言い訳しながら報告します

現役の学校栄養士が写真とイラストで報告する、言い訳の日々。

 

闘う玉ネギ


Category: 給食の食材   Tags: ---

20170222玉ねぎ







玉ネギ、人参、じゃが芋は給食の三種の神器と呼べるくらい使用頻度が多い。

和洋中どんな料理でも使えるし、調理方法も選ばない、価格もほぼ1年を通して安定しているので使いやすい。
まさに神ってる食材と言えるだろう。

しかし玉ネギはいざ包丁を入れると同時に泣きが入り、流す涙でヒトから闘争意欲をなくさせるツワモノ。

玉ネギを噛んだりスライスして傷つけると、玉ネギの細胞はやられた!と察知し酵素(催涙物質は、syn-プロパンチアール-S-オキシド)を出す。

この酵素は普段はおとなしいものだけど、傷つけられると匂いや目に痛みを与える分子を大量に放出!玉ネギが動物やヒトの攻撃から身を守るために進化させた護身術といえる。

また、冬に甘くなる大根は甘味は首元(地表)に近い部分が多く、根っこは普通か時には辛味(イソチオシアネート)を含むこともある。この辛味も大根をかじったりおろしたりと、大根の細胞を傷つけた時に初めて発生する成分。

虫が「なんだこりゃ!まずいじゃないかっ、ペッペッ!」となるような成分を作りだし、食べられないようにするための防衛策だという。
夏大根が特に辛味(時に苦味)が強くなるのも、地中の温度が高くなり虫が増えてくるのでそれに対抗するため、辛味増強作戦で対抗してる。

玉ネギを食べて強烈パンチをくらった動物の大半は、二度と食べてみようとしなくなる。ヒトはどうにかしてやろうとゴーグルや電子レンジだと対抗策をたてるけど、決してひるまない玉ネギを前にすると、大した奴だと思ってしまう。

大根にしてもしかり。
夏大根は辛いなんてのは勝手にヒトがほざくことであって、大根にしてみれば種を残すために必死なのだ。

自然の力は偉大だなあ、と玉ネギと大根をしみじみ眺めてしまうのであります。



20170222涙




にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記


Comments

玉ねぎ
そうそう・・・
玉ねぎって包丁を入れると瞬時に眼が痛くなる事、ありますよね
涙ボロボロ・・・って。
でも、その体験は(人生ン十年生きてきて)ホント数回しか経験した事がない気がするのです。
何故!?
みじん切りにしようとも、千切りにしようとも、繊維に沿っても、垂直に切っても、ほぼ平気^^;
で、スライス玉ねぎを水にさらす・・・という事もほぼしないのです^^;
(酢をかける事は多々ありますが・・・)
品種の違いなのかしら???


それにしても、人間って凄いわ^^;
植物がどんなに抵抗しても、その「食べづらさ」を攻略して食材として使っちゃうんだもの・・ね。
辛味が強い玉ねぎも大根も・・加熱すると超甘いし~~☆
どちらも美味しく食べちゃうもんねーーー
(ちなみに、我が家は今夜 大根を大量消費すべく「おでん」です♪

そうそう、余談ですが・・・
玉ねぎが辛いと思っても、「この辛さが血液サラサラ成分かもしれない!」と夫を騙して食べさせてます(笑)
 
子供が小さい頃 玉ねぎ切ってて号泣状態の私
「お父さんにいじめられた・・・」っていったことがあって
子供たちの目が点になったことも。。。(笑)

大根の云々 そういうことだったんですか
自然てすごいですね

そんな色々で生き延びて今に至るのですね
おかげさまでたくさんおいしくいただくことができてます
感謝感謝です

越前そばに使う 辛味大根
ほんと辛いです。。。 ツーン!!




 
こんにちわ

玉ねぎさんのあのツーンはたまりませんよね
カレーとか大量に刻む時はコノヤロ~って
思ってしまいます あのツ~ンを食らったら
虫さんもびっくりで退散してしまうのでしょうね
植物さんは動けないだけにこんな身を守る工夫が
沢山ですね これからは新緑の香りとか喜んで
スーハーしてしまいますがあの香りも虫さんに
パクパクされてしまわない様に芽吹きの頃に
出て来るのでしょうね 木の香りというのも
自然の防虫成分でこう思うと自然って凄いと
思ってしまいます

それでは
 
玉ねぎと大根
この2つのネタ・・・

いいですね。
私の好物です。
関西でうまい玉ねぎは「淡路」
土が違うようです。
泉州から持ち込んだ玉ねぎは淡路で進化してます。

大根もやはり土。
最近は辛味大根にハマってます。
サラダにもちろん、鴨汁蕎麦やナマコ酢にも辛味大根。

給食の大根料理・・・・?

 
こんにちは。

最近は玉ネギを切っていて涙ポロポロなくなりましたぁ!
今日も使いましたが・・・ナントも・・。
これって種類なのでしょうか??!!

^^・・・だいこん
パパがこの大根!からい~!などということが在りましたが・・
こんな事だったんですね!!
でも私は辛い大根も好きなので何も感じませんでしたぁ!!^^
 
今日も「へえ~」なお話であります。

玉ねぎ切ると涙がでる、大根のしっぽの方はおろすと辛い…。

玉ねぎと大根の必死の抵抗ってことですか。
今の今まで、自己防衛策だとは露ほども思っていませんでした。

野菜の立場から考えるとなるほどなお話。

逆に「しそ」などは庭にできるとあっという間に虫に食われてしまうけれど、あれは
どういうことだろうか?

虫が好んで食べる野菜も沢山あって、その野菜たちは種を残すためにどんな策をたてて
いるんだろうか?

おたぬき先生、教えてくださーい(^^♪

今日のイラスト、パンダさんが頼もしいわぁ💛
 
ふぶき さん
> そうそう・・・
> 玉ねぎって包丁を入れると瞬時に眼が痛くなる事、ありますよね
> 涙ボロボロ・・・って。
> でも、その体験は(人生ン十年生きてきて)ホント数回しか経験した事がない気がするのです。
> 何故!?

ううむ、これは困った(笑)
玉ネギがふぶきさんの前では恐縮してるのかなあ(^^)

> みじん切りにしようとも、千切りにしようとも、繊維に沿っても、垂直に切っても、ほぼ平気^^;
> で、スライス玉ねぎを水にさらす・・・という事もほぼしないのです^^;
> (酢をかける事は多々ありますが・・・)
> 品種の違いなのかしら???

何なんだろうなあ、これ、全く分からない(^^;)
とはいえ泣きが入る玉ネギもあれば、そうでないものもあるのも事実。そう思うと、ふぶきさん、玉ネギに関しては「ハズレ」を引いたことがないってことかしら(^^)

> それにしても、人間って凄いわ^^;
> 植物がどんなに抵抗しても、その「食べづらさ」を攻略して食材として使っちゃうんだもの・・ね。
> 辛味が強い玉ねぎも大根も・・加熱すると超甘いし~~☆
> どちらも美味しく食べちゃうもんねーーー
> (ちなみに、我が家は今夜 大根を大量消費すべく「おでん」です♪

まさに!人の貪欲さというか、食へのあくなき挑戦というか。
ヒトが挑戦を続けられるのは、火と道具を使うからこそ?
人類の歴史は旨いものを求める歴史かもしれないですね
(あっ、でも、相当数の人が毒もの食べて死んでるかも ^^;)

> そうそう、余談ですが・・・
> 玉ねぎが辛いと思っても、「この辛さが血液サラサラ成分かもしれない!」と夫を騙して食べさせてます(笑)

監督代行、ふぶきさんがこれだけ食生活に注意してくれてるんだもの!
血液サラサラだけでなく、感謝してもらわなきゃ!ねえ(*^^*)
 
ひめ さん
> 子供が小さい頃 玉ねぎ切ってて号泣状態の私
> 「お父さんにいじめられた・・・」っていったことがあって
> 子供たちの目が点になったことも。。。(笑)

おおおっ!息子君と娘ちゃんがチビッコの時のお話ですね!
これは確かに目が点になるだろうなあ
それが今では?あっ、こっから先は言わないでおこう(笑)

> 大根の云々 そういうことだったんですか
> 自然てすごいですね

ホントに!大根が辛いのなんのって言っても、そこにはそこの理由がある。
そう思うと自然も大根もすげえ!って思っちゃう(^^)

> そんな色々で生き延びて今に至るのですね
> おかげさまでたくさんおいしくいただくことができてます
> 感謝感謝です

普段は何気に食べてるだけで、旨いまずいと高い安いくらいなんだけど
こうやって自然の仕組みを考えると、あれこれ言って申し訳ない!って謝りたくなります(^^;)
そして忘れちゃいけない、感謝!ですね(^^)

> 越前そばに使う 辛味大根
> ほんと辛いです。。。 ツーン!!

ワタクシ、ちゃんとした越前そばを食べたことがないかも(^^;)
そして勇気がなくていまだに辛味大根オンリーの味を知りませぬ(^^;)
え?美味しいんだから食べてみろって?そうだよねえ(*^^*)
 
koozyp さん
> こんにちわ
>
> 玉ねぎさんのあのツーンはたまりませんよね
> カレーとか大量に刻む時はコノヤロ~って
> 思ってしまいます 

かなり強烈なツーンもあれば、この程度ならかわいいもんだ!てなものまで、玉ネギもいろいろ。
で、大量のみじん切りでツーンがあったらそりゃあ生き地獄だなあ(^^;)

> あのツ~ンを食らったら
> 虫さんもびっくりで退散してしまうのでしょうね
> 植物さんは動けないだけにこんな身を守る工夫が
> 沢山ですね 

虫だって美味しいと思ってかじるんですもんね、それがツーンだったらガーンだわ(^^)
植物は動けない、と聞くと今ブレーク中のブルゾンちえみのネタを思い出しちゃいました(笑)

> これからは新緑の香りとか喜んで
> スーハーしてしまいますがあの香りも虫さんに
> パクパクされてしまわない様に芽吹きの頃に
> 出て来るのでしょうね 木の香りというのも
> 自然の防虫成分でこう思うと自然って凄いと
> 思ってしまいます

あー!そうだ!森林浴ってくらいで、木には木にしか出せない有効成分があるんですもんね。
虫と植物はお互いに共存する関係なのでしょうが、ヒトもおこぼれで幸せになれる。
自然界に感謝!ですね(*^^*)
 
T’s さん
> この2つのネタ・・・
>
> いいですね。
> 私の好物です。
> 関西でうまい玉ねぎは「淡路」
> 土が違うようです。
> 泉州から持ち込んだ玉ねぎは淡路で進化してます。

おおっ!うれしい限りでございます(^^)
昔、淡路島に知り合いがいて、玉ネギを送ってくれたんですが「ウマ一!」でした。
土が違うというのはよく聞きますが、何をどうすれば違うのか?元から違うのか??
シロートには興味あるところです(^^)
が、タマネギにとって淡路島は住みやすい場所って思ってるんでしょうね(^^)

> 大根もやはり土。
> 最近は辛味大根にハマってます。
> サラダにもちろん、鴨汁蕎麦やナマコ酢にも辛味大根。

辛味大根、しっかり食べたことがないんですが
味のアクセントとして料理になじみそうですもんね、これはやはりトライせねば!

> 給食の大根料理・・・・?

先日はおでんで大量消費をしました。
後はボチボチ、だましだまし程度を味噌汁や煮物で、になっています(*^^*)
 
yamaneko さん
> こんにちは。
>
> 最近は玉ネギを切っていて涙ポロポロなくなりましたぁ!
> 今日も使いましたが・・・ナントも・・。
> これって種類なのでしょうか??!!

ママさん、こんにちは!

「最近」の原因は玉ネギなのか?それともママさんの体質改善??
私も玉葱によって号泣レベルからへっちゃらまであるからなあ、
やっぱ玉葱の種類かなあなんて思ってますが(^^)

> ^^・・・だいこん
> パパがこの大根!からい~!などということが在りましたが・・
> こんな事だったんですね!!
> でも私は辛い大根も好きなので何も感じませんでしたぁ!!^^

パパさんも辛いのがちょい苦手なのかしら(^^)
私も苦手な部類なので、時々キョーレツに辛い大根や玉ネギに当たると、一瞬黙っちまう(笑)
パパさんの苦しみ、おたぬきにはよーくわかりますですよ(*^^*)
 
ツヅレサセコオロギ さん
> 今日も「へえ~」なお話であります。
>
> 玉ねぎ切ると涙がでる、大根のしっぽの方はおろすと辛い…。
>
> 玉ねぎと大根の必死の抵抗ってことですか。
> 今の今まで、自己防衛策だとは露ほども思っていませんでした。

おおっ!ありがとうございますー(^^)
玉ネギと大根の必死の抵抗が辛味であり、苦みであり、涙になる。
そう思うとホンマの地球防衛軍は野菜たち?なんてそこまで話を拡大しちゃいそう(^^)

> 野菜の立場から考えるとなるほどなお話。
>
> 逆に「しそ」などは庭にできるとあっという間に虫に食われてしまうけれど、あれは
> どういうことだろうか?

そうそう!野菜も草も木の葉も、ふと見ると葉脈しかないやん!の状態がありますよね。
虫の食べるスピードって早送り?ってくらいあっという間だし。

> 虫が好んで食べる野菜も沢山あって、その野菜たちは種を残すためにどんな策をたてて
> いるんだろうか?
>
> おたぬき先生、教えてくださーい(^^♪

ずいぶん前に農協?からもらったパンフに、キャベツの虫対策としてフェロモンを使う、なんて書いてあったのを思い出しました。

が!虫に好まれるか好まれないか、その差は何ぞや?
うーむ、食うばかりのたぬきはふと立ち止まってしまったぞ(笑)
明確な答えになるかどうかは分かりませんが、1つの答えとして納得しちゃったのが以下のサイトです
よろしかったら見てくださいねー(^^)

https://www.ja-nishikasugai.com/green/saien/m-kyabe/m-kyabe.htm

> 今日のイラスト、パンダさんが頼もしいわぁ💛

なんだかんだ言ってもパンダの方がたぬきより全て上をいってるのが、ねえ(*^^*)
 
玉ねぎ
確か切る方向で涙が出たりでなかったり、するんだっけ?
繊維を壊すか壊さないか・・・

いや~久しく涙出るほどの玉ねぎ調理をしていないのが、もろばれだわぁ~

最近は食べるの専門(笑)
 
コメントありがとうございました。
返事がとっても遅くなってすいません。
ちょうど友達が来ていたのと、仕事が忙しくて、
ブログを訪問するのがやっとでした。

最近仕事でコックさんのアシストをやっています。
玉ねじを切ったり、いろいろとやっていますが、
皆さんの苦労が少しだけわかるような、、。
でも本当にあの泣きたくなるの、どうしたらよいでしょうね。
みじん切り(海外ではダイス)は一番苦手です。
 
betipa さん
> 確か切る方向で涙が出たりでなかったり、するんだっけ?
> 繊維を壊すか壊さないか・・・

あー、そういえばそんなことを聞いたことがあったような・・・(^^;)

> いや~久しく涙出るほどの玉ねぎ調理をしていないのが、もろばれだわぁ~

おっといけねえ、ワタクシもこう言っちゃうとヤバいかしら(^^;)

> 最近は食べるの専門(笑)

玉ねぎも奥が深いからねえ、なんてことを思う今日この頃。
なんてね、今思いついたんだろ!なんてツッコミはご容赦よぉ(*^^*)
 
takechan0312 さん
> コメントありがとうございました。
> 返事がとっても遅くなってすいません。
> ちょうど友達が来ていたのと、仕事が忙しくて、
> ブログを訪問するのがやっとでした。

いえいえ〜!、ご多忙中に訪問、ありがとうございます!!
お友達がいらっしゃってたのは楽しかったでしょうね(^^)
お仕事もご多忙だし、無理なさらないでくださいね。

> 最近仕事でコックさんのアシストをやっています。
> 玉ねじを切ったり、いろいろとやっていますが、
> 皆さんの苦労が少しだけわかるような、、。

おおっ!コックさんのアシスタント!
どういうことまでされてるのかしら?
でも玉ねぎを切ったりとあるので、いろんなことされてるんでしょう。

> でも本当にあの泣きたくなるの、どうしたらよいでしょうね。
> みじん切り(海外ではダイス)は一番苦手です。

泣きたくなるのはどうすることもできません、泣きましょう!(笑)
いやいや、なんか方策は書かれていますが、どれもドンピシャはないような気がしています。
でも、海外(特のアメリカ)はフードプロセッサでガーッ!のイメージあるんです。違うのかな?
いや、これ、イメージですよ(*^^*)
 

Leave a Comment



03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

02

03


 
プロフィール
現役の学校管理栄養士の日記です。

管理栄養おたぬき

Author:管理栄養おたぬき
現役の学校栄養士の日記です。

初心者マークの写真とイラストで給食、日常、おとぼけ話などを書いています。

 
カウンター
 
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...