言い訳しながら報告します

現役の学校栄養士が写真とイラストで報告する、言い訳の日々。

 

衣替え


Category: 給食の話   Tags: ---
20110531クリーニング


写真の視覚要素 lightboxを設定してあります。
画像上をクリックすると少し大きな写真がポップアップ表示。
元の画面には暗くなった部分のクリック、またはcloseで戻ります。



明日から6月。

すでに今年も半年目のカレンダーと思うと、この6ヶ月一体何をやってきたのだろう?と一瞬反省をしてしまった・・・。

4月はまだ肌寒さも残り、コートも必要だったのに、今では梅雨寒があったとしても冬の寒さとはまるで違う。
生徒たちも、この時期、冬の制服から夏服へと変わる。

昔と違い、今は公立中学校でも制服はかわいいし垢抜けている。
私が中学生の頃は1日仕上がりのクリーニングなんてなかったから、制服は相当なこ汚さだったろう。
平成生まれの彼らはとってもきれい好きだけど、廊下や教室、はたまたグラウンドでも転がり回り、ほこりまみれになって遊んでいるのを見ると、妙な安心感とともに親御さんは大変だろうな~なんて思ってしまう。

夏服に制服が変わるといっても、気温が安定しないこの時期は着る物がなかなか難しい。
本来は、夏服になると、生徒は全員シャツかワイシャツ1枚で上着は無いのだけど、ベストやカーディガンも着ていいことになっている。

私はと言えば、白衣には夏物も冬物もありゃしない。
高級白衣だとあるのかもしれないけど、そこらのたぬきが着る白衣は襟付きの長袖タイプで、年がら年中同じスタイルとなっている。
ちなみに調理さんの白衣も長袖が基本。
調理作業中は長袖のまんま作業をし、洗い物とか下処理で水を多く使う時は袖をまくって半そででもOKとなっている。

なぜ調理作業中は長袖かというと、特に男の人に多いのだけど、腕とか手首の辺りまで剛毛がフサフサしてるって人がたまにいる。
そういう人が、そのフサフサ毛が落ちて異物混入にならないため、長袖で多少なりともカバーをしようという考え。
もっともちょっと気にする人は、ジョリジョリしちゃって自己防衛をする方もいる。

夏服になると、学校は一気に雰囲気が変わる。
給食準備をする生徒たちを見ていても、軽やかな動作に見えるのは気のせいであっても何だかほほえましい。

6月1日の献立はスパゲティミートソース。
生徒たちの大好物の1つだ。

気分も新たに給食時間を迎えて欲しいけど、ちょっと心配なのは、衣替えをしたばかり、1年生にとっては初めての夏服に手を通したその日。
ミートソースをプチッ!と飛ばして、あ~あ!とならないように願っている。


20110531衣替え


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

東京電力管内の寒い話


Category: 日々の出来事   Tags: ---
20110530メトロ節電


20110530メトロ節電2


写真の視覚要素 lightboxを設定してあります。
画像上をクリックすると少し大きな写真がポップアップ表示。
元の画面には暗くなった部分のクリック、またはcloseで戻ります。



ここのところ、テレビで盛んに今年の夏の節電について特集がされている。

日本全国、節電を必要としない地域は無いのかもしれないけど、やはり東京電力管内は深刻で重大、待ったなしの状況だろう。

学校でも、先日、副校長が節電対策に頭を悩ませていた。
私が勤務する中学校は昭和のまんまの校舎。誰が見ても学校と分かる、とってもオーソドックスな校舎。
4階建ての校舎にはエレベーターなどあるわけも無く、設備もアナログそのもの。

今のところ、昇降口の電気を消したり、廊下の蛍光灯を間引きしたりしているし、給食室でも同様にとにかく照明を落とすことはマメにやっている。
しかし、副校長が頭を抱えるまでもなく、アナログの学校で今以上の節電は正直何をどうすればいいのか・・・

普段の生活で言うと、これは私がちょっと前から気になることがある。

ヤフーやエキサイトなどのトップページ。
開くと必ず東京電力の電力使用状況のグラフが表示されている。
これって東京電力管内以外の地域だとどうなってるんだろう?関西電力、九州電力などなど、他の電力会社でも、こうして電力使用量を表示してるんだろうか?

20110530ウェブ


これって必要だろうし目安になる事は間違いないだろう。
でも、所詮、ウェブを開ける環境じゃないと見られないわけだし、確認は出来ても抑止力としての効果がいかほどなのか、ちょっと疑問もある。

もっとも確認することも大事だろうし、まずはそこからというのであれば、パソコンを持たない見ないであろう年配者の方々や幼稚園生などなど。
全ての人に分かってもらう、電気の使い方を再考するためにも、もっと様々なメディアでもやるべきじゃないんだろうか。
今日の写真2枚は東京メトロ(地下鉄)構内に設置された掲示板。リアルタイムで電力消費量を提示するのだけど、これがまたとっても地味~な場所にあるのがほとんどでもったいないな~と思ってしまう。

私はもっとも身近なメディアと言えば自治体の防災無線だと思う。
これだけ官民あげて節電なのだから、電力消費量が80%を超えたら注意報、85%を超えたら警報など、誰にでも分る方法で今現在の状況を知らせてもいいと思う。
スーパーなども店内放送で『本日の特売は~』ってのと一緒に、『ただいまの消費電力は~』ってやってもいいだろうし。

しかし、節電で頭を悩ますとしたらオール電化管理のマンションや建物。

5月中旬に、4階建てのオール電化のビルにお邪魔した。
朝から雨で日照時間はほとんどなかったこの日、現在の発電量というパソコン画面が出ていた。どうやら太陽光発電も併設した施設で、リアルタイムで発電量を表示しているシステムらしい。

時間は午後3時ごろ。
さて、と覗き込んだ画面に表示されていたのは・・・蛍光灯1本分。

夏の暑さの前に梅雨がある。
エコのうたい文句がある太陽光も、朝から雨だとは言え、ほどほどの大きさのあるビルで蛍光灯1本分って、がんばってるな~と評価していいのかどうか。

茨城や千葉を中心に、ここ3~4日、また震度3くらいの地震が頻発している。
土曜日の夜は、久しぶりに緊急地震速報もあった。
給食だと放射能と食材の関係もしっかり把握しておかなきゃいけない。

エキセントリックにわめくつもりはないし、できることなら快適に過ごしたい。
しかし暑い夏を迎える前に、まだまだ寒い話題が山積みだって改めて思ってしまう。


20110530プール


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

シベリア


Category: 日々の出来事   Tags: ---
20110529宇都宮


写真の視覚要素 lightboxを設定してあります。
画像上をクリックすると少し大きな写真がポップアップ表示。
元の画面には暗くなった部分のクリック、またはcloseで戻ります。



シベリア。

現在のロシアの地名だけど、ここではお菓子のシベリアのこと。

どれだけの人がこのお菓子を知ってるんだろう?
ウィキによると、関東を中心に東日本ではそれなりにあったようだけど、西日本ではなじみが無いって書かれているのだけど・・・

ウィキペディア「シベリア(菓子)」

画像を見ていただければお分かりのように、カステラを羊羹で挟んだ、一世代も二世代も前の雰囲気がするお菓子。
実際、最近見たのは、ゴールデンウィークの時に餃子を食べに宇都宮に行った時、とってもレトロでかわいいお菓子屋さんの店頭(今日の写真)。
おおおっ!とは思ったけど、触手が伸びず、結局は食べていない。

食いしん坊でバリバリの昭和人の私が何故食べなかったのか?

過去の記憶で、決して旨いもんじゃなかったよな~、ってインプットされてたからだと思う。

子供の頃、このシベリアは純粋なお菓子屋さんと言うよりも、パン屋さんで他のパンと並んで売っていた確立が高かった気がする。
もし、お菓子屋さんにあったとしても、お手ごろ価格?って感じの和菓子屋さんで販売するようなものだろう。

ずいぶん前から、これだけお店がある東京でも、シベリアって見ていない。
当然、口にする事もないし、そもそもシベリアの存在を忘れていたけれど、つい先日、職場でこのシベリアの話で盛り上がると、一人の職員が都内で売っている店を知っている、ということで一気にボルテージが上がり、買ってきてもらうことにした。

次の日。

早速、調達してきてくれたシベリアを眺めると、昔と変わらない雰囲気。
そうそう、カステラの間に羊羹。このキッチュなスタイルは見ただけで郷愁と哀愁が漂う。
おまけに時代なんだろう、買ってきてもらったものは昔ながらのスタイルと、カステラが抹茶味の2種類あった。

こりゃもう食べるしかないだろう!待ち切れないでその場でパクッ!とひとかじり。

旨い・・・。

平成生まれの若い職員1名を除き、私を含む昭和世代の4人は押し黙ってしまった。

なぜかと言えば、シベリアはこんなにキメの細かいカステラじゃない、もっとパサパサして一口食べたら水分補給が絶対に必要なものなのだ。
だのに、このシベリアはしっとりしたカステラで羊羹の味も上品。
抹茶味も当然、同じ。
シベリアの名前は一緒でも、食べているものはまるで違うものでひたすら旨い。

黙々といただき、お茶を一杯すすり、はぁ~っと軽いため息をついた。

お店としては少しでも美味しくするため、少しずつ今に合わせた味や作り方を研究してる。
それはとても大事なことだし、必要なことだろう。
しかし、思い出として記憶に残っている味と違っていたら・・・

美味しくなっていてガッカリと言うのもおかしな話だけど、何でも美味しくなってりゃいいってもんじゃないんだな~というのは、昭和人のわがままなんだろう。

※※ 追記 ※※

シベリアは関西圏にお住まいの方にとっては馴染みが無い、また、北海道も津軽海峡の波が高くて上陸していないと言うコメントをいただきました。

一方で、大阪を中心とした地域ではロシアものでは「パルナス」というケーキ屋さんが有名だったようで、懐かしむ声をいただきました。
you tube にコマーシャルがアップされていて、思わずう~む・・・(笑)アップしてみました。
♪ロシアのオジさん 言うことにゃ~♪

パルナスコマーシャル http://youtu.be/uVXv373RzIs
パルナスフルバージョン http://youtu.be/u_LCKOlO1c8
パルナスピロシキ    http://youtu.be/5RKkQKdQxR8


※※ 追記 2 ※※
東京都内でシベリアを販売しているお店一覧がありました!
ホントに少なくなってるけど、まだ生き残ってるんだな~と安心とビックリ。
お役に立つかどうかは別にして(笑)、食べたくなった時にはご参考に。
データが2006年ですので、ホントにお出かけの時には各自でご確認くださいませ。

シベリア取扱店
http://www.ne.jp/asahi/66format/aho-room/siberiadb_list.html


20110529シベリア


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

昆虫物語~空中偏~


Category: 給食の話   Tags: ---
20110528昆虫


写真の視覚要素 lightboxを設定してあります。
画像上をクリックすると少し大きな写真がポップアップ表示。
元の画面には暗くなった部分のクリック、またはcloseで戻ります。



昨日に続き、虫の話になるのだけど・・・

キャベツにつく虫は、チョウチョになればともかく、それまではガサゴソと陸地を探索する。

陸地系の虫、特に青虫や芋虫は見た目は気持ち悪いけど、こちらがちょっかいを出さなければ噛み付くことも無ければとび蹴りもライダーキックもまずありえない。
こういう類の虫を野菜の洗浄中に見つけると、ちょいとごめんなさいよ~、と声をかけて割り箸でつまみ、まとめて校庭のはずれに疎開してもらっている。

しかし、問題となるのは空中を自由に飛べる羽物系の虫。

この類の虫は、とにかく遠慮が無い。

野菜についてくるというよりかは、人が出入りする時に一緒に侵入したり、ホントに小さなものなら網戸の目からだって入り込んでるかもしれない。
エアカーテンの設置してある給食室はともかく、なかなかそこまでの設備が整っている給食室は少ないだろう。

厨房内で虫を見つけたらひとまず追いかける。
でも、作業中であれば異物混入の原因になるだけでなく、衛生的にも問題なことがあるから、どこでも構わずブチ落とすことはできない。

しかし飛び物系の何が厄介かというと、調理室内では加熱調理が多い。
デカい釜は煮物や炒め物、揚げ物など、毎日何かしらの料理を作るため、フルに使っている。
すると、当たり前だけど釜の上は蒸気を含んだ熱風がある。
この蒸気にあたると、飛び物系の虫は羽が湿って飛べなくなり、あえなく釜の中に落下してしまう。

たとえば真っ白いホワイトソースの中にポツンと落ちたら、なんだこれは?と気づく確率は高い。
しかし、五目スープの中に1~2ミリの虫が落ちていても、ここに虫がいます!と隊長に報告できる確立は相当低くなる。

また、調理室だけでなく、窓を開けた教室にも当然虫は飛んでくる。
そうなると、配膳をしてたり食べている時でも、生徒の給食に虫が入り込むことが無い訳じゃない。
こういう時も担任や給食係から報告してもらうけど、調理室なのか教室なのか、どこで混入したのか分からないことが多い。
気をつけるね~、とは言うものの、正直何に気をつけるのかはよく分からなかったりする・・・

ちょっと虫が飛ぶ場所を間違えるだけで、虫にとっても厨房のオバちゃんたちにとっても戦々恐々となるのだった。


20110528蚊


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

昆虫物語~陸上偏~


Category: 給食の話   Tags: ---
20110527青虫


写真の視覚要素 lightboxを設定してあります。
画像上をクリックすると少し大きな写真がポップアップ表示。
元の画面には暗くなった部分のクリック、またはcloseで戻ります。



もうすぐ6月、どこを見ても緑が生き生きとしている。

東京の街中であっても、雨上がりの街路樹は風呂上りのようなサッパリ感が漂い、ますますフレッシュな雰囲気となる。

この時期になると、納品される野菜もすっかり顔ぶれが変わる。
春キャベツを中心に、新人参、新玉葱、胡瓜、カブ、そら豆・・・、どれをとっても味も香りもみずみずしい。
野菜の色も、同じ名前の人参やキャベツでも、春とそれ以外の季節のものはパッと見た瞬間から違う。

給食でも野菜はよく使う。
中でもこの時期は味もよく、柔らかい、香りも高いし生徒の好き嫌いもあまり無い。こんな理由もあり、いつも以上にキャベツの登場が多くなる。

どんなものを作るかと言えば、よくあるところでは味噌汁の具、野菜炒め、サラダになるけれど、春キャベツであればグラタンもとても美味しい。
ホワイトクリームでもトマトベースでもOKの頼もしさもある。

また、この時季を外してしまうと、グラタンやクリーム系のドロドロした料理は、ただでさえも蒸し暑い中キツくなる。
4時間目が体育の後に「食べてね~」と言ったところで、全く食欲が出ないのは道理ってもんだろう。
だからこういう献立はめっきり減ってくる。

春キャベツは加熱しすぎると味が落ちるだけでなく、水分が多いから加熱するとどんどん水分が出てくる。
ちょっとした雨が続くと、外葉がとろける感じになり、廃棄率が高くなる。

それだけでなく、給食を作る上で最大の敵は虫だ。

柔らかくて香りがいいものは虫だって美味しいのだろう。
そりゃ分かっているけど、雨が降り、キャベツが大きくなるにつれ虫の数も増えるし、大きさも大中小と各種サイズがそろっている。太陽に温められ、虫もキャベツも育ち盛り。
虫の多くはチョウチョになる青虫なのかな?と思うけど、時々、昆虫辞典でも出して調べたくなるような、とってもカラフルな虫もいる。

つまり、この時期、調理では下処理の洗浄時間がと~ってもかかるようになる。

水槽に水を張り、根元の泥を取り、キャベツをはがして1枚ずつ洗浄を繰り返し、虫がいないか寄り目になるくらいキャベツを眺めてしまう。

春の生命力はすごいな~と思う。
たとえ好みがあろうと、その生命力をありがたいと思って欲しい。
そう思うと、寄り目になる虫探しも季節を実感するものであり、力が入ってしまうのだった。


20110526ココロのボス


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

異国の香り


Category: 学校の出来事   Tags: ---
20110526アーケード


写真の視覚要素 lightboxを設定してあります。
画像上をクリックすると少し大きな写真がポップアップ表示。
元の画面には暗くなった部分のクリック、またはcloseで戻ります。



食事の時はマナーに気をつけましょう。

これは給食時間の生徒指導の中では、かなりウェイトが重いもの。

クチャクチャ音を立てて食べない、配膳はできるだけきれいに盛り付けを、食べ始めたら無用に立ち歩かない、などなど。
一緒にいる人に不快感を与えずに食事をする大切さや、怪我に繋がるような危険な行為。
こういうことはクラスや学校全体に伝えたり、指導したりとなる。

一方で給食準備におふざけが過ぎる、好き嫌いの度合いが人並み外れている、などなど。
個人的に伝えた方がいいものは、本人にその時々で気づいたことを直接話をすることが多い。

普段の食事や外食をする時、香りは許容範囲の幅に個人差がとってもあるものだから、香りの強すぎる香水類には気をつける。
これもマナーの1つに入るはず。

給食準備などで教室を回っていると、チョークや体操服、教科書の匂いとともに、成長期の生徒特有のアドレナリン全開って香りも混じった教室の匂いがある。
お年頃の生徒たちの中には、体育が終わった後にデオドランド系のスプレーを使うことがあり、この香りが強烈だと給食時間まで引きずってしまう。

これなんかはビミョ~な年頃の気持ちを考えれば、目くじらを立てることでもないし、気になれば一緒に給食を食べる担任に任せる。
生徒同士で「お前、使いすぎなんだよ!」なんて言い合っていることもある。

しかし、以前、ある生徒と廊下ですれ違うたびに「この香りは何だ?」と思っていたものがあった。
何だろうと散々悩んだ結果、海外製の洗濯洗剤と柔軟剤の独特の香りだった。

洗濯洗剤や柔軟剤に限らないけど、日本製の香りと海外製品の香りは明らかに違うものが多い。
違うことと使用量がハンパなかったのか、顔を見なくても近くにいるなと分かるので、便利?といえば便利だった。
しかし独特の香りだから他の生徒たちも当然分かるし、ぶつくさ言ってることもあった。

難しいのは綺麗にしようとした結果であり、どの洗濯洗剤を使おうと個人の自由。
私だってタヌキの着ぐるみを洗うのに、お気に入りの外国製品があるのに使うなと言われたら、代わりの物をくれたら考えると答えるだろう。いや、その前に大きなお世話だとムッとしちゃうかな。

これはマナーなの?と聞かれても、場所が学校となると本人や親に言えるか?になり、う~ん・・・
あえて口に出すことはなかったし、こういうケースは指導は出来ない。

洗濯物の香りは、案外と難儀なものだと分かったことだった。


20110526ボトル


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

運動会の献立


Category: 献立の話   Tags: ---
20110525ストップウォッチ


写真の視覚要素 lightboxを設定してあります。
画像上をクリックすると少し大きな写真がポップアップ表示。
元の画面には暗くなった部分のクリック、またはcloseで戻ります。



先日書いたように、私の勤務する中学校は、この時期に運動会をする。

ここ数年は多くの方に来てもらえるようにと日曜日に行い、その日は給食もある。
献立を作るのが、一年で最も悩まない日。それは運動会の給食。
実は昨日のカレーライスの話は、その前哨戦の話だった訳で・・・

私は運動会の日の主食はカレーライスと決めている。
動いて暑くても、スパイシーなカレーは生徒たちもガツンと食べてくれるのと、配膳が簡単。なにより、毎年カレーライスと決まっていれば余計なことは考えなくていい。
生徒にも先生たちにも、数年かけてすり込みに成功したかもしれない。

カレーライスの他にはキャベツサラダと紅白ゼリー。
紅白ゼリーは、赤は何を使うか悩むけど多くはアセロラジュースを使い、白は牛乳を使う。
ゼリーカップを使って赤と白の二色に分けたゼリーを作る。

面白いのは、生徒はどちらの色が下になるかとっても気にする。
牛乳を先に固めれば「白が下だから赤が勝つね~!」であり、逆になれば「白が勝つね~!」
作る私はそんなことまで考えるわけもないし、超能力者じゃないから、好きなように言わせている。

そしてこの日のお楽しみはリクエストジュース。

普段の給食であれば、飲み物は牛乳となる。
しかし、土曜日と日曜日は牛乳の配送がない。指定された乳業メーカー以外から購入すると補助金が出ないので、とってもお高い。
だったら牛乳にこだわらなくてもいいじゃないか。
それもあって紙パックのジュースのリクエスト方式にしている。

種類はアップル、オレンジ、グレープ、パイナップルなどから2種類ピックアップし、給食係に「運動会の日は、リクエストジュースにするから、2種類のどっちにするか、クラスごとに間違わないようにリクエストを取ってきてね」と頼む。

運動会は生徒は昼休みまでにドロドロに疲れることが多い。
最初の頃は、ただでさえも生徒は疲れてるし先生は忙しい、とってもヒンシュク?と思ってビクビクしながら提案したのだけど、フタを開けてみればジュースでよかった~!と大絶賛。
疲れてる体に甘いジュースは美味しいのかもしれない。

普段はチンタラやってたり言われた事もモタモタする生徒が、リクエスト用紙を渡したその日の昼休みには「これでお願いします~!」ってあっという間にリクエスト用紙を出してくる。
当日、間違えないか?って心配してても、これまた今まで間違えたって聞かないのも不思議・・・。

ということで、運動会の日の給食は「カレーライス、キャベツサラダ、二色ゼリー、リクエストジュース」
以上で決まり!
献立に迷わない日はありがたい。


20110525ライン


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

カレー


Category: 献立の話   Tags: ---
20110524カレー


写真の視覚要素 lightboxを設定してあります。
画像上をクリックすると少し大きな写真がポップアップ表示。
元の画面には暗くなった部分のクリック、またはcloseで戻ります。



学校給食と言えばカレーも定番。

胃弱だったり体に合わない場合を除けば、生徒からカレーを完全拒否されたことは無い。

昭和時代だとカレーシチューとパン、ソフト麺にかけるソースとして食べることが多かっただろう。
竹輪の天ぷらや魚のフライにもカレー粉が入ったものがあった。

しかし、カレーライスとなると昭和も後半、ご飯給食を出せるようになってからになる。

カレーは、作っている時からお腹を空かせる匂いをふりまく。
まず、ここで生徒のハートと胃袋をわしづかみする。
お腹を空かせるのだから、当然、カレーライスのご飯の量は普段よりも多めになる。多めに炊いてもきれいになくなるのもカレーならではだろう。

また、カレーは中の具を何にするかで味が大きく変わる。

私はいつもは豚肉にじゃが芋、人参、玉葱の、これ以上ないってくらい超どノーマルなカレーにする。
ちょっと変えたいな~って時は、新玉葱がおいしい今の時期はとにかく時間の許す限り玉葱を炒める。これだけでとってもマイルドなカレーに変化する。

時には味や具を変えようか?

そんなことを考えて、トマトジュースで煮込んだり、シーフードカレー、これからの季節だとナスやかぼちゃを使う夏野菜カレーも作ることがある。
他にもりんごのすりおろしやコーヒーリキュールやココアパウダーを加える、などなど。

しかし、私の思惑とは関係なく、生徒から絶対的な人気があるのは超どノーマルカレー。
この前も大金をはたいて海老やイカを入れたシーフードカレーにしたけど、昼休みには「おいしかった~!でもいつものがいいな~」てセリフを聞くことが多い。

先生たちも知ってか知らずか、「色々工夫してくれるのはありがたいんだけど、生徒は変化球よりも直球の方がいいみたいなんですよね~」なんて口にすることがある。
分かっちゃいるけど、時々、何の工夫もなくていいのか?いつも同じでバカみたい?って自問自答しちゃうことがある。

でも、ノーマルだからいいんだろう。
平成生まれの彼らでも、カレーは昭和のものがベストってのも面白い。
余計なことは考えず、新玉葱をよ~く炒めたカレーライスを作ろう!


20110524カレー


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

冷凍みかん


Category: 給食の話   Tags: ---
20110523運動靴


写真の視覚要素 lightboxを設定してあります。
画像上をクリックすると少し大きな写真がポップアップ表示。
元の画面には暗くなった部分のクリック、またはcloseで戻ります。



様々ある学校行事の中で、嫌でも盛り上がるのは運動会だろう。

運動会を春やるか秋やるかは、地域や学校によって違いはあるだろうけど、余程の理由がなければ運動会が無い学校は少ないと思う。

私が勤務する学校は、春から初夏にかかるこの時期に運動会をする。

生徒は準備に取りかかる頃はかったるそうにグダグダしてても、綱引きやリレーなど軍別競技や学年対抗の練習が始まるとググッと結束し、熱くなってくる。

体育の時間や運動会時間割であれこれ競技の練習が始まると、ただでさえも動いて暑いし、家から水筒持参にしても冷たいものがご馳走になるだろう。
要はいつものことながら、やる気を食べ物で釣ろうという魂胆。

だから給食はなるべく準備が簡単で、生徒が食いつきそうなものを毎日1つ入れている。
献立だとニンニクをきかせたスタミナ丼、ホットドッグや焼肉ごはんはガツガツ食べてくれる。
しかし、人気と言えば冷凍みかんだろう。

ゼリーやフルーツパンチなど冷たいデザートもいいけど、冷凍みかんのおいしさは各別らしい。
汗をかいた体には、飲み物とはまた違う冷凍みかんは確かに美味しい。
ついでに熱くなったおでこに乗せて、プハ~っ!としている生徒が一杯いる。

しかしおいしく食べて欲しいとなると、難しいのはいつ冷凍庫から出すか。
早すぎても溶けてしまってなんとなく冷たいだけのみかんだし、遅すぎると皮がむけずにイライラする。
だから半分シャーベット状でシャリシャリしている状態がベスト。

冷凍みかんを出すと、お昼休みや帰る時に必ず「明日も出るの?」「今度はいつ出るの?」と聞かれる。
残念ながら毎日はつけられないから『違うデザートになるけど、ガンガンに冷やしておいてあげるよ~!!だから練習サボっちゃダメだよ~!』なんて叱咤激励すると、のんびりした声で『は~い!』と答えが返ってくる。

時々、練習風景をチラチラ見に行く。
なぜなら私が勤務する学校は、運動会の日も給食がある。
因果な仕事なので、本番の運動会をまともに見ることが出来ないから、練習でお茶を濁してしまう。
しかしそれだけでも様子が手に取るように分かり、とても面白い。

たとえ運動神経がよくなくても、一生懸命取り組む。
結果が全てではないけど、できるだけの努力をする。
そういう意味でも学校行事は大事だと思う。

生徒のそんな様子を見ていると、また冷凍みかんを出してあげなきゃな~なんて思ってしまうのだった。


20110523冷凍ミカン


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

健康診断


Category: 日々の出来事   Tags: ---
20110522人体


写真の視覚要素 lightboxを設定してあります。
画像上をクリックすると少し大きな写真がポップアップ表示。
元の画面には暗くなった部分のクリック、またはcloseで戻ります。



今年の花粉は飛散時期が長かったんだろうか。

始まりはちょっと遅め?と思ったけど、その分、ゴールデンウィークあたりまでグズグズしていた。
毎年のことだからクシャミだろうと鼻水だろうとしょうがないって諦めてた症状から、ようやく開放された。

そう思っていたのだけど・・・

ここ最近、どうにも喉がいがらっぽい。
とはいえ、風邪をひいて喉がガラガラする感じとは全く違う。
特に朝と夕方過ぎは、喉が乾燥する感じというか、空咳がコンコンと出てタンが絡まる。
原因不明のこの症状は私だけでなく、職場でも複数の人から同じ話を聞く。ということは、花粉じゃないにしても何かアレルギーなのか、黄砂なのか、違う原因なのか・・・

私の家系は父方も母方も、完全な癌体質らしい。
おまけに私の父と母はしっかり結核もやっている。

5年ほど前、職場の健康診断で肺に影があると言われ、超ビビリまくった。
癌も嫌だけど、感染症の結核は職場を考えるととてもヤバイ。
二次検査で感染症でないことが分かり、だからと言って原因が何と特定もされなかった。
いわゆる「経過観察」で終わった。

次の年から、レントゲンをするたびにドキドキしまくり。
どうにか肺の影はそれ以降言われないでいたら、去年、再び同じ指摘を受けた。
二度目となると余裕?なのか、二次検診に出かけてもお医者さんに「5年間、影があるって言われなかったのは何ででしょうね~」なんて聞いたりしてた。

今年も健康診断の季節がやって来た。

毎回、肺がん検診も申し込むのだけど、この検査は喀痰(かったん)検査が必要になる。
しかし普段はタンがそうそう出る訳もなく、気持ちよくカ~ッぺっ!とやってる人を見ると、どうすりゃああなれる?と思っていた。

決してお上品な話題でなくて申し訳ないのだけど、今の私にならカ~ッぺっ!も上手く出来そうな気がする。

無事に検査が終了し、完全形の『医者も見放す健康体』だったらな~と思っている。


20110522マトリョーシカ


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

05 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

04

06


 
プロフィール
現役の学校管理栄養士の日記です。

管理栄養おたぬき

Author:管理栄養おたぬき
現役の学校栄養士の日記です。

初心者マークの写真とイラストで給食、日常、おとぼけ話などを書いています。

 
カウンター
 
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...