ・・・
ちり紙が身近に無くなるのは、ちり紙が無くなった訳では無く、ちり紙を使う生活が無くなったということですもんね。

懐かしがるものじゃなくても、ちり紙知らな〜い!って聞くと目眩がしますな(笑)

> 先日外出先のトイレで、「火気厳禁。ライター、マッチの使用禁止」と書いてあるのを見て
> マッチって今でも売ってるのかなあ~って思いました。

お店に置いてあったカラフルでキッチュな図柄のマッチは、オシャレでしたよね〜!

家庭科講師から、IHで火を使わない家庭で育っているからか、実習でガスコンロを使うと火に対して警戒心が無いと聞いた事があります。
マッチは知らなくても、火の扱いは知ってないとねえ・・・

> 私が子供時代、明治生まれの祖母が「はばかり」と言っていたのを、「?」って
> 思ったのと同じこと。こうして時代はめぐっていくのでありましょう★

雪隠ってのも言葉だけが残ってますもんね。
日本語だけでなく、英語やフランス語もこうやって変化してるのかしら〜?なんてね、ついつい余計な事がチラチラかすめちまってます(^^;)
 
ランちゃんママ さん
> やっちゃいましたね~~ 葡萄酒(笑)

やっちまいました〜、葡萄酒(^0^;)
何を思ってかつい口から出た言葉、さらに葡萄酒を知らなかった中学生に衝撃でした(笑)

> チリ紙っていうと、和式便座時代 カゴに入ってたアレを思い出す
> ロール式が主流の今、 チリ紙はそれが固有名詞みたいな感覚もあって
> つい 子供の頃を思い出す・・

そうそう!ちり紙の定位置はかごに入った和式便所!
たま〜にヨロズやさん(DSではない)の片隅に生き残っているのを見ると、これはお年寄りで頑に『やっぱちり紙じゃなかったら・・・』って人のためにあるのか?!なんてね。

> おたぬきさんもワタシも、大きな時代の変わり目にいたんだろうね 貴重!
> 昭和を知らない、子供たちがかわいそうな気もする。

激動の昭和、ですもんねえ(^^)
今の平成生まれの子ども、30年後にこんな時代になったんだって思うのってどんなことなんでしょね。
 
葡萄酒
なんだかワインより素敵な響き~
でも、若い子といるとイロイロわかることがあってよいね~

ところで、平成。
年号を西暦で書くことが多いから、不意に平成欄があると、今何年?????
って迷うのよぉ~

統一してくれ~
・・・できれば西暦で(笑)
 
昭和ですねー(*^艸^)
もちろん、私は葡萄酒もちり紙も「?」にならずに
そのまま会話をつづけられます。

亡くなった父が ハンガー を えもんかけとか
タートルネック を とっくり とか
カメラ を 写真機 とか
マフラー を 襟巻 とか
美容院を 髪結い? とか言っていました。

4人兄弟の末っ子だから親(私の祖父母)が年寄だったせいもあるみたいですけど。


先日、職場で流れているFMヨコハマで
「のりだんだん」って単語が出てきて。
父がお弁当を作って入れたときよく
「のりだんだん作ったよー」って言ってて
私もそれを当たり前のように思っていたんです。

が、父の育った横須賀の一部地域限定の言い方みたいで。
ってことを先日知りました。
葡萄酒=赤ワイン みたいな感じでみんな知っていると思っていたのに。

のりだんだん。ご存知ですか?


「のりだんだん」=「のり弁」です(笑)
*のりとおかか、ご飯が何段にもなっているから そう言うようです。
 
betipa さん
> なんだかワインより素敵な響き~
> でも、若い子といるとイロイロわかることがあってよいね~

葡萄酒って書くと、ワインそのものだけでなく、グラスが違うな〜って感じがしない?(^^)
若い子っちゅうか若すぎる子だけど(笑)フムフムと分ることよりも「それは何ですか?」と質問することが遥かに多い(>▽<)

> ところで、平成。
> 年号を西暦で書くことが多いから、不意に平成欄があると、今何年?????
> って迷うのよぉ~

両用使いって本当に紛らわしいよね。
行政だと基本が平成使いだけど、西暦に変換する作業は四苦八苦だよぉ。

> 統一してくれ~
> ・・・できれば西暦で(笑)

うん、分る、マジで統一して欲しい。
ちょい思ったんだけど、国際条約って(多分)西暦だよね(違うかな?)
だったら国内だって西暦でいいじゃん・・・ダメかなあ(^^;)
 
絵麻* さん
> 昭和ですねー(*^艸^)
> もちろん、私は葡萄酒もちり紙も「?」にならずに
> そのまま会話をつづけられます。

ありがとうごじゃりまする〜(^^)v
やっぱ昭和どうしだと話が早くていいわあ(笑)

ちなみにワタクシ、えもんかけ、とっくり、写真機、襟巻、髪結い、もちろん分りますとも!
チョッキにねじ回し、アイアイサーだって迷うこと無く分りやす(^^)

> 父がお弁当を作って入れたときよく
> 「のりだんだん作ったよー」って言ってて
> 私もそれを当たり前のように思っていたんです。

・・・この部分では「のりだんだん」がハテナマーク!
んっ?弁当なんですよね、海苔とごはんの組み合わせかなってうっすら浮かぶ程度。
で・・・

> のりだんだん。ご存知ですか?

いやあ、ご存じなかったです〜〜〜〜!!

でね、調べちゃいましたよ「のりだんだん」(笑)
結果、横須賀の特産物って判明!
この呼び方は地域限定であっても、のりだんだんって超おいしそう〜!じゅる〜
のりだんだんサミット、壮観でしょうなあ(^^)

横須賀経済新聞に載ってました(^^)
http://yokosuka.keizai.biz/headline/1111/
 
にぬき
うでたまご?

すごい?
ゆで卵・・・ではなく..うで?


茹でる
湯でる

茹でる・・・


確かに・・・

「うだる」と言いますね・・・暑い日などの表現?



勉強になりました。



でも、関西では・・・・

ゆで卵?

「にぬき」と言います(言いました)

テレビやコンビニの影響で・・・死語化してるようですが?

 
そっか~ぶどう酒は通じないのか~
ちり紙も?う~~ん。

読み語りで昔話を読む時に、
私達でさえ使わない言葉が出てくることがあって
説明をしようか悩むのよ。
最近は文章の流れから、なんとなく感じてくれたらいいかなぁと
説明しないの。
それがわからないと、お話が理解できないのではないのなら
わからなくてもまぁいいかなぁ~と。^^
疑問に思って調べてくれたら素晴らしいと思うけど、まぁないだろうね^^;
 
T’s さん
> すごい?
> ゆで卵・・・ではなく..うで?

おっしゃるように『茹でる』が『うでる』になってるみたいです。
うでる・・・うだる・・・ゆでる・・・意味は同じでも、卵の火のはいり方がビミョーに違う気も(^^;)

> でも、関西では・・・・
>
> ゆで卵?
>
> 「にぬき」と言います(言いました)

関西で「にぬき」、「煮て」「抜く」・・・煮きってしまうってことでしょか。
これも完全に火が入ってるって分る気がします。
私は使った事がありませんが、思わず『へぇ〜!』
勉強になりました(^^)

> テレビやコンビニの影響で・・・死語化してるようですが?
 
にわ さん
> そっか~ぶどう酒は通じないのか~
> ちり紙も?う~~ん。

葡萄酒もちり紙もシカトだよ(笑)
決してわざとじゃなくて、本当に知らないってのが平成なんだろうねえ。

> 読み語りで昔話を読む時に、
> 私達でさえ使わない言葉が出てくることがあって
> 説明をしようか悩むのよ。

あたしゃ日本国国家だって意味不明だよ。
ここまでじゃなくても、分らない言い回しとか言葉ってゴマンとあるから、チビッコにとってはなおさらだよね。
調べる・・・希望をこめてもやっぱ無理かなあ(^^;)
 

Leave a Comment



07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

06

08


 
プロフィール
現役の学校管理栄養士の日記です。

管理栄養おたぬき

Author:管理栄養おたぬき
現役の学校栄養士の日記です。

初心者マークの写真とイラストで給食、日常、おとぼけ話などを書いています。

 
カウンター
 
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...