言い訳しながら報告します

現役の学校栄養士が写真とイラストで報告する、言い訳の日々。

 

備えあっても・・・


Category: 給食の話   Tags: ---

20131106東京消防庁




最近の高層ビルの厨房は、消防法で簡単にガス器具は使えないという。

そうでなくとも室内温度を上げないため、大型調理機器は電気に変わっているのも確かで、あのどでかい回転釜も電気仕立てのものが登場して久しい。

昭和の正しい給食室で働くワタクシには、当然、ガスが調理のお供。

慣れ親しんだものが一番、ガスの火力はすごいのさ〜!
と言うと悔し紛れに聞こえるかもしれないけれど、とろ火や強火の加減は目で炎を見るから分るというもの。

しかし、炎を目視できるのはいいけれど、イザという時こわいのが火事。

給食室は避難訓練では火元確立90%以上だし、火事には常々気をつける必要がある。

相当前からガスは一括管理というのか、地震で大きな揺れがくるとバチン!と全てが遮断されるようになっている。
これは家庭のガスでも同じだろう。

しかし、本当にいざの時は機械任せに出来ないし、消火器だってちゃんと使えないとまずいだろう。

先日の避難訓練で、そういえば給食室の消火器はどこにあったっけか?

あそこと、あそこと・・・あれえ、う〜ん、てな感じで全部思い出せない!
こりゃヤバい!!

そそくさと給食室に忍び込み、消火器のありかを今さらのように確認した翌日。

朝の打ち合わせで「いざとなったら消化をするのは自分たち。さて、給食室には消火器がいくつあるか、どこにあるか即答できますか?」
なんて偉そうに一発ぶちかましたワタクシ・・・あはっ。

備えがあっても役に立てなきゃしょうがない。

いやいや、その前に、役に立つ様な事態にならないように気をつけなきゃですな。



20131106カチカチ山



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記


Comments

100%
こんにちわ

火元確率は自分の学校時代は100%でしたね 毎回悪役で可哀想な
位です 給食室には消火器も沢山有るはずですが残念ながら毎日使うものでは
無いので次第に隅に追いやられるのが現状では無いでしょうか・・・?
避難訓練の後は何処だっけとか思い出すのですがね その後は・・?ですね
実際に火事になると消火器をそのまま日の中に放り込む人もいるそうですから
人間緊急時は何をしでかすか分からない様です こんな時こそ日ごろの
訓練がものを言いそうですね でも何も無いとフニャけてしまうんですよね
人間ですから フニャフニャ・・

それでは(^^♪
 
以前何かの記事で読んだんですが「炎」は人の心を落ち着かせる効果があるとか…。
確かに昔、昔、たき火をした時のオレンジの炎とか、お風呂を沸かす時のマキが
パチパチと音を立てながら燃える炎とか、ボーっと眺めながら妙に気持ちが穏やかになったことを
思い出します。暖炉(我が家にはないけど)の炎もそんな効果がありそうですね。

それが今ではオール電化の時代へと移り変わり、子供たちは日々の生活で、炎が身近なものでは
なくなりましたね…。

火の恐ろしさを実感しにくくなった現代。だからこそ、「もしもの時」の対応と訓練は必須。
ましてや学校ともなれば、多くの若い命が集まっている所。

ことの重大さをしっかりと伝えるのは、やはり大人の役目ですよね。
 
こんにちは。

そうかぁ!オール電化ですと炎が見えないんですね。
感覚損なう感じがします。

備えあれば・・なんですが・・
どうも消火器が使えそうにないので
火元には充分気をつけています。

余談・・この間・天かす山積みで発火と言う記事を読み
天かす作りもほどほどにする事にしました。
 
高層ビル
>最近の高層ビルの厨房は、消防法で簡単にガス器具は使えないという。

そうなんですよね~
仙台では随分前に21階建の高層ビルが建ち(東京だったらこれくらいは普通のビルなんでしょうね^^;)、そこに中華料理の専門店が入り、そこではガス器具を使ってない・・という話を聞きました。
やはり中華は火力が命なだけに、電気調理で美味しく作れるものなんだろうか??・・と疑問に思ったものです。
あ、ちなみに高級なお店だけに実際に食べに行くわけにもいかず お味の真相は判らず仕舞い^^;

そうそう、若かりし頃にはシチュー鍋をかけたままうたた寝してしまい、気が付いたらシチューがマル焦げになっていた事があります。
もうちょっと気づくのが遅かったら火事でした・・
あれは今思い出してもゾッとします
以来、煮込み料理をする際には必ず携帯のタイマー機能を利用するようにしています。
さすがに今はうたた寝はしませんが、違う事に没頭しているとまた鍋を焦がしそうで・・・^^;
 
備えあれば・・・・
憂いなし!よね~
betipaも緊急避難用のヘルメットと避難袋を会社から支給されたけど、手の届かない高い棚の上に置いてあるわ(笑)
明日、ちょっとだけ、下段にうつしておこうっと。
 
koozyp さん
> 火元確率は自分の学校時代は100%でしたね 毎回悪役で可哀想な位です 

火元確立100%!こういう学校は今でもありそうだな〜、というか前任校では100%だったかも(笑)
圧倒的に火事になる要素を含んでるからでしょうが、それでも他に何か無いのか?って。
今の学校は、時々、理科室という隠し球が登場!なので90%かな(^^)

> 避難訓練の後は何処だっけとか思い出すのですがね その後は・・?ですね

そうそう!
緊張感を持って訓練しなきゃなんだけど、これほど毎回のように火元になると、それはそれで「慣れ」というだらける要素が・・・(^^;)
消火器は場所だけでなく使い方が分かってないとダメだろうし、マジで緊急時になったら消火器ごと放り込むかも??

> 人間ですから フニャフニャ・・

何か起こってほしくないし、起こった時のための訓練。
分かっちゃいるのにフニャフニャはいかんですよね(^^;)
次回の訓練はいつものように給食室が燃えるそうなので、気を引き締めてのぞみますっ!(敬礼!)
 
ツヅレサセコオロギ さん
> 以前何かの記事で読んだんですが「炎」は人の心を落ち着かせる効果があるとか…。

この一文を読んで、思わず『なるほど、ポン!』でありました(^^)
焚火やお風呂のマキの炎やパチパチと言う音、ちょっといぶる匂いって、心地よさを誘うもの。
ああっ、お金持ちが暖炉の前でくつろぐというのはこれが分ってるからでしょか。
おたぬきの里で、今度は実践したいなあ。

> 火の恐ろしさを実感しにくくなった現代。だからこそ、「もしもの時」の対応と訓練は必須。
> ましてや学校ともなれば、多くの若い命が集まっている所。

以前、家庭科講師から、生まれた時から自宅でIHを使っている子どもは、調理実習でガスコンロを使うと、平気で燃えるものを側に置いたり、エプロン焦がすって言ってました。
オソロシイ・・・!

そういうのを考えても、どこかで「火事の元になる可能性のあるもの」を教える必要もあるのでしょうね。
かといって給食室を本当に燃やす訳にもいかず(^^;)

> ことの重大さをしっかりと伝えるのは、やはり大人の役目ですよね。

危険を回避するためには、どういう危険があるかの体験って必要ですもんね。
そのためには「昭和の大人」の出番でしょうか(^^)
 
yamaneko さん
> そうかぁ!オール電化ですと炎が見えないんですね。
> 感覚損なう感じがします。

電化には電化の良さもあるし(老人だとヤケドの心配が無いとか)、否定はしないけど、火事は恐いってのを知る必要はあるものね。
そのためには炎を体感して、熱さとか火の勢いを知るのってはじめの一歩・・・でしょか。

> 備えあれば・・なんですが・・
> どうも消火器が使えそうにないので
> 火元には充分気をつけています。

一生使う機会が無いのが一番なんでしょうし、「いざ!」への備えも万全に。
ホント、火元にだけはなりたくないですもんね。

> 余談・・この間・天かす山積みで発火と言う記事を読み
> 天かす作りもほどほどにする事にしました。

天かす入りのお好み焼きが食べたくなった〜、ってそういう話じゃないんだけど、
この「天かす発火事件」は、給食関係者の間では有名?な話で・・・
なので使った後の油や天かすは金属製の缶に入れて、金属製のフタをしています。
広げてとにかく熱を冷まして・・・が家庭で出来る安全策の1つかもです(^^)
 
ふぶき さん
> やはり中華は火力が命なだけに、電気調理で美味しく作れるものなんだろうか??・・と疑問に思ったものです。
> あ、ちなみに高級なお店だけに実際に食べに行くわけにもいかず お味の真相は判らず仕舞い^^;

高層ビルの厨房とは無縁の生活なので、実態はハテナですが、想像だけで考えると中華は中華鍋からはみ出る炎があってのもの。
そういう図が浮かぶだけに、高級中華店でのお味がいかなるものか?ワタクシもとっても興味があります。

> そうそう、若かりし頃にはシチュー鍋をかけたままうたた寝してしまい、気が付いたらシチューがマル焦げになっていた事があります。

ひえええ〜〜!これはビックリしたでしょう!!
私の友人も固めるテンプルを使おうと、火にかけたままちょいとしたボヤ騒ぎになり・・・
いやいや、これは人ごとじゃないっす。
携帯のタイマー仕様ってお話はなるほどです。
やっぱね、大丈夫って思っていても大丈夫じゃないってことがあると思わないといけないんでしょうね。

マジでカチカチ山になったら笑ってられないし、おたぬきの里も防火も万全にしなきゃです。

> もうちょっと気づくのが遅かったら火事でした・・
> あれは今思い出してもゾッとします
> 以来、煮込み料理をする際には必ず携帯のタイマー機能を利用するようにしています。
> さすがに今はうたた寝はしませんが、違う事に没頭しているとまた鍋を焦がしそうで・・・^^;
 
betipa さん
> 憂いなし!よね~
> betipaも緊急避難用のヘルメットと避難袋を会社から支給されたけど、手の届かない高い棚の上に置いてあるわ(笑)

分る〜〜〜!
あのヘルメットこそどこに置くかって、これはどこの職場もそうだろうなあ。
デカイ声じゃいけないけど、職員室のヘルメットは管理職以外は段ボールの中よ(^^;)

> 明日、ちょっとだけ、下段にうつしておこうっと。

下段に移したこと、忘れないようにね(^^)
 
リフォームする時 オール電化と悩んだけれど
やっぱり≪ガス≫がいいと思って キッチン・給湯はガス
なぜ?
ん。。。何となく(笑)


備えあれば・・・

備えあっても使わなくて済むように
日々過ごしたいですね!!!


 
ひめ さん
> リフォームする時 オール電化と悩んだけれど
> やっぱり≪ガス≫がいいと思って キッチン・給湯はガス
> なぜ?
> ん。。。何となく(笑)

この「何となく」っての、すんごくよく分かるわあ。
具体的に説明せよ、と言われても、ううっ!だけど何となく分かるわ(^^)
オール電化はこれから発展途上かもしれないけれど、まだガスだって捨てたもんじゃない。そんな気がしております。

> 備えあっても使わなくて済むように
> 日々過ごしたいですね!!!

ホントにね、備えは必要と分っていても、無駄になるくらいがありがたいのも事実。
何事もなく平和に過ごせるのが一番ですもんね(^^)
 
火は気をつけなきゃ怖いけど
震災の時の計画停電の時もご飯が炊けたから
ガス、いいじゃん!って思っています。

先日買い物に行った先でガス展をやっていて
ガス会社のくまのゆるキャラの着ぐるみにも目が行きましたが
消化器もなんだかおしゃれなものが置かれていて
「こんなのなら欲しいかも」って思っちゃいました。

 
絵麻* さん
> 火は気をつけなきゃ怖いけど
> 震災の時の計画停電の時もご飯が炊けたから
> ガス、いいじゃん!って思っています。

311の時、東京や神奈川ではガスはすぐに復旧しましたもんね、というか遮断されても復旧はすぐ出来たが正解かな。
危険度も大だけど、便利さもデカいのがガスかもしれないですね(^^)

> 先日買い物に行った先でガス展をやっていて
> ガス会社のくまのゆるキャラの着ぐるみにも目が行きましたが

これは「パッチョ君」ですね!
顔が「火」の文字になってるのがミソだし、私も着ぐるみパッチョ君を間近で見た時、思わずなでなでしちゃいました(^^)
ででっ!
気になるのはオシャレな消火器・・・どんなんだろか〜?
 

Leave a Comment



06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
プロフィール
現役の学校管理栄養士の日記です。

管理栄養おたぬき

Author:管理栄養おたぬき
現役の学校栄養士の日記です。

初心者マークの写真とイラストで給食、日常、おとぼけ話などを書いています。

 
カウンター
 
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...