言い訳しながら報告します

現役の学校栄養士が写真とイラストで報告する、言い訳の日々。

 

ホットかアイスか


Category: 給食の食材   Tags: ---

20131130ストーブ




牛乳は温めて飲みたいか冷たいからいいのか。

アクティブな生徒たちは、どんなに動いてもしんどくならない冬の昼休みは天国。
5時間目の予鈴が鳴るとゼーゼーしながら運動場から戻り、体からはほっかほかの湯気が立ちのぼる。

こういう子たちは例外無く休憩時間でも水道にかぶりついて水をゴクゴク、プハ〜っ!

夏は冷蔵庫が壊れたか?って思うくらい冷えない牛乳が、冬はこれでもか!ってくらいキンキンに冷える。
キンキン牛乳は、彼らにとってはご馳走であり、冬だろうと夏だろうとウェルカムそのもの。

しかし、真逆の生徒たちだって多い。

男女問わず、できるだけ運動量を控えるタイプはいるし、夏の様な汗をかかないから水分をそれほど必要としない。
そういう生徒から冷えた牛乳は敬遠される。

給食では牛乳の他、ほぼ必ず汁物がつく。
暖かい汁物が美味しいと思っても、冷えた牛乳までは手が伸びない・・・

牛乳が残る理由は、食べる時間が足りない、量が多いなど人それぞれあっても、冬に残量が多くなる理由は「キンキン過ぎる」が上位にランクされる。

実際、牛乳は温められないのか?って聞かれることもあるし。

必要以上に冷えるのは、給食室だけでなく、給食室の冷蔵庫もまたご同様なのであります。




20131130弁当



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

ストロー少女


Category: 給食の話   Tags: ---

20131128牛乳




学校給食ではビン牛乳は存続していても、都内では紙パックが主流だと思う。

ビンと紙パックは、中身は同じ牛乳でも、容器の素材の違いが手の感触の違いにも繋がるし、直接ビンに口を付けてゴクゴク飲むかストローを使うかは、どえりゃあ違いがあるだろう。

同じ内容量(給食の牛乳は1本200ml)でも、ビンと紙パックでは「マジで同じ量?」って思うし、さらに紙パックもテトラ型とハウス型、長方形ではこれまたどえりゃあ見た目が違う。

現在、私が勤務する学校(地域)は『ハウス型』というのか、紙パックの1L牛乳をまんまスモールサイズにした形になっている。

市販品だと背面にヨイショとストローを背負っているけど、給食用はなぜかストローは別になっている。
小さなビニール袋に個別包装になったストローを、クラス人数分に分けて小さなビニール袋に入れ、牛乳と一緒に教室に運ばれる。

なぜ市販品のように牛乳にヨイショと背負わせないのか、別になっている理由はよく分からないのだけど(教えてもらったけど忘れている、が正解・・・)、ストローはなくなりそうになるとメーカーに頼んで牛乳と一緒に納品してもらう。

そうして届くストローは、段ボール1箱で2万本!

2万本をチマチマ小分けする時、クラス人数分よりも1〜2本多めに渡す。
なぜって、ちびっ子ギャングたちはしょっちゅう落として「足りないです〜」だったり、軽くて頼りないストローは、窓全開の教室に強風がピュ〜でヒョ〜っと散らばり・・・

ある日、いつもの様にクラスを回っていたら、『明日はストロー入れてもらわなくて大丈夫ですぅ〜!』 と女子生徒から声をかけられた。

余分に入れているストローを使い古しの封筒に貯めていて、それがクラス人数分になると、このお声かけをいただく。

2万本のストローは膨大な数だし、私もついついぞんざいな扱いをし・・・

『チリも積もれば』を改めてストロー少女から教えてもらう、おたぬきなのでありました。




20131127パック



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

風物詩


Category: 給食の話   Tags: ---

20131124焼き芋




チビッコの頃、冬になると焼き芋屋さんが町内にやって来ていた。

さつま芋は今ではスーパーで100円チョイで買えるし、高級食材の部類には入らないと思うのだけど、町内訪問販売の焼き芋はかなり高価だった覚えがある。

それでもおっちゃんの『お芋〜お芋〜、お芋〜だよっ』『給料日には焼き芋〜』などなど、おもしろおかしいマイクの声と、ホクホクのアツアツの焼き芋は冬の風物詩だったと思う。

不思議でたまらないのは、車でやって来た焼き芋屋さんの燃料は薪だった気がする。
おかまいなしに薪を放り込むおっちゃん、車の荷台でガンガン火を燃やしててダイジョブなんだろか?

小学生の身でありながら、余計な心配をしてしまう光景だった。

給食室で冬を感じるのは、デカい回転釜をフル回転させ、オーブンを使い、揚げ物をバリバリ作っていても、換気扇と吸気のおかげでブルってしまうこと。

知らないと給食室は火を使うからさぞかし暖かい、そんなイメージがあるんだろう。

夏暑く冬寒いエコ設計。
ついでに昭和の給食室は、もれなくすきま風のオマケつき。

室内でも季節を体感できる貴重な場所かもしれない。




20131123暖炉



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

落下!


Category: 給食の話   Tags: ---

20131120think




給食当番のお仕事に、配膳がある。

汁物や煮物など、お玉で1人前量を見当つけるものは「足りなくなったらどうしよう・・・」であり、「めんどくさい!」なので、ジャンケンで負けた人はもれなくこの係になる。

で、勝った人はパンとかミカンなど、1人1個をポン!と置けばいい、難易度ゼロの配膳だから鼻歌だって歌っちゃう。

豆乳グラタンの献立も、アルミのグラタン皿をポンっ!だから、普通だったら鼻歌コース。

ところが、グラタンってバターやチーズを使うし、出来たてのものを食缶に詰めるから、蒸気でさらにアルミ皿はツルツルのスベスベ。

その日、グラタンの配膳にはフライ返しをつけていたので、無造作にグラタンを乗っけると今にも落っことしそうな雰囲気。

『こりゃあキケンだ〜!』と思って、注意力散漫度がレッドゾーンのクラスを見に行くと、すでに落っことした後だった。

滑りそうだと思えば手を添えるとか、ちっとは考えればいいのに・・・!
なんて思うのは勝手な言い分だろうなあ。

『他のクラスに余分がないかなあ』と上目遣いに訴えられ、ググッ!と一瞬答に迷っていると、グラタン当番を代わった生徒もポロっと床に2個目を落下・・・なんてこったい!

結論として、欠席のクラスもあったから余分はあったはず。
もっと言えば私の分と、もう一人誰か講師の先生にお願いしたら、2個はすぐに用意できただろう。

何と言っても大人は授業や仕事の都合さえつけば、外に食べ物を買いに行ける。
生徒に不足分を渡したから、という正当すぎる理由があればなおさらだろう。
しかし、生徒はそうはできないから用意をしてあげるのが筋ってもんだ。

このクラスは前にも廊下にスープをぶちまけた前科が有り、数ちょうどしか作ってないグラタンを魔法のように「さあ、どうぞ」と出すのが果たしていいことかどうか。

今後のことも考えて、担任にはその旨伝えて、その場をそそくさと去ってしまった。

管理職に報告をし、いざ自分の給食を目の前にすると、う〜む・・・

ブンブンと首を振り、自分のグラタンを食いつくしたのでした。




20131120マジック



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

サソリ座の男


Category: 給食の食材   Tags: ---

20131116ロブスター




春巻きは中華料理。

それも「正統派」とつけたくなるくらいポピュラーでおなじみな料理だろう。

給食でも時々、中華料理として春巻きを作るのだけど、中身の材料や味付けを変えたら、和洋中なんでも作れちゃうのがすごいと思ってしまう。

先日、春巻きの皮にエビの粗みじんとキャベツを合わせ、ゴママヨネーズで合わせた味付けの、洋風春巻きを作った。

もちろん「冷凍のエビ」であり、はるばる海外からやってきた小エビを、さらに粗みじん。

なぜ粗みじんかと言えば、こねくり回して皮に包むには、どんなに小さくても丸ごとよりもつぶしてある方が扱いやすい。さらに粗みじんだと、多少の食感は残るから・・・

業者さんは、栄養士のテキトーな思いつきにも「喜んで〜!」、と返事をし、下処理をして納品しなきゃいけないんだから大変だ。

試し揚げで一口食べると、一発OKの味付けだったし、これだったら生徒も食べるだろうって雰囲気バリバリ。
意気揚々と、給食準備と同時にクラスを回った。

すると、いつも軽口を叩いてくる男子生徒が、トントン!と肩を叩いてきた。

はい?と振り向くと、「ねえねえ、オレさあエビ嫌いなんだよね」とおっしゃる。

内心、『そんなの知らねえよ』なんだけどストレートに言う訳にもいかず、「え〜っ、そうなんだあ、でもこれは美味しいから食べてみてよぉ」と言うと

「サソリ座の男はエビ、ダメなんだよ、共食いになるからね。覚えといて。」

このオヤジ風の返事に、思わず大爆笑してしまった。

そうかそうか、サソリ座の男はそうなのね、教室を出るまでは覚えておくよ。

笑いながら答えたワタクシ。

粗みじんになったエビだって、春巻きの皮の中で笑ってただろうなあ、と思ったのでした。




20131116ザリガニ




にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

青い檸檬


Category: 給食の食材   Tags: ---

20131113レモン




レモンの旬は秋から冬。

これからの季節、国産レモンが出盛りの季節になる。

皮ごと使いたい時はもちろん、レモン果汁を加える様な料理・・・リンゴジャムを作る、フルーツポンチのシロップに加える、鮭を洋風に仕上げる時にバターと一緒に・・・などなど用途は様々。

しかし、この国産レモンはヨダレ1トンコースって言いたいくらい、見るからに酸っぱそう。
実際、酸っぱさは折り紙付き!
「まだまだ青いのぉ」、と真剣につぶやいてしまう。

緑色はまだ完熟していないのが理由で、これから熟してくるといわゆる「レモン色」となり、甘さも加わってくる。

日本でもそれなりにレモンは生産されているのに、あまり店頭でお目にかからないのは何故なんだろう。
広島、愛媛、和歌山が三大生産地らしいから、その地域ではごくごく普通に売ってるんだろうか。
(写真のレモンは愛媛産でした)

不思議なのは、私が手にした国産レモンの香りには、ほとんどの場合「柚」の香りがプラスされてる気がする。
たまたまなのかもしれないし、舌も鼻もスットコドッコイになってるんじゃないかと言われれば、言い返す元気も余裕も無い・・・

絞って果汁になると「国産」と言わないと誰も分からないのも確か。
お値段は、輸入レモンに比べると若干お高いかな。
そう、若干だったら青くても酸っぱくても言わなきゃ分らなくても、やっぱり日本生まれのレモンを使いたい。

なんてことを、写真を見てヨダレを口の中一杯にしながら思うのでありました。




20131113檸檬




にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

脱皮


Category: 給食の食材   Tags: ---

20131109卵




卵料理の定番、と言うとなんだろう。

給食で卵を使う料理となると、卵焼きがトップで他にはゆで卵にしてコロッケに入れたり、卵サンドなどもある。

卵のいいところはとにかく安価なこと、これに尽きる。
肉や魚を使うとなるとお金をひねり出す感覚だけど、卵だと二つ返事で「よしっ、使ってやろうじゃないか〜!」とお返事できちゃう。

しかし、衛生面ではとっても気をつかう食材で、卵専用ボールを使い、割卵をする時は卵専用の前掛けをする。

さらに卵で頭を悩ませるのはゆで卵の殻むき。

何故って、卵の殻ってツルン!とむけると気持ちいいだけでなく、調理時間だってさほど気にしなくたっていい。
ところが何が気に入らないのか、とにかくむけない卵にあたると寄り目になりながらウンウン唸り、とてつもない労力と時間がかかってしまう。

必死になって殻むきをした結果、デコボコが目立つ恐竜の卵になってしまうと、刻んで使うならともかく、まんま1個で姿形が分るものだと見た目が悪く、食欲減退間違いなし・・・

寒くなると登場するのが『おでん』

私が給食でつくるおでんには煮卵にしたものを入れている。

来週には「おでん」献立が登場する。

納品された卵に向かい、「頼む!綺麗にむけて〜!」と願掛けをしてしまうだろうなあ。




20131109おでん




にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

備えあっても・・・


Category: 給食の話   Tags: ---

20131106東京消防庁




最近の高層ビルの厨房は、消防法で簡単にガス器具は使えないという。

そうでなくとも室内温度を上げないため、大型調理機器は電気に変わっているのも確かで、あのどでかい回転釜も電気仕立てのものが登場して久しい。

昭和の正しい給食室で働くワタクシには、当然、ガスが調理のお供。

慣れ親しんだものが一番、ガスの火力はすごいのさ〜!
と言うと悔し紛れに聞こえるかもしれないけれど、とろ火や強火の加減は目で炎を見るから分るというもの。

しかし、炎を目視できるのはいいけれど、イザという時こわいのが火事。

給食室は避難訓練では火元確立90%以上だし、火事には常々気をつける必要がある。

相当前からガスは一括管理というのか、地震で大きな揺れがくるとバチン!と全てが遮断されるようになっている。
これは家庭のガスでも同じだろう。

しかし、本当にいざの時は機械任せに出来ないし、消火器だってちゃんと使えないとまずいだろう。

先日の避難訓練で、そういえば給食室の消火器はどこにあったっけか?

あそこと、あそこと・・・あれえ、う〜ん、てな感じで全部思い出せない!
こりゃヤバい!!

そそくさと給食室に忍び込み、消火器のありかを今さらのように確認した翌日。

朝の打ち合わせで「いざとなったら消化をするのは自分たち。さて、給食室には消火器がいくつあるか、どこにあるか即答できますか?」
なんて偉そうに一発ぶちかましたワタクシ・・・あはっ。

備えがあっても役に立てなきゃしょうがない。

いやいや、その前に、役に立つ様な事態にならないように気をつけなきゃですな。



20131106カチカチ山



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

落葉ゼリー


Category: 献立の話   Tags: ---

20131101落ち葉




昭和の正しい学校は、緑に囲まれている。

サクラ、シイ、クヌギ、ケヤキ、イチョウ、モミジなどなど、これから黄色や赤に色づき、校庭は彩りの季節になる。

それをイメージして、柿、りんご、ぶどう、キウイ、パイナップル缶詰で、『○※◆△中学の落葉ゼリー』と銘打った献立名をつけたゼリーを10月末に作った。

今日の写真は、サンプルで使った落葉ゼリーを、校庭に持ち出して写すという、過剰な演出をしてみた1枚。

この献立名は相当インパクトがあったらしく、10月早々から何人もの生徒に「落葉ゼリーって何?」「どんな落葉が入るの?」と聞かれた。
その度に「いい落葉入れとくよ〜」と得意満面で答えたおたぬき。

このゼリー献立の当日、教室を回っていると食缶を開けると同時に歓声が上がり、『オレ、これなら3個・・・5個食べたい!』なんて嬉しいことを言ってくれる食いしん坊もいた。
昼放送で『校庭の木々の葉っぱが色づくのをイメージしたゼリー』と説明すると、教室ではあそこにはモミジがあったよね、イチョウは色づいてきたな、なんて会話もあったようだ。

私は献立名は分りやすくするのは大切だと思っているので、こういったイメージ先行の献立名をつけたのはほぼ初めてだった。

最近、有名ホテルで食材や料理名の誤(偽装?)表示ニュースが大々的に報道されている。

料理って、味の旨い不味い、好き嫌いは個人差があるから『好み』となると思う。

しかし、料理を食べる楽しみの1つは、献立名を見て、どんなものが出てくるのか想像し、イメージを膨らませ、期待感でワクワクする楽しみがあるはずだ。
その楽しみを裏切ったとなれば、ホテル責任者の答弁は悲しいと言わざるをえないだろう。

本物の落葉が入らないゼリーは偽装だろうか?
(いやいや、本物の落葉が入っている方がコワい・・・)

作り手はきちんと意図を伝え、食べる人の期待に応える。
生徒は自分が通う学校の秋の様子を想像し、イメージを膨らませ、料理とシンクロさせる。

どちらも幸せに収まってよかったなあ、と思ったのでした。





20131101一攫千金





にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

11 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

10

12


 
プロフィール
現役の学校管理栄養士の日記です。

管理栄養おたぬき

Author:管理栄養おたぬき
現役の学校栄養士の日記です。

初心者マークの写真とイラストで給食、日常、おとぼけ話などを書いています。

 
カウンター
 
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...