言い訳しながら報告します

現役の学校栄養士が写真とイラストで報告する、言い訳の日々。

 

昆虫食


Category: 給食の話   Tags: ---

20130910虫




私が勤務する学校は、昭和の趣がそこかしこに残っている。

校舎だけでなく、呪いの森の様な大木もかなりの数あり、都内の学校でありながら自然観察には事欠かない。

なので鳥や蝶もやって来るし、もちろん虫も各種取り揃えて仰山定住している。
今年はスズメバチの当たり年だったようで、春過ぎ頃から何度も巣を駆除してもらったりしていた。

虫と言えば、新聞やテレビ報道で、5月に世界の食糧危機を回避するための方策として『昆虫食』が発表された(国連食糧農業機関(FAO)。

これを聞いた時、ええええ〜〜〜〜っ!であり、なんじゃそりゃ?!だった。

確かに日本でも長野県はイナゴや蜂の子を食べる習慣があるのは知っている。
しかし、世界レベルで昆虫食って???

FAOによると、世界で少なくとも20億人が伝統的な食糧として昆虫を摂取していて(甲虫(31%)、芋虫(18%)、蜂・蟻(14%)、バッタ(13%)など)、たんぱく質や脂質、カルシウム、鉄分、鉛分など栄養面でも高い評価がされているらしい。

何十年後には世界人口が爆発的に増え、食糧の奪い合いが起きる。
などと言われているだけに、う〜んと考えてしまった。

しかし、真意は既に昆虫を食文化としている地域を拡大しましょう、ということだけではなさそうだ。
家畜飼料で多く使われている魚粉を昆虫で代替できれば、人間の食べる食糧増産と同じ意味がある、ということも含まれているらしい。

私はチビッコの頃は虫を触るのはヘッチャラだったけど、さすがに今では好んで虫を触る事は無いし、さらにわざわざ食べることも無い。

でもこれって今の時代の日本に生まれ、育っているからであり、場所や時代が違っていたら事情は変わってたかもしれない。

昭和のお子チャマは、食べ物を粗末に扱うと目がつぶれる、と言われて育った。
それでも大人になるにつけ、好みでないものは箸を付けないこともしばしば。
さらに仕事では、毎日、『食べ残し』を捨て続け・・・

今の中学生が大人になり、親になり、年金をもらう頃、日本人は何を食べているんだろうか。

ツクツクボウシが鳴く校庭を眺めていたら、昆虫食を思い出したのでありました。


森林の産出物は飢餓との闘いに重要-特に昆虫(国際連合食糧農業機関(FAO))


20130910漢字





にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記


Comments

今日の写真もレトロですねえ~。じぃ~っと見てると色々発見のありそうな、興味深い写真です。
額に入った男女の写真って誰だろ?なんてね。

さて、「昆虫食」。
いやぁ~、何がビックリって、実は私がボランティアでやってる音訳で、今回「読んでください」と
渡された記事が「昆虫食」の新聞記事でして…。
今日の午後に、録音をしに行くんですけどね。

新聞記事よりも、より深い情報を提供して頂いて、なるほど…と、再納得。

過去に長野に旅行に行った時、「ハチの子」が食事に出てきたことがありましたが、ちょっと
食べる勇気がありませんでした。

でも、でも、こんな飽食の現代の日本でなければ、状況によって人は何だって食べますね。
へびでも、トカゲでも、草でも、クモでも、何だって。

記事ではタランチュラの姿揚げが、とても美味しいと書いてありました。

「ええ~っ!」なんてビックリするのは簡単だけど、もし、何にも食べるものがなかった時に
まずこのタランチュラを捕まえる術があるのか、どうか…。

なにもかもお膳立てされた食環境にいて、「痩せなくちゃ…」なんてのんきなことを言ってる
自分に、何か途方もないしっぺ返しがくるような、そんな気がしてなりません。
 
お・・・おたぬきさんっ!!!!
あまりにもレアなモノが大集結~~(笑)
「キンチョール」に関しては「殺虫液」という表現なのにこれまた驚きです
(今は「殺虫剤」ですもんね^^;)
そして右端に立てかけてある物体は・・・ これって肥溜めで使うものじゃないですか??
これですくって、田畑に振りまく・・・みたいな^^;
 
ツヅレサセコオロギ さん
> 今日の写真もレトロですねえ~。じぃ~っと見てると色々発見のありそうな、興味深い写真です。
> 額に入った男女の写真って誰だろ?なんてね。

レトロですよね〜!で、それがまた見入っちゃうんだから昭和人、バンザイ!です(^^)
額のアベック(昭和の死語)、どこかで見た顔なんだけど、思い出せないんです。

> いやぁ~、何がビックリって、実は私がボランティアでやってる音訳で、今回「読んでください」と
> 渡された記事が「昆虫食」の新聞記事でして…。

な、なんですと〜〜〜っ!!!
それは私の方がさらにビックリです。同じ話題、それもよりによって『昆虫食』、何か見えない糸でたぐり寄せられたのでしょうか。
音読は大変なお仕事ですが、こういう話題はきっと聞く方にも興味を持っていただけたのかな?

> でも、でも、こんな飽食の現代の日本でなければ、状況によって人は何だって食べますね。
> へびでも、トカゲでも、草でも、クモでも、何だって。

そうなんですよね、ちょっとした時代や背景の違いで、日本人の主食やタンパク源は何になってたかは全く変わってたかも。
そう思うと、タランチュラだって蜂の子だって!!
まずは捕獲方法、次に調理方法。人間の最大の恐怖は飢えることですから、その時には私も全力で追いかけてるんでしょうなあ。

> なにもかもお膳立てされた食環境にいて、「痩せなくちゃ…」なんてのんきなことを言ってる
> 自分に、何か途方もないしっぺ返しがくるような、そんな気がしてなりません。

昆虫食の記事は、私も今の自分の食環境を考えてハッとする事がありました。
食べ物とその環境に感謝を、と言っていますが、果たして自分はどうなんだろうか?と自問したり・・・
想定外、という言葉が食卓に来る日があるのか・・・心配してしまいます。

 
ふぶき さん
> 「キンチョール」に関しては「殺虫液」という表現なのにこれまた驚きです
> (今は「殺虫剤」ですもんね^^;)

レアものがバッチリ並んでいて壮観でしょ(^^)
誰だっけ?と分らないアベックがいたり、日本人形があったり、なんでもありなの〜〜?とツッコミどころ満載。
で、キンチョールはきっと霧吹きみたいなのに入れてシュッシュしてたのかなあ、なんて郷愁感も漂いますよね。

> そして右端に立てかけてある物体は・・・ これって肥溜めで使うものじゃないですか??
> これですくって、田畑に振りまく・・・みたいな^^;

おおおっ!これはまたお目が高い(^^)
ちょっと汚れがついてるのか?ってところにリアル感があるしね。
実際、このお店、田んぼの脇にあったので、おそらく相当活躍してたのかもしれないかも(^^)
この時代の立派なリサイクルシステムを支えてくれた一品ですな(^^)
 
私、食糧難になって食べのもがなくなっても昆虫だけは食べたくないです…

子供の頃家にあったサバイバルの本(多分父親の持ち物・全くサバイバルとは縁遠い人でしたが)に
蜘蛛は足をとって食べるとチョコレートのような味がする
って書いてあったのをあまりの衝撃のためかはっきり覚えています(>_<)
蟬も揚げると海老のようだとか…

どんなに美味しいと言われても食べませんが…


先日、地域懇談会・テーマはゴミ問題に行ってきました(子供会役員の人員として。。。)
で、ゴミの2割は封を開けてもいない賞味期限切れの食品なんだと言っていました。

まあ、我が家では期限前に消滅しちゃう方ですが(笑)
 
絵麻* さん
> 蜘蛛は足をとって食べるとチョコレートのような味がする
> って書いてあったのをあまりの衝撃のためかはっきり覚えています(>_<)
> 蟬も揚げると海老のようだとか…

蜘蛛チョコ、蝉エビ・・・確かに想像するとかなりキョーレツ(^^;)
昆虫はダメな人は本当にダメで、私の知り合いに蝶々が絶対ダメってのがいて、理由はリンプンだとか。
食べ慣れないというよりも、食べるものという認識がない分、さあどうぞ、と言われても困るのは確かですね。

> 先日、地域懇談会・テーマはゴミ問題に行ってきました(子供会役員の人員として。。。)
> で、ゴミの2割は封を開けてもいない賞味期限切れの食品なんだと言っていました。

生ゴミ、職種では結婚式場が多いと聞きますが、それ以上に多いのが家庭からのゴミで、さらに未開封のものも多数・・・
私も身に覚えがあるだけに、絵麻*さんのご家庭はお手本ですね(^^)
 
おたぬきさん、こんばんは^^
昆虫が食材に。。。
どうしましょう、食べられないかも~。
ところで写真のアベックさん、もしかしたら俳優の小林旭に女優の芦川いづみかな?と思いました。
古い日活映画のスターですね~。これを知ってる私って~^^;
 
いちごじゃむ さん
> おたぬきさん、こんばんは^^
> 昆虫が食材に。。。
> どうしましょう、食べられないかも~。

いちごじゃむさん、こんばんは~♪
昆虫、「虫」ですもんね、キビシイ・・・(^^;)
で、驚くのは世界中にこんなに?!と思うほど虫を食べている人たちがいること。食は文化だなあ、とつくづく思うのであります。

> ところで写真のアベックさん、もしかしたら俳優の小林旭に女優の芦川いづみかな?と思いました。
> 古い日活映画のスターですね~。これを知ってる私って~^^;

おおおっ!小林旭と言えばビールのCMのあの歌を思い出します。
アベックさんから昭和を思い出す、しみじみしちゃいますよね(^^)
 
昆虫食とか
昆虫は、カロリー少なめで栄養価が高いという話はよくは聞きます。
同じ甲殻類のエビやカニの親戚だし、エビやカニはおいしいのだから、昆虫食も慣れの問題なのかもしれません。
食べ物つながりでいえば、昔、中華でカエルの唐揚げを食べるのに抵抗あったけれど、慣れれば鳥の唐揚げみたいで、おいしいと思いました。
個人的には、バロッとかいう、孵化まえのアヒルの卵をゆでたものに比べれば、タランチュラのほうがまだおいしいように思います。(大抵のものは食べたけれど、これだけはだめでした。)
看板は、キンチョーだと思っていたけれど、キンチョールなんですね。
田舎の古い家の焼き杉の外壁あたりで、よくこんな看板を見かけたような記憶があります。
 
sigeru さん
> 同じ甲殻類のエビやカニの親戚だし、エビやカニはおいしいのだから、昆虫食も慣れの問題なのかもしれません。

甲殻類の親類が昆虫・・・確かにお仲間だと思えば、エイヤッ!と口に入れたら以外と美味、なんてことがあるのかもしれないですね。
慣れはホントに大きいと思います。やっぱ日頃、食べる機会って無いですもんねえ(^^;)

> 個人的には、バロッとかいう、孵化まえのアヒルの卵をゆでたものに比べれば、タランチュラのほうがまだおいしいように思います。(大抵のものは食べたけれど、これだけはだめでした。)

たいていのものは食べた!というのに衝撃です(^^;)
私は保守的なのか、ヘビも昆虫も食べたことなくて、せいぜいイグアナ止まりです。
こういう話をお聞きしていると、食は文化となるには、それなりの理由や歴史があると思えます。

> 看板は、キンチョーだと思っていたけれど、キンチョールなんですね。
> 田舎の古い家の焼き杉の外壁あたりで、よくこんな看板を見かけたような記憶があります。

昔はホーロー引きの看板ってよく見ましたもんね。
キンチョーだと、きっと由美かおるが渦巻き蚊取り線香を・・・おっと、水原弘かな?
私も相当なビンテージもんだなあ(^^)
 

Leave a Comment



08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
プロフィール
現役の学校管理栄養士の日記です。

管理栄養おたぬき

Author:管理栄養おたぬき
現役の学校栄養士の日記です。

初心者マークの写真とイラストで給食、日常、おとぼけ話などを書いています。

 
カウンター
 
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...