言い訳しながら報告します

現役の学校栄養士が写真とイラストで報告する、言い訳の日々。

 

スプーン vs フォーク


Category: 献立の話   Tags: ---

20120630結婚式


写真の視覚要素 lightboxを設定してあります。
画像上をクリックすると少し大きな写真がポップアップ表示。
元の画面には暗くなった部分のクリック、またはcloseで戻ります。




カレーライスはフォークとナイフで食べる。

以前通っていた老舗洋食レストランの料理教室でカレーを作り、いざ食べようとした時に言われたのが、このセリフ。

ナヌ?

ハテナマークがついてしまったけど、スプーンで食べるのは子供だけとさらに追い討ちをかけられ、フォークとナイフで食べたことがあった。

どんだけ食べずらいかと思っていたら、あららっ、意外といけるかも・・・

給食ではカレーライスの時は当然のようにスプーンを出す。
フォークを出したらおそらく全ての教室から『スプーンは?』と言われるだろうし、アイツ間違ったんだぜって目で見られちゃうだろう。

正式なことは知っておくにこした事は無い。

でも、正式なことがまかり通らないことだって世の中沢山あるはず。

カレーライスの食べ方でも、それを感じてしまったのでした。





20120616カレー



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

オアシス


Category: 日々の出来事   Tags: ---

20120617御苑01


写真の視覚要素 lightboxを設定してあります。
画像上をクリックすると少し大きな写真がポップアップ表示。
元の画面には暗くなった部分のクリック、またはcloseで戻ります。




『行ってみようか?』と気持ちだけは時々盛り上がり、そしてまたしぼみ・・・

そんな場所に、梅雨の晴れ間のお日様を見て出かけてきました。

幼稚園以来だから、ほとんど有史始まって以来?

横を素通りしただけじゃ判らない、山奥の雰囲気にちょっとビックリ。




20120617御苑02





季節なので、お約束の花も一枚・・・





20120617御苑03





新宿御苑。


何がある?と聞かれたら、答に困るけど、ここは芝生の手入れがされていて、養生してあるところ以外は自由に歩いたり寝転んでいいこと。

適度な長さもあり、ちょいと気持ちがよいのです。

江戸時代から様々な形でこの地に根づいた御苑、かつては皇室とも縁があったとか。
今ではバラ園、水場、緑の中から眺める副都心の高層ビル群・・・

東京ってビルだけじゃないよね。

そんな気持ちにさせてくれるところかもしれません。



20120617御苑04
都庁の展望台から眺めてみました(左手奥が新宿御苑)



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

850kcal(キロカロリー)


Category: 給食の話   Tags: ---

20120627タイトル01


20120627豚肉


20120627牛肉


20120627りんご


20120627牛乳


20120627ごはん


20120627タイトル2



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

デザートレボリューション


Category: 献立の話   Tags: ---

20120612革命


写真の視覚要素 lightboxを設定してあります。
画像上をクリックすると少し大きな写真がポップアップ表示。
元の画面には暗くなった部分のクリック、またはcloseで戻ります。




生徒たちは『デザート』が大好き。

前世はアリさんですか?と聞きたくなるくらい、デザートという名の砂糖に群がり集まる。

先日、スイカ、バナナ、キウイのフルーツにサイダーを入れたフルーツポンチを作った。

冷たくてシュワ~っとしたサイダーが入るタイプに、男女を問わず大興奮。4時間目終了のチャイムと同時に多いに盛り上がっている様子を見ていると、作りがいもある。

ところがどっこい、一歩教室に入ると盛り上がりは『やったぜ!』以上にブーイング。
オイオイ、何が気に入らないんだ?と聞けば『量が少ない!』『もっと食わせろ!』『ケチ!』と耳元でシュプレヒコールをしまくる。

『あのさあ、大盛りで1回しか出ないより、量が少なくても2回出た方がよくない?』
確かにちょいと量が少なかったな~と思っていたし、苦し紛れのこの言葉は地雷だったようで『大盛りで1回!』と叫び声があちこちから聞こえてくる。

やれやれ、大盛りにしても『また出せ、いつ出るコール』があるのは分り切ってる。
過去に世界で起こった革命は民衆の結束力なんだろうな~、と妙に納得しながらもへーへーそうですか、と逃げるように教室を出てしまった。

給食が終わり、すっからかんになったフルーツポンチの食缶を確認してから職員室に戻ると、一番でかい声で革命を叫んでいたクラスの担任とバッタリ顔を合わせた。

『先生、今日のフルーツポンチ、量が少ないって怒られちゃいましたよ』

笑いながらこう言った私は、『いやあ、生徒たちはワガママなんですよ』という答を想定していたのに、担任から出た言葉は『足りなかったですね~、もっと食べたかったなあ。あっ、今日はごはんも少なかった・・・えっ、いつもよりも多い?う~ん、そうですかあ』

その答に大爆笑しながら、己の危機管理はまだまだだと肝に銘じたのでした。



20120620スイカ割り



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

インドの休日


Category: 日々の出来事   Tags: ---

20120623インド01





朝の気温は30度前後になり、日中も40度に届かない日もあり快適です。


おたぬき兄ちゃん、今年の4月からインドにいます。
最近の様子として知らせてきた現地の気温、人間の順応力に万歳です。

毎週末、『休みだのに、やることないし、行くとこないぜ~!』っていいながらも、日本とは違い過ぎる文化を持つインド。

数々のカルチャーショックに感激の嵐のようで・・・




20120623インド02





ビルの窓の清掃をしているのにゴンドラ無し!
作業用のロープが肉眼じゃ見えないくらい細い、おまけに裸足!インド人は命知らずだ!!

この光景を延々と見ておったそうな・・・兄ちゃん、あたしゃ悲しいよ。





20120623インド03





そんなおたぬき兄ちゃんは、インドの南の都市、チェンナイにおります。

世界情勢にとんと疎いワタクシは、初めてチェンナイと聞いた時『コイツ、インドに行くって言ってるのにチェンナイってタイじゃねえの?おっと、ありゃチェンマイか』と、ほとんど意味不明。

すると私が学校で習っておった頃のボンベイはムンバイ、マドラスはチェンナイに呼び名が変わっておるじゃないですか!驚いたな~、いや、私の馬鹿さ加減に多いに驚いてください。

『ほとんど裸のインド人が通っても、ビ~っ!と鳴る、意味のないセキュリティゲート』(写真はチェンナイ中央駅構内(数々の兄の失礼な発言、インドの方、ゴメンナサイ))

これも兄ちゃんのお気に入りスポットのようです。



20120623インド04




私が驚いたのは野菜の豊富さ!

外国人がよく利用する店で食材を調達することがあるらしく、果物はりんご、オレンジ、ざくろ、梅、レモン・・・、野菜にいたってはゴーヤ、茄子、トマト、キュウリ、大根、カブ・・・、おおよそ日本でお目にかかるものが、同じ姿で売られているらしいのです。(ただし、大根は中がスカスカとか)



もっとマシな写真があるだろうに!という兄ちゃんの嘆きは聞かないフリをして、チェンナイ支局(勝手に任命)からのレポートでした。

果たして第2弾があるのか???

20120623ヨガ



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

ツナ vs シーチキン


Category: 給食の食材   Tags: ---

20120610アヤメ


写真の視覚要素 lightboxを設定してあります。
画像上をクリックすると少し大きな写真がポップアップ表示。
元の画面には暗くなった部分のクリック、またはcloseで戻ります。




突然ですが・・・ツナとシーチキンの違い、分ります?

私がチビッコの頃は缶詰はご馳走で、果物を中心にコンビーフやサンマの蒲焼き、贅沢する時は牛肉の大和煮やカニ缶・・・
ごくごく身近に缶詰生活があった。

時代は変わり、果物はあらゆるものが生であるし、缶詰はレトルトや真空パック、冷凍食品に押され気味だろう。

給食でもこれは同じで、マッシュルームやホールトマトもレトルトタイプを使うことも多い。
こうなった原因はやはり缶詰の後始末かもしれない。

しかし、缶詰のいいところは常温で長期保存が出来る、業務用にこだわらなければサイズのバリエーションがあることで、これはほとんどの種類の缶詰に当てはまる。

今でも缶詰の定番のひとつ、ツナ缶を買おうと思うと「オイルツナ」「ライトミート」「シーチキンチャンク」などなど、同じ大きさで似た様なものがズラ~~~っと並んでいて、何が違うのかサッパリ分からないことも。

前置きが長くなってしまったけど、ツナは「まぐろの英語名(tuna)」、シーチキンは『はごろもフーズ』の商品名。

だから「ツナ缶」も「シーチキン」もマグロを使っていれば同じ商品になるはず。

違いとなると、シーチキンは『シーチキンLフレーク』では原材料はキハダマグロ、『シーチキンマイルド』はカツオとなっている。

ツナとシーチキンとマグロとカツオ・・・いずれアヤメかカキツバタ・・・似ているようで違いもあるし、違うのかと思えば同じで・・・

結論は、食べて旨けりゃそれで良し!かな。


はごろもフーズ シーチキン情報
(シーチン缶詰は15種類もあるんですね、知らなかった~)




20120612ツナ



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

6月は食育月間


Category: 給食の話   Tags: ---

20120619給食室


写真の視覚要素 lightboxを設定してあります。
画像上をクリックすると少し大きな写真がポップアップ表示。
元の画面には暗くなった部分のクリック、またはcloseで戻ります。




過去の日本は食べられなくて貧しい時代もあった。

それを考えると、自由に食べ物を選択出来ることは誰にとっても幸せなことだろう。

以前、給食の引き渡しをパートさんがやっていた時、名札に『パート ○○』と書いてあるのを見た生徒が『なんだ、パートか』と言ったのを聞いて激怒したことがあった。
『なんだ』ってどういうことかと、これでもかと徹底的に怒り、その場で謝らせた。

その後、管理職から呼ばれようと、生徒の親が怒鳴り込もうと、徹底的に戦ってやる!と鼻息荒く待ち構えておったのだけど、生徒は私の怒りにビビったのか、ごめんなさいを言った後は特段何もなかった。

私は給食時間にあーだこーだと能書きを並べたり、注意しまくるのはナンセンスだと思っている。
楽しみを奪って忠告を受け入れられる程、彼らは大人じゃない。
しかし、食べ物、生産者、作ってくれる人に感謝する心はもっとも必要だろう。

食べることは毎日のこと。
入試に関係する成績がつく訳じゃないし、食べるものが豊富にあるからこそ難しい。

家庭とともにでなければ、学校だけではことは収まらない。

毎月19日は食育の日、毎年6月は食育月間。

生徒よりも、家庭よりも、自分が学ぶことはチョモランマよりも沢山あると思う6月であります。



20120619



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

使えないヤツ


Category: 給食の食材   Tags: ---

20120617銚子


写真の視覚要素 lightboxを設定してあります。
画像上をクリックすると少し大きな写真がポップアップ表示。
元の画面には暗くなった部分のクリック、またはcloseで戻ります。




魚はお高い。

東京で新鮮で美味しい魚を食べようと思ったら、買うのに結構な気合いがいる。
これは家庭でも給食でも一緒だろう。

そんなお魚ちゃんたちの中で、給食で登場回数が多いものは鮭、鯖、鰺、小魚のワカサギ、シシャモ、キビナゴが代表格。
ちょっと目先を変えたい時にはイカとか海老・・・お値段と要相談かな。

そんな魚たちの中で、ちょいと高級嗜好にしたい時はメカジキを使っていた。

使っていたとすでに過去形なのは、ヒスタミン中毒が問題になってカジキ類は禁止でなくとも、学校給食で使用するのはご法度が暗黙の了解。

東京都では昨年か一昨年だったか、散々通達しているにもかかわらず、どこぞの学校で使ってヒスタミン中毒発生・・・
こんだけ言ってるのにまだ使うか?ってな感じの、嫌味タップリな通達文が都から届いたのを思い出した。

厄介なのは、食中毒対策ならば多くの場合はきちんと加熱することで防げるけれど、ヒスタミンだけは加熱してもダメ。
文字通り、煮ても焼いてもダメってことになる。

もちろんヒスタミン中毒はカジキに限ったことじゃないのだけど、鯖や鰺に比べて圧倒的に高額の切り身。
高いお金とリスクを承知で給食で使う理由は・・・

魚には何の罪もない。

しかし、食べる前からキケンな理由で使えない食材も存在するのであります。


ヒスタミンによる食中毒(東京都福祉保健局)



20120617かゆみ止め



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

英語で白玉団子を説明せよ


Category: 献立の話   Tags: ---

20120613白玉団子01


20120613白玉団子02


20120613白玉団子033


20120613白玉団子04


20120613白玉団子055


20120613白玉団子06


20120613白玉団子07



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

水玉模様は初恋の味


Category: 給食の食材   Tags: ---

20120605試飲


写真の視覚要素 lightboxを設定してあります。
画像上をクリックすると少し大きな写真がポップアップ表示。
元の画面には暗くなった部分のクリック、またはcloseで戻ります。




子供の頃、暑くなると登場したのはカルピス。

水玉模様のパッケージと、あの何とも言えない甘酸っぱさはチビッコの魂をとろかしまくった。
初恋なんて言葉の意味が分からなくても、ひたすら旨かったカルピス。
そして十二分に大人になった今でも、時おり無性にカルピスを飲みたくなってしまう。

給食でカルピスが登場するのはゼリーを作る時。
カルピスだけの時もあれば、オレンジゼリーなどと組み合わせて2色にすることもある。
昭和の人間だけでなく、平成生まれの中学生にもカルピスは人気の味で、今までクレームを付けられた事は無いのだから、大したヤツだと思ってしまう。

ご存知のようにカルピスは濃縮されているので、希釈して使うことになる。

給食ではこの希釈ってのは結構クセモノで、説明表示の通りに作るとたいていの場合は味が濃くなり過ぎる。
正直に言えば、普段飲む時でもメーカーが言う『5倍希釈(水:カルピス=4:1)』ではちいっと濃いというか甘い。

そのため、説明よりもかなり希釈をすると今度は薄い時もある。
あれっ?と思いながらもほのかなカルピスの香り。
許せ!と念じて次回はもうちっと濃くしなきゃって反省・・・

これはカルピスだけでなく、レモン味や柚味にする時も入れ過ぎは厳禁だし、薄いと口に入れた瞬間、なんじゃこりゃ?!となってとっても不味い。

誰もが好む濃さ、自分が納得できる薄さ。
希釈ものは作るたびにトライ感が強いものなのでありました。


※ところで・・・※

私はカルピスとなると何でも好きで、冷たいだけでなくホットカルピスもカルピスウォーター、カルピスソーダも大好き!
今回、この記事を書くにあたってカルピスの歴史とかを見ていたら『カルピスウォーターの秘密』の記事に感動!
なかなか面白いし、なるほどな~!なのです(^^)




20120606ドロンパ



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

06 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

05

07


 
プロフィール
現役の学校管理栄養士の日記です。

管理栄養おたぬき

Author:管理栄養おたぬき
現役の学校栄養士の日記です。

初心者マークの写真とイラストで給食、日常、おとぼけ話などを書いています。

 
カウンター
 
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...