言い訳しながら報告します

現役の学校栄養士が写真とイラストで報告する、言い訳の日々。

 

帯状で退場


Category: 日々の出来事   Tags: ---

2017101510月






ということで、ちょっとお久しぶりでございます。

帯状疱疹と風邪のダブルパンチ、おたぬき悲劇の2週間。

風邪はともかく、帯状疱疹は言葉は知っててもかかったことはなく、今回はたまたま友人に帯状疱疹でどえりゃあ苦しんでる人がいたので、もしや?で医者に行ったのがよかったようだ。

ご参考になれば、の話で。

帯状疱疹はかかってから抗ウイルス薬を飲むまでの時間が勝負。
これは間違い無いようで、私の場合は本当に初期だったので薬は1週間ですみ、その後はフツーに過ごせばいいだけだった。

しかし、そこからが地獄、正確にはプチ地獄。

というのも帯状疱疹は水疱瘡のウイルスが体内に残っていて、それが疲れやストレスで表に出てくるというもの。
だから表に出てくる状態は、水疱を含んでいて、これが痛痒い。

その水疱が時間とともに潰れカサブタになるのだが、なんとも言えないビリビリというかチリチリというか痛みがあるのがとっても厄介。

医者に言われたのは痛みがあれば必ず鎮痛薬を飲むように、痛みを脳が覚えてしまいうつ病を発症しかねない、ということだった。実際、ピリピリチリチリの感覚はものすごい憂鬱な痛みで納得した(している)次第。

また帯状疱疹というと一般的にはお腹周りや腕、足など目に見えるところを考えるけど、薬を処方してもらった薬剤師は耳に中にできて開頭手術、学校の講師の先生の知り合いは目にできて失明寸前と、超コワい話を聞いてしまった。

そんなこんなで、とにかく寝た。
寝たというよりも起きてられないというのか、ダル痛いしやる気まるでナッシング。帯状疱疹のせいなのか風邪のせいなのか、元々の素質に過剰なプラスアルファ感満載。
スッキリ青空とはいかないけど、ようやくその感覚から解放されつつありまする。

中高年の3人に1人は発症するという話もある。

あれっ?と思ったらダニと思わず医者に行こう!

ダニはアンタだけだよっ!というありがたいツッコミととともに、これ、是非ともよろしくなのでございます。

帯状疱疹は、痛みがある皮膚病です





20171015帯状疱疹



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
プロフィール
現役の学校管理栄養士の日記です。

管理栄養おたぬき

Author:管理栄養おたぬき
現役の学校栄養士の日記です。

初心者マークの写真とイラストで給食、日常、おとぼけ話などを書いています。

 
カウンター
 
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...