言い訳しながら報告します

現役の学校栄養士が写真とイラストで報告する、言い訳の日々。

 

慎重な審議


Category: 給食の話   Tags: ---

20140317田んぼ




驚きの記事を読んでしまった。

先日、何気に目にしたタイトル記事は『小学校給食からパンが消える?』

3月14日の京都新聞の記事で、抜粋すると・・・

●和食のユネスコ無形文化遺産登録を受け、京都市教育委員会が和食中心の小学校給食を検討する委員会の設置を決めた

●議論次第では主食がすべて米飯になり、給食からパンが消える可能性がある

●約1年かけて行う検討内容は「みそ汁と漬物を毎日提供」「おばんざいの献立化」などで、「パン食をやめる」案も盛り込まれている。

●市教委は現在、10人程度の委員を人選中とし、「学校給食の未来形を探るため幅広く議論する。最初からパンをなくすと決めているわけではない」とする。



確かに現在は『和食を中心とした献立』が給食に組み込まれているし、米飯中心の献立になっている。
日本の食文化や歴史、地域の繋がりを知るためにも、和食中心は大切だし、お米離れによるご飯食の推進や美味しさを伝えるのも給食の役割の1つ。

しかし、『和食のユネスコ無形文化遺産登録を受け』というのがどうにも大義名分に聞こえてしまったのは、単に私がひねくれた見方をしているだけなのか・・・

この話のスタートが、京都の小学生から給食はご飯だけにして欲しい、であればすんなり事は運ぶだろう。

そうでない場合、パン食が無くなって、保護者からは『パンを無くす必要があったのか?』、子供から『パンが食べたい!』などの声が上がった時、和食がユネスコ無形文化遺産登録になったからね〜、で解決するとは思えない。

理由付けは納得できなければ単なる押しつけになり、反感や反発になりかねない。


京都市教育委員会が今回の発表に至るまでの詳しい経緯を知らないし、短絡的にああだこうだと言うのもどうかと思う。

とはいえ、久々に新聞記事で「ビックリしたな〜、モ〜〜〜〜!!」になってしまったのであります。

『小学校給食からパンが消える?』京都新聞 3月14日記事



20140317おにぎり


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記


Comments

先日テレビで「夢の扉」を見ました。内容は

≪パリの迎賓館で、日本料理のスーパーシェフ18人が和食を作り上げた。京都料亭「菊乃井」主人の村田吉弘は、世界のナンバーワンシェフ・ヘストン・ブルメンタルと対談するなど、和食の魅力を世界に広げている。今回は、科学をとりいれ和食の「うまみ」を広めようとする村田の取り組みを取り上げる。etc…≫

「ユネスコ無形文化遺産登録に和食を」と働きかけた立役者の一人が、この京都料亭「菊乃井」主人の村田吉弘氏のようで、番組中にも「給食は米にしなくては。今の給食はご飯食べながら牛乳飲んでるんですよ。
これ、おかしいでしょ?」などと発言しておられました。

この番組を見た私は、発信地が京都というのもなんだか頷ける話です。

給食の話が出たところで、おたぬきさんのことが頭をよぎりました。
和食を世界の料理にするのだと熱く語り、さらには精力的に活動されてる姿には、同じ日本人として
頼もしく、誇らしい気もしましたが、それが給食へもスライドしていくとなると、「どうなんだろ?」って
何となく釈然としない思いに駆られたのも事実。

この先どのような展開になるのか興味深いところではあります。

おたぬきさんのブログに出会っていなければ、こんなことも考えなかったことだろうと思うと
「知ること」の大切さを改めて実感いたします。はい。
 
こんにちは
なんだかなぁ~~
極端な案が出たものですね、、遠い昔、ワタシが小学生の頃 
パン給食から米飯給食っていうのが週何回か導入されて
パンもね、嫌いじゃないんだけど、「今日は、米飯給食」って日は
うれしくて🎵うれしくて🎵 お昼になるのが楽しみでした!
今思うと、ワタシはご飯派だったかもっ
逆に、毎日ご飯ばかりの給食となると、パンのありがたみを感じる?
理想は、数ある主食の中から「やっぱりご飯!」と感じてくれる子がいればいいわけで・・
比較する対象が無い中では・・・
慎重な審議をお願いしたいですね。
 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
極端
こんにちわ(^^)

ご飯”だけ”とはまた極端なメニューですよね 日本の食文化の
特徴は折衷メニューを違和感無く取り入れるのが得意という事で
今ではそれが立派な文化という気がしますね それをご飯だけとは
思っきった事をするものです パンが有るからこそご飯の美味しさが
分かると言うもので逆も言えますね それを片側だけとか極端過ぎる
様な気がしますね 新潟の三条では3月まで牛乳取りやめでこれも
物議を醸して居ますがご飯と同じでやる事が極端では?と思って
しまいます 日本の食文化も大事ですがもう少しやり方が有るような
そんな気もします・・・・

それでは(^^♪
 
ツヅレサセコオロギ さん
> 「ユネスコ無形文化遺産登録に和食を」と働きかけた立役者の一人が、この京都料亭「菊乃井」主人の村田吉弘氏のようで、番組中にも「給食は米にしなくては。今の給食はご飯食べながら牛乳飲んでるんですよ。
> これ、おかしいでしょ?」などと発言しておられました。

夢の扉、グローバルに活躍される方が熱く語る番組ですね(^^)
料亭のご主人が和食を世界レベルで語り、活躍されるのはホントに同じ日本人として嬉しい限り。
だからこそ、の発言内容かなあなどと思ってしまいます。

> 和食を世界の料理にするのだと熱く語り、さらには精力的に活動されてる姿には、同じ日本人として
> 頼もしく、誇らしい気もしましたが、それが給食へもスライドしていくとなると、「どうなんだろ?」って
> 何となく釈然としない思いに駆られたのも事実。

ご飯に牛乳の違和感というか、通常ではあり得ない組み合わせ(笑)
おそらくご主人が一刀両断で言われるまでもなく、誰もが感じる違和感であり、違和感を感じない方がおかしいかも(多少自虐的? ^^;)

量低レベルから給食にスライドされてしまうと、同じ『和食』であってもそりゃ違うだろ!とお怒りもごもっともになるのかなあ。

とはいえ、ご飯と牛乳の組み合わせを小中学校で体験した人の多くは、成人になってこの組み合わせをまんま実践しているか?
現在進行形のチビッコも、お家で食べる夕食のご飯、外食の和食で『ご飯には牛乳だよね』と叫ぶ事はまず無いかと・・・
もしかすると給食の牛乳は、思っている以上に割り切って飲んでいる気もしてきました

> この先どのような展開になるのか興味深いところではあります。

着地点をどこに持って行くのか、どういう理由(根拠)が示されるのか。
私もとっても興味があります。
ということで、これからもおたぬき給食ブログ、ご贔屓に預かれますようよろしくなのです(^^)
ちゃっかりしてるな〜、へへっ。
 
ランちゃんママ さん
> 今思うと、ワタシはご飯派だったかもっ
> 逆に、毎日ご飯ばかりの給食となると、パンのありがたみを感じる?

これっ!ここですよね!!
パンが毎日続いた頃は『ごはん食べたい!』と叫んでも不思議じゃないのは、ご飯が好きであり、色んなものが食べられるってシアワセ感がアップ。
ここっ!ここですよね(^^)

> 理想は、数ある主食の中から「やっぱりご飯!」と感じてくれる子がいればいいわけで・・
> 比較する対象が無い中では・・・
> 慎重な審議をお願いしたいですね。

そうそう、比較対象があるからお互いの事も分かりあえる。
どこの家庭のご飯で朝も夕飯もパンしか食べないのなら、給食はごはんだろ!日本人だろ!と私も叫んじゃう(笑)
でもそうじゃないのなら、ご飯とパン、和と洋の良さや違いを体験するのは悪くないんじゃないかなあ、なんてね、思っちまいます。
やっぱ『慎重な審議』が必要ですね(^^)
 
鍵コメ さん
給食の主食に出てくるご飯とパン、麺類の違い。

ご飯は米を給食室で炊飯する、食材からの調理。
パンと麺は、製品を購入して給食室で加工、またはそのまま提供する。

となると、パン屋さんや製麺工場から『もうウチは納品できまへん』とやんわりお断りされたら、食べたくても食べられなくなるものになります。
これだと主食がご飯オンリーになっても致し方ないのか・・・

でもでも!
きっと私が小学生でこれを聞かされたら『だったら作ってくれるパン屋さんや製麺工場を探してよ!』、と母ちゃんに泣き叫ぶ気もしとります(笑)
さらに賢い子供であれば、京都のパン屋さんはおいしいパンを一杯作るのに、なぜこうなってしまったのか?などと研究をしてしまうかも(^^;)

チビッコがこぞって『給食は米で!」と言わせない限り、無いものが欲しくなる。
色んなものを食べられる時代の幸福と不幸が重なって見えるようであります。
 
koozyp さん
> ご飯”だけ”とはまた極端なメニューですよね 日本の食文化の
> 特徴は折衷メニューを違和感無く取り入れるのが得意という事で
> 今ではそれが立派な文化という気がしますね 

そうそう、折衷というステキな言葉、これは日本人ならではだし文化と思えます。
1日で世界中を旅する料理が食べられるなんて、日本以外にどこかあるのかなあ。

給食だから、という理由は時として便利に使われがちだし、時代に合わせた変化は確かに必要。
時には大胆な改革を起こさないといけないことだってあるでしょう。
でも、ユネスコ云々でご飯だけにしようってのは、ちょいと違和感も感じてしまいます。

> 新潟の三条では3月まで牛乳取りやめでこれも 物議を醸して居ますがご飯と同じでやる事が極端では?と思ってしまいます 
> 日本の食文化も大事ですがもう少しやり方が有るようなそんな気もします・・・・

えええ〜〜〜〜っ!三条の事は初耳です!!
これもユネスコの影響だろか・・・う〜む、これはこれは・・・ビックリでした。
あっ、私はご飯と牛乳の組み合わせ推進派では決して無いけれど、目の敵にしなくても、マトモな食生活を家庭でしていたら、マトモな和食の組み合わせは身につく、と考えとります(^^)

米は様々な加工品が出来るから、米粉パンをもっと開発してもいいんじゃないかのお。
給食向けに安価で美味しい米粉パン、そこから新しい文化が生まれてくるかもしれないチャンス!
ガンバレ、パン屋さん!!
なんとなくエールを送る事になってしまいそうです(^^)
 
こんにちは。
あらら・・極端なご意見ですねぇ~。
熱いのは解りますがちょっと行き過ぎ・・な感じがします。

日本も食文化が変わる中育ってきた子供たちですもの。
漬物・・年寄りの食べ物だ出たと言っていた子もいました。

最近は米アレルギーの子供たちも増えていますのに・・・。

それは・・それは・・
「ビックリしたなぁ~!・・もう~~~~~~!」
ですよ~。
 
ご飯&牛乳
色んな考え方があるものですね~^^;
確かに和食はいいですし、日本の食文化を子供たちに教えるのは大切な事だとは思いますが・・・
給食を完全米飯化しちゃうというのには驚きです。
いまどきだと、ご飯よりパンに親しみを持つお子様も多いでしょうし、ご飯onlyになっちゃうと 残菜率の事も気になるところですよね

それに、ご飯&牛乳・・・という組み合わせも微妙~~(>_<)
給食だと思えばこそ食べます&飲みます・・・という気持ちになるでしょうけれど、一般的な食卓ではありえないですもんね
あ、でもミルク粥というものがあるって事はご飯と牛乳も・・あり???
夫は「おにぎり&牛乳」になんの違和感もなく食べたり飲んだりしておりますが、私的には無理~~~っ!!!^^;
おたぬきさんも、きっと苦手な組み合わせですよね。
 
米飯給食
極端ですね。。。
確かに和食って、すぐれていると思うし、継承していけばよいな~と思う。
その反面、洋食もしっかり、日本の文化の一つになっていると思うのよね。

給食ってあまり記憶がないから、おたぬきさんの記事をみていつも、最近の子は幸せだなあ~なんて思っているの(笑)
楽しく、育食できる場であってほしいな~
 
ご飯は美味しい、おにぎりなんか最高!と、思っていますが、
給食からパンが消えるとは、これはまた極端と、私も思ってしまいます。

パンにバターを塗って食べる美味しさとか、口の中に入った時の感触とか風味。
給食から消えてしまうなんて。。。

ちょっと待った!て、言いたくなります(^^)
 
このニュースは知らなかった?
最近の京都は・・・・?

先日も大きなパーティーに呼ばれました。
お偉方の挨拶の後、「乾杯」の準備・・・
普通なら、シャンパンかビール?
最近、京都では「乾杯は日本酒で!」ということになってる様です。

これが良いことなのか、そうでないのか?

給食が全て和食でご飯だけで・・・?

これは食育になるのでしょうか?

どなたかが書かれてた、京都の和食のリーダーが微妙な雰囲気なのは感じることがあります。

 
yamaneko さん
> こんにちは。
> あらら・・極端なご意見ですねぇ~。
> 熱いのは解りますがちょっと行き過ぎ・・な感じがします。

ママさん、こんにちは♪
これからの次代を担う子どもたち、だからこそ・・・の気持ちは分かっても、ですね。

食文化って、時代とともにどんどん変わるし、給食でご飯だけって方法が果たしていいのかどうか。
ちゅうか、私の立場から言っちゃうと『なんでも給食に任せるな!』かな(^^;)

> 最近は米アレルギーの子供たちも増えていますのに・・・。

なんですよね!
お米アレルギーの子供には、毎日パンを持ってらっしゃいってなるのかなあ。
などと今から心配しちゃいます。

> それは・・それは・・
> 「ビックリしたなぁ~!・・もう~~~~~~!」
> ですよ~。

昭和の死語をママさんもつぶやいてもらって嬉しい!
おっと、嬉しいってことは違うか(^^;)
最終結論がどうなるか、気になりますね。
 
ふぶき さん
> 給食を完全米飯化しちゃうというのには驚きです。
> いまどきだと、ご飯よりパンに親しみを持つお子様も多いでしょうし、ご飯onlyになっちゃうと 残菜率の事も気になるところですよね

これから『慎重な審議』をするということですが、そもそも給食の主食は全てご飯という話が出てくる事が、ねえ(^^;)
パンが好きな子供には寝耳に水の話?
ぐれちゃったりしてね(^^;)

> それに、ご飯&牛乳・・・という組み合わせも微妙~~(>_<)
> 給食だと思えばこそ食べます&飲みます・・・という気持ちになるでしょうけれど、一般的な食卓ではありえないですもんね

給食って何でもアリだからなあ(笑)
炭水化物のダブル(米と小麦粉)とか、トリプルだってあるし(米、小麦粉、芋)
でも筆頭はご飯&牛乳だよね、鯖の味噌煮に牛乳ってあり得ないもん。

でも、それを食べた子供が大きくなって『マトモな和食の組み合わせ』と信じてるか?
給食の役割分担と割り切る事もして欲しいな。

> おたぬきさんも、きっと苦手な組み合わせですよね。

おおっ、さすが良くお分かりで(^^;)
監督代行、おにぎりには番茶かソバ茶がいいでっせ!
 
betipa さん
> 極端ですね。。。
> 確かに和食って、すぐれていると思うし、継承していけばよいな~と思う。
> その反面、洋食もしっかり、日本の文化の一つになっていると思うのよね。

ショック療法というのは存在してるけど、パン屋さんに何かショックを与える必要があるのか?
なんて思っちゃう。
和食の良さを伝えるのであれば、普通のご飯を家庭で食べることも大事だと思う給食のオバチャンです。

> 給食ってあまり記憶がないから、おたぬきさんの記事をみていつも、最近の子は幸せだなあ~なんて思っているの(笑)
> 楽しく、育食できる場であってほしいな~

今回の話、ホントに極端だよね。
色んな食べものがあふれているから、制限されちゃうと無い物ねだりされそうな気もするし。
それがパンって身近なものだと『なぜだ?!』って気にもなるかなあ。
楽しく食育、まずはこれを考えてあげなきゃね(^^)
 
いちごじゃむ さん
> ご飯は美味しい、おにぎりなんか最高!と、思っていますが、
> 給食からパンが消えるとは、これはまた極端と、私も思ってしまいます。

私もおにぎり大好きです〜!
で、おにぎりを食べるとパンも美味しいって思うし。
極端な理由が大人の都合のようで、そこが引っかかりますね。

> パンにバターを塗って食べる美味しさとか、口の中に入った時の感触とか風味。
> 給食から消えてしまうなんて。。。

そうそう、食感って大事だもの。
それに決してご馳走じゃないのに、家庭と違う雰囲気で食べる給食は、子供にとっては楽しみの1つ(と信じたい)。
パンが無くなったら「お家のパンと給食のパンの違い」だって経験できなくなる。
これっていいのかなあ、なんてね、思っちゃうのです。

> ちょっと待った!て、言いたくなります(^^)

おおっ!いちごじゃむさんと同意見!!
柱の影からデカい声で叫んでみようかなあ(^^;)
 
T’s さん
> お偉方の挨拶の後、「乾杯」の準備・・・
> 普通なら、シャンパンかビール?
> 最近、京都では「乾杯は日本酒で!」ということになってる様です。

日本酒はおいしいし、大好き♪
けれども乾杯を日本酒って、神社か?なんて言っちゃうのは口が悪過ぎるでしょか(^^;)
まさか料理の中に洋食は無いんでしょうね。あったら怒るでぇ〜(笑)

> どなたかが書かれてた、京都の和食のリーダーが微妙な雰囲気なのは感じることがあります。

私はこの話が食べている子どもたちから出たのであれば、明確な理由をキッチリ聞けるし、納得もするかもしれない。
でも、提案者の面々を見ると・・・

パンを云々という前に、『だったら料亭のご飯を1000円で食べられる日を作って欲しい』であり、もっと気軽に『本当の料亭の味』を子供の頃から知る機会を作って欲しいです。
おっと、思わず自分の願望を言ってしまったかな(^^;)
 
これは京都だけの動きなんでしょうか?それとも日本全国にそういう動きが今後出てくるのかな??
なんだか日本って面白いですね。国際化を進める動きがありながら、急に日本回帰。
どっちなんだ~。
私はパンも好きなので、給食からなくさないで欲しいです♪
 
muse-decor さん
> これは京都だけの動きなんでしょうか?それとも日本全国にそういう動きが今後出てくるのかな??

パンを無くす事も視野に・・・となると日本全国には広がってないかな。
少なくとも東京ではそういう動きは今のところないはず。
でも、これからは分らないですよね。

> なんだか日本って面白いですね。国際化を進める動きがありながら、急に日本回帰。
> どっちなんだ~。
> 私はパンも好きなので、給食からなくさないで欲しいです♪

ホント、極端なんだもん(笑)
何でもアリが日本の食の1つの形だし、日本回帰がパン食無くす事ってのもなんだかな〜
つくづくそう思いますです。
muse-decorさんの娘さんが学校に上がる頃、パンが健在でありますように!
 

Leave a Comment



05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

04

06


 
プロフィール
現役の学校管理栄養士の日記です。

管理栄養おたぬき

Author:管理栄養おたぬき
現役の学校栄養士の日記です。

初心者マークの写真とイラストで給食、日常、おとぼけ話などを書いています。

 
カウンター
 
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...