言い訳しながら報告します

現役の学校栄養士が写真とイラストで報告する、言い訳の日々。

 

遠野からの物語 ~栄養士の災害支援 その4~


Category: 災害支援   Tags: ---

今日は仮設住宅についてです。

被災地でも、様々な所に仮設住宅が建設されていました。
しかし、報道でもあるようになかなか埋まらないのも事実のようです。
理由は経済面、生活面で支援が必要であっても十分に受けられないなど、様々考えられます。

しかし、避難所は最終的には閉じられるでしょう。
また、食事支援も継続しながらも、仮設住宅に居住する方たちの食生活や衛生面での支援も必要になります。

今現在、仮設住宅に入っている方達にはこういうご家庭もあります・・・


20110707レシピ




家族構成が変わる事で生まれる食事面での不安、これを支援するのも大事な事です。

仮設住宅には様々な家電製品もあらかじめ用意されていて、その中には電子レンジがあります。
これを上手に使う事で時間短縮や様々な料理を作ることも出来ます。
できるだけ低いハードルから家事を始めるために、その人、その家庭にあった食事面での支援は、精神的な安定のためにもとても大切でしょう。

仮設住宅での支援は、実際の調理指導も交える事があります。
それと同時に、各種のサプリメントや強化米(ビタミンB群を中心に、米に混ぜて使用するもの)の使い方なども必要があるかもしれません。

しかし、その支援のためにはどういう家庭か、どういう状況かを把握する必要があります。
これは避難所においても同様ですが、そこで生じる問題も・・・



20110707調査




同じ様な調査や質問を繰り返される事は、聞く方は初めてでも、答える方は『またか!』と思うことだってあるでしょう。
その『またか!』は、人によって内容によっては繰り返し話す事で落ち着いたり安心したりするかもしれないけど、逆にストレスになることもあるでしょう。
実際に、同じ事ばっかり聞いて連絡は行ってないのか?と言われることもあります。

今後の生活支援は同業種や機関だけでなく、保健師、看護士、心のケア、栄養士、そして行政と縦と横の密な連絡をとり合う事が、ますます必要とされる事だと思いました。


20110707遠野市報




最後に遠野市と今回の支援について聞いた話を少し・・・

今回の栄養士会の災害支援は、岩手県遠野市を拠点に沿岸部へ車で移動して行いました。栄養士会だけでなく、震災で遠野市内に拠点をおいたのは、4月18日で180団体4500人だったそうです。

なぜ遠野なのか?

三陸沿岸には必ずまた津波被害があるだろう。

その想定の下、5年前の平成19年から遠野市と沿岸部市町村は、万が一に備えた協議、支援方法を探り、同時に自衛隊や消防、警察とも救援が必要な時にはどこでどういう支援体制を作るか。
「地震・津波災害における後方支援拠点施設設備構想」を進めて、毎年、関係機関と訓練を重ねてきたそうです。

震災後、すぐに近県だけでなく愛知や大阪など関西圏や日本各地から無数のパトカーや消防車が駆けつけ、自衛隊もどんどん救援に集結し、すぐに緊急援助体勢を固め、沿岸部へと向かったということです。

遠野市でも市庁舎が崩壊し、市内も3日間停電があったので、市民の方々が実際の映像を見たのはそれからだったので、緊急車両やヘリコプターが無数集まる光景に、ただならぬことが起こっていると・・・

遠野市民は三々五々、市内の施設に集まり、すぐ翌日から1万個単位のおにぎりを作り、それを自衛隊のヘリコプターで釜石市に運んでそこから車両で各避難所に配り始め・・・
各家庭では米一升を提供し、それ以外にも大口のお米の提供をしてもらい、4月初めまでに13万個以上のおにぎりを届け続けたそうです。

それを可能にしたのはもちろん警察や消防、自衛隊の力も大きかったのですが、現地に向かうためにはヘリコプターの他にも絶対的に車両と、道路が必要になります。

道路は、遠野市から釜石市までは新規に高速道路を作っていた、釜石市から大槌町までは津波被害の地域は厳しくとも、山を切り開いたトンネルルートを作っていたのでそのルートである程度までは車両の移動ができた。

ただ被害の様子をテレビで見ていた私は、遅々として進まない思いでしたが、現場は可能な限りの準備と行動をしていたことに驚き、もしこの計画や訓練がなかったら、被害も死者の数もさらに増えていたかもしれません。

そして、何もない時には無駄の一言で片付けがちな道路設備も、計画の中で必要であった道路を作ってあった事で(震災では新規に作った道路は無傷だったようです)その後の救助や救援を進める事が出来たと言えるのでしょう。





20110707自衛隊


雨の中、壊れた信号の前で交通整理をしていて、思い切り後ろにひっくり返った兵庫県警の警察官の方。
それを車の中で見ていて大爆笑したけど、『棒を振るだけのために遠い所を来てくれて、ありがたいことです』と呟いた岩手県の栄養士さん。

日に焼けた自衛隊の方々、釜石市内にはまだとてつもないデカさのテントが無数にありました。

いつかすべての部隊、応援車両が撤退する時、平和で穏やかな町になっているようにと祈りをこめて、支援をありがとう!

※写真はご本人にお願いをして撮らせていただきました。





201107fught02


『南米パラグアイ国は東日本大震災に際し、同国日本人移住者が生産する大豆で作った豆腐を、両国友好支援活動として提供いたします。被災地の皆様の一日も早い復興はパラグアイ国民の願いです』

日本国内だけでなく、たくさんの国からの支援が届いていました。
ある日、避難所に行くとバナナの箱が山積みに!
こんなにバナナ?
中には真新しい子供用の靴やスニーカーが目一杯入っていました。





20110707釜石シール


『負けねすよ 釜石』

釜石鉄道の運転手さんのカバンには、もれなくこのシールが貼られていました。
線路の上を走る車両が力強く思えました。





20110707看板1


中学生の君たちが、きっと故郷に笑顔を取り戻してくれると信じています!

短い日程でしたが、東京の生徒たちに様々な形で伝えていきたい。
一緒に未来を作って欲しい、そんな思いで一杯です。





20110707ありがとう


ボランティアは後方支援。
細く、長く、忘れずに・・・
現地での様々な支援や救援活動から分るのは、人の力ってすごい!ということでした。

例え現地に行く事が無くても、健康で仕事をし、日々を楽しみ、普通の生活をする。
それが復興や復旧に必要な人や機器類、計画をすすめるためには絶対に必要なことだと思いました。

支える人は前向きでなければならないからです。


一応これで報告を終了しますが、何かお話しできる事があればその時、また。

読んでくださって、どうもありがとうございました。



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記


Comments

おはよ
ほんとにご苦労さんでした!
現地の事って実際に行った人じゃないと伝わらないんだなあってとても思ったですよ。

この頃は大震災の事も忘れがちになってるアタシです。
細く長くちゃんと心にとどめて置かないとね・・・
 
こんにちは。^^
小さな事だけど、昨日宮城の物産展で「白松がモナカ」を購入。
遠野市の頑張り・・・なんだか涙が出ました。ものすごく「おにぎり」にぎったんですね。
そして、仮設住宅には、その住宅の数だけ、被災したそれぞれの事情がある。
首まで日焼けした自衛隊の方の写真が目にしみます。
そして、かずかずのプラカード。
おたぬきさん・・すてきなレポートでした。
ありがとうございました。
マダム、これからも頑張って、東北物産購入いたします!!
 
なぜでしょう。。。
すべて読み終えて、、、私は涙が止まりませんでした。。
実際に支援に行かれたおたぬきさんの、感じるところは
もっとずっと大きかったでしょう。。。
お疲れ様でした。そして、率直なレポートをどうもありがとうございました。
おたぬきさんのレポートは、他のどのメディアよりも説得力がありました。。。Kei

 
やはり
こんにちわ

おたぬきさんレポートお疲れ様でした~
やはり自粛ばかりではいけませんよね~と言って現地の方々の事を
忘れても困りますけどね 力を合わせての支援 それが出来ないので有れば普通の暮らしで経済を回す こういう事が大事なんですね
まだまだ震災は全然終わっていないのですね~現地では
こちらに居ると忘れそうになりますけどね~

それでは

 
Re: おはよ
かぶともさん、こんにちは!コメントをありがとうございました!

> ほんとにご苦労さんでした!
> 現地の事って実際に行った人じゃないと伝わらないんだなあってとても思ったですよ。

食生活だと、生きることに直結してるからリアルかも?
私も行く前はまだまだこれからの部分が多いなって、分っていたけどそれ以上にまだまだって分りました。

> この頃は大震災の事も忘れがちになってるアタシです。
> 細く長くちゃんと心にとどめて置かないとね・・・

きっと阪神大震災や中越地震で被害を受けた所の方たちも、まだまだって思っていることが多いんだろうなってことも思いました。
細く長く、これが一番大事なんだろうなって、私も心にとどめておこうと思っています。
読んでくださってありがとう!
 
Re: タイトルなし
> こんにちは。^^

マダム、こんにちは^^、コメントをありがとうございます!

> 小さな事だけど、昨日宮城の物産展で「白松がモナカ」を購入。

白松がモナカ!おおっ、これは名品のご購入♪
私もあそこのモナカは大好物なんです~、じゅる~(^^)

> 遠野市の頑張り・・・なんだか涙が出ました。ものすごく「おにぎり」にぎったんですね。
> そして、仮設住宅には、その住宅の数だけ、被災したそれぞれの事情がある。
> 首まで日焼けした自衛隊の方の写真が目にしみます。

私も遠野市の方々の頑張り、聞いててものすごく心に響きました。
そして多くの方々が家族や友人を亡くし、仕事も生活も一変してしまったことでしょう。
そういう方達が少しでも立ち直る手助けをするため、自衛隊の方達や警察、消防、保健師、赤十字、復旧や復興に携わる方々がいることが、何も無い中での救いの気がしました。
日に焼けた自衛隊の方、とってもカッコよかったです!

> そして、かずかずのプラカード。

町の中はもちろん、道路を走っていても「ありがとう」「支援を私たちは忘れません」「がんばります」そんな数々の言葉が・・・、きっとここに来た人たちに届いていることは間違いありません。

> おたぬきさん・・すてきなレポートでした。
> ありがとうございました。
> マダム、これからも頑張って、東北物産購入いたします!!

私もキュウリも茄子も、そして白松がモナカも見つけたら、頑張って購入しちゃおうと思っています。
こちらこそ、読んでいただいてありがとうございました!
 
Re: タイトルなし
keiさん、こんにちは!コメントをありがとうございます!

> なぜでしょう。。。
> すべて読み終えて、、、私は涙が止まりませんでした。。
> 実際に支援に行かれたおたぬきさんの、感じるところは
> もっとずっと大きかったでしょう。。。

支援とは言いながら、短期間で何もできなかったのですが・・・
keiさんに感じていただいたこと、私も被災された方、支援している方のことを思うと、同じように感じています。

> お疲れ様でした。そして、率直なレポートをどうもありがとうございました。
> おたぬきさんのレポートは、他のどのメディアよりも説得力がありました。。。Kei

少しでも伝わるところがあれば・・・
こちらこそ、読んでいただいてありがとうございます。
 
Re: やはり
> こんにちわ

koozypさん、こんにちわ!コメントをありがとうございます!

> おたぬきさんレポートお疲れ様でした~
> やはり自粛ばかりではいけませんよね~と言って現地の方々の事を
> 忘れても困りますけどね 力を合わせての支援 それが出来ないので有れば普通の暮らしで経済を回す こういう事が大事なんですね

自粛ばかりがいいとは私も思いません。
実際、遠野で沿岸部の方たちを招いて伝統芸能を披露したらとても喜んで、晴れやかになったそうです。
これをきっかけに、また招待をしよう、花火もやろう、お祭りもやろう・・・
静かに見守ること、普通に生活すること、そしてにぎやかに盛り上げること。
でれもが必要なんだろうなって思えます。

> まだまだ震災は全然終わっていないのですね~現地では
> こちらに居ると忘れそうになりますけどね~

ふとした時にそういえばあれはどうなったんだろう。
そんな風に思い出していただくことが、忘れてないよって無言の支援になるんだろうな~って思います。
読んでくださってありがとうございました。
 
こんばんは
読みながら涙がでてきました。
でも、やっぱりみんなすごいです。

日本の底力ってホントすごいと思います。

ただ、衛生面は気になりますよね。
これから暑くなる季節ですし。
どうか、一日も早く普通の生活に近づけるよう祈るばかりです。

有意義なレポ、ありがとうございました。
こういうことこそ、今の若者に伝えたいな~
 
Re: こんばんは
betipaさん、こんばんは!コメントをありがとうございます!

> 読みながら涙がでてきました。
> でも、やっぱりみんなすごいです。
>
> 日本の底力ってホントすごいと思います。

人も技術も、日本の底力ってホントにすごいですよね!
どうにかした、どうにかできるって信じる気持ちが、さらにパワーアップしてくれているようでした。

> ただ、衛生面は気になりますよね。
> これから暑くなる季節ですし。
> どうか、一日も早く普通の生活に近づけるよう祈るばかりです。

避難所で体調を壊される方もいるように、せっかくの命を違う形で脅かされるのは厳しいです。
今日よりも明日は、より安心して暮らせるように、少しずつでも改善されるようにと思います。

> 有意義なレポ、ありがとうございました。
> こういうことこそ、今の若者に伝えたいな~

私も生徒に色んな形で感じ、自分で考えてもらえるように話ができたらいいなって思います。
読んでくださってありがとうございました!
 
ああ、もう7月なのに何やっているんだろうね。

冒頭のイラスト、今まで食事を作ってくれた、母や祖母を失いってお話
先日コメントしていたときに、頭に浮かんだの。
「皆さんが食べたいものを食べられる日が早くくるといい」って、
思いながらもう、食べられない場合もあるんだなって。
悲しいな。


おたぬきさんの学校で、今回のお話を生徒さんに
聞いてもらえる機会は有りましたか?
感想なんか聞いてみたいな。
 
Re: タイトルなし
にわさん、こんにちは!コメントをありがとうございます!

> ああ、もう7月なのに何やっているんだろうね。

カレンダー、半分以上・・・言うの止めとこう(^^;)

> 冒頭のイラスト、今まで食事を作ってくれた、母や祖母を失いってお話
> 先日コメントしていたときに、頭に浮かんだの。
> 「皆さんが食べたいものを食べられる日が早くくるといい」って、
> 思いながらもう、食べられない場合もあるんだなって。
> 悲しいな。

家族構成が変わってしまったご家庭は、かなりの数になるんだろうね。
子供を残して逝ってしまった親御さんの無念は、考えるだけで胸が苦しくなる。
日々の生活を考えると、やるしかないって分っていてもやりなれないことはなれるまで時間がかかるだろうし。

> おたぬきさんの学校で、今回のお話を生徒さんに
> 聞いてもらえる機会は有りましたか?
> 感想なんか聞いてみたいな。

まだ話す機会は無いのだけど、生徒にはいろんな形で伝えたいと思っているの。
自分で考えたり感じたりして欲しいしね。
その時にはまたご報告します。
 
ありがとうございます
おたぬきさん、支援活動お疲れ様でした。
遠野を拠点として沿岸部へのボラ活動が行われている・・・という話は聞いていましたが、おたぬきさんも同じように活動されていたんですね。
記事を読み終え、ただただ「ありがとう」と「お疲れ様」という気持ちでいっぱいです
なんだか涙が出てきました

実は、私は震災当日に宮城にいたんです
津波被害のエリアではありませんでしたが、色んな面でサバイバル生活を続けていました
夫のもとに帰れたのは3週間後

色々ありました
忘れたいけど忘れられない恐怖。忘れちゃいけない教訓。協力しあう心。譲り合う精神。思いやる気持ち。
あれは経験した人でなければ判らないと思うのです
「3.11」は私にとって人生3度目の大地震。
またいつかやってくる・・・・
そう覚悟しているので、備えだけは万全にしておきたい・・と改めて感じます

なんだか私事を書いてしまいましたが・・

おたぬきさん、支援活動、本当にありがとうございました。

 
ふぶき さん
> 遠野を拠点として沿岸部へのボラ活動が行われている・・・という話は聞いていましたが、おたぬきさんも同じように活動されていたんですね。

支援活動の記事を読んでいただいて、どうもありがとうございます。

ずいぶん前のことに思えても、まだ2年も経たない事実。
自分に何ができるか?と問いながらの短い支援でしたが、報道だけでは判らない、大変な状況だったことだけは覚えています。

> 実は、私は震災当日に宮城にいたんです
> 津波被害のエリアではありませんでしたが、色んな面でサバイバル生活を続けていました
> 夫のもとに帰れたのは3週間後

震災当日に宮城、ご帰宅出来たのが3週間後。
これだけでどういう状況か・・・大変でしたね、としか言えないけれど、ご苦労以上のご苦労があったと思います。

> 色々ありました
> 忘れたいけど忘れられない恐怖。忘れちゃいけない教訓。協力しあう心。譲り合う精神。思いやる気持ち。
> あれは経験した人でなければ判らないと思うのです

私は震災から3ヶ月経ち、鉄道も公共機関もライフラインもある程度整ってからの現地。
それでも言葉を失うような状況だったのですから、どういう形であっても被災された方たち、ご家族は必死に乗り越えてこられたことが沢山あったはずです。

その中でも、私が感じたことは人の力ってすごいなということ。
協力しあう心。譲り合う精神。思いやる気持ち。
ふぶきさんも周りの方達も、恐怖を体験したからこそ生まれてくるものなのでしょう。

> 「3.11」は私にとって人生3度目の大地震。
> またいつかやってくる・・・・
> そう覚悟しているので、備えだけは万全にしておきたい・・と改めて感じます

ふぶきさん、人生3度目の大地震って・・・!!!!!
4度目が無いことを祈りますが、これだけは誰にも分らないこと。
私も最近、懐中電灯とか電池などを買い足したり、バッグの中には何を入れておこうか、とか見直したりしました。

ふぶきさんのお話をうかがい、私も久々に支援活動の記事を読み直し、色んなことを思い出しました。
冷たい体育館の床、段ボールのお盆、ペラペラのプラスチックのお皿、お湯も沸かせない、物資はあるのに作れない、支援って何だろう・・・

ネガティブなことがどんどん生まれても、それを振り払ってくれたのも現地の方々でした。

岩手だけでなく、日本全国の被災地では「今」と「これから」に希望がもてるように。
そういう気持ちで一杯です。

小さな小さな支援でしたが、自分が見たこと聞いたこと感じたことの事実を忘れないようにしようと思っています。

ふぶきさんのコメントで、私もまた改めて思うことができました、ありがとうございました。
 

Leave a Comment



08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
プロフィール
現役の学校管理栄養士の日記です。

管理栄養おたぬき

Author:管理栄養おたぬき
現役の学校栄養士の日記です。

初心者マークの写真とイラストで給食、日常、おとぼけ話などを書いています。

 
カウンター
 
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...