言い訳しながら報告します

現役の学校栄養士が写真とイラストで報告する、言い訳の日々。

 

清正人参


Category: 給食の食材   Tags: ---

20180120くまモン






セロリ(一般的な品種)の旬は冬だという。

なんとなく旬がとらえずらいセロリ、もしCMを作るのなら初夏のイメージ?
そんなふうに思ってただけに冬が旬と聞くと意外な気さえする。

給食では主にスープ(特にトマト系)で使うけど、苦手な生徒は仰山いる。
独特の隠しようがない香り、あれがあるからセロリだけど、苦手な人にとっては余計なもの入れやがって!くらいの勢いでブーイングされちまうことも。

かくいうワタクシも苦手だったんだけど、いつの間にか好物になってる。

そんなセロリは加藤清正が朝鮮出兵(16世紀後半)の際、日本に持ち込んだ、という説がある。
なんでも現地でニンジンと騙されてセロリを持ち帰ったとも。

加藤清正といえば熊本藩初代当主であり名将と言われる方。

豊臣秀吉の時代に戦争をしに朝鮮半島に行き、セロリを持ち帰る加藤清正。
そんなにセロリが好きだったのか?人参とセロリの区別ができなかったのか??

偉人たちの多くは、話そのものを後ずけされ、盛られることも多々あるだろう。
今となってはどこまで本当かは全くわからない。

しかし、江戸幕府が開かれる前、朝鮮半島でセロリを口にした清正。
持ち帰ったらこりゃニンジンじゃねえよ、てことでセロリは「清正人参」と呼ばれたとか。
ここは名将と言われたお方、「誠にうつけ者よのう」と笑っててほしい。

かの城主が現代に蘇り、中学校の給食を食べることがあれば、迷わずセロリを入れたミネストローネを振る舞い、どういう反応を見せるのか。

などなど、楽しい妄想をさせてくれるのであります。
※「セロリを日本に持ち込んだのは清正?」 歴人マガジンより)





20180115うつけ者



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記


Comments

私は香りの強い野菜が苦手で、セリ・春菊・ニラ・みつば・ミョウガ等々がその代表ですが
「セロリ」は大好き!!
何故かと言えば子供の頃、長野に住んでいた叔母が毎年木箱に入ったセロリを送ってくれていて
からです。新鮮なセロリとともに粕漬のセロリもあって、これがとっても美味しかったけれど
子供たちの口にはほぼ入らず、もっぱら父専用でした。

で、どのようにして食べたかと言えば、生のセロリにマヨネーズを載せてガブリとかじる(笑)
バリバリ・バリバリ、マヨネーズを載せては食べ、またマヨネーズを載せては食べ…。
当時、サラダに入れることもなかったし、スープなんてのもあり得なかった。
子供が6人もいれば何をしなくてもあっという間になくなってしまったことだと思います。

なので今でもセロリを見るとガブリといきたい!思いになりますが、いかんせんあまり新鮮な
セロリに出会わない。なので、サラダや炒め物、スープにすることが多いです。

スーパーでは外側の太くて大きいセロリが1・2本でセットになってることが多く、芯の
柔らかくて美味しいところは、処理が大変なのか結構なボリュームで1セットになってます。
これを見て「しめしめ」と思いながら、芯の部分を購入しております。

でもホントに存在感のある香りを持ってるから、嫌いな生徒には「やめてくれぇ~」でしょうね。
それでもスープに投入するおたぬきさんは、やっぱりえらい(^^♪

清正ニンジン=セロリだなんて知りませんでした。
「今日のサラダには清正ニンジンがはいってるからね~」って今度言ってみます☆
 
うつけモノ?
人参のお話よりイラストに釘付けになっちゃいました^^;

うつけモノ・・
あまりいい印象を抱かない言葉ではありますが、敵の戦意喪失されるって?

すぐに思いついたのが我が夫。
あれこそ現代のうつけモノだわ(-"-)
決して頭の中が空っぽなのではなく、のらり~くらり~、すっとぼけ~の連続で私の説教モード(戦意)を喪失される

悔しいけれど、敵いませぬ・・(-"-)
 
ツヅレサセコオロギ さん
> 何故かと言えば子供の頃、長野に住んでいた叔母が毎年木箱に入ったセロリを送ってくれていて
> からです。新鮮なセロリとともに粕漬のセロリもあって、これがとっても美味しかったけれど
> 子供たちの口にはほぼ入らず、もっぱら父専用でした。

長野県はセロリの本場!
そこから毎年セロリが、それも「木箱」ってそれだけでなんてご馳走なんだろう!
マヨネーズでバリバリ、粕漬けもバリバリ、聞いてるだけでチクショー!と叫んじゃう(笑)
うーむ、おそるべしセロリ攻撃。
セロリ嫌いの兄弟はいなかったのかな?いたらラッキー??

> なので今でもセロリを見るとガブリといきたい!思いになりますが、いかんせんあまり新鮮な
> セロリに出会わない。なので、サラダや炒め物、スープにすることが多いです。

よく「子どもの頃に食べた味」という言い方をする(聞く)こともあるけど
今よりもっと香りも強く、スジスジの野生っぽい味がしたかも?
でも、それを美味しく食べていた記憶があれば、ほかの香り野菜が苦手でもセロリは大丈夫!
ってのも納得しちゃうなあ(^^)
お話を聞いてるだけで、私もだれか木箱でセロリを送ってくれ!、の気持ち(笑)

たまに東京では小さなミニセロリ?なるものを売ってますが
やはり醍醐味はフツーのセロリの束になったもの。ああっ、じゅる〜(^^)

> 清正ニンジン=セロリだなんて知りませんでした。
> 「今日のサラダには清正ニンジンがはいってるからね~」って今度言ってみます☆

清正人参って新種の人参?って思われちゃうよね(^^)
よもやセロリと殿様が繋がるなんて思いもしないもの。
ええ、是非とも今後はキヨマサニンジンとしてよろしくなのです(*^^*)
 
ふぶき さん
> 人参のお話よりイラストに釘付けになっちゃいました^^;
>
> うつけモノ・・
> あまりいい印象を抱かない言葉ではありますが、敵の戦意喪失されるって?

あはっ、イラストで思い当たるフシがあるとお聞きし、興味津々(^^)
確かに「うつけモノ」の言葉の響きはマイナスイメージが強いものねえ。
アホでもバカでもない、うつけはうつけ。なんだろなー

> すぐに思いついたのが我が夫。
> あれこそ現代のうつけモノだわ(-"-)
> 決して頭の中が空っぽなのではなく、のらり~くらり~、すっとぼけ~の連続で私の説教モード(戦意)を喪失される
>
> 悔しいけれど、敵いませぬ・・(-"-)

おおっ!まさに!!(というと失礼か ?ごめんなさいですー!)
のらり〜くらり〜、すっとぼけ〜の三強にはとても敵いません(^^)
かの織田信長などは「天下のうつけ者」って言われたらしいしね。
監督代行、殿としての資質は十分あるって証明かしら(*^^*)
 
セロリ
冬が旬なんですか
気にしたことなかったです(^^;

その昔野菜スティックにささってたなぁ・・・
あの頃は好きじゃなかった
今でもあまり・・・
スーパーでもほとんど手にしません
薄切りでスープの中に入っていても
ん?となる
でも不思議
かに缶とスライスセロリをマヨネーズであえると
おいしく食べられるんです
まぁめったにできませんが・・・

清正さん セロリを初めて食べた感想は
どんなだったんでしょうね。。。
 
ひめ さん
> セロリ
> 冬が旬なんですか
> 気にしたことなかったです(^^;

ですよねー!セロリの旬・・・あるんだ!てな感じかしら(^^)

> かに缶とスライスセロリをマヨネーズであえると
> おいしく食べられるんです
> まぁめったにできませんが・・・

これはゴージャスじゃないのぉ(^^)
セロリはスティックで出されると、嫌いだったら避けやすいメリット(笑)
でもあえて要らねえぜって気分が強くなるかな。
嫌いな食材、あえて作る気にも食べる気にもならないものね。

> 清正さん セロリを初めて食べた感想は
> どんなだったんでしょうね。。。

そこ!聞きたいなあ。
で、日本に持ち帰るほどって、よほど気に入ったのか??
マジでよみがえってもらってインタビューしたいお方です(*^^*)
 
セロリ…
こんばんは。

そうですね~
なんか夏っぽいですよね、冬って感じはしないな…

セロリね…
絶対入れたらいかんですよ…入れたらいかんのですよ…by 子供代表
たぶん、好物にはならないな。だって臭いんだもん!(笑)

加藤清正さん、
人参とセロリ、騙されちゃいかんでしょ(笑)
「うっかりハチベイ」だな…

おばちゃんだってわかります。
人参は甘いし、セロリは臭いし(シツコイナ)…

私が子供の頃は、セロリなんて見たこともないし食べたこともないし、

いわゆる大人の味って言うんでしょうか…
 
セロリ嫌いじゃないけど、好物でもありません。
でもサラダに入れたり、スープにいれると、
香りがあって美味しいですよね。
これが清正人参と呼ばれていたなんて、
全く持って知りませんでした。

こうなったらお城に周りにセロリを植えて、
それを売ってお城の復興に充てるとか?
冬が旬だと言われましたが、
明日は40℃を越すシドニーでは、
一年中売られていますよ!

 
ぽぽ さん
> セロリね…
> 絶対入れたらいかんですよ…入れたらいかんのですよ…by 子供代表
> たぶん、好物にはならないな。だって臭いんだもん!(笑)

こんばんは!
チビッコ代表のご意見、ありがとうございます(笑)
これ、まさにその通りだろうなあ(ほとんどの子どもは)
セロリ撲滅運動があったら参加しそうだもん(^^;)
理由?やっぱ匂いでしょ!シャキッとした食感はセーフだと思うもの。

> 加藤清正さん、
> 人参とセロリ、騙されちゃいかんでしょ(笑)
> 「うっかりハチベイ」だな…

殿様だったらおつきもいただろうに、結果、ブレーンが残念?
それとも清正が「こいつはニンジンだ!」と言ったら誰も「おやおや、殿様、そりゃ違うでごわす」と震源できなかったか・・・
今となっては想像だけだけど、それがまた楽しいでござるよ(^^)

> いわゆる大人の味って言うんでしょうか…

大正、昭和初期もセロリは嫌われてたみたいだし。
歴史は変わるものですね(*^^*)
 
takechan0312 さん
> セロリ嫌いじゃないけど、好物でもありません。
> でもサラダに入れたり、スープにいれると、
> 香りがあって美味しいですよね。
> これが清正人参と呼ばれていたなんて、
> 全く持って知りませんでした。

キヨマサニンジン、これを聞いてセロリとはまず思わないですもんね(^^)
私の友人はどんなに小さく刻んで少量でも「むっ、この匂いは!」って分かる。
それがセロリ。
どんだけ存在感があるかかなあ(^^)

> こうなったらお城に周りにセロリを植えて、
> それを売ってお城の復興に充てるとか?
> 冬が旬だと言われましたが、
> 明日は40℃を越すシドニーでは、
> 一年中売られていますよ!

おおっ!熊本城の周りにセロリはワタクシも大賛成!
だって今こそ清正公に再登場してもらうチャンスはありません!
初代城主が現代の熊本のために再び貢献するなんて、素敵すぎる!!
ついでにシドニー分室でも販売いかがでしょうね(*^^*)
 
memo
清正人参
メモしました・・・・
面白い。
ありがとうございます。
 
T’s さん
> 清正人参
> メモしました・・・・
> 面白い。
> ありがとうございます。

おおっ!T'sさんのこのコメント、とっても嬉しいです!!
キヨマサニンジンって響きもいいですよね。
あれこれ想像させてくれる・・・
是非ともセロリの取材があったらちょいとかましてみてください(*^^*)
 

Leave a Comment



07 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

06

08


 
プロフィール
現役の学校管理栄養士の日記です。

管理栄養おたぬき

Author:管理栄養おたぬき
現役の学校栄養士の日記です。

初心者マークの写真とイラストで給食、日常、おとぼけ話などを書いています。

 
カウンター
 
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...