言い訳しながら報告します

現役の学校栄養士が写真とイラストで報告する、言い訳の日々。

 

色覚バリアフリー


Category: 学校の出来事   Tags: ---

20131010緑




赤と緑の区別がつきずらい。

私の知り合いに、色覚異常といわれる人が3人いる。
『日本人ではおよそ男性の20人に1人、女性の500人に1人、つまり、クラスに1人はいる可能性があります。』(学校保健ポータルサイト より)

身近に色覚異常の人と接するまでは、何がどう見えて、どのように不便な時があるのか具体的に聞く事は無かったので、具体的な話を彼らから聞くようになって分ることがたくさんあった。

給食であれば、赤と緑の縁取りがしてある同じ大きさと形の皿が並んでいて、「緑にはごはん、赤にはみそ汁を盛りつけてね」とただ言葉だけの指図だけと厳しいだろう。

また、食品群も赤、緑、黄色と分けていても、「赤と緑」の区別がつきずらい人にとっては、赤と緑が隣り合っていれば『どっちだろう?』となる。

なので、食育の授業などでは、「赤と緑のピーマン」が並んでいる様な場面では、必ず指を指したり、「赤」「緑」と色の名前を入れるようにしている。

食材や料理は様々な色があるし、色覚異常は赤と緑の組み合わせだけでないので、色を加えて説明しなければいけない時は、できるだけ分るように説明を心がけている。

私が学校通いの頃は、健康診断の項目に色覚検査があったが、今は差別に繋がるとして行われていないらしい。
(『色覚異常の中高生、半数気づかず進学・就職』読売新聞 2013年9月19日)

プライバシーに関わることなのであえて個人を特定することもないし、1クラスに1人はいて、その1人は誰か分らないから生徒全員が対象。そう考えるようにしている。


食べることは口にすることだから危険なこともあるだろう(肉を炒めている時、生焼けと焼けているところの区別がつきずらい、と聞かされた)。
電源ランプが緑から赤に変わったら・・・と言われても、区別がつかないとも。

また、自治体が発行するハザードマップの色分けは、色覚異常の人たちには判別がつきずらい色分け表記もあるらしい。


カラフルな画像や表現はインパクトもあるしポップ、決して悪い訳では無い。

しかし色の組み合わせを変えたり、モノトーンで表現した方が分かりやすく、暮らしやすいことが1つ増える人たちもいる。
安全や命に関わることは、なおさらだろう。

色のバリアフリーにはそういう意味もあると思う。




みんなが見やすい色環境(学校における色のバリアフリーとはなんだろう PDFファイル)日本学校保健会

色のバリアフリーを理解するためのQ&A(日本学校保健会)




20131010視力




にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記


Comments

信号
こんにちわ

友人に一人いますよ同じように赤と緑の見分けが
困難なんですよね 困るのが信号で赤信号と青(緑)は
色で見るのでは無く順番(位置)で覚えるそうです
雪の降らない所では横に並んでいますが雪国では縦に
並んでいるので2種類覚えていれば青と赤の見分けが
つくそうですが今聞かれても左が赤?とか記憶が
曖昧ですね 赤いものも緑の物もグレーにしか
見えないそうで緑の野菜もグレーの野菜なのは
ちょっと不思議な世界ですね カラー化の盛んな
世の中ですが中にはモノクロームの世界に暮らす人が
いるのも忘れて行けない気がしますね 警告文は
良く赤で描かれていますがそんな警告文が薄い
グレーにしか見えない人もいるのは忘れては
いけないのでしょうね 

それでは(^^♪


まだちょっと早い(キリ番踏み損ねました)ですが10万アクセス
おめでとうございます~ (今は行ったかな????)これからも
楽しい為になる偶にほろりとクスリとする記事をお願いしますね
ポイントに使われるお写真がまた素敵なんですよね〜
これも素敵なスナップをお願いします〜
10万( ゚Д゚ノノ"☆パチパチパチパチ

 
WABで数日前に私も色覚異常の記事を読みました。
本人が気づかずに目指していた職業に付けなかったりは
ショックですよね…
赤と緑って、眼鏡やコンタクトを作るときに使われますよね。
赤と緑ベースのところに黒い二重丸が書かれていて
どっちがはっきり見えるか聞かれますけど
あれも色覚異常の方にはわからないですよね…

でも、色覚異常の検査って差別に繋がるんですかねぇ?
私の中では近視や老眼と同じラインにある感じです。
私もド近眼なので、裸眼だと外も歩けないし
20cm離れたら人の顔も肌色と黒の組み合わせにしか見えないです(笑)
 
ハザードマップ
>自治体が発行するハザードマップの色分けは、色覚異常の人たちには判別がつきずらい色分け表記もあるらしい。

確かに!!!
私の周りには色覚に異常がある方がいないので(私が知らないだけ?)気にした事はなかったのですが、おたぬきさんの記事を読み、「なるほどな~」と考えさせられました。
そしてハザードマップね。
函館では「津波避難」の看板や海抜が書かれたプレートがあります。
海抜表示はブルーと白だったように記憶していますが、津波非難の看板はグリーンを使用していたのです。
緑と白、目立ちますがそれが認識しづらい方もいるんだと思うと、考えものですね
特に観光地なら尚の事。
誰でもすぐにわかる様な色合い・・という事も考えて作成しなくちゃいけないんですね。

さてさて、10月10日って目の愛護デー、なんですね。
今年は視力がガクンと落ちちゃった・・

乱視&近視&老眼!?
最近、PC画面やテレビのテロップが見えなくてイライラしますわ・・(涙)
 
こんにちは。

色覚異常・・まず思うのが信号ですね!
歩くときは皆について渡るのかしら?!

何かコントロールできるものその内出てくると
いろんな意味で広がりますが・・そう簡単ではないのでしょうねぇ~。
 
こんばんは~
本当に、大変ですよね。
信号とかも、何か対応ができればいいのにねぇ。
色を変えるのってやっぱり難しいのかな~

色覚異常用のメガネとか・・・
イロイロ開発されるといいなぁと思います。
 
koozyp さん
> 困るのが信号で赤信号と青(緑)は色で見るのでは無く順番(位置)で覚えるそうです

おおおっ、私の知り合いも皆口を揃えて同じことを言っていました!
軽度の人は免許も持っていますが、更新の時の視力検査は毎回ドキドキすると・・・そうだろうなあ。

単独だと経験値で赤とか緑の判別はついても、並ぶとアウト!だとも。
なので、緑から赤に変わるランプはどっちなのか判別がつかず最悪、なんてことを聞くと、色覚異常の人がこれだけいるのだから、ユニバーサルデザインもそういう視点から考えてもいいのかも、なんてことも思っちゃいます。

> 警告文は良く赤で描かれていますがそんな警告文が薄いグレーにしか見えない人もいるのは忘れては
> いけないのでしょうね 

これもまたよく聞くことですが、安全や警告こそモノクロであるべきかもしれないですね。
私の知り合いは、あっけらかんとあれこれ並べて教えてくれますが、そういう人ばかりじゃないでしょうし。
安全や警告などはモノクロが基本かもしれないですね。

> まだちょっと早い(キリ番踏み損ねました)ですが10万アクセス
> おめでとうございます~

ひょえ〜〜〜〜っ!!!!
ホントだ〜〜〜!!!10万アクセス達成じゃないのぉ〜〜〜!!!

前回もkoozypさんにカウントを教えてもらった記憶がありますが、いやいやいやいや・・・ビックリです。

ここまで続けて来れたのも、koozypさんはじめご訪問いただいているみなさまの後押しがあってこそです。
いつもありがとうございます(^^)
これからも(ほぼ)食べることだけのブログですが、よろしくお付き合いをお願いいたしますm(_ _)m
 
絵麻* さん
> 本人が気づかずに目指していた職業に付けなかったりは
> ショックですよね…

私もこの記事、ビックリしました。
確かに職業となると、色の判別が求められるものがあるだけに。
気づかないってこともだし、将来に関わることがこういう形で知らされると、なおさらショックの様で。

> でも、色覚異常の検査って差別に繋がるんですかねぇ?
> 私の中では近視や老眼と同じラインにある感じです。

この呼び名も再考しているようですが、差別・・・と言われるとホント、どうなんでしょね。
昔、色覚検査があった頃、どんな差別があったのかは分りませんが、これだけの比率で色覚異常の人が存在するのであれば、差別発言(と似た様な言動)をした人に注意をするのが先で、本人にはきちんと伝えることも大事な気も・・・
なんてのは、一応、赤や緑の判別がつく人間のエゴでしょうか。

私も近視と乱視、おまけに老眼も発展途上中。
絵麻*さんと同じく、色覚異常の方たちも同じラインって気持ちなんですよぉ。
 
ふぶき さん
> そしてハザードマップね。
> 函館では「津波避難」の看板や海抜が書かれたプレートがあります。
> 海抜表示はブルーと白だったように記憶していますが、津波非難の看板はグリーンを使用していたのです。

その方面を調べ直した訳でないのでうろ覚えですが・・・
道路標識は大きさや色が決まっているものがほとんどで、きっとふぶきさんが書かれている海抜表示や津波避難の看板もそれにのっとったものなんでしょうね。
でも、もしかしたら緑と白は、たしかにコントラストが弱いのかも??

以前、どこぞのハザードマップで、モノクロのドットとか縞模様とかで表示しているところがありました。
こりゃ見ずらいじゃん!と思ったけれど、その方が分りやすい人もいる、そういうことなのでしょうね。
それにコピーの必要がある時、問題なく白黒コピーできるのもナイス!かな。

> 乱視&近視&老眼!?
> 最近、PC画面やテレビのテロップが見えなくてイライラしますわ・・(涙)

最近?
こりゃワタクシにケンカを売ってるとしか思えない!(^^;)
乱視も近視も老眼も、しっかり身についているワタクシなのであります。
ででっ、同じくパソコンやテレビのテロップにイライラしてますよぉ〜〜〜(^^;)
 
yamaneko さん
> 色覚異常・・まず思うのが信号ですね!
> 歩くときは皆について渡るのかしら?!

信号はLEDになって光の加減が違うのか、判別がさらにしずらくなったと聞く事がありました。
で、経験値で(ということは並び順?)覚えてるみたいだけど、点滅は・・・厳しいって。

> 何かコントロールできるものその内出てくると
> いろんな意味で広がりますが・・そう簡単ではないのでしょうねぇ~。

80才の方の視野がどうなってるかってキットがあって、保健の時間に合わせて体育教師がそういう専門機関から借り受けて生徒に体験させていました。
色覚も、現在では治療となると難しいこともあるのでしょうが、どう見えてるかが分かればお互いに思いやることも出来るかも・・・

にしても、これだけの人が抱えている視覚のこと。
医療分野ですごい人が一杯いる日本、頑張って研究と治療まで進んでほしいです(^^)
 
betipa さん
> 本当に、大変ですよね。
> 信号とかも、何か対応ができればいいのにねぇ。
> 色を変えるのってやっぱり難しいのかな~

自分が見えてるものが他の人と違う、そういう人が思っている以上に多いのも驚き。
で、やっぱ安全に関わることはもっと考える必要があるのかも。

> 色覚異常用のメガネとか・・・
> イロイロ開発されるといいなぁと思います。

最近になって、ようやく色覚異常を体験できるレンズができたようですね。
私は未体験なので、知り合いから話を聞くだけだけど、ホント、色々な研究や開発があって、好きな進路に進めるようになるといいですね。
 

Leave a Comment



05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

04

06


 
プロフィール
現役の学校管理栄養士の日記です。

管理栄養おたぬき

Author:管理栄養おたぬき
現役の学校栄養士の日記です。

初心者マークの写真とイラストで給食、日常、おとぼけ話などを書いています。

 
カウンター
 
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...