言い訳しながら報告します

現役の学校栄養士が写真とイラストで報告する、言い訳の日々。

 

振り出しに戻る


Category: 日々の出来事   Tags: ---

20170330双六







21世紀の今、転職は全く珍しいものではなくなった。

有名企業に勤めたとしても、あっという間に辞めることだってある。

思えば10代に「やりたいこと」を見つけられる人はどれだけいるだろか。
天職だと思ってついた仕事だっていざやって見たら違う?と気づいて悶々、体調を悪くして退職なんてことだってあるはず。

つい先日も卒業生が遊びにきて、大学を中退してパティシエの学校に行くと話してた。
そうやって自分の目的が見つけられたら、中退もまたありなのだろう。
本人だけでなく、親も納得できる理由や目的があるのは幸せだろうし。

かくいうワタクシは、どーゆー訳か栄養士の仕事をずうっと続けている。

会社勤めから始まり、福祉関係の施設、学校と職場は変わっても職種は変わらない。
途中、何度か全く別の職業に変わる機会もあったし、数え切れないくらい「もう嫌!もう辞める!もう無理!」に遭遇したこともある、いや、明日本当に辞めることだってあるかもしれない。

しかし、それは「たられば」の話であり、現実として考えなきゃいけないのはこれからのこと。

これから、と言っても20代、30代の転職やこれからとは違う。
どんどん老後に向かってるだけに、学校勤務の後となると、ハテ、何ができるだろか?

生まれ変わったら花火職人になりたい。
それは「振り出しに戻る」的な妄想の範疇であり、もっと近々の現実を考えたら、「それだけしかしてこなかった仕事」をしてきた人(たぬき)はどーしたもんじゃろか。

春は芽吹きで新しいものが生まれてくる季節。

あれこれと思いを馳せる、秋から晩秋に向かっているお年頃のおたぬきでございます。




20170404過去





にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記


Comments

私の友人は、小学校の教師を最後は校長という立場で定年まで勤めあげ、そのまま今度は中学校の国語の
教師へと移行しました。
定年前には「辞めたらどうしよう。一緒に遊んでよね。私は習い事とか向いてないし…。家でぼーっと
してる性格でもないし」なんて言ってましたが、タイムリーに私学の中学校からお呼びがかかり、渡りに船で
定年の余韻に浸る間もなく元気に働いてます。

彼女を見ながら常々思っていたことは、「一つのことをずっとやり続けることの素晴らしさ」でした。
おたぬきさんのおっしゃるように、その過程は山あり谷あり、決して平たんなものではなかっただろうし、
職業として背負う責任も半端なかったと思います。
それでも、それをやり遂げた彼女を見ると、その姿はまぶしく映ります。

真逆の私はその時々自分の選択を信じながら、いや時には流れに流されて、あれやこれやの
仕事をやってきました。
「あ~私に何が何でもあれになりたい、これになりたい」という強い意思があったなら、もっと
自分の人生を自分の力だけで生きてこられたかもしれないと思ったりもします。

けれど人生は一度だけ。
なんだかんだ言っても、今の自分がこれまで生きてきた答えのように思います。

おたぬきさんの栄養士としての一途な人生は「それしか知らない私。それしかできない私」として
自分を戸惑わせるのかもしれませんが、「それが専門、それならプロ」って胸を張って言える
そんな今であることにぜひとも自信をもってほしいと思います。

ついでにステキなイラストも描けるし、素敵な写真を撮る感性もあるし。
私から見ると、とてもキラキラ輝くステキな女性です。


 
転職
実は・・・
夫は4度、転職しています。(←多すぎ!?)
若い時は転職する事で人生ステップアップも出来たようです
ところが20代の若者の転職とは違い、オッサンの転職(仙台に来てからのアレコレ)は色々厳しいのでござる(-"-)
どんなに仕事のキャリアがあったとしても、その種の職務に自信があっても・・
企業とは若いものを採用したがるのが常
やっと見つけた就職先はブラックな企業で数か月で退職
その次の会社も・・なかなか仕事の実績が出せずに減給処置&配属先変更

ホント、厳しいです。


資格を持ち、その知識と経験を基に日々しっかりと仕事が出来ているおたぬきさん、本当に尊敬します!
職種的にはとても責任重大で日々の仕事内容でも大変な事も多いと思うのですが・・・
やはり地道にコツコツ、天職を全うするのが一番だと思います☆

私も今の仕事を定年まで全うしたいと思うけど、来年には切られるかもしれないパートの身
次はどんな仕事に就く事になるのやら・・・^^;

ちなみに・・
私がもし生まれ変わったとしたら~
食に関わる仕事がしたい!
調理師?・・・よりは栄養士になりたいな~
なーんてね
大学に入れるほど賢くないから・・夢のまた夢でごじゃりまする~^^;
 
ツヅレサセコオロギ さん
> 私の友人は、小学校の教師を最後は校長という立場で定年まで勤めあげ、そのまま今度は中学校の国語の
> 教師へと移行しました。
> 定年前には「辞めたらどうしよう。一緒に遊んでよね。私は習い事とか向いてないし…。家でぼーっと
> してる性格でもないし」なんて言ってましたが、タイムリーに私学の中学校からお呼びがかかり、渡りに船で
> 定年の余韻に浸る間もなく元気に働いてます。

なんとっ!
素晴らしいお友達ですねー!ご本人が楽しんでられるのが何よりですもん(^^)
にしてもこのバイタリティは羨ましい限りです

> 彼女を見ながら常々思っていたことは、「一つのことをずっとやり続けることの素晴らしさ」でした。
> おたぬきさんのおっしゃるように、その過程は山あり谷あり、決して平たんなものではなかっただろうし、
> 職業として背負う責任も半端なかったと思います。
> それでも、それをやり遂げた彼女を見ると、その姿はまぶしく映ります。

継続は力、と言いますがその継続がなんともしんどいことも(笑)
ワタクシの場合はもう年齢によるヘロヘロでございましょう(^^;)
ここを乗り切ると、また「次」が見えてくるのかなあ・・・などと思っちまいました(^^)

> 真逆の私はその時々自分の選択を信じながら、いや時には流れに流されて、あれやこれやの
> 仕事をやってきました。
> 「あ~私に何が何でもあれになりたい、これになりたい」という強い意思があったなら、もっと
> 自分の人生を自分の力だけで生きてこられたかもしれないと思ったりもします。

いやいや、誰でも「こうだったらよかった」と振り返ってのタラレバはあるもんです。
いろんなお仕事ができたのも、今につながることですもん。
でもって、今の自分がフツーに生活できるのであれば、それ以上の何かを望むってなんだろか?
と、ここでも無間地獄のような問答ですな(笑)

> けれど人生は一度だけ。
> なんだかんだ言っても、今の自分がこれまで生きてきた答えのように思います。

そうそう、自分を褒めてあげなきゃ!
そうだ、これに尽きますよね!!

> おたぬきさんの栄養士としての一途な人生は「それしか知らない私。それしかできない私」として
> 自分を戸惑わせるのかもしれませんが、「それが専門、それならプロ」って胸を張って言える
> そんな今であることにぜひとも自信をもってほしいと思います。

おおおおっ!涙がチョチョびれるようなエールでございます(^^)
専門とかプロってなんだろなー、しんどい思いしてこれから先どーなるんだろか
などなど、つまらんことも考えるお年頃ですが、この言葉に救われます(^^)

> ついでにステキなイラストも描けるし、素敵な写真を撮る感性もあるし。
> 私から見ると、とてもキラキラ輝くステキな女性です。

おおおおっ!イラストも写真も半端でございますが、ううむ、イラスト栄養士ついでに歌って踊れますって売り込み、どうじゃろか(笑)
あっ、歌と踊りはからっきしだったー(*^^*)
 
ふぶき さん
> 実は・・・
> 夫は4度、転職しています。(←多すぎ!?)
> 若い時は転職する事で人生ステップアップも出来たようです
> ところが20代の若者の転職とは違い、オッサンの転職(仙台に来てからのアレコレ)は色々厳しいのでござる(-"-)
> どんなに仕事のキャリアがあったとしても、その種の職務に自信があっても・・
> 企業とは若いものを採用したがるのが常
> やっと見つけた就職先はブラックな企業で数か月で退職
> その次の会社も・・なかなか仕事の実績が出せずに減給処置&配属先変更

ああっ、監督代行のお仕事探しは大変でしたものね、ふぶきさんもお疲れ様でした!
で、キャリアがあっても若者と比較されると、転職先がどちらを選ぶか?
就職も転職も相思相愛がなくては成立しない。
分かっていても、ここが最大の難関であり、入ったとしてもそこから先は未知ですもんね

> ホント、厳しいです。

いやあ、私の周りを見ても自分を考えてもそう思いまする。

> 資格を持ち、その知識と経験を基に日々しっかりと仕事が出来ているおたぬきさん、本当に尊敬します!
> 職種的にはとても責任重大で日々の仕事内容でも大変な事も多いと思うのですが・・・
> やはり地道にコツコツ、天職を全うするのが一番だと思います☆

天職かどうかは甚だギモンなところでございますが、これしかできないってのが、ねえ(^^;)
言えば専門職といっても雇われの身、流れに身を任せるとこのが大いにありで
そこが自分で「専門職」と言わせるのをためらうわけです

> 私も今の仕事を定年まで全うしたいと思うけど、来年には切られるかもしれないパートの身
> 次はどんな仕事に就く事になるのやら・・・^^;

ふぶきさんはしっかりと地に足をつけた仕事ぶりですもん。
大丈夫!今の職場がしっくりきてて続けたいという希望はきっと叶うと思いますよ(^^)

> ちなみに・・
> 私がもし生まれ変わったとしたら~
> 食に関わる仕事がしたい!
> 調理師?・・・よりは栄養士になりたいな~
> なーんてね
> 大学に入れるほど賢くないから・・夢のまた夢でごじゃりまする~^^;

そうそう、アップされてるお料理写真を見ると、本当に細やかで美味しそうだし
何より「まめ」です、ここ、すんごく重要!
いやあ、恥ずかしくってワタクシの日頃の食生活はバラせません(笑)
生まれ変わらなくても食に関わるお仕事、いいんじゃないかしらー(*^^*)
 
最初に就いた仕事がホテルのウェイトレス、
最近はウェイトレスじゃないけれど、
似たような仕事をずっとしています。
その間にガイドの仕事もしていましたが、、。
新しい国に行くたびにウェイトレスから始まる人生、
何度も何度も振り出しにもどっていましたね。
もう新しい国で住むことはないかな?
でも1か月づつとか思い出の国で、
住んでみたいと思う時もありますよ。

おたぬきさんは、生まれ変わったら花火師ですか?
きれいな花火が上がるたびに「お狸屋」
と叫ぶことにしましょう!!
 
天職ってなんじゃろ?
こんばんは。

私も現在の仕事に就職するまで、転々としてきたけど…
最初のころは「いつでも辞めてやる!」って思ってたけどね…
年とともに元気がなくなりました(笑)

同時にほかの仕事する勇気もなくなってきたし、
ほかの仕事できないし、
今の仕事を続けていくんだろうな…
情熱がなくなったわけではないし、正義感に燃える時だってあります。

つらいこともいっぱいあるけど、他の仕事に魅力は感じないし、
これが天職と信じて、退職まで頑張る所存です…

おたぬきさんは、絶対に天職だと思います。
とっても輝いていますもん。
でも、歌って踊れる栄養士さんもいいと思うよ(笑)
なかなかいませんもの…
売れっ子になったら、サインは私が一番だからね!

生まれ変わったら何になるかな~。
大漁旗振り回して、海を爆走したいな…

異動の時期は、なんだか考えることが多くなりますね。
私は異動なしだったけど、席替えがあってね…
パパから、「とうとう窓の外か」っておちょくられております。
冬は窓際があったかいんだぞ~。

今回は廊下側に追いやられましたが…
逃げる時にはいいやね。
おばちゃんの遠吠えです…

 
生まれ変わったら・・・
我が家の姫のように生活できる身分になりたい・・・
と、おなかを見せて寝るティーを見てしまう(笑)

ほんと、老後に向けて蓄えねば・・・
 
生まれ変わったら。。。
テレビ局の裏方とかで時間なしに
ボロボロになって働きたい。。。

まぁないものねだり。。。
妄想だけだから言えることかも。。。

結婚・出産等々で今のところが4社目
私はずっと紙媒体の事務仕事だったわ
そういえばって・・・今気づいた(笑)

主人は一つの会社に勤めあげております
途中早期退職募集とかもあったけど
本人の意思で残り今に至ります

長男はすでに2社目
娘は来週から社会人スタート
どうなるかしら??

おたぬきさん花火師ですか
地道だけど壮大なスケールの仕事ですよね!!
 
takechan0312 さん
> 最初に就いた仕事がホテルのウェイトレス、
> 最近はウェイトレスじゃないけれど、
> 似たような仕事をずっとしています。
> その間にガイドの仕事もしていましたが、、。

他国でのお仕事、いろいろなご苦労があったと思います。
でも!
それを跳ね返してバイタリティで頑張る、素敵だなあって憧れます(^^)

> 新しい国に行くたびにウェイトレスから始まる人生、
> 何度も何度も振り出しにもどっていましたね。

振り出しに戻る、勇気とタイミングが必要なことです。
リフレッシュできる代わりにストレスとも戦うわけですもんね。

> もう新しい国で住むことはないかな?
> でも1か月づつとか思い出の国で、
> 住んでみたいと思う時もありますよ。

暮らすというのは生活することで、住んでみたいと思う国、どこかな??
私も20歳過ぎまでは引っ越し続きでしたが、もう一度すみたいところはあります(^^)

> おたぬきさんは、生まれ変わったら花火師ですか?
> きれいな花火が上がるたびに「お狸屋」
> と叫ぶことにしましょう!!

おおおっ!嬉しいなあ!
こりゃあ派手なのを用意しなくちゃだわ(*^^*)
 
ぽぽ さん
> こんばんは。
>
> 私も現在の仕事に就職するまで、転々としてきたけど…
> 最初のころは「いつでも辞めてやる!」って思ってたけどね…
> 年とともに元気がなくなりました(笑)

こんばんは!
「いつでも辞めてやる!」と言えば、ワタクシ、仕事について3日目に「辞めてやる」というより辞めたくてしょうがなくってねえ(笑)
それがまあ、延々とよく続いたもんです

> 同時にほかの仕事する勇気もなくなってきたし、
> ほかの仕事できないし、
> 今の仕事を続けていくんだろうな…
> 情熱がなくなったわけではないし、正義感に燃える時だってあります。
>
> つらいこともいっぱいあるけど、他の仕事に魅力は感じないし、
> これが天職と信じて、退職まで頑張る所存です…

好きを仕事に、という言葉がありますが、天職というのはある意味それにあたるのでしょうね。
ぽぽさんは情熱メラメラと違うかもしれませんが、今のお仕事に満足されてる
それが分かるだけに羨ましくなります(^^)

> おたぬきさんは、絶対に天職だと思います。
> とっても輝いていますもん。
> でも、歌って踊れる栄養士さんもいいと思うよ(笑)
> なかなかいませんもの…
> 売れっ子になったら、サインは私が一番だからね!

いやあ、そう言っていただけるのは嬉しい限りなのですが、情熱は・・・(^^;)
なぜこの仕事を続けてられるのか自分でも不思議です。
食いっぱぐれがない仕事、それが最大の情熱の元なのかしら(^^;)

> 生まれ変わったら何になるかな~。
> 大漁旗振り回して、海を爆走したいな…

あははっ!これ、私もやってみたいですー!!
兄弟船で出航しちゃう?(^^)

> 異動の時期は、なんだか考えることが多くなりますね。
> 私は異動なしだったけど、席替えがあってね…
> パパから、「とうとう窓の外か」っておちょくられております。
> 冬は窓際があったかいんだぞ~。
>
> 今回は廊下側に追いやられましたが…
> 逃げる時にはいいやね。
> おばちゃんの遠吠えです…

異動はストレスもあるけど、気分を変えたり気合いを入れ直すにはいいことですもんね。
とにかく変化というものについてくのがしんどくなっちまってねえ(^^;)
廊下の近く、私と同じポジションだ!(笑)
でもってワタクシはゴミ箱がすぐ後ろにあるから超便利!
あっ、なんの自慢にもなってないか(*^^*)
 
betipa さん
> 我が家の姫のように生活できる身分になりたい・・・
> と、おなかを見せて寝るティーを見てしまう(笑)

遊んで暮らすのもしんどい?なんて思うのがビンボー症の証拠ね(笑)
でも、心の底から遊んで暮らしたい!と思うワタクシでございますよ

> ほんと、老後に向けて蓄えねば・・・

蓄えは大事よねー!
ええ、こうなったらやっぱアラブの石油王とコンタクトだな(*^^*)
 
ひめ さん
> 生まれ変わったら。。。
> テレビ局の裏方とかで時間なしに
> ボロボロになって働きたい。。。

すごーい!
自分を追い詰めるまで働ける環境で仕事って、そのファイトと闘争心!!
さすがだわー(^^)

> まぁないものねだり。。。
> 妄想だけだから言えることかも。。。

念ずれば通じる!
ううむ、思わぬところから現実に?なんてこともあるかもですよー(^^)

> 結婚・出産等々で今のところが4社目
> 私はずっと紙媒体の事務仕事だったわ
> そういえばって・・・今気づいた(笑)

ふと振り返ると、そう言えば、って気付いたり思い出すことありますよね。
紙媒体ってところがポイントかな(^^)
結婚や出産は転機になることだし、それでもお仕事頑張ってきたんだもの
裏方さんでバリバリ、それと同じくらいのバリバリだと思いますよ(^^)

> 主人は一つの会社に勤めあげております
> 途中早期退職募集とかもあったけど
> 本人の意思で残り今に至ります

会社だと自分の意思以外で異動や転機があるものですが
1つの会社で勤め上げるのは、今の時代だからこそ大変だと思います。

> 長男はすでに2社目
> 娘は来週から社会人スタート
> どうなるかしら??

おおおっ!娘ちゃん!!どういうお仕事になるのでしょう。
これから、ひめさんのブログでは、娘ちゃんのお仕事話も出てくるのかな(^^)
にしても学校の話がいつの間にやら社会人の話になるとは!
ああ、時の経つのは早いものです!

> おたぬきさん花火師ですか
> 地道だけど壮大なスケールの仕事ですよね!!

火薬を調整して思い描いたものを作るってのがまずいい
そして一瞬で終わるのがまたいい
おたぬきイラストの法被でも用意しとくかなあ(*^^*)
 
振り出しに戻ったら・・・・
私もカメラ小僧から数えたら50年以上のカメラ歴。
アシスタントを辞めてフリーになってからでもかなりの年月。
すでに振り出しには戻れない体になってます。
若き日に二つめの道を選んだ時もありました。
転職という選択肢のない今は・・・

でも、戻れたとしても同じ道がいいですね。
楽しくやれてるから・・・
これで儲かったら言うことないですが、楽しい方がいいのでね?

おたぬきさんは花火職人ですか。
その発想がとても好きです。
おたぬきさんの花火を撮影させてください、振り出しに戻った節には・・・?
 
T’s さん
> 私もカメラ小僧から数えたら50年以上のカメラ歴。
> アシスタントを辞めてフリーになってからでもかなりの年月。
> すでに振り出しには戻れない体になってます。
> 若き日に二つめの道を選んだ時もありました。
> 転職という選択肢のない今は・・・

問答無用で転職を迫られることもあるでしょうが
そうでなければ、この道以外ないってことも多々・・・
プロのカメラマンのお仕事はT’sさんの天職だと思います!
いつも見る写真はそれを雄弁に語っていますもん(^^)

> でも、戻れたとしても同じ道がいいですね。
> 楽しくやれてるから・・・
> これで儲かったら言うことないですが、楽しい方がいいのでね?

仕事とお金は切り離せないことが多いし、それを考えないのは道楽?
バランスが肝心でしょうが、楽しくできているのが一番!
これからも大事だけど、振り返って楽しかったと思えることが何よりですから。
ここが20〜30歳の頃との大きな違いかもしれないですね。

> おたぬきさんは花火職人ですか。
> その発想がとても好きです。
> おたぬきさんの花火を撮影させてください、振り出しに戻った節には・・・?

あーだこーだと言っても、作って楽しむのが好きなんでしょか。
それも形が残らないもの(笑)
花火をT’sさんに撮ってもらえるのなら来世の仕事はこれで決定です!(*^^*)
 

Leave a Comment



09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

08

10


 
プロフィール
現役の学校管理栄養士の日記です。

管理栄養おたぬき

Author:管理栄養おたぬき
現役の学校栄養士の日記です。

初心者マークの写真とイラストで給食、日常、おとぼけ話などを書いています。

 
カウンター
 
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...