言い訳しながら報告します

現役の学校栄養士が写真とイラストで報告する、言い訳の日々。

 

メカジキを食らう


Category: 給食の食材   Tags: ---

20160927座布団







食中毒には細菌性、ウィルス、自然毒、化学性など様々な原因がある。

化学性の中でも給食食材として気をつけなきゃいけないのがヒスタミン中毒。


赤身魚(マグロ、ブリ、サンマ、サバ、イワシ等)に多く含まれるヒスチジンは、ヒスタミン産生菌が産生する酵素の働きで、ヒスタミンになります。ヒスタミンとして100ミリグラム以上食べると、食中毒を発症するとされています。 ヒスタミン産生菌の中には、海水中に存在して漁獲時にすでに魚に付着している可能性があるものがあります。
(食品衛生の窓「魚を食べたら、じんましんが・・・~ヒスタミンによる食中毒~」より)


サンマ、サバ、イワシって給食でも度々登場する魚だけど、実際の中毒症状が出た症例ではカジキが最も多いという報告がある。(同上サイトより)

東京都から注意喚起があったり、保健所からも使用について聞かれたこともあり、だから、という訳だけではないけど長らくメカジキを食材として使っていなかった。

しかし9月の献立の魚を決めかねてた時、業者さんから「ヒスタミン検査してるので大丈夫ですよ」の一言があり、ええいっ!信じてまえ!と超久々にメカジキを使ってみた。

全員分を調理する前に「試し焼き」をいつもするけど、この日は若干以上に早めに試して、私を含む給食室メンバー数人で試食というかお毒味。

ヒスタミン中毒はありがたい?ことに食べたからの発症時間が1時間前後と短い。
(顔面、特に口の周りや耳たぶが赤くなったり、じんましん、頭痛、おう吐、下痢などの症状)

ここまでしてメカジキを使う意味が?とツッコミはあっても、メカジキは加工のしやすさと食べやすいことは重々わかってる。何より生徒たちの食いつきの良かったこと!

10月の献立にも登場させちまって、やっぱドキドキするのでありましょう。





20160927ヒスタミングラフ




にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記


Comments

「ヒスタミン」って言葉はなんとなく知っているけど、それが一体何者なのかはさっぱり…。
して「ヒスタミン中毒」なんて言葉は初めてであります。
症状として、じんましんetc…と聞けば、なるほどってなりますが。

メカジキという魚はどんな魚か? たぶんあの魚だろうなぁ~って思いながら確認したら
やはり思ってた魚でした。自分では買ったことがないし、たぶんどこかで食べたことはあると
思うけれど、あまり味も印象に残っていません。

給食ではフライとかになるのかなぁ~。

にしても、「お毒見」が必要とはビックリですね。
一人でもじんましんなどの症状がでたら、急きょ取りやめ~ってなるわけですよね?

日々の給食の「安全」はこんな風に守られてるんだなあ~と改めて感心しております。
今月の再びの「お毒見」。どうかご無事でありますように(^^♪
 
こんにちわ

ヒスタミン中毒さんとは((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルですね
前回も登場のカジキ君ですが泳ぎの他にもこんな歓迎されない
特技(?)も持っているのですね お毒味というとまるで
戦国時代の様ですが検査よりも一番確実な方法かもしれませんね
でもお毒味というと良い響きですが人体実験と言うとちょっと
怖いそんな気がしてしまいます

それでは
 
こんにちは。

@@~!
ヒスタミン中毒!これは山猫家、注意しないと・・・。
でもこちらはカジキが並んでいることが珍しいんですよ。

カジキは食べやすくて良いですけど・・・
ドキドキ!!は付き物なんでしょうねぇ~~!
 
お魚
カツオにブリ、サンマにサバにイワシにアジに~~・・っと、どれも我が家では好んで食べるお魚。
でも、どれもヒスタミンの食中毒になる確率が高いものばかりーーー(涙)

昔、父が海釣りで鯖を釣ってきて、それを食べたら身体中に蕁麻疹が出ちゃって・・・
あれはヒスタミンによるものだったのかな
以来、父は(釣ってはくるけど)鯖は一切口にしないのよね^^;
たまたま・・・って言えばそうなんだけど、やはり一度でも蕁麻疹が出ちゃったらトラウマなんでしょうね

そりゃ食中毒は怖いけど~、やっぱりお魚は食べないわけにはいかないし~
もう売っているスーパーを信じて食べるしかないですよね(-"-)
ちなみに、今夜は鰤の切り身
以前買ったイタリア七味(ハーブ塩^^;)を振りかけてイタリアンな鰤の塩焼きで食べる予定ですー☆

で、メカジキは調理し易いお魚みたいだけど、私は買った事がないのです。
おたぬきさん、どんな献立にしたのかしら?

 
めかじき
スーパーで見かけますが
いまひとつどう料理してよいのかわからず
素通りです
実家でも食卓に上がった記憶はありません

マグロやぶりも以外と高い
知らなかった~
 
ツヅレサセコオロギ さん
> 「ヒスタミン」って言葉はなんとなく知っているけど、それが一体何者なのかはさっぱり…。
> して「ヒスタミン中毒」なんて言葉は初めてであります。
> 症状として、じんましんetc…と聞けば、なるほどってなりますが。

ヒスタミン、決してビタミンでもモンダミンでもない・・・シャレにもならんことをぶち込んですまんですー!(^^;)

死に至ることは(知ってる限りでは)まずないとされているヒスタミン中毒。
でも、やっぱ症状が出る以上は気になっちゃう。

> メカジキという魚はどんな魚か? たぶんあの魚だろうなぁ~って思いながら確認したら
> やはり思ってた魚でした。自分では買ったことがないし、たぶんどこかで食べたことはあると
> 思うけれど、あまり味も印象に残っていません。
>
> 給食ではフライとかになるのかなぁ~。

メカジキは身割れがあまり心配ないので、焼き物でもフライでもいけます(^^)
ものにもよるけど以外とお高い・・・スーパーでもよく取り扱ってるけど、人気なのかどうなのか??

> にしても、「お毒見」が必要とはビックリですね。
> 一人でもじんましんなどの症状がでたら、急きょ取りやめ~ってなるわけですよね?

お毒味段階での蕁麻疹発祥となったら、取やめどころかパニックだー!(^^;)
でも「生徒が食べる前にわかってよかった」が一番かしら。
いやあ、考えただけでドキドキだー!

> 日々の給食の「安全」はこんな風に守られてるんだなあ~と改めて感心しております。
> 今月の再びの「お毒見」。どうかご無事でありますように(^^♪

管理職の検食も「お毒味」だし、生徒が食べる前に全てわかる訳ではないけど、必要なこと出来ることはやらなきゃいけない!ってことになります。
今月のお毒味も、無事で終わりますように!と願掛けちゃう(*^^*)
 
名無し さん
> こんにちわ
>
> ヒスタミン中毒さんとは((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルですね

こんにちは!

中毒はどんなものでもドキドキなので、給食終了後に生徒が「保健の先生いますか?」なんて言ってきたら、思わず飛び上がって「どーしたっ?!」と詰め寄るおたぬきでございます(^^;)

> 前回も登場のカジキ君ですが泳ぎの他にもこんな歓迎されない
> 特技(?)も持っているのですね お毒味というとまるで
> 戦国時代の様ですが検査よりも一番確実な方法かもしれませんね

植物も動物も、身を守るための毒を持つものは多いものです。
でもっ!管理が悪い、調理工程が問題な中毒症状は、言い訳無用の責任になっちゃいます。
お毒味で少しでも回避できるのなら、いくらでも食べるでー!てなもんでしてね、はい(^^;)

> でもお毒味というと良い響きですが人体実験と言うとちょっと
> 怖いそんな気がしてしまいます

なので人体実験は、まずは味見という意味も込めて給食室で、その後は管理職の検食。
やることやってカイカイになるなら本望でございます!
いやあ、恐ろしいっ!
 
yamaneko さん
> こんにちは。
>
> @@~!
> ヒスタミン中毒!これは山猫家、注意しないと・・・。
> でもこちらはカジキが並んでいることが珍しいんですよ。

ママさん、こんにちは(^^)

山猫家はメカジキ好き、ってことですね(^^)
実際、美味しいメカジキは本当に美味しいもの!
新鮮な魚がいっぱいの長崎だもの、あえて地元で獲れなければカジキは並ばないのかな。

> カジキは食べやすくて良いですけど・・・
> ドキドキ!!は付き物なんでしょうねぇ~~!

身割れの心配があまりないし、どんな調味料とも相性がいいですもんね。
でもってどんな魚でも取り扱い次第では、カジキ以上にドキドキもあるし。
やっぱ新鮮なお魚が手に入って食べられる!
これに勝るものはないんでしょうね(*^^*)
 
ふぶき さん
> カツオにブリ、サンマにサバにイワシにアジに~~・・っと、どれも我が家では好んで食べるお魚。
> でも、どれもヒスタミンの食中毒になる確率が高いものばかりーーー(涙)

あくまで可能性の問題だけど、ピンポイントで当たったら?と思うとドキドキ?!
でも食べたい魚を食べたいですもんね(^^)

> 昔、父が海釣りで鯖を釣ってきて、それを食べたら身体中に蕁麻疹が出ちゃって・・・
> あれはヒスタミンによるものだったのかな
> 以来、父は(釣ってはくるけど)鯖は一切口にしないのよね^^;
> たまたま・・・って言えばそうなんだけど、やはり一度でも蕁麻疹が出ちゃったらトラウマなんでしょうね

ああっ!お父様、それは大変だっただろうしトラウマもわかります。
おたぬきもチビッコの頃、鯖を食べてカイカイになって、キーッ!となった覚えが(^^;)
でも、のど元過ぎればで、そんなことを忘れて現在に至る・・・(^^)

> そりゃ食中毒は怖いけど~、やっぱりお魚は食べないわけにはいかないし~
> もう売っているスーパーを信じて食べるしかないですよね(-"-)
> ちなみに、今夜は鰤の切り身
> 以前買ったイタリア七味(ハーブ塩^^;)を振りかけてイタリアンな鰤の塩焼きで食べる予定ですー☆

そうそう!
保健所からの指導でも「信頼できるお店での購入」って一文は必ずあります。
それにしてもブリをイタリアン七味でいただくなんて、どんだけアルコールが必要なんだ?!ってそっちに関心が・・・(^^)

> で、メカジキは調理し易いお魚みたいだけど、私は買った事がないのです。
> おたぬきさん、どんな献立にしたのかしら?

給食では照り焼きが定番かな。
さらにの時は、春巻きの皮に照り焼きにしたメカジキとチーズ、小松菜を巻き込んで揚げることも。
これ、飲兵衛の考えるメニューだなあ、としみじみ言われたことがございます、はい(*^^*)
 
ひめ さん
> めかじき
> スーパーで見かけますが
> いまひとつどう料理してよいのかわからず
> 素通りです
> 実家でも食卓に上がった記憶はありません

魚はいろんな種類があるし、これはどのように食べれば?
と悩むくらいなら、好きな魚を買って食べたいですもんね。
スーパーでも並んでるメカジキだけど、隣にアジの開きがあったら
どっちを選ぶのか、定点観察したくなっちゃいました(^^)

> マグロやぶりも以外と高い
> 知らなかった~

可能性ということだし、気にしだすと食べるものがなくなるし。
美味しい魚を美味しく食べるって、思ってる以上にハードル高いかも?!(*^^*)
 
お毒見
ヒスタミン中毒・・・・
いろんなものがあるのね~
カツオにブリ、サンマにサバにイワシにアジ~どれも大好き☆
ご家庭なら、まだ何とかなるけど、給食となると大変ですね。

でも、苦労したかいあってお子さまも食いつきがよくてよかったですね~
次回も頑張ってね~

・・・頻繁だと精神的に疲れそうね(笑)
 
betipa さん
> ヒスタミン中毒・・・・
> いろんなものがあるのね~
> カツオにブリ、サンマにサバにイワシにアジ~どれも大好き☆
> ご家庭なら、まだ何とかなるけど、給食となると大変ですね。

ヒスタミン中毒は化学系とでも言えばいいのか、中毒も様々って感じ(^^;)
でも身近な魚、それも好きな魚だったら気になるかな。
いやいや、「知らなきゃよかったー!」って恨まれるか(^^;)

> でも、苦労したかいあってお子さまも食いつきがよくてよかったですね~
> 次回も頑張ってね~
>
> ・・・頻繁だと精神的に疲れそうね(笑)

あくまで可能性なんだけど、事前に分かってれば警戒心が強くなっちゃってね(^^;)
精神的な疲れは、メカジキ以上のものがごろごろしてるかなあ(*^^*)
 
こんにちは!!
いやあ、お毒味隊!!早めにお役をつとめ、生徒への食の安全を!!
実はマダムは何気にすぐに蕁麻疹が出ちゃう体質でしてね。^^;
「これ、大丈夫かしら?」なんて母親が言っただけで食べてすぐ蕁麻疹。
なんなら食べる前から蕁麻疹・・・・。
実際のアレルギーもあるだけに紛らわしい体質でして・・・。^^;
大人になって多少大丈夫になったのですが、お毒味隊に参加したら、猛烈な迷惑をかけちゃう体質!!
子供の頃「大きくなったら治るからね。」とドクターに言われたんだけど・・あと、どのくらい大きくなったらいいのだろうか・・・。^^;
いやあ、本題から逸れたちゃったけど、そんなことを思い出したマダムでした。^^;
 
いつもコメントありがとうございます。
旅行中のため、なかなかコメントが残せません。
おかげで楽しい旅行をしております。

やっとブログを見る時間をつっていますが、
おタヌキさんのブログは私の活性剤になっています。
旅行中は自分で食事が作れないので、
食中毒が心配な時もありますが、
とりあえず今日のメニューを決めるだけでも大変です。
もう少しアメリカ回ったらメキシコに行きます。
言葉も通じないので、食中毒??
なっても病院にもいけないですね、、。
 
マダム猫柳 さん
> こんにちは!!
> いやあ、お毒味隊!!早めにお役をつとめ、生徒への食の安全を!!

マダム、こんにちは!

お毒味と言われたら「まさに!」と己を振り返るおたぬきでございます(^^)

> 実はマダムは何気にすぐに蕁麻疹が出ちゃう体質でしてね。^^;
> 「これ、大丈夫かしら?」なんて母親が言っただけで食べてすぐ蕁麻疹。
> なんなら食べる前から蕁麻疹・・・・。
> 実際のアレルギーもあるだけに紛らわしい体質でして・・・。^^;

なんとっ!
病は気から、というけれど、蕁麻疹は気からとも思えるちびっこ時代のマダム!素直なことこの上なしっ!
でもねえ、これ、分かるなあ。だって「大丈夫か?!」って思ったらカイカイがドバーッと束になてやってきそうだもの!

> 大人になって多少大丈夫になったのですが、お毒味隊に参加したら、猛烈な迷惑をかけちゃう体質!!
> 子供の頃「大きくなったら治るからね。」とドクターに言われたんだけど・・あと、どのくらい大きくなったらいいのだろうか・・・。^^;
> いやあ、本題から逸れたちゃったけど、そんなことを思い出したマダムでした。^^;

アレルギーに関しては、確かに乳幼児よりも小学生、中学生、さらに大人と発症数も度合いも軽くなる傾向がある。
研修会でドクターからもよく言われます。
でも、逆に大人になって発症する例もあるわけで・・・
これから先、マダムが不安なく食生活ができますように!と願わずに入られませんです!

何て言いながらなんですが「後どれくらい大きくなったらいいのだろうか」の一文に、大爆笑しちまってゴメンナサイなんですー!(*^^*)
 
takechan0312 さん
> いつもコメントありがとうございます。
> 旅行中のため、なかなかコメントが残せません。
> おかげで楽しい旅行をしております。

こんにちは!
さすがtakechan0312 さん!と言えるご旅行中、わざわざのコメントをありがとうございます(^^)

> やっとブログを見る時間をつっていますが、
> おタヌキさんのブログは私の活性剤になっています。

いやいや、照れちまうなあ(ポリポリ ^^)
私こそ行けない分だけ、雄大な景色を妄想に変えてくれるブログ、楽しんでいます(*^^*)

> 旅行中は自分で食事が作れないので、
> 食中毒が心配な時もありますが、
> とりあえず今日のメニューを決めるだけでも大変です。

美味しいものを今日はあそこで食べよう!なんて楽しみがあっても、「ん?!」って雰囲気があると心配なことも?!
旅行での楽しみの1つは食べることですもん、
ランチのお話なども、ぜひ!なのです(^^)

> もう少しアメリカ回ったらメキシコに行きます。
> 言葉も通じないので、食中毒??
> なっても病院にもいけないですね、、。

ううむ、アメリカの次はメキシコ!いいなあ(*^^*)
メキシコは有名なリゾートもあるけど、私は古いメキシコの名残が残る所に行ってみたくって!じゅる〜
お体に気をつけて楽しんでくださいね(*^^*)
 

Leave a Comment



05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

04

06


 
プロフィール
現役の学校管理栄養士の日記です。

管理栄養おたぬき

Author:管理栄養おたぬき
現役の学校栄養士の日記です。

初心者マークの写真とイラストで給食、日常、おとぼけ話などを書いています。

 
カウンター
 
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...