言い訳しながら報告します

現役の学校栄養士が写真とイラストで報告する、言い訳の日々。

 

ガンバレ、ニッポン!


Category: 給食の話   Tags: ---

20140606食卓




もうすぐ男子サッカーのワールドカップブラジル大会が始まる。

普段は申し訳ないほどサッカーは蚊帳の外なんだけど、さすがにワールドカップ程の国際大会はちょっと目が離せない。

どれくらい目が離せないかと言えば、給食献立に日本代表の食事献立を入れてしまったほど。

参考にしたのは、サッカー日本代表の専属シェフ・西 芳照さんが書かれた『世界と闘う サムライブルーの必勝ごはん』、『サムライブルーの料理人 ─ サッカー日本代表専属シェフの戦い』の2冊(どちらも学校の図書室にあったもの)。

その食事内容は、あっけにとられるほど普通の日本食が並んでいる。

著者であり専属シェフの西さんによると、代表選手の合宿や試合中、選手たちが求めているのはグルメな食事では無く、安心できる食事内容だと書かれていた。

結果、普段食べ慣れている和食がズラリと並ぶことになり、選手たちの人気献立ベスト3は『魚の西京焼』、『鶏の唐揚げ』、『肉じゃが』

他にも切り干し大根の煮付けや鶏肉の照り焼き、カボチャの煮付け、焼きそばなど私たちが普段食べているものとほとんど変わらない。

これで力が出るのか・・・と心配をしてしまうほどだけど、練習や試合を控えてストレスがかかる環境だと、普段と同じ食事はコンディション作りとともに、気持ちもホッとできるのだろう。

何より一流の選手は栄養に関しての知識も一流で、自分に必要なものを把握して食べている、とも書かれていた。
その通りだろうなあ、と思う。

調理方法に工夫をこらしたり、食料の調達をどうするかも大変だろう。
それ以上に、現地の厨房の衛生管理が、最大で最重要ポイント。
食事内容も関心があったけれど、やはりここだよねえ、なんて頷いてしまったり・・・

西さんをはじめ、『裏方』と言われるスタッフは、日々、選手たちが最高のパフォーマンスを発揮できるように。
それだけを考えているのもよく分かった。

選手たちの頑張りと闘争心に大いに期待しているのであります。

日本代表専属シェフ 西芳照さん(東京新聞 2014年5月29日)


20140606カレー



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記


Comments

こんにちは

西京焼き=最強焼き

ですかね?
(^ω^)
 
今日もとても興味深い記事です。

スポーツ選手にとって、健康管理はもちろんのこと、本番にベストな体調で臨むことは
なによりの優先課題。
日々の辛い練習も、メンタル面での自己管理も、それらを十二分に発揮するためには
まずは何より、万全の体調といえるでしょう。

自己責任とは言いつつも、それを裏で支える「食」の担当者の責務は相当なものですよね。

ホッとできる食事、安心できる食事。
試合をする前も、した後も、卓上に並ぶ料理は、選手に無言で「頑張れ・お疲れ様」って
メッセージを送っているのでしょう。

人や時や場所を選ばず、どんな時も「この食事が血や肉となり、ひいては健やかな心を
育くむ」という思いで、調理はするものなんだと思いを新たにした私です。


※ 今日の写真。
  胸キュンの懐かしい空間が甦りました。
  今の子供たちには、どんな風に映るんでしょうかね(笑)

 
アスリートの食事
図書館にそんないい書物があるなんて、羨ましいです~!!
え?本屋さんで買えって?
いえいえ、(買わずに)借りれるのがヨイのですよ・・・・ね♪

以前、テレビで見た記憶があるのですが・・・
あるスポーツ競技の専属料理人が監督から一つ言われている事がある・・・と。
それは「一日一回、青魚を使ったメニューを取り込む事」
確かサムライブルーのお話だったような気がするな~
監督曰く、青魚には欠かせない栄養素が沢山入っているんだとか。
お肉も当然必要だけど、青魚も欠かせない・・・と。
確かにそうなのですよね
栄養価の高いお魚、1切れ食べただけで栄養バランスがぐーんと良くなるんですもの☆

一流の選手は栄養に関しての知識も一流で、自分に必要なものを把握して食べている、とも書かれていた。
これよ、これ!!!
ここを見習いたいものです☆

やっぱり本を買った方がいいかな~~^^;
 
追記
今、リンク先の東京新聞記事を読みました

やはりサッカーでのお話でしたね^^;

オメガ3・・とか、脂肪酸はいまだにシッカリ理解出来てません(>_<)
お目が・・・じゃない(笑)、オメガ6、オメガ3、とかオレイン酸とかリノール酸とか
単語(用語?)は色々知ってるけれどその違いをキチンと説明出来ないし中途半端にゴッチャになってるのであります(汗)
いい加減覚えないと~~^^;
 
こんにちは。

そうですよねぇ~。
やはり衛生面第一でしょう!次に栄養・・。

何か香川選手幸せだろうなぁ!
ドイツか~イギリス・・食事にきつい物があると言っていましたから・・。

影のスタッフに支えて頂きながら・・
日本代表がんばれ~~~!!!です。

 
食事
こういうことを聞くとやっぱり食事って大事なんだな~ってしみじみ思います。
一流選手になる人は、見えないところでの努力がいっぱいですよねぇ。
betipaもあまり普段サッカーはみないけど、やっぱりワールドカップは気になります~
 
ミッキー さん
> こんにちは

こんにちは♪
ワールドカップの試合もだけど、サムライブルーの食事の様子、見てみたいですね(^^)

> 西京焼き=最強焼き
>
> ですかね?
> (^ω^)

おおおっ、上手いっ!座布団3枚!!(*^^*)
こりゃあ毎食、最強焼きをだすように専属シェフに連絡しなきゃですね〜(^^)
 
こんばんわ
日本代表チームのメニュー
美味しそうなものばかりですね!!
 海外遠征ともなると 裏方さんは、大変って話
普段は、そこまで想像しないけど
聞いてみると、衛生管理や食材調達
必ず、支えてる人がいるわけで 
でも、ワタシだったら胃が痛くなるだろうな、、、
ワールドカップは、期待したいですね。

 
ツヅレサセコオロギ さん
> 日々の辛い練習も、メンタル面での自己管理も、それらを十二分に発揮するためには
> まずは何より、万全の体調といえるでしょう。

万全の体調で試合に臨みたいのは選手本人だけでなく、それを支える人たちの方が強いかもしれないですね。
どんな世界でもピラミッドが形成されるでしょうが、アスリートとなればしのぎを削り、体を酷使し、精神的にもタフさを要求され・・・

> ホッとできる食事、安心できる食事。
> 試合をする前も、した後も、卓上に並ぶ料理は、選手に無言で「頑張れ・お疲れ様」って
> メッセージを送っているのでしょう。

私はこのコメントに唸ってしまいました。
きっと料理を作る人は、どの選手にもこういう気持ちでいるんだろうなあって。
ここまでの努力が実るようにって思いはきっと選手に伝わるんでしょうね。

> 人や時や場所を選ばず、どんな時も「この食事が血や肉となり、ひいては健やかな心を
> 育くむ」という思いで、調理はするものなんだと思いを新たにした私です。

食事や料理って、様々な味を楽しむだけでなく、過去から現在までのシーンと重なることってあるものです。
悲しいこと、楽しいこと、かわした会話、部屋の様子、料理のお皿・・・
食べるって深い・・・ですね(^^)


> ※ 今日の写真。
>   胸キュンの懐かしい空間が甦りました。
>   今の子供たちには、どんな風に映るんでしょうかね(笑)

丸いちゃぶ台って、それだけで懐かしさがありますよね。
星一徹だったらきっとひっくり返すんだろうなあ、とか(笑)
今の子どもたち・・・椅子の方がいい!って不満を言うかなあ(^^;)
 
ふぶき さん
> 図書館にそんないい書物があるなんて、羨ましいです~!!
> え?本屋さんで買えって?
> いえいえ、(買わずに)借りれるのがヨイのですよ・・・・ね♪

もちろん、ふぶきさんの意見に賛成!(^^)
学校図書にリクエストしたの、ワタクシです、きゃはっ
図書館に無かったらリクエストしてみたらどうでしょか?予算もあるでしょうが、今だったらワールドカップという強い後ろ盾もあるしね(^^)

> それは「一日一回、青魚を使ったメニューを取り込む事」
> 確かサムライブルーのお話だったような気がするな~
> 監督曰く、青魚には欠かせない栄養素が沢山入っているんだとか。

さすが、スポーツ関係のことは耳がダンボだ〜(^^)
栄養の研究って日々進化したり変化したりするもので、以前は欧米では肉中心だったけれど、今では魚は当然のようだし。

たんぱく質もそれぞれ食材によって組成が違うし、青魚は色んなシーンで期待されてる食材の1つなのでしょう。

> やっぱり本を買った方がいいかな~~^^;

『必勝ごはん』の内容は、いわゆるレシピ本ですが、こういう目的でこの料理は作っているって解説が入っています(詳細ではないけれど・・・)

詳細な解説入りがいいのであれば、他のアスリート向けの本でもいいのかななんて思います。
でも、料理人の熱い思いが分るコメントや、基本的な和食が並ぶ内容は、だからこそ基本が大事なんだな、と改めて思えるお守り的存在になるかもしれません。
 
ふぶき さん
> 今、リンク先の東京新聞記事を読みました

産經新聞のインタビューもあったんですが、今回の記事だったら東京新聞だろって(^^)
読んでいただいて、西さんも喜んでるだろうな〜

> 単語(用語?)は色々知ってるけれどその違いをキチンと説明出来ないし中途半端にゴッチャになってるのであります(汗)

ドキッとすることで、冷汗が〜〜〜〜!

私なんか自慢じゃないけど、何か聞かれたら「少々お待ちください・・・えっとそれは・・・ガサゴソガサゴソ・・・」てな感じで(^^;)

色んなことを知っていてチョイスできる、自分のバックアップになるのは安心感に繋がりますもんね。
後は何をどう食べるか、というのは自分の体で人体実験をして実証する、かな(^^)

 
yamaneko さん
> こんにちは。

ママさん、こんにちは〜♪

> そうですよねぇ~。
> やはり衛生面第一でしょう!次に栄養・・。

数年前、アジアカップでしたっけ?どこかの中東の大会で選手の体調不要が量産され・・・
その時の教訓が今に生きているようですよ。
やはり衛生管理あって安心して食べられる、ここがスタートなんでしょうね(^^)

> 何か香川選手幸せだろうなぁ!
> ドイツか~イギリス・・食事にきつい物があると言っていましたから・・。

本の中でも、海外組が増えて来たので、そういう選手たちには特に支持されていると書かれていました。
やっぱ生まれ育ったところのごはんだから頑張れる!なのかな。

> 影のスタッフに支えて頂きながら・・
> 日本代表がんばれ~~~!!!です。

試合に集中できる環境を作ってくれる人がいるからこそ、それが分かっているだけに、選手たちはその思いに応えようっておもうんでしょね(^^)
サムライブルー、頑張って欲しいです!
 
betipa さん
> こういうことを聞くとやっぱり食事って大事なんだな~ってしみじみ思います。

人間も動物。
食べなきゃ生きていけないし、食べることが原動力。
お姫さまと一緒かな(^^)

> 一流選手になる人は、見えないところでの努力がいっぱいですよねぇ。
> betipaもあまり普段サッカーはみないけど、やっぱりワールドカップは気になります~

観てるだけだと『何でそこ決められないかな〜』なんて簡単に言っちゃうけど、
どんな世界でもピラミッドって存在するし、そのピラミッドの中にさらにピラミッドがあって・・・
選ばれし者が戦いの場に立つんだもの。
その努力が実りますようにって思いは、選手の近くでいるほど強いのかもしれないですね。
ワールドカップ、ニュースでも盛んに話題にってるし、いよいよだ〜
 
ランちゃんママ さん
> 日本代表チームのメニュー
> 美味しそうなものばかりですね!!

聞いても分らない料理だと、フ〜ンでオシマイになるんだろうけど、知ってる料理が並ぶと『へえ〜!』だもの。
それがまた旨そうだと、じゅる〜!(^^)

>  海外遠征ともなると 裏方さんは、大変って話
> 普段は、そこまで想像しないけど
> 聞いてみると、衛生管理や食材調達
> 必ず、支えてる人がいるわけで 

準備の前の下準備から始まって、時には手配が上手くいかなかったり手違いがあったりも・・・
支える人は、自分が試合に出る訳じゃないけど、出ないからこそ間近で頑張る選手への思いは強くなるのかな。

> でも、ワタシだったら胃が痛くなるだろうな、、、
> ワールドカップは、期待したいですね。

態度はデカいが気は小さいワタクシ、胃が痛いというよりもマトモに観られず、柱の影からのぞき見状態だろうなあ(笑)
で、柱の影から一喜一憂・・・できることならバンザイ!って試合が続くといいいなあ、期待して観る事にします(^^)
 
なんでも、BEST4以降まで食材やらの
手配をしているそうですね。
せっかく準備したのだから、ぜ~んぶ食べてほしいよね。^^

友達の息子が、私立高校のサッカー部で頑張っていました。
その中で栄養士さんのお話を、保護者と共に聞いたそうです。
それまではスナック菓子やお肉が大好きで、
ジュースもガンガン飲んでいたそうですが
栄養士さんのお話を聞いてから、ころっと変わって
母は大変~~!と友達が苦笑していました。

一流選手になれば、こだわりもそれぞれで
シェフも大変だろうなぁ。


 
にわ さん
> なんでも、BEST4以降まで食材やらの
> 手配をしているそうですね。
> せっかく準備したのだから、ぜ~んぶ食べてほしいよね。^^

ワールドカップともなると、食事の気合いも十二分!
予選敗退になった時のことなんか考えちゃダメなんだよね、決勝戦まで食料はあるぜ!が選手に無言のプレッシャーを(笑)

> 栄養士さんのお話を聞いてから、ころっと変わって
> 母は大変~~!と友達が苦笑していました。

おおおっ、これはその栄養士さんが相当なやり手だったと思います(^^)
とはいえスポーツやるとなると体作りは基本だし、ここでジャンクから抜け出せたら一生、自分の体と向き合っていけるかも?

> 一流選手になれば、こだわりもそれぞれで
> シェフも大変だろうなぁ。

だろうねえ(^^;)
とはいえ、選手の方が分かっててて手間がかからないってこともあるかもね。
私は希望もこめてこっちに賭ける(^^)
 
たまの贅沢
普段の「ごはん」は安心感。
良い話しですね。

ホッとする食事・・・・
外食では無理ですね、多分。

料理をしない人が増えてる?
今後どうなるのか?
ホッとできるご飯が消えない様に・・・・
 
T’s さん
> ホッとする食事・・・・
> 外食では無理ですね、多分。

美味しい外メシはゴマンとあっても、ホッとする安心感となるとウチ飯に軍配が上がりますもんね。
旨い不味い、甘い辛い、固い柔らかい・・・何でこうなるんだ?というのが安心感?
たまに『これ!』と言う味にブチ当たる嬉しさも?(^^)

> 料理をしない人が増えてる?
> 今後どうなるのか?
> ホッとできるご飯が消えない様に・・・・

ご馳走は嬉しいもんですが、ホッとするご飯はご馳走ばかりじゃないはず。
そう思う人がいる限りダイジョブだと思いたいもんです(^^)
 

Leave a Comment



08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
プロフィール
現役の学校管理栄養士の日記です。

管理栄養おたぬき

Author:管理栄養おたぬき
現役の学校栄養士の日記です。

初心者マークの写真とイラストで給食、日常、おとぼけ話などを書いています。

 
カウンター
 
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...