言い訳しながら報告します

現役の学校栄養士が写真とイラストで報告する、言い訳の日々。

 

食品成分表 表記あれこれ


Category: 食に関する表示   Tags: ---
20110809成分表3


写真の視覚要素 lightboxを設定してあります。
画像上をクリックすると少し大きな写真がポップアップ表示。
元の画面には暗くなった部分のクリック、またはcloseで戻ります。



食品成分表は文部科学省が管轄するデータベース。

昨日に引き続きとなるこの話。
データベースだから、当然、数字(数値)がズラ~っと並ぶ。

そして、様々な成分値の表示は、すべて可食部100g当たりの値。
数値の表示方法は、各成分(エネルギー、たんぱく質、脂質、各種ビタミン類・ミネラル類など)によって単位(g、mg、%など)と数値の丸め方(小数点第2位を四捨五入して、表記は小数点第1位など)も決まっている。

例えば、アイスクリーム1個が200.151カロリー
こういう表記を見たことがあるとしたら、残念ながらそれは間違い。
エネルギーは単位はkcal、数値は整数(小数点第1位を四捨五入)
だから正確にといわれれば『200kcal』と記載することになる。


そして同じ『ゼロ』でも、意味合いが違うゼロが5つある。


●0・・・・・・食品成分表の最小記載量の1/10未満、または検出されなかった。

●Tr(微量・トレース)・・・・・・含まれているが、最小記載量に達していない。
 (ただし、食塩相当量の0は、算出値が最小記載量(0.1g)に達していないことを示す。

●(0)・・・・測定していないけど、文献などにより含まれていないと推定される成分

●(Tr)・・・・測定していないけど、微量に含まれていると推定されるもの

● - ・・・・測定、分析を行っていない食品

【注】省略部分がありますので、詳細は日本食品標準成分表2010の概要の『数値の表示方法』をご参照ください


同じゼロでもちょっとづつ意味合いが違う、とってもビミョーなゼロがある。

普段の生活や食事の中でここまで気にする理由は何も無いとだろうから、ゼロはゼロで全く問題ないと思う。

でも、もしも病気治療のための食事管理が必要な時、場合によってはゼロのはずだのに何でこの食品がダメなんだろう?
そんな疑問がおこったら、もしかしたら理由の一つにはこういうことが含まれてるのかもしれない。

今は様々な化学物質の数値表記が問題になっている。
専門家でなければ分からなかったり、分かりづらい数値もあるだろう。
私も急に問われても、あ~う~と言うだけで調べなきゃ分からないことが山ほどある。

データベースは数字であっても奥が深い。



20110809成分表2



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

食品成分表


Category: 食に関する表示   Tags: ---
20110808成分表2


写真の視覚要素 lightboxを設定してあります。
画像上をクリックすると少し大きな写真がポップアップ表示。
元の画面には暗くなった部分のクリック、またはcloseで戻ります。



食品成分表。

正しくは「日本食品標準成分表2010」(以下、食品成分表または成分表で記載)

私の仕事とは切っても切れないものだけど、病気治療などで必要とされる方を除けば、日常生活で片時も成分表を手放さないって人は少ないと思う。

食品成分表は、元をただせば「文部科学省 科学技術・学術審議会資源調査分科会報告」をまとめたもの。
つまり、文部科学省が行う資源調査の報告書のデータベース(18項目 1878品目)を使っていることになる。

何年かごとに見直しがされ、数値の訂正、項目の追加変更、食品の追加変更などが行われている。
現在使用されている最新版は、2010年11月の報告書に基づき、「日本食品標準成分表2010」として各出版社から出されている。

さらに「文部科学省」とあるのでお分かりだと思うけど、食品成分表は各国ごとに作成されている。
エネルギーやたんぱく質、その他全ての成分は国際基準に基づいた検出方法。
しかし、成分表に記載する食品は、その国独自のものも少なくない。

例えば、日本だと「こめ」は外せない食品であり、成分表に記載されている項目も、玄米、半つき米、七分つき米、精白米、はいが精米と6項目ある。
しかし、フィンランドやアメリカ、フランスで「こめ」について同じ項目数や食品でいいのか?、となるとちょっと違うだろう。
同じような理由で、各国の食事情にあった項目が収録されている。

食品成分表の表記や項目は、ちょっと独特なものがあり・・・例えば塩は『食塩』、砂糖は『上白糖』『三温糖』など種類別(正しくは精製度となるのだろう)に記載されている・・・、慣れないと(気づかないと?)どこに記載されているのか分からないこともある。

ついでと言っちゃなんだけど、明日も成分表について(ゼロ表記について)です。


※※ 参考 ※※

食品成分表の目的:
日本食品標準成分表は、学校給食等の集団給食や栄養指導の場、一般家庭で活用されているほか、教育・研究や行政においても広く利用されており、こうした広い利用目的に対応するため、我が国において常用される食品の標準的な成分値を1食品1標準成分値を原則として、可食部100g当たりの数値で示すものである。
なお、食品の成分値は、品種、生産環境、加工方法等の相違により、かなり変動幅があるのが一般的であるが、年間を通じて普通に摂取する場合の全国的な平均値という概念の下に標準成分値を決定している。

日本食品標準成分表2010の概要より



20110808成分表



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

一括記載


Category: 食に関する表示   Tags: ---
20110810漱石


写真の視覚要素 lightboxを設定してあります。
画像上をクリックすると少し大きな写真がポップアップ表示。
元の画面には暗くなった部分のクリック、またはcloseで戻ります。



先日、久々に通帳の記載に行った。

今やコンビニでもカードさえあれば現金が受け取れちゃう。
だから通帳の記載は、金融機関が通勤途中とか家のすぐ近所とか便利な通り道にあればともかく、トラブルさえなければどんどん後回しになってしまう。

いざ記帳を始めると、久々と書いたけどいつから記帳してなかったのか忘れるくらいだったので、ジーコジ~コ、ダダダダっダダダダっ、とそりゃもういつまで続くの?って感じで機械は懸命に打刻を続ける。

ようやく終了して、ペロ~ンと出て来た通帳にはきれいに『○○○中学校 ●●●●円』って記載が、何ページにも渡ってきれいに並んでいた。

・・・何だこりゃ?
学校に寄付をしてる訳でもないし、しばし通帳を眺めてしまった。

学校の給食費の徴収方法は自治体によって、学校によって様々ある。

私が勤務する中学校は1年間の給食費を年8回に分け、金融機関に振り込んでもらう方法で徴収する。

給食は8月を除く毎月あるから、毎月ごとに徴収しているところもあるだろう。
それも1つの方法だろうけど、毎月ということは3月までの徴収。
そうすると年度末ギリギリに入金ってのは、収支決算をする際、めどがなかなか立たずに困るケースが多い。

なので私は学校やPTAにお願いして、6月から徴収を始め、1月で終了する形にしてもらっている。

これは生徒だろうと教職員だろうと変わらない。
口座を開いてもらい、そこから引き落としをする。

そう、きれいに何ページにも渡って記帳された『○○○中学校 ●●●●円』は、給食費の引き落としだった。

いくら引き落としが滞ってないとしても、こんなことも分らないなんてシャレにもならない、なんてヤツなんだ~~~!!

しばし自己反省。

このことは誰にも言うまいと思いながら、言いたくてたまらない・・・



20110810お金



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

食事バランスガイド


Category: 食に関する表示   Tags: ---
20110811食事バランスガイド3


写真の視覚要素 lightboxを設定してあります。
画像上をクリックすると少し大きな写真がポップアップ表示。
元の画面には暗くなった部分のクリック、またはcloseで戻ります。



食事バランスガイド。

前々から思っていたのだけど、これってどれほど認知されているんだろう?

私を含め、自分の周辺だけ見渡すと、食事バランスガイドを使って栄養指導をしている、また家庭でも活用しているというのはあまり聞いたことが無い。
ただ、これは私の認識がないだけで、栄養指導に使ってる、多いに役立っているという方だってもちろんいるはずだ。

私自身、導入された時には講習会にも出向いたけど、ここ最近はサッパリご無沙汰だったのでツッコミご容赦で、食事バランスガイドとはなんぞや?というと・・・

農林水産省のホームページによると『「食事バランスガイド」は、健康な方々の健康づくりを目的に作られたものです。』とある。

コマの形をしたものが主菜、主食、副菜、果物、乳製品、そして嗜好品や運動にコマ分けられ、もし極端に主菜が多いとか主食が少ないとなるとコマが傾く。
つまり、食べたものをそれぞれの区分に当てはめ、バランスが取れていればコマは真っすぐ立つし、バランスが悪いと傾きが激しくなる。
それを元に、自分の食生活を考えましょう。
ザックリだけど、自分の食生活の指針となるよう考えられたものになる。

一時、レコーディングダイエットというのが話題になった事がある。
あれも自分が食べたものを書き出しましょう、と言うものだったけど、食べたものがどれくらいなのかだけでなく、バランスをコマで表現すると考えたら、その発展形とも考えられる。

しかし、私がちょっと敷居が高いかな~と思うのは、食事バランスガイドを使いこなすまでには覚えなきゃいけないことが沢山あること。

例えば、主菜の目安量は『1つ(SV)=主材料に由来するたんぱく質約6g』
独身の若いオトコは、たんぱく質約6gの食材と言われてもハテナがともるかも・・・
また、納豆1パックは副菜じゃなくて主菜に区分される。
普段の食生活で、納豆が主菜と言われる食卓はピンとこない、やはり納豆は副菜の概念が強いと思うのだが・・・

健康は自分で守るもの。
さらに現在は、予防して病気にならないことも目的の1つに入っている。

いつの間にか食事は質も量も不足しない様に、ではなく、摂り過ぎに注意しましょうに変わってきた。

食事バランスガイドも一度使い方を覚えてしまえばいいのかもしれない。
また、自分の食生活を知るためには、とてもよく考えられたツールだと思う。

私は使いこなしてるわよ、とおっしゃる方。
ぜひ、私に使い方のコツの伝授、よろしくお願いいたします。

食事バランスガイドについて(農林水産省)



20110811バランスガイド



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

レーザービーム


Category: 食に関する表示   Tags: ---
イチロー



写真の視覚要素 lightboxを設定してあります。
画像上をクリックすると少し大きな写真がポップアップ表示。
複数毎掲載の場合は写真上部の [NEXT] [PREV] をクリックで移動。
元の画面には暗くなった部分のクリック、またはcloseで戻ります。


賞味期限、消費期限。

あれっ?豆腐ってどっちだっけ??乾物は・・・

どうにも紛らわしいこの二つの表示。
実際には豆腐などはとっとと食べてしまうだろうし、日付の刻印から10日以上経ったものを「食べごろよね~」って思う方も早々はいないだろう。



賞味期限…おいしく食べることができる期限(best-before)。
     この期限を過ぎても、すぐ食べられないということではない。
消費期限…期限を過ぎたら食べない方がよい期限(use-by date)。
     今のところ一般的には5日間が目安になっています。

この2つの表示方法は、見直しされるとか何とかって言われていますが、どうなるんでしょうね。


家庭、レストラン、そのほか食べ物を扱う場所、そして給食でも、農林水産省で定められた表示に従って食材を取り扱うことに変わりは無い。

ただ、給食の場合、納品された時点で必ず日付表示やその他必要事項を記録として残しておかなければならない。
先日(10月12日)の「保存食」でもちょっと書いたけど、給食で使用する食材の管理でも、あらゆることと言ってもいいくらい様々な記録事項がある。

納品された時間から始まり、賞味期限、消費期限、野菜であれば産地、乾物類や缶詰などはロットナンバー、牛乳や肉、魚などの保冷品は赤外線の放射温度計で品温を測定、などなど。

特に保冷品は、納品された時点での品物の温度(品温)が重要となるため、放射温度計が出番となる。
赤外線放射温度計の使い方はとても簡単。
ウルトラマンのレーザービームみたいな赤い光が先端から出て、食品とかパッケージの表面にあてると、瞬時に「10℃」とか「2℃」って表示される。
表面温度を測ることだけに特化した、実に単純明快な一品。

これを使う目的は、言うまでも無く保冷品の品質確認。
表面温度が適切であれば、内部温度はさらに低いって考え方。
だから、納品された時点で表面温度が高いと、鮮度や品質のリスクが高くなる。
滅多に無いことだけど、物によって、場合によっては返品したり交換してもらったりってことの目安にもなる。

この放射温度計って、家庭で使ってらっしゃる方はいるんだろうか?
ほとんどいないだろうし、もし使ってらっしゃるとしたらかなりマニアックかも…。

とはいえ、レーザービームで温度が測れるって興味もあるんじゃないだろうか?
実際、私などもそのクチで、ブツが到着したその日は、自分の顔や手、壁、鉄のフライパン、沸騰したお湯の表面温度などなど。
結構な勢いであっちこっちレーザービームをあてまくり、調理師さんに呆れられていた。
もっともこのお遊び、10分で飽きるしその後は一度もしたことが無い。


ビーム



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
プロフィール
現役の学校管理栄養士の日記です。

管理栄養おたぬき

Author:管理栄養おたぬき
現役の学校栄養士の日記です。

初心者マークの写真とイラストで給食、日常、おとぼけ話などを書いています。

 
カウンター
 
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...