言い訳しながら報告します

現役の学校栄養士が写真とイラストで報告する、言い訳の日々。

 

海の藻を食す


Category: 給食の食材   Tags: ---

20130111木更津




日本人の食卓では海草は珍しくない食べ物。

給食でもワカメは汁物や和え物など、昆布は出汁をとる以外にも、炊き込みごはんに刻み昆布を入れたり、昆布の角切りと大豆を一緒に炊きあわせたり、ヒジキ、海苔なども当然使う。
1回の使用量は多くなくとも、1ヶ月の献立の中に必ず複数回は登場する食材。

今まであまり気にしたことはなかったのだけれど、ひじきの煮付けは意見が分かれるけど、ワカメや昆布、海苔は生徒たちから強烈なブーイングを浴びせられたことは一度も無い。
かと言って猛烈なラブコールも無い。

子供の頃から抵抗なく食べている食材、そういうことなんだろか。

ところで、『かいそう』は『海藻』とも書くし『海草』と書くこともある。
この違いって何だろか?

『海藻』は藻類で、根・茎・葉の区別がはっきりせず、例えば食用のアオノリ、アサクサノリ、コンブ、ワカメ、ヒジキ、モズク、アオサ、テングサなどはすべて「海藻」。英語ではseaweed。

『海草』は種子植物で、根・茎・葉の部分の区別ができ、代表的なものとしてはアマモやスガモ。英語ではsea grass。
(NHK放送文化研究所より引用)

なんと!改めてキチンと調べてビックリ!

私は献立表に書く時は「海草サラダ」ってしてたけど、正しくは「海藻サラダ」、確かに栄養成分表ではワカメや昆布などは『藻類』になっているし。

とはいえ、日本語のあやというか正しいものが全てじゃないと言い訳なのか、説明がつけば生徒に分かりやすい献立表記も悪くないのか・・・

真実を知った故に海藻か海草か、これから大いに迷うでありましょう。

海藻と海草の違い
(NHK放送文化研究所・メディア研究部・放送用語 塩田雄大)

「最近気になる放送表記」で字幕スーパー製作者の方からの質問に答えている内容です。「ぎょかい」もそういうことか!と思わず納得したワタクシです。



20130110海藻


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記


Comments

海藻と海草は分類されるものが違うのですね!
やっぱり おたぬきさんブログは賢くなれる~ヽ(*´∀`)ノ

子供の通う小学校では「一番人気が海藻サラダです!」って
お手紙に書いてありました!
これ見て驚いて聞いてみると
「みんな、家ではあんまり出ないし、美味しいから人気みたいだよ」
と解説がありました(子供の)

ダシのなかに潜んでいたり、そのものを口にしたり
毎日どこかで海のものと関わりがあるんですねー
改めて考えたらすごいことの様な気がします。
 
絵麻* さん
> 子供の通う小学校では「一番人気が海藻サラダです!」って
> お手紙に書いてありました!

海藻サラダが一番人気!これはすごいっ!!
何がって海藻が子供に人気なのもそうだし、「海草」じゃなくて「海藻」って正しい献立表記。
難しい漢字でも、ちゃんとしたものをって思いが伝わりますね(^^)

> ダシのなかに潜んでいたり、そのものを口にしたり
> 毎日どこかで海のものと関わりがあるんですねー
> 改めて考えたらすごいことの様な気がします。

同じ海の食材でも、鯛の姿焼きやマグロの刺身の様に「ほらっ、私を見て〜!」って食材ではないでしょうが、地味でありながらいなくてはならない存在。
海藻類の働きは、どことなく人間社会を思わせる様な・・・(^^)
少しでもお役立ちできたようで嬉しいです♪
 
「海藻と海草」言われてみると、どちらの表記も日ごろ見ているものなのに、何がどう、どこがどう
違うのか?って考えてもみませんでした。

お狸さんの説明を読みながら、そういえばこの違い…かつて、どこかで聞いたようなそんな
おぼろげな記憶もよみがえりましたが、自身に定着していない素通りの記憶のようで。

漢字にはそれぞれ意味があり、それによって使い分けもするわけですが、日々の生活では
その意味をなす漢字より、音としての(発音)情報に偏りがちなような気がします。

つまりは漢字そのものが持つ意味を正しく認識していないと、正しい漢字を選ぶことが
出来ないということですよね。

海藻サラダと海草サラダの違いを、中学生には知ってほしいなと思います♪
今日のおたぬきさんのイラスト、給食にセットするわけにはいかないですかねえ~?
 
海藻と海草の違いが知らなかった~
雰囲気でネーミングされてると思ってた~^^
海苔やわかめは文句を言わずに食べてる~
特にひじきは息子が好きな食材です^^
娘も、レタスなどのサラダはあんまり食べないけど
海藻サラダは結構バクバクと食べる。
食べやすいのかなぁ~^^
 
こんばんは。
なんとなんとなんと!!φ( ̄ー ̄ )ノ
海藻と海草。そして魚介類と魚貝類!!!!!!!!!!!
恥ずかしながら、本日、なるほど!!と!!!
知らなかった〜〜〜〜〜!!!!
ジュゴンになって海草を食べる夢を見そうな気がするマダムです!!!
 
こんばんは^^
海藻と海草の違いがあったんですね。

おたぬきさんのブログで読ませていただいて初めて知る違い。。。
昆布やわかめは海藻だったんですね。

魚介類と魚貝類の違い。。。
これもあったんですね。
魚貝類は重箱読みになるのですね。

わ~と、感心しました~^^
海の幸、奥が深いですね。
 
ツヅレサセコオロギ さん
> 「海藻と海草」言われてみると、どちらの表記も日ごろ見ているものなのに、何がどう、どこがどう
> 違うのか?って考えてもみませんでした。

気になりだすととてつもなく気になる、でも、タイミングを外すとス〜ッと抜けてく。
そういうことって多いに有りだし、海草と海藻の違いもその1つでしょう(^^)

> つまりは漢字そのものが持つ意味を正しく認識していないと、正しい漢字を選ぶことが
> 出来ないということですよね。

日本語を正しく認識するのは難しいって思う瞬間があります。
1つの漢字に音読み、訓読みがあり、さらにその読みも複数あると、心の中で本当は何が言いたいんだ?って漢字にツッコミ入れたりして。

> 海藻サラダと海草サラダの違いを、中学生には知ってほしいなと思います♪
> 今日のおたぬきさんのイラスト、給食にセットするわけにはいかないですかねえ~?

ガッテンランプがあったら、結構いい線でガッテン×3してもらえるかしら?
だとしたら、いつか給食便りでこの話を書いちゃうかな〜なんて思っちゃいました(^^)
 
ふぃる さん
> 海藻と海草の違いが知らなかった~
> 雰囲気でネーミングされてると思ってた~^^

真剣に調べたものでも、結果を聞いて納得出来ないとハテナだしつまらない話になるけど、私もこれは納得でした(^^)
ホント、雰囲気でネーミングされてても不思議じゃないですよね。

> 海藻サラダは結構バクバクと食べる。
> 食べやすいのかなぁ~^^

海藻類って日本人だと抵抗も無い人が多いかな。
正直、忘れてる時には忘れてるのに、出てくると『お〜、よしよし』って(^^)
息子くんと娘ちゃんも好物だもの、海の幸バンザイ!ですね(^^)
 
マダム猫柳 さん
> 海藻と海草。そして魚介類と魚貝類!!!!!!!!!!!
> 恥ずかしながら、本日、なるほど!!と!!!

海草と海藻の違いって、だからどうした?って話だけじゃないのがいいですよね(^^)
なんちゅうか、NHKのあの解説で日本語の奥深さを知った気でいます。
さすが日本国営放送って思っちゃいましたです(^^)

> ジュゴンになって海草を食べる夢を見そうな気がするマダムです!!!

おおっ、マダムジュゴン!海草に似顔絵を描いてたりして(^^)v
でね、ワタクシは実は『藻』はどうしても『も』と読みたくなり、イコール金魚となるのです(笑)
なのでおたぬきは金魚になって藻をツンツンしてる夢を見ちゃいそうです(^^)
 
いちごじゃむ さん
> おたぬきさんのブログで読ませていただいて初めて知る違い。。。
> 昆布やわかめは海藻だったんですね。

ワタクシも改めて調べてはっきりと海草と海草、魚介類と魚貝類の違いを知ってビックリ!
分ればいいのでしょうが、どちらも巷でみるとしたら真実を知ってるのも悪くないですもんね(^^)
魚の気持ちもちょっと分った気になるし(^^)

> わ~と、感心しました~^^
> 海の幸、奥が深いですね。

そう言っていただけると嬉しいです(^^)
姿形だけでなく、海の幸は奥が深いなあってつくづく思っちゃいました。
 
こんにちは。
う~ん!!ひらがなで書くぞ~~~!(笑)
音は一緒ですから厄介ですね!

昆布とわかめも・・海藻
海の事も知らないと感じが書けない?!
ジュゴン君を観察して漢字を書きわけま~す。^^
 
気づき
おたぬきさん、今日も一つ勉強になりました。
海草と海藻、どちらも一緒に考えてましたもの・・・^^;

>この違いって何だろか?

こういう、フ・・・とした疑問って大事ですよね。
疑問に思った事を調べ、解決できたときって凄く嬉しいし♪

ちなみに、我が家ではほぼ毎日「海藻」を食べてます
メインは「めひじき」。旬になると、わかめとメカブが毎食(!?)食卓に上りますよ~^^;
特に生ワカメは磯の香りがつよいので大好きです

そろそろスーパーに出る頃だな~、生ワカメ。
 
yamaneko さん
> う~ん!!ひらがなで書くぞ~~~!(笑)
> 音は一緒ですから厄介ですね!

中学生の漢字テストの如く・・・音が一緒って厄介ですね(^^;)
生徒は海藻でも海草でも、おいしかったらどっちでもいいよー!と言いそうなだけに、やっぱり正しい表記が必要なのか?
とはいえ、出来れば私もひらがな希望・・・かな(^^;)

> ジュゴン君を観察して漢字を書きわけま~す。^^

今度、ジュゴンの映像が出てきたら食い入る様に見ちゃいそう(^^)
海の幸を前にしても、日本語って奥が深いです。
 
ふぶき さん
> おたぬきさん、今日も一つ勉強になりました。
> 海草と海藻、どちらも一緒に考えてましたもの・・・^^;

おおっ、ふぶきさん、私も気になりながらキチンと調べたのは実は初めてで・・・(^^;)
少しでもお役に立てて嬉しいです(^^)

しかし海草と海藻、漢字の違いだけでなく明確な理由の上で漢字も違う。
分ると面白いな〜って思えますもんね(^^)

> ちなみに、我が家ではほぼ毎日「海藻」を食べてます
> メインは「めひじき」。旬になると、わかめとメカブが毎食(!?)食卓に上りますよ~^^;
> 特に生ワカメは磯の香りがつよいので大好きです

うわあ、これは美味しそう!じゅる〜っ
きっと新鮮で飽きない美味しさなんだろうなあ、生ワカメの酢の物食べたいっす(^^)

> そろそろスーパーに出る頃だな~、生ワカメ。

今時期から生ワカメが登場!
てことは水が一番冷たい頃に収穫作業をされてる人がいて・・・食べる時には感謝ですね(^^)
 
こんぶ
先日、昆布の取材に行きました。
昆布の奥深さを改めて知りました。
松前船で、北から関西に来た昆布は、すごい歴史ですね。
敦賀から琵琶湖を通って、京都大阪へ来た昆布で出汁の文化が生まれたと!


手引きのとろろの削りたては・・・・美味かったです。
 
T’s さん
> 先日、昆布の取材に行きました。
> 昆布の奥深さを改めて知りました。

おおおっ、さすがT’sさん!奥深い取材で羨ましいです(^^)

> 松前船で、北から関西に来た昆布は、すごい歴史ですね。
> 敦賀から琵琶湖を通って、京都大阪へ来た昆布で出汁の文化が生まれたと!

昆布ロード、鯖ロード・・・関西の道は海の道?
昔の人もグルメだったのか、それとも商人の戦略か??
いずれにしてもホントにすごい歴史です。

> 手引きのとろろの削りたては・・・・美味かったです。

現地だったらたまらんですなあ〜!
削りたてのとろろ昆布をおにぎりにつけて食べたいです(^^)
 

Leave a Comment



05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

04

06


 
プロフィール
現役の学校管理栄養士の日記です。

管理栄養おたぬき

Author:管理栄養おたぬき
現役の学校栄養士の日記です。

初心者マークの写真とイラストで給食、日常、おとぼけ話などを書いています。

 
カウンター
 
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...