言い訳しながら報告します

現役の学校栄養士が写真とイラストで報告する、言い訳の日々。

 

学校給食週間2012 その4


Category: 学校給食週間   Tags: ---
20120130top04



今日は栄養成分表示の記載項目「ナトリウム」についてです。

まずは前回のイラストをもう一度見てみましょう。


20120128表示01


必須記載項目・・・熱量、たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウム・・・確かに5番目にナトリウムは書かれています。

さて、ではここで質問です!


20120130質問01


ナトリウムって食塩だから0.2g(200mg=0.2g)、答は「A」!

・・・残念!!

正解は「B」の0.5gになります。

オイオイ、単位計算なんだからボケないでよぉ~!って声が聞こえてきそうですが、ここが栄養成分表示で誤解しやすい最大のポイントです。

では、なんで塩分相当量が0.5gになるのか?
これには少々お勉強が必要になります。
が、お勉強は後回しにして(笑)、とっとと計算式をご披露しましょう!



20120130ナトリウム01


20120130表示


ナトリウムと塩が違うって引っ掛け問題みたい!塩分換算係数?・・・うっとうしい・・・!!

まったく面倒なことですが、この計算式を使うには理由があります。
(さて、ここからお勉強です。もういいよ、って時にはすっ飛ばしてくださいね~!)

まずは、食塩(以下、食塩は「塩」で記載します)の化学式を思い出してみましょう。
ちょっと(かなり)過去の記憶であっても、無理やり思い出してみると・・・


20120130塩化ナトリウム


そう、塩はNaとClの化合物であって、Na(ナトリウム)ではないのです。

う~む、じゃあ素直に表示だって「塩」って書いてくれればいいのに!
そんな声が聞こえてきそうですが、何であえて「ナトリウム」と記載されるのでしょうか。

それにはナトリウムの人体への影響を考えなくてはいけません。




20120130ナトリウム03


20120130ナトリウム04



塩の中のナトリウムが、高血圧などの健康障害を引き起こすことがわかってきました。

また、食物から摂取するナトリウムは塩(NaCl)だけではありません

化学調味料に含まれるグルタミン酸ナトリウム、イノシン酸ナトリウムにもナトリウムが含まれていますし、食品添加物の多くにも塩としてナトリウムが含まれているものが多数あります。


20120130ナトリウム02



しかし食塩としての含有量が圧倒的に多いのが現状です。

そこで、ナトリウムがすべて食塩に由来するものとして、ナトリウム量を『塩分換算係数』で換算し、食塩量にするのです。

ああっ、ややっこしくなっちゃいましたね・・・ゴメンナサイ・・・!!
重箱のスミ的な話なので、ここははしょっちゃっても問題なしです。

●ナトリウム量=塩分量ではない
●塩分相当量(g)=ナトリウム量×2.54(塩分換算係数)÷1000

これだけ知っていたら充分!と言うお話でした。



20120130ラスト


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記


Comments

おたぬきさん、こんにちは♪
ほっほ~
って、計算がニガテな私は途中で眠くなってしまい...
いやいや、ちゃんと最後まで読みましたともさ!  笑
なんにしても、過ぎたるは及ばざるがごとし、
なんでも適量を心掛けよってことですよね。
(あ、おおざっぱにまとめすぎました!?)

>>そうなんですよね、
  笑顔で過ごせなくちゃ、本末転倒ってもんです。
  って、自分に甘いだけかしらん?  爆
 
こんにちは^^
ナトリウムちゃんも、誰とくっついてるかで、様子が変わるんですな。
しかし、ナトリウムちゃんは、Clちゃんと一緒の時が多い。
そこんとこヨロシク!!みたいな。^^;
なるほど。
で、肝は 
塩分相当量(g)=ナトリウム量×2.54(塩分換算係数)÷1000
ここなわけですな!!
こりゃ、スーパーでちょいとした頭の体操ですな。^^ノノ
 
??? ナトリウム??
以前の取材で・・・

お茶の産地、静岡で取材の時にもらったお茶(ペットボトル)が旨かった・・・。
「このお茶美味しいですね」と言うと、答えが?
「静岡のペットボトルのお茶にはナトリウムが入ってないから・・・」と・・・?

おたぬきさんなら、その意味が分かります?(か)

今回の内容と関係なかったらごめんなさい、無視して下さい。
 
fumie さん
> なんにしても、過ぎたるは及ばざるがごとし、
> なんでも適量を心掛けよってことですよね。
> (あ、おおざっぱにまとめすぎました!?)

表示は数字、見れば気になることもある、だけどそれだけじゃつまらない。
fumieさんが書かれているように、適量ってのが一番!私もそう思っとります。
四の五の言ってるけど、見る時にはここも注意した方がいいよ~、っておたぬきのつぶやきだと思ってくださいませね~(^^)

>   笑顔で過ごせなくちゃ、本末転倒ってもんです。
>   って、自分に甘いだけかしらん?  爆

寒いし眠いし、無理すると別なところに負担がかかりそうだもの。
これまで頑張ってきたことが変わる訳じゃないし、自分で自分を褒めてあげましょう!(^^)ノノ
 
マダム猫柳 さん
> しかし、ナトリウムちゃんは、Clちゃんと一緒の時が多い。
> そこんとこヨロシク!!みたいな。^^;

もうもう、四の五の並べてるだけで頭が痛くなってきますよね~(^^;)
で、そうです、ナトリウムちゃん、いい仕事もしてくれる代わりに張り切り過ぎないように。
そんな事も含みますが、塩の利いたおにぎりやせんべいは旨いもの・・・

> 塩分相当量(g)=ナトリウム量×2.54(塩分換算係数)÷1000
> ここなわけですな!!
> こりゃ、スーパーでちょいとした頭の体操ですな。^^ノノ

塩分相当量・・・、塩分じゃなくて、相当量ってのが悩ましいですよね。
私はどうしても暗算計算しなきゃいけない時は「3」をかけちゃいます。
いいの、テキトーで・・・デカイ声じゃ言えないけど、そうそう頭の体操はできませんな(^^;)
 
T’s さん
> お茶の産地、静岡で取材の時にもらったお茶(ペットボトル)が旨かった・・・。
> 「このお茶美味しいですね」と言うと、答えが?
> 「静岡のペットボトルのお茶にはナトリウムが入ってないから・・・」と・・・?
>
> おたぬきさんなら、その意味が分かります?(か)


添加物が入っていないから、という意味じゃないかなと思っています。


一般的にペットボトルのお茶にはビタミンcが添加されています。
(名称はビタミンCであったりアスコルビン酸と記載されてるはずです。)

多くのペットボトル緑茶は酸化防止剤としてビタミンCを添加する際、炭酸水素ナトリウム(重曹)などのph調整剤を添加しています。

ph調整剤は、食品の変質や変色を防いで品質を安定させたり、他の食品添加物の効果を向上させるために使用する添加物です。
(また、“ph調整剤”という表記は特定の物質を指すものではなく、クエン酸、クエン酸三ナトリウム、炭酸ナトリウム、リン酸などを一括表示したものです)

ただし飲料中にはこの形で残存しないので、食品添加物としての表示不要となります。
(原料中には含まれても、使用した食品には微量で効果がでないもの (せんべいに使用されるしょうゆに含まれる保存料 など)で、キャリーオーバーと言います)


だからT’sさんが書かれている「静岡のペットボトルのお茶にはナトリウムが入ってないから・・・」は、こういった添加物を含んでいない、抽出しただけのお茶をペットボトルにした、という意味だと思います。

おいしいお茶を多く飲んでるT’sさんだからこそ分った、味の違いなのでしょうね。

ビタミンCやph調整剤を意味する訳でなかったら私の思い違いですが、一般的なお茶飲料、またビタミンC添加の意味としてお考えください。

・・・なるべく分りやすくと思っても、どうしても固有名詞などは変更ができないので難解になってしまったかもしれませんね。すみません。
 
nacl
こんにちわ(^o^)

nacl・・・・う~ん科学の授業みたいですね~昔聞いたような
気がしますね~換算係数とか難しいですね でもこれでナトリウムって
書かれても大体の量が分かりますね~ナトリウムは必須ミネラルなのですが
取り過ぎは良くないですからね(一つ利口になりました(^_^))

それでは(^o^)
 
うまみ成分のグルタミン酸やイノシン酸などもナトリウムの仲間だったのですか!
すごい!おもしろい~!
って、計算式に言及せず(;^^)
 
塩化ナトリウム
知らなかったので、勉強になりました。
イオン価が同じく1だから、2倍にすれば塩の量になるのだと思っていました。
最近は、外食が多く、塩分を取りすぎているので、気をつけようと思いました。
 
koozyp さん
> nacl・・・・う~ん科学の授業みたいですね~昔聞いたような
> 気がしますね~換算係数とか難しいですね 

出来れば避けて通りたいところですよね(^^;)
換算係数は、塩分のほかにもたんぱく質とか色々ありますが、表示に関して必要なのは塩分相当量。
ああっ、ホント、だから何なんだ?!って叫んじゃいそうですわ。

> でもこれでナトリウムって書かれても大体の量が分かりますね~ナトリウムは必須ミネラルなのですが 取り過ぎは良くないですからね(一つ利口になりました(^_^))

現在、塩分相当量は任意表示なので、知らないと余計にナトリウムがそのまま・・・、そんな風に考えてもおかしくないですもんね。
必要になった時、思い出していただければな~ってことでのご紹介でした(^^)
 
絵麻* さん
> うまみ成分のグルタミン酸やイノシン酸などもナトリウムの仲間だったのですか!
> すごい!おもしろい~!

おおおっ、絵麻*さん、昆布・シイタケ・肉など自然界のうまみ成分(グルタミン酸、イノシン酸など)と、グルタミン酸ナトリウムは別物になりますです!

誤解が無いように・・・、ということで「昆布のグルタミン酸」と「グルタミン酸ナトリウム」の違いの説明です。

グルタミン酸は、小麦粉のグルテンから発見されたアミノ酸(遊離アミノ酸)。
必須アミノ酸以外のアミノ酸を体内で生合成する際にグルタミン酸が必要であり、過剰に摂取しなければ安全です。

グルタミン酸は水溶性なので、だし汁や昆布エキスに含まれますが、保存性がありません。

そこでアミノ『酸』なので、アルカリ性の水酸化ナトリウムで中和して結晶化したもの、それがグルタミン酸ナトリウムです。
練り物や様々な加工品の添加物「調味料(アミノ酸)」と表示されることが多いものです。

余計なことだったかもしれませんが、昆布代理人としての話、ということでご容赦を~(^^;)

> って、計算式に言及せず(;^^)

いやいや、大事なのは計算じゃなくて、こういう表示がされているということをチラリとでも見ていただければ、と言うことでありんす(突然、おいらんになるって・・・ ^^;)
 
ほほぉ~知らなかった~
そっか~色々な物に微量だけど入ってたりするからなんだ~
いつも、仕入先から提出されてきた書類に目を通すだけだけだから
案外知らない事も多いんだ~って改めて
自分の勉強不足を知りました~^^
 
sigeru さん
> 知らなかったので、勉強になりました。
> イオン価が同じく1だから、2倍にすれば塩の量になるのだと思っていました。

塩分換算係数は、ナトリウムと塩素の原子量が基になるものですが、分かりづらいですよね。
で、イオン価!
さすがsigeruさん、久々にイオン価を聞いて唸っています(^^)

> 最近は、外食が多く、塩分を取りすぎているので、気をつけようと思いました。

食塩のナトリウムが高血圧を招く原因のひとつというのは、実は確立されているわけではないようです。
(ただし、本態性高血圧では関係がハッキリしているようですが)
とはいえ、食塩のナトリウムの摂り過ぎで健康被害があることが否定できない以上は、おいしさとは別に気をつけなきゃかもですね。
って、私も気をつけなきゃのひとりなのであります(^^;)
 
ふぃる さん
> そっか~色々な物に微量だけど入ってたりするからなんだ~

ちりも積もれば、ってことでしょうね。
メーカーでは「塩分換算では0.1gとごく微量です」って書き方をする事もあるけど、塩分制限してる人にとっては、その0.1gに苦労するし、やっぱりちりも積もればって話じゃないのって思いますです。

> いつも、仕入先から提出されてきた書類に目を通すだけだけだから
> 案外知らない事も多いんだ~って改めて
> 自分の勉強不足を知りました~^^

全てが分かることって、なかなか出来ないですもんね。
私はひたすら広く浅くで、それすら記憶が薄らいでいく・・・(^^;)
少しでもお役に立つことがあれば、と書きながら、確認作業をすることで一番役に立ったのは自分なんだな、な~んて思っております(^^)
 
計算・・・
すでに、計算機に頼る(PCのね)癖がついていて、数式をみると、眠気が・・・
でも、おたぬきさんの解説はわかりやすいから、ほんとためになります(^^)v

でも、この知識を覚えておいて、適宜抽出するのが、これまた困難なのよねぇ~
年だわ~(笑)
 
betipa さん
> すでに、計算機に頼る(PCのね)癖がついていて、数式をみると、眠気が・・・
> でも、おたぬきさんの解説はわかりやすいから、ほんとためになります(^^)v

私は簡単な計算ですら、暗算だと自信が無くなっとります(^^;)
ちょっと面倒な話が続いてナンですが、いつかティーちゃんとニャンズのために役に立つ日が来る・・・か?(^^;)

> でも、この知識を覚えておいて、適宜抽出するのが、これまた困難なのよねぇ~
> 年だわ~(笑)

大丈夫、ホントに必要な時にはちゃんと誰かがフォローしてくれるって!(^^)
そう信じて楽しい毎日を過ごしましょう~!
 
おたぬきさん!訂正&教えてくださってありがとうございます!!
そうか、別物なのですねー
読んでてなるほどぉ! おたぬきさんさすがだなー、カッコイイ!って思いました。

ひとつ賢くなれましたよ!ありがとうございます♪
 
先生~!寝ていませんって。
聞いていました。本当だってば。
ナトリウムは塩だけじゃなくて・・・


先生だって背中がぽかぽかで、化学式なんて出すんですもの・・・。
 
絵麻* さん
> そうか、別物なのですねー
> 読んでてなるほどぉ! おたぬきさんさすがだなー、カッコイイ!って思いました。

このあたりはホント、ごっちゃになって混乱しちゃう!
ワタクシも、普段はひえええ~~~っ!と錯乱しまくりでござんす(だから、何でおいらんなんだ?!)
少しでも参考になることがあれば嬉しいです(^^)
 
にわ さん
> 先生~!寝ていませんって。
> 聞いていました。本当だってば。
> ナトリウムは塩だけじゃなくて・・・

いやいや、にわとり母さん、あの時は羽の毛づくろいに一生懸命で・・・(^^)

> 先生だって背中がぽかぽかで、化学式なんて出すんですもの・・・。

「名取り有無」ってノートに書いておったのぉ
あっ、こう書いてたのは先生のほうじゃった!(^^;)
・・・って言いたくなるくらい、化学式って頭がパンパンになっちゃうものね(^^)
どうにかもうすぐこのシリーズもオシマイさ~
 
おたぬきさん、こんばんは^^

大変!知らなかったです!!
ナトリウム、摂取しすぎです。

計算方法があるなんて、全然知らなくて、
ナトリウムの表示されている数字のみ気にかけていました。

教えていただいてよかったです。

でも、難しいんですね。。。
久々に、科学のお勉強を。。。

ありがとうございました(^^)
 
いちごじゃむ さん
> 計算方法があるなんて、全然知らなくて、
> ナトリウムの表示されている数字のみ気にかけていました。

ナトリウム=塩分量って思うのは至極自然なことだと思います。
で、そうなんです、計算方法があって初めて塩分量に変換されちゃう・・・
表示もしっかりここまで記載してくれたら、って私は思うのですが、そうなるとナトリウムって何だ?って余計どっちを見ればいいのか分らなくなるとか(^^;)
でも、これでいちごじゃむさん、しっかりインプット!ですね(^^)

> でも、難しいんですね。。。
> 久々に、科学のお勉強を。。。

人間の体は消化と吸収の繰り返しだから、なんて言うと小難しいけど、生命維持の偉大さを感じちゃいますよね(^^)
少しでもお役に立てることがあってよかったです(^^)ノノ
 
弟子にしてくださいっ!!
おたぬき先生、私を弟子にはしてくれませんか!!!
雪かきは全面的に請け負いますから~~~っ!!

え?
tokyoじゃそんなに雪降らないから「雪かき専任」は必要ないって??(笑)

冗談さておき、調味料等を選ぶ際にも「成分表示」を見ればNaでの表示と塩分としての表示とがあります。
塩分であれば問題ないのですがNaの時はとてもその場で暗算できず、携帯電話の電卓機能を使って「塩分」算出^^;
カロリー重視で選ぶものもあれば、塩分重視で選んだほうがいいものもあれば・・・で意外と日々の「買い物」は面倒です(涙)

一時期、塩分摂取量を計算した事がありました
調味料は当然ですが、加工食品などに含まれているものをいちいち拾い出して電卓叩いていたら頭がクルクルパーになりそうでした~(涙)
しかも「肉や魚に含まれているNa」は当然計算せず・・・
(含まれている事すら知りませんでしたから・・・)

いやはや、専門的な知識を持ち合わせてないシロートのやる事ですから本当にいい加減です(滝汗)
こういう知識を身につけるには やはり大学で学ばなければダメなんですよね。

ちなみに、夫はNa不足で熱中症を起こし救急車で運ばれた経験があります(ナトリウム不足!?)
過剰摂取はよくないですが、控えすぎも怖いものです

そういえば、今日走ってきて ウィンドブレーカーの汗染みの縁の部分が白くなってました
これは塩分が体内から出てきた証拠ですよね
(いわゆるアスリートソルト・・・^^;)
走り終えた後、珍しく足裏がつりそうになって焦りましたよ~!!
 
ふぶき さん
> おたぬき先生、私を弟子にはしてくれませんか!!!
> 雪かきは全面的に請け負いますから~~~っ!!

おっとぉ〜!雪の季節、本来ならばおたぬきは冬眠中・・・一緒に春まで寝て過ごす・・・いいなあ(^^;)
な〜んてことはさておき(笑)

> カロリー重視で選ぶものもあれば、塩分重視で選んだほうがいいものもあれば・・・で意外と日々の「買い物」は面倒です(涙)

塩分はNa表示の意味は解っていても、ホント、いざ計算となるとくるくるぱ〜になりそうです(笑)
カロリーも塩分も、どこまで摂取できるかとなると、生活強度や体質などもあり、一概に言えないのも辛いですね(^^;)
さらに加工品だけでなく、自然界のものでも元々含まれる塩分ってあまり気にしないかも。

> ちなみに、夫はNa不足で熱中症を起こし救急車で運ばれた経験があります(ナトリウム不足!?)
> 過剰摂取はよくないですが、控えすぎも怖いものです

なんとっ!
これはホントに大事にならなくてよかったですね〜!!
塩分過剰も問題ですがこれは長期に渡る場合がほとんど、それに対して塩分不足は短期間で症状が現れ、重篤になることもあるので・・・人体の不思議ですね〜

> そういえば、今日走ってきて ウィンドブレーカーの汗染みの縁の部分が白くなってました
> これは塩分が体内から出てきた証拠ですよね
> (いわゆるアスリートソルト・・・^^;)
> 走り終えた後、珍しく足裏がつりそうになって焦りましたよ~!!

アスリートソルトってすんごい分りやすい(^^)
頭の中にふぶきさんのウィンドブレーカーが浮かんじゃいました。
毎日、雪かきとランで体の中のミネラルバランスがどんどん変わってるのかもしれないですね。
雪の中にバタン!なんて事になりませんように〜(^^)
 

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
プロフィール
現役の学校管理栄養士の日記です。

管理栄養おたぬき

Author:管理栄養おたぬき
現役の学校栄養士の日記です。

初心者マークの写真とイラストで給食、日常、おとぼけ話などを書いています。

 
カウンター
 
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...