言い訳しながら報告します

現役の学校栄養士が写真とイラストで報告する、言い訳の日々。

 

WINDOWS


Category: 給食の話   Tags: ---

20130224騙し絵




会社勤めをしていた時、地下食堂で働いていたことがあった。

当たり前だけど地下には窓が無い。
よって外の景色を眺めるなんてことは皆無。

するとどうなるかと言うと、ゴミ捨てや用があって地上に出ると、太陽の光がまぶしいのなんのって、目つぶしの術そのもの。

不思議なもので、一度、お天道様の日差しを受けた後、再び地下に戻ると気分がどんよりしたものだった。

現在、勤務している中学校の給食室は、朝方は真東の窓から嫌になるほどの日差しがあり、その後も南、西と常に日が差し込んでくる。

狭い給食室なので、食材に日が当たらないように置き場所には気をつかう。
南に窓がある調味料室は、大幅にレイアウトを変えてしまった。

通常の部屋と違い、給食室ではホコリの付着や防火などの理由で、ブラインドやカーテンはできないから厄介だ。

しかし、ふと目線を移した時に窓越しに見える外の景色や日差し、遠くで戯れる生徒たちの姿が見えるとホッとする。

一年を通じて給食室の窓を開けることはほとんど皆無、必要以上の日差しは問題になる。

それでも窓の存在は大きい、そう思ってしまう。



20130222日食



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記


Comments

おたぬきさんの記事を読んでいると、当たり前だと思っていたことが、実は
当たり前ではないんだと思うことがしばしばです。

「給食室にはカーテン、ブラインドが無い、窓はほとんど開けない」
なるほど、散歩で通る小学校の給食室… 外からよく見えます。

全ての事象には、ちゃんと理由があるんですねえ~。

それにしても今日の写真ですけど、これどうなってるのかな? 合成??
 
自然光
食に携わる仕事だからこそ、日差しや気温にも敏感に反応し考慮しなければいけないおたぬきさん。
毎日お疲れ様です♪

でも、やっぱりこの地球上で生きている私達人間を含め命あるすべての生命体にとって 太陽の光はありがたいんですよね。

窓越しに見える外の景色や日差し・・
そうそう、何気ない日常の風景でさえも、太陽の光を浴びているだけで心地よく感じたり肩の力が抜けたり。

日の光が入らないところで生活を続けていると、気持ちも滅入ってきますしネガティブオーラに包まれちゃったり、いい事ないです^^;
あぁ~、早く雪国にも春が来ないかな~
青空と太陽の光が ただただ恋しいざんす。
 
TOPのお写真の建物に描かれた絵が素敵ですねー
きっと絵がなければ無機質な壁だけだろうに
動物たちが笑顔で覗いててその後ろには青空なんて素敵だわーヽ(*´∀`)ノ
幸せ感じるだまし絵?ですねー!!


確かに、窓&陽の光は大切ですねー。
私の勤め先はすりガラス&ブラインド閉めちゃってるし、
私の席は窓から遠いのでブラインドからかすかに漏れる陽の光で
「ああ、曇ってきた」と感じたり、トイレに行くときに外を眺めるくらいですが
ホッとしますもん。

外の光や空気は締め切った場所では味わえないなんだか大切なものがあるんでしょうね。
 
こんにちは。

仕事場が地下室というのはキツイものがありますね。

南向きが厄介になるとは・・・。
子猫達が通った小学校も南向きで大きな窓
そんなご苦労があるなんて気付く人はいるのでしょうか?!

冒頭の写真
ペンキ屋さんでしょうかねぇ~。
これは立ち止って観てしまいますよね!^^
 
娑婆
こんにちわ

確かに暫く地下にいてお天道様を見た時の娑婆に出た感は
すごいものが有りますね 眩しくて目が痛くなります

会社がビルとビルの間で昼尚暗いという環境なんですね
南向きで日差しが有ればと思いますが遮光系の物が使えないのでは
夏とかは大変ですね 新技術の液晶調光ガラスとか入れて貰うわけには
行かないのでしょうね これなら素通しから真っ黒まで自由自在ですが
まだまだ値段が・・・・・せめて夏はヨシズで海の給食室を演出ですね

それでは
 
忙しいときに、ふと見上げたときに見える景色って結構重要、なんだよね。
パソコンのWindows。窓を開けると新しい世界が広がる・・・って意味らしい。
新しい世界が、ぱーっと広がればいいのになぁ~
 
ツヅレサセコオロギ さん
> 「給食室にはカーテン、ブラインドが無い、窓はほとんど開けない」
> なるほど、散歩で通る小学校の給食室… 外からよく見えます。

窓があるって、日常生活の中ではごくごく当たり前。
その窓も、形も大きさも違うし、方角で費の当たり方もまったく違い・・・
学校の教室の窓から日差しが全く入らないのは問題でしょうが、これが給食室となると話は別(^^;)
ご近所の小学校の給食室も、もしかしたら日差しに悩んでいたりして(^^;)

> それにしても今日の写真ですけど、これどうなってるのかな? 合成??

おおっ、今日の写真は実はワタクシもお気に入りの一枚なのです(^^)
決して合成ではなく、工場?の壁にペイントされていたもの!
車で通り過ぎて「何だあれは?」と思ってUターン(笑)
ちょっと惚れ惚れしてしまいました。
 
ふぶき さん
> でも、やっぱりこの地球上で生きている私達人間を含め命あるすべての生命体にとって 太陽の光はありがたいんですよね。

日差しってホントにありがたいもんです。
雨が続いた後のお日様は、ヤッター!って気持ちになるものね(^^)

> 日の光が入らないところで生活を続けていると、気持ちも滅入ってきますしネガティブオーラに包まれちゃったり、いい事ないです^^;

時々、ビルとビルの間にポツーンと一軒家があるのを見るけれど、なにかの事情があってと思っても、一日中日が当たらないのにダイジョブか?って余計な心配しちゃうもの。

> あぁ~、早く雪国にも春が来ないかな~
> 青空と太陽の光が ただただ恋しいざんす。

雪国の冬、雪を珍しいと思うのは雪が無いからであって、生活していると違いますもんね。
もう少しの辛抱・・・かな(^^)
 
絵麻* さん
> TOPのお写真の建物に描かれた絵が素敵ですねー
> きっと絵がなければ無機質な壁だけだろうに
> 動物たちが笑顔で覗いててその後ろには青空なんて素敵だわーヽ(*´∀`)ノ
> 幸せ感じるだまし絵?ですねー!!

おおおっ、絵麻*さん、私も同じ感想なんです〜(^^)
工場であっても、きっとご近所からも愛される建物に違いない!なんて見た時に思っちまいました。
それにしても上手いこと描いてるなあ、と今更ながら唸ってます(^^)

> 外の光や空気は締め切った場所では味わえないなんだか大切なものがあるんでしょうね。

絵麻*さんの職場もそうでしょうが、窓があっても日がな一日、外を眺めてるわけでないのに、外の雰囲気が分るだけで精神衛生上違うと思います。
人間も動物なんだな〜ってことなんでしょね(^^)
 
yamaneko さん
> 仕事場が地下室というのはキツイものがありますね。

地下鉄の運転手さん、休憩時間はどこで過ごしてるんだろか?なんて余計な心配をしてしまう(^^;)
地下は時間制限があるから我慢出来るのであって、無制限だったらどうなんでしょうね。

> 南向きが厄介になるとは・・・。
> 子猫達が通った小学校も南向きで大きな窓
> そんなご苦労があるなんて気付く人はいるのでしょうか?!

日差しが困るって職場が珍しい?いやいや、魚屋さんをはじめ食べ物屋さんも困るはず(^^)
学校の教室が一日真っ暗だと子供のテンションも下がりそうですよね。
で、子猫ちゃんたちが通った学校の給食室も、もしかしたら同じ悩みだったのかな?なんて思ってます。

> 冒頭の写真
> ペンキ屋さんでしょうかねぇ~。
> これは立ち止って観てしまいますよね!^^

おそらくなにかの工場かな・・・と。
車で通り過ぎて、思わず引き返してしまったこのだまし絵、すんごいインパクトですよね。
いかにもって商売じゃなくて、(おそらく)工場の建物に描かれている、そこがミソかな(^^)
 
私も・・・・
撮影のとき・・・
スタジオ撮影の時は窓は締め切り、ブラインドを下ろして・・・
外からの光は閉ざします。

昔は朝から暗室に入って、出て来たら夜と言うこともしょっちゅうでした。

地下鉄の職員さん
デパ地下の・・・・

光に当たろう!!!

 
koozyp さん
> 確かに暫く地下にいてお天道様を見た時の娑婆に出た感は
> すごいものが有りますね 眩しくて目が痛くなります

おおおっ、そうですそうです!
娑婆の洗礼というか、眩しくて目が痛くなり、シバシバしちゃう(笑)

> 新技術の液晶調光ガラスとか入れて貰うわけには行かないのでしょうね これなら素通しから真っ黒まで自由自在ですがまだまだ値段が・・・・・せめて夏はヨシズで海の給食室を演出ですね

ビルとビルの間の会社だと、なかなかお日様の光が思うように届かないかな?
給食室は遮光フィルムも貼ったことがあるのですが、結果は、う〜ん・・・(^^;)
日当りが良過ぎるのも問題な職場は贅沢な悩みなんでしょか。
夏のヨシズ、いいですなあ、くつろいじゃって海の家になりそうなのが恐いかも(笑)

 
betipa さん
> 忙しいときに、ふと見上げたときに見える景色って結構重要、なんだよね。

分る〜!
真剣に見る必要は無くて、ボ〜ッと景色が目に入るだけで全然違うもの。

> パソコンのWindows。窓を開けると新しい世界が広がる・・・って意味らしい。
> 新しい世界が、ぱーっと広がればいいのになぁ~

なるへそ〜!パソコンのWindows、確かに立ち上がりは「窓」の絵だものね(^^)
これが銀河系だったら壮大だろうな〜、なんて呑気な事を言えるのは宇宙を知らない恐さかな(^^)
 
T’s さん
> 撮影のとき・・・
> スタジオ撮影の時は窓は締め切り、ブラインドを下ろして・・・
> 外からの光は閉ざします。

暗室は分るけど、そうかあ、撮影のときもライティングがあるとこういう状況なのですね。

> 昔は朝から暗室に入って、出て来たら夜と言うこともしょっちゅうでした。

確かにこれは時間が分らなくなりそう。
集中してたってことでしょうが、思わず「うわっ!」て声を上げちゃいそうかな(^^;)

> 地下鉄の職員さん
> デパ地下の・・・・
>
> 光に当たろう!!!

地下で仕事をする、生活をする、やはり精神が病んでくる気がします。
太陽ってありがたいもんです。
 

Leave a Comment



11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10

12


 
プロフィール
現役の学校管理栄養士の日記です。

管理栄養おたぬき

Author:管理栄養おたぬき
現役の学校栄養士の日記です。

初心者マークの写真とイラストで給食、日常、おとぼけ話などを書いています。

 
カウンター
 
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...