言い訳しながら報告します

現役の学校栄養士が写真とイラストで報告する、言い訳の日々。

 

2月28日


Category: 給食の話   Tags: ---
20110228コンテナ


写真の視覚要素 lightboxを設定してあります。
画像上をクリックすると少し大きな写真がポップアップ表示。
元の画面には暗くなった部分のクリック、またはcloseで戻ります。



3月が年度末。

このシステム、学校でも会社でも多いんじゃないだろうか。
2月も終わりとなり、3月になると急に慌ただしくなり、多忙になる方もいらっしゃるだろう。

普段の生活でも、いつもは平和な道路が急にほっくら返されたり、チラシに年度末決算!なんて派手なデカ文字で書かれたものを見ると、そういう季節になったのね~って思ってしまう。

自分はいつもの様にと思っていても、卒業や入学の準備で学校はホントに慌ただしい。
その慌ただしさの雰囲気で、なんとなく落ち着かない気分になるのはお正月に似た感覚もあるかもしれない。

毎年のことなので、3学期に入ると決算を含めやれることは順次やるようにしている。

私の決算と言えば言うまでもなく、給食費。
給食費は単年度決算(1年間の決算で、基本的には次年度に持ち越しができない)。

過不足無く決算するため、1月の年明け早々から献立と発注と収支をにらめっこするようになる。
実際にはにらめっこをしてるだけではどうしようもないから、献立を作り発注表から金額を割り出し、残金に収まるかどうかの繰り返し。
必要な時には献立そのものを変更するし、材料もこの価格に収めるためには・・・って感じで変更や調整をする。

ずいぶん前になるけど・・・。

3月早々に、正確な2月の決算出すため、さあやるぞ!と伝票と電卓でパチパチ(ソロバンじゃないけど、こういう時はパチパチと言いたい)。
めくってはパチパチ、めくってはパチパチ・・・
ん?あれっ??なんだよぉ、28日までしか伝票が無い!

ズボラーを信条とする私だから、どっかに挟んでいるか置きっぱなしにしてたか?
あちこちの山を崩し、引き出しを開け、ファイルを逆さにしてパタパタしても見つからない。
う~んと唸っても探すところは探しつくし、どうしようもないってことで最終手段。
業者さんに電話をして伝票の再発行をお願いする事にした。

「はい、○○商店です~」
「いつもお世話になります、○○中学のおたぬきです。すみません、今日はお願いの電話なんですが・・・」
「えっ?なんでしょうか?」
「実は、2月の伝票ですけど・・・」

2月の伝票。

この一言で目が覚めた!

そうだ、2月は28日でオシマイじゃん・・・

そこからは実にあやふやな会話で取り繕い、やっとの思いで受話器を置き、大爆笑してしまった。
いくらボケてるとはいえ、こりゃ酷すぎる!
自分の体たらくにあきれかえり、ことあるごとに誰かれ構わずこの話を吹聴しまくった。

それからは2月の決算をする時、かならずこのお間抜け騒動を思い出し「2月は28日(29日)までだよ」と自分に念を押すことを忘れないようにしている。

やれやれ・・・


20110228口内炎



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

あっちこっち、自由の女神


Category: 日々の出来事   Tags: ---
20110226女神


写真の視覚要素 lightboxを設定してあります。
画像上をクリックすると少し大きな写真がポップアップ表示。
元の画面には暗くなった部分のクリック、またはcloseで戻ります。



いきなり「自由の女神」の2枚の写真。

右と左の女神は顔立ちが違うのがお分かりかと思います。
同じポーズをとりながら、実は別々の場所で勤務しています。
さて、どこかお分かりでしょうか?

マニアックな方ならお分かりかもしれませんが・・・

左の女神がいるところは・・・


20110226お台場01



お台場に立つ「自由の女神」

******
日本におけるフランス年事業の一環として1998年4月29日から1999年5月9日まで設置されていた。この事業に関しては、1998年4月28日に点火式が行われ、フランスのジャック・シラク大統領、橋本龍太郎首相(当時)などが参加した。この事業が好評を博したため、その後、フランス政府からレプリカの制作が認められフランスのクーベルタン鋳造所にて複製されたブロンズ製のレプリカが2000年に設置された。このフランス政府公認のレプリカは「台場の女神」という別名で呼ばれることも多い。
       
*****ウィキペディア「自由の女神」より 抜粋


20110226お台場02



お台場側から見ると、顔が正面に見えます。
後方はレインボーブリッジ。
東京湾を挟んで、その向こうにはうっすら東京タワー。


20110226お台場03



女神像の後方から見ると、フジテレビを監視してます・・・





対抗するもう一人の女神。このお方が立っておられるのは・・・




20110226富山



お住まいは富山県小矢部市・・・
人気の無い公園の中・・・


20110226富山01



こんな風にたたずんでおられました。
お名前は「自由の像」だそうです。


20110226富山02



正式な住所は、富山県小矢部市「自由の庭」
高速道路の標識がホンのぽっちり見えるでしょうか?
高速道路からよく見えるそうです。
私は、一般道路をヨロヨロ走っていて、偶然お会いできた方です。

公園の周りは、のどかな田園地帯。

そして公園も、公園周辺もまったく人気も無く・・・いつも・・・こうなのか?


20110226富山03



なんでも話によると、小矢部の公共施設はメルヘンなものが多いらしいです。
ああ、そっちも見たかった・・・。

しかし、なぜこの平和な田園地帯にポツ~ンと自由の女神が?
小矢部市のブログに記載がありましたが、なんかよく分からないなあ。

日本全国、いたるところに「自由の女神」がいるそうです。

青森県上北郡おいらせ町のいちょう公園の女神様は、『合併前の百石町(ももいし)にちなんで地元の人からは「ももちゃん」の愛称で親しまれている。』(出展 ウィキペディア「自由の女神」より)


小矢部の女神に名前があるのかどうか知りませんが、田園を守っているような姿なので「小矢部イネ」さん、と呼ばせていただきたい気分です。


去年、初めてお台場の「台場の女神」を間近で見て、今回の東京ビックサイトのイベントで遠目から久々のご対面。
ああ、そういえば富山でも女神に会ったっけ・・・

そんなことを思い出しての本日のブログでした。


20110227小矢部



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

ビックリしたな~!


Category: 日々の出来事   Tags: ---
20110226ヘッドフォン


写真の視覚要素 lightboxを設定してあります。
画像上をクリックすると少し大きな写真がポップアップ表示。
元の画面には暗くなった部分のクリック、またはcloseで戻ります。



昨日の続きで、東京ビックサイトのイベントレポートです。

本日は私にとっては心底ビックリしちゃった話と、そうなのね~って話です。

●ビックリしたな~大賞

事業拡大や方向転換などで、こういう製品も作ってたんだ~!って会社は沢山あるだろうけど、今回のイベントで初めて知ったのが、これ!
(会場の内部写真撮影は禁止されていますが、この写真は主催者とメーカーの方の了承をいただいて撮影しました)


20112026テクニカ01


自動でおにぎりとかお寿司を作っちゃう機械。これ自体は目新しいものでもないだろうし、複数の会社が製作もしてるだろうし、もっと大掛かりなものだって多いはず。
じゃあ何に驚いたって・・・


20110226テクニカ02



オーディオテクニカって私の使っているヘッドフォンがこのメーカー製。その会社が寿司マシーンを作ってたって、知らなかった~!いやいや、アンタ、そんなのは周知のことだよって言われてしまえばそれまでだけど、オーディオメーカーがお寿司を作るって??

話を聞くと、以前はレコード針を中心に作っていた会社だったけど、レコードがCDに変化しレコード針の製造が激減しどの方向に事業転換するか。そうなった時に選択したのがこれだったとか・・・。
こうお聞きしちゃうと、もしかすると前の日までレコード針の営業をしてた人が、翌日から朝イチの仕事が米を研いでたの?な~んて思うとますます何で寿司なんだ?おにぎりなんだ??って思っちゃいました。

ここに至る経緯は面白いレポートを見つけたので、こちらも参考にどうぞ!

http://ascii.jp/elem/000/000/127/127123/

オーディオテクニカ「食品加工機器」のウェブサイト

http://www.audio-technica.co.jp/autec/kitchen/kitchen_top.html

上記のレポートの中でも書かれていましたが、私も見つけた時は「あのオーディオテクニカさんですか?」と全く同じセリフで聞いちゃったし、社員さんからは慣れた雰囲気でお答えいただいちゃいました(笑)。
あまりにもビックリしたから「写真を撮らせて下さい!」とお願いしちゃった次第です。

異業種参入とも言えるけど、裏を返せば日本の技術の深さがなければできないことだろうし、知らないだけでこういう会社ってゴマンとあるんでしょうね。


●そうだったのか~!で賞

先日の「紅茶缶の謎」には沢山のコメントをありがとうございました。

そして今回、東京ビックサイトのイベントでタイムリーに「ティーインストラクター・オブ・ザ・イヤー」が行われていました。
主催は「日本紅茶協会」

これ以上の紅茶の専門家はいないだろ~!と思い、関係者の方に謎の部分をお聞きしたところ・・・。

※缶の形
なんでこの形が定着したのかは不明です~(^^;)

※缶底に残った紅茶は?
振り出していただくしか無いようですね~(-_-;)

う~ん、そうなのね~って無理やり納得させたけど、紅茶の専門家の方は紅茶缶から密閉容器へ茶葉を移し替えてるって話でした。

え~っ、缶ってそのまま使うんじゃないの?
そう信じきってた私でしたけど、缶に入ってても密封容器に入れ替えて湿度や匂い移りを防止するって・・・缶って湿度を防ぐためにあるとばっかり思ってたのに。

だったら缶だって、あんなに奇麗でこじゃれたものにしなくたっていいのに。コーヒーみたいに真空パックにすればいいじゃ~ん。
とどめは「やっぱり日本茶と同様、ストンとしたお茶筒型がいいし、そういう缶も増えてきてますね~」

昨日いただいたコメントの中でもこうしてる方もいらしたけど、ビンゴ!ですね~。
紅茶って普段はティーパックを使うことがほとんど。
いいっちゃいいんだけどなんか不思議な気持ちでございます。

かなりテキトーな見聞録でしたが、お付き合いをいただき、ありがとうございました!


20110226ビックサイト



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

東京ビックサイト


Category: 日々の出来事   Tags: ---
20110226東京ビックサイト


写真の視覚要素 lightboxを設定してあります。
画像上をクリックすると少し大きな写真がポップアップ表示。
元の画面には暗くなった部分のクリック、またはcloseで戻ります。



期末試験で給食が無かったこともあり、休暇を取ってイベントに行って来たので、そのレポートを少々です。

イベントは「第39回 HOTERES JAPAN」「第32回 フード・ケータリングショー」「第11回 厨房設備機器展」の三展合同の大規模なもの。
会場はお台場(フジテレビなんかがあるところ)の東京ビックサイト。
出展社数約800社。

これだけの出展社数なので、ビックサイト内の東6つのブース全てを使い切る、年寄りにとってはとってもしんどい広さ(笑)


20110226東京ビックサイト2



とてもとてもじっくり見るだけの時間の余裕も無かったので、へえ~って思ったことのいくつかだけをご報告です。

内部は撮影禁止なので、どんな様子かは去年のものですが公式サイトに写真掲載がありますのでこちらをご参考に・・・

http://www.jma.or.jp/hcj/jp/about/photo.html


●ドンドン進化系大賞

会場内のかなりの場所を占めていたのが、コンピュータによる様々なシステム構築。
今更でしょうけど、すっかり疎い私にとっては目からウロコになるはず。なるはずだけど見ても分らないので、遠目にチラ見だけ(^^;)

iPadの登場・・・だけじゃないのでしょうが、飲食店で画面を見てタッチパネルでオーダーをする。この方式はこれからどんどん進んでいくんだろうな~というのが実感です。
それと、ポイントシステムの再構築も進んでいるようで・・・

あらゆることがコンピュータで出来る時代。
ますます対人方式が貴重になっていくのかもしれません。

関連してコンピュータによる笑顔診断ソフト!
これはオムロンが開発した技術で、聞いた事はあったけど実物を見たのは初めて。社内研修に使われるみたいですね。

http://www.omron.co.jp/press/2007/09/c0905.html

●こりゃなんだ大賞「透明マスク」

様々な製品が並ぶ中、こりゃなんだ大賞は「透明マスク」
名前の通り、口にあたる部分が透明ってものです。

http://www.mov-on.co.jp/masclear/

写真が載っていますが、よ~~~く見ないとマスク部分が見えません。じ~~~っと口元を見て下さい。そう、それです~!

これは口元まで見えなきゃいけないって時には画期的なアイディア商品でしょう。

が、実際に装着してみると、透明部分はアクリルなのか以外と自分の息でこもる感じ。
加えて自分のツバが飛び散るのも見えちゃうだけでなく、透明部分にくっついたままだからそれが乾いたら・・・想像したらちょっとかなあ。

やっぱり思うことは一緒なのか、製品にはクリーナーがついてますね。

鼻まで覆いなさいって給食現場だと、このままじゃ使えないものだけど、口元まで見えなきゃいけないってところだといいんでしょうね。じゃあどんなとこ?と聞かれると・・・さぁ・・・(^^;)

●ガスでなくっちゃで賞

会場内のブースには厨房設備が沢山展示されてるのだけど、電気とガスの攻防戦。
体力的には圧倒的に電気が勝ってるけど、デモを見てて「こりゃまだまだ雰囲気としてガスだよなぁ」の代表格がピザを焼くお釜。

いくつかのメーカーがガス式のピザ釜でデモをしていたけど、ピザは雰囲気として炎が見えてナンボって感じがしちゃうワタクシ。
ピザと言えばイタリア。
おそらくピザ釜って輸入なんでしょうね。あなたはイタリア人ねってオジサマが、デモをやってるすぐ側で腕組んで見てました。気持ちは分かるけど、もうちょっとにこやかに・・・ね(^^)

電化はどんどん進んでいますね~。
出店用の電化式お好み焼きの屋台ってのもありました。おたふくソースをかけてしっかり食べてきました(笑)


長くなってしまったので、「ビックリしたな~大賞」と「そうなのね~賞」は明日に続きます。


20110225東京ビックサイト


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

紅茶缶の謎


Category: 日々の出来事   Tags: ---
20110217紅茶缶写真1


写真の視覚要素 lightboxを設定してあります。
画像上をクリックすると少し大きな写真がポップアップ表示。
元の画面には暗くなった部分のクリック、またはcloseで戻ります。



昨日、缶切りの話をしたので、その続きと言えば続きで、缶にまつわる疑問を。

紅茶の缶。
なんでこの形をしてるんだろう?

もちろん、この他にも様々な形をしたものもがあるのは知っている。
フォートナム&メイスンの、中世の絵柄が書かれたクラシカル缶なんて、ストンとしてる。他にも・・・すまん、紙袋やティーバッグ以外思いつかなかったです・・・

ただ、つらつらと思い出すと紅茶の缶といえばこの形・・・本体は四角でも丸でも、フタになる部分がペコンとついている・・・多いんじゃないかな~って。

缶の形状としてはオシャレだし、なにより長年の生活経験で「紅茶の缶と言えばこれ!」という特徴ある形。

しかし。

このカンカン、どーにも使い辛いと感じちゃう事がある。

まずは、ふたを開ける時。
ビッチリ閉まっていると、それこそ缶切りの端っこかスプーンの柄の部分で、エイっ!とテコの原理で引き上げる。
これが正しい方法かどうかは知らないけど、この方法しか分らない・・・

これって普段、自分が飲んだり親しい人となら何の問題もないはず。
でも、もしも、もしも、天皇陛下とかエリザベス女王、さらには私が心から愛する高倉健の前で紅茶をいれる時、同じことが出来るのか?しちゃっていいのか??

でもって、そろそろ紅茶が1缶空っぽになりそうな時。
ここでもまた、とっても不条理な現象が起こる。

なにしろ缶の口の部分は本体よりすぼまってる。こんな感じに変形してるから、最後の最後、紅茶缶の底にほんのポッチリだけ茶葉が残る事に・・・。
こうなったら最後、逆さにしてパンパンしようと、スプーンで無理から取り出そうとしても、すぼまった紅茶缶の口の辺りは「そんなビンボーたらしい作業、お止め!」とせせら笑うように取り出せない。

紅茶缶って奇麗なものが多い。
ついつい使い回して、なにかに使いたいな~って思うこともある。

でも、99%中身がない紅茶缶を振ると、残りの1%弱の茶葉が、私はここにいます!って生存を主張しちゃう。
逆さにしても取り出せないんだよっ、どーすりゃいいのさ!
半ば逆切れしてどうするかと言えば、ティッシュを少し濡らして割り箸で紅茶缶の底をズリズリして1%弱の茶葉を引きずり出し・・・

同じ茶葉でも、日本茶のカンカン容器はストンとした形状、いわゆる「お茶筒」といわれる形をしている。

ものには何かしらの理由がある事が多いはず。
なぜ、紅茶缶はこの形なんだろうか?謎だ・・・。


20110217紅茶缶


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

缶切り


Category: 給食の話   Tags: ---
20110214缶詰

写真の視覚要素 lightboxを設定してあります。
画像上をクリックすると少し大きな写真がポップアップ表示。
元の画面には暗くなった部分のクリック、またはcloseで戻ります。



昨日、栓抜きの話を書きながら、そう言えば缶切りも絶滅危惧種?と思っていたけど、コメントをいただいた方々の中にも、缶きりの登場は栓抜きに比べればまだあるようで・・・。

そして、給食現場でも缶切りはそれなり以上の回数登場しておりました。

スーパーなどで販売されている家庭サイズの缶詰は、今ではイージートップと言われるパカッ!と開けるタイプのものが多い。
改めて見て回ったわけでは無いから断言できないけど、普段私が使うような缶詰・・・ホールトマト、ツナ、コーン・・・このあたりの缶詰は、いつからか覚えていないけどイージートップのものしか使っていない。

給食でもイージートップの缶詰が納品されてたっけ・・・?

つらつら思い出してみると、ほとんどのものは缶切りでフタを開けてた。

この理由は缶詰の大きさの違いだろう。

缶詰は缶の形だけでなく、様々な大きさがある。
大きさはJIS規格で1号缶から8号缶まで内容量によって変わってくる。
聞くところでは内容量は1号缶で3100ml、8号缶で233gとかなりの幅がある。

給食で缶詰を使用する時は、みかんや黄桃、パイナップルなどのフルーツものが多い。他にもホールトマトなんかは結構な頻度で使用する。
そして納品されたものは、ほとんどが1号缶。一番大きな缶を使用することがほとんど。
しっかりサイズを測ったことが無いけど、定規を眺めながら推定すると、直径で18センチ、高さが20センチ。このくらいかなあ・・・(あいまいでスミマセン)

他の大きさの缶詰と違い、1号缶でイージートップを見たことがない。
あるのかもしれないけど、私は過去に遭遇したことは無い。
おそらく内容量を考えると缶詰そのものの強度が必要、イージートップのフタにあるプルトップが開ける時にかかる力に耐えられないから・・・
こういう理由で1号缶はいまだに缶切りでキコキコしちゃってるんだろうか。

中には自治体によっては缶は潰して出しましょうって規約があって、缶詰の底をキコキコ、広げてギュ~!ってために缶切りを使ってる方もいるのかもしれない。

でも、私は最近、自宅で缶切りを使ったかなあ・・・。
栓抜きと違い、缶切りはすぐに出てくる。出てくるけど使った覚えがしばらく無い。
もし家庭で使うとしたら、缶を開けるためのプルトップ。
爪が無いから、プルトップが引っかからなくってチクショーって時、缶切りでプルトップの先っちょをひょいっと持ち上げて・・・

こんなことに使ってるくらいかも。


20110223缶詰


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

給食の絶滅危惧種 ~栓抜き~


Category: 給食の話   Tags: ---
20110213栓抜き


写真の視覚要素 lightboxを設定してあります。
画像上をクリックすると少し大きな写真がポップアップ表示。
元の画面には暗くなった部分のクリック、またはcloseで戻ります。



今日のタイトルには「給食の」とつけたけど、栓抜きは家庭であっても、毎日晩酌にビンビールの栓をポンっ!と開けるのよ、という方以外は絶滅危惧種になってるんじゃないだろうか。

多くの場合、栓抜きはビンのフタを開ける時に使うもの。
というか、それ以外に使い道は無いんじゃないかな・・・。

以前は給食でも、醤油や酒、みりんなどの調味料類はビンを納品してもらってたことがあった。
当然、フタをあけなきゃいけないから栓抜きの登場は必ずあった。

しかし、時代は変わり、容器の形態も様変わりした。

まずペットボトルタイプが登場し、レトルト、紙パックなど、調味料類を中心とした液体ものを保存するのにビン以外の選択肢がどんどん増えた。
ビンであっても、栓抜きを使わないスクリュータイプのものも浸透している。

どんどん増えた結果、まずビンと違って割れる心配が無くなった。
ビンはガラスだから割れることが一番問題。
調理さんたちにしてみると、倒れたり何かの拍子に割れて、ビンのかけらが異物混入の原因になる事を一番嫌う。
それとビンだと容器自体が重いし、すべることもあった。

もちろん今でもビン詰めの醤油やお酢などは販売されている。
されているけど、ビンでなきゃいけない理由がない。
というよりも、給食の調理現場ではビンじゃない方が使い勝手がいい。

私自身、栓抜きは忘れるくらい使っていなかった。
ところがつい先日、スーパーで購入したアップルタイザーのビンが栓抜きを使うものだった。
えっ?と思って栓抜きをさんざん探して探して・・・見つからなかった。

身近なところで栓抜きの登場を考えると、宴会で乾杯の瓶ビールを開ける時しか思いつかない。
栓を開けた時のシュポン!という景気のいい音。
あの音を知らない、聞いたことがない世代がそのうち出てきちゃうんだろうか・・・


20110217自動販売機


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

揚げパンの作り方


Category: 給食の話   Tags: ---
揚げパントップ

揚げパン01

揚げパン02

揚げパン03

揚げ<br />パン04

揚げパン05

20110221揚げパンラスト


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

三角形


Category: 給食の話   Tags: ---
20110220三角


写真の視覚要素 lightboxを設定してあります。
画像上をクリックすると少し大きな写真がポップアップ表示。
元の画面には暗くなった部分のクリック、またはcloseで戻ります。



日本はお米の国。

これは日本に住んでいれば周知の事実。
しかし、米の消費量はドンドン減り続け・・・政府の政策に翻弄され続けている米農家の方のご苦労は察してあまりある。

給食で米飯回数の増加を推奨されているのは、食文化の継承でもあり、また、過去の給食の歴史を考えると、そこには政府の思惑なんかもちょっと見え隠れする様な・・・。

生徒はごはんは大好き。
だから、米飯給食の回数が増えても何の問題は無い。

お米はうるち米(普通のごはん)と餅米の二種類がある。
そして何も手を加えない白飯、味付けをした具を混ぜる炊き込みごはん、うるち米と餅米とミックス、餅米100%と、ブレンド具合や味をどうするかというところでもバリエーションは多彩だ。

今の生徒にはいないのだけど、過去に関わった生徒の中には「白いごはんは味が無いからイヤ」と物言いをする子供もいた。これは子供に限らず大人でもチラホラ聞いたこともある。
味が無いからどんな味のおかずとも相性が良くなる、という考えは通用しないんだろうか。

だいぶ前から言われているけど、「ばっかり食い」と言われる食べ方をする人が増えてきていると聞く。

一皿ずつ平らげ、1つ空いたら次の皿、1つ空いたら次の皿・・・
ちょっとした洋食フルコース方式といえばそれまでなんだけど、いやいや、懐石料理のように一品ごとに出てくるお料理ならともかく、定食定式ともいえる和食献立の給食の食べ方としてはどうなんだろうか。

主食のごはん、汁物、おかずと、それぞれを取り混ぜながら三角形に食べましょう。
これを基本に教えているのだけど、確かにばっかり食いをする生徒にしてみれば、普通の白ごはんだけを一心不乱に食べれば味が無い、と言うのも分る気がする。

三角形で食べると、口の中で味が混じることで脳の働きがよくなるとか、様々な理由も聞いたこともある。
科学的根拠をよく知らないので脳の働きとかはおいといて・・・

食文化は確かに継承しなければならないものもある。
しかし様々なものが時代とともに変わってきているから、食べ方くらい自由にさせてくれ、というのも一理あるだろう。

問題にするのならば、ごはんだけを食べて「味が無い」といってごはんを不味いと言い切る無神経さだと思う。
だったらどうすれば美味しくご飯を食べられるのか、考えなくちゃいけないはず。

米の消費量が減ってきている。
農家の方にとっては収入に結びつくものだろうから死活問題ともいえるだろう。
だから品種改良や無洗米など、様々な工夫をして消費者のニーズに合うものを研究している。

ごはんに限らずおいしく食べる楽しみや満足感を得るためには、自分の食べ方に何の疑問も持たず、批判だけをするのではなく、少しは頭を使う、ちょっとだけ努力をすることも必要な時もあると思うのだが・・・


20110220おにぎり


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

成長の果ては・・・


Category: 給食の食材   Tags: ---
20110219yamasa


写真の視覚要素 lightboxを設定してあります。
画像上をクリックすると少し大きな写真がポップアップ表示。
元の画面には暗くなった部分のクリック、またはcloseで戻ります。



生徒天敵、その答えは「豆」

これは以前のエントリでも何度か触れてるのだけど、相変わらず豆の献立は評判が超悪い。
特に白インゲン豆の様な、隠すことも出来ない大きさの豆は何をどうしてもダメ。
生徒の好きなトマトシチューに入れたら食べるかな?と思って試すと、アンケートに「トマトシチューに豆は入れないでください」ってハッキリと書かれてしまった・・・複数の生徒から・・・。

私も意地になってストレートに豆を出し続ける戦いは無意味だと学習し、最近では茹でてフードプロセッサで粉々に砕き、さつま揚げや春巻き、卵焼きの中に入れて差し上げてる。

元々、人気の献立に混ぜれば、残ってくればそれでも豆と認識してることになる。
それはそれでスゲエと思うけど、今のところお試ししたものは残菜がほとんど無い。
ふふん、騙されたね、とほくそ笑んでることを生徒は知らない。

調理方法で好みが代わることもあるだろうけど、納豆って出したら食べるのかどうか・・・。

納豆と言えば、原料は大豆。

以前、生徒に、豆を嫌ってるけど大豆って乾燥する前の名前は分る?大豆から作られる食材って何か知ってる?
こんな質問をしてみたら、食材については豆腐、醤油、きな粉といくつか出てきた。
しかし、「乾燥する前は枝豆」と教えると、これ以上無いってくらい疑いの眼で見られて、ウソつき呼ばわりされてしまった。

日頃の私のホラ吹き度を考えると、これは正しい行動だろう。
しかし、枝豆は実は未熟な豆で、それが成長しきって乾燥したものが大豆だよって言ってもなかなか画が繋がらないらしい。

大豆は様々な形で日本人の食卓を潤してくれる。
でも、以外と枝豆のグリーンが成長過程だと気づく、知っている生徒は少ない。
そういう私も、枝豆はともかく、畑ですっかりガチガチになってるサヤに入った大豆を見たことは一度も無い。
ましてや生徒は・・・。

今、学校では技術家庭の授業を中心に「栽培」が組み込まれている。
栽培するものは学校に任されているようだけど、去年、私の勤務する学校ではトマト、キュウリ、茄子、さつま芋、ピーマンなど数種類の野菜が実を付けていた。

実際に育て、実を結んだものを見ることは、本当の意味での「百聞は一見にしかず」となることだろう。
一度、先生にお願いして、畑の片隅で枝豆を育ててもらうようにお願いしてみようか。
畑の中で大豆になっていく過程を見たら、生徒も納得し、大豆に対する思いも変わるのかどうか。

その時、生徒に「これって成長したの?それとも枯れてるの?」と聞かれたら・・・

水気を吸い取られ、枯渇した大豆は己の姿とダブついて、笑ってしまうかもしれない。


20110219黄な粉


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

02 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

01

03


 
プロフィール
現役の学校管理栄養士の日記です。

管理栄養おたぬき

Author:管理栄養おたぬき
現役の学校栄養士の日記です。

初心者マークの写真とイラストで給食、日常、おとぼけ話などを書いています。

 
カウンター
 
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...