FC2ブログ

言い訳しながら報告します

現役の学校栄養士が写真とイラストで報告する、言い訳の日々。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

完食続きの訳


Category: 献立の話   Tags: ---
20180423think






4月下旬になり、そろそろ新しい職場も少しだけ慣れてきた。

慣れは仕事そのものよりも、職場の人間関係が大きい。
これは学校だけでなくどんな職場だって同じだと思う。

おかげさまで異動先の職場は底意地の悪い匂いがしない、これはラッキー!であり、これ以上望むものは何もないと断言しちまおう。

しかし肝心の生徒諸君の食の好みはイマイチ分からない。

なぜなら、ほぼ毎日、ほぼ完食が続いているからで、下手すりゃ皿まで食べてくるのか?と思うような食いっぷりで、こうなると何が好みなのかサッパリ分からん。

4月の献立は前任者が残してくれたもので、味も量も生徒を知り尽くした人が残してくれた献立だから、完食もなるほどとうなずくだけ。

さて5月の献立は・・・、もちろん前任者のものをベースにしましたです。
決して楽をしようと言うのではない、だって食べるんだもの、何を変えろと言うのだ!とたぬきは呟く。

人が変わるとそれまでのやり方や考え方に変化がつくことがあるし、それを望まれるケースもあるだろう。
でも、変えりゃいいってもんでもない。

6月以降もこの方式で、と企むワタクシでございます。





20180423先生




スポンサーサイト

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

リクエスト


Category: 献立の話   Tags: ---


20180320桜






ありがたい献立とありがたくない献立。

生徒にとっては2つに1つ。
極端かもしれないけどおおよそ間違ってないと思う。

ありがたくないのは豆やキノコを多用し、地味で野菜たっぷり、パワーのかけらも出ないような(思い込みでね)料理が並ぶものだろう。

ありがたいのはオイリーでハイカロリー。
これまた極端だけど、「自分の好きな料理」が出ることがベスト献立だろう。

1月には郷土料理を並べた。
2月は野菜高騰のあおりを受け、ほぼ毎日モヤシ祭りを盛大に繰り広げた。
そして3月は3年生のリクエスト献立をできる限り組み込んだ。

3年生を送る会の主役はもちろん3年生。
給食でも「これでもか!」とリクエストを並べることにし、結果、デカい鶏唐揚げ2個に春巻き、ゼリーにあれこれと、大人は震え上がるような超ハイカロリー、超オイリーな献立。

給食後、担任に「どうでした?」と聞くと完食と聞いてニンマリ。
生徒からは「おたぬき、でかした!神!!」と言われて爆笑してしまった。

ああ、今年もこうやって生徒を送り出す日が近づいてるなあ。

それも実感した1日でございました。じゅる〜





20180315ニワトリ





にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

郷土料理


Category: 献立の話   Tags: ---

20180130玩具






東京には全国から様々な食材が集まってくる。

人口が多いし地方から住んでる方も多い、需要と供給の理にかなってる。

しかし東京そのものに生産力がどれほどあるか?
もし地方からの供給が途絶えれば、間違いなく兵糧攻め状態に陥ってしまう。
何でもあるけど何もない、それが東京だろう。

1月は全国学校給食週間(1月24日〜30日)が毎年ある。
生徒たちにも自分たちが食べているものがどこから来るのか、誰が生産してくれているのか改めて考えてほしいと伝えている。

どこまで分かってるのか、聞いてるのか聞いてないのかすら不明だけど、それでも小うるさい給食のおばちゃんが叫び吠えることに意味がある、そう思わないとね。

かくして1月は各地の郷土料理を並べた1ヶ月だった。
しかし郷土料理はまんま作れるものは限られるし、さあ食ってくれ!と出す以上はある程度の好みも考慮する必要がある。

無理がないのは和食に汁物、その汁物だったら作りやすいし食べやすいかな?
ということで長崎県の「具雑煮」からスタートして、北海道から沖縄まで、少しずつ並べた。

出来上がりは「もどき」であり、ホンモノを知ってる方にはお恥ずかしい限り。

郷土料理は豊かだ。

オリンピックで活躍した選手たちも、故郷に戻って「いつもの味」を食べたとき、ホッと和らいだ気持ちになるんだろう。





20180130狸






にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

初午稲荷


Category: 献立の話   Tags: ---

20180203キツネ






2月7日は初午(はつうま)

初午は2月最初の午の日であり、「稲荷大神が稲荷山の三ヶ峰に初めてご鎮座になった和銅4年2月の初午の日をしのび、大神の広大無辺なるご神威を仰ぎ奉るお祭」(伏見稲荷大社 初午大祭より)

給食献立を作る時、伝統行事とそれにちなんだ料理はないかとハンターになり、あると知れば食いつく。

2月といえば節分が真っ先に浮かぶけど、初午の稲荷寿司も捨てがたい。それはコンビニ業界でも一緒なのだろう。先日、初午稲荷のチラシを見てびっくらこいた。

稲荷寿司は油揚げを甘しょっぱく煮付け、その中にご飯を詰める。
いたって庶民的な雰囲気も漂い、なおかつ酢飯が苦手な生徒も油揚げで緩やかに緩和されるので食べるし、手間がかかるのでそうそう献立に入れらない。

通常、給食で使う豆腐や油揚げは豆腐屋さんから購入してる。
豆腐屋さんの油揚げは見た目はブサイク(失礼)なこともあるけど、食べたらホントに美味しい。香ばしさが違う、というんだろか。
そして寿司あげももちろんやってくれるのだけど、いかんせんちょいと開き具合が悪いものがあって、それを見越して多めに注文することがあった。

しかしおそらく製造工程の違いなんだろう。工場生産となると間違いなく開ける。

ご飯と油揚げを合体させてこその稲荷寿司。寿司あげは無駄がないことの方が重要なので、今年も工場生産のものを使う。

稲荷神社のキツネがフンッ!と言っても、ここは勘弁なのであります。

初午の由来~いなり寿司との深い関係(All About)より





20180202稲荷






にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

カンカン


Category: 献立の話   Tags: ---

20171210白馬






料理の取り分けには道具が必要。

ご飯であればヘラ、汁物はおたま、取り分けるには箸など多岐にわたる。

給食で主に使うのもこれらだけど、学校によって違ってくるだろうが、おたぬきが勤務する中学ではトングが大活躍。お浸しや切り干し大根などの煮物、魚の照り焼きだってトングだ。

おいおい、魚だったらトングよりもフライ返しの方がよくねえか?
その通り!

しかしお家で魚(や肉)をフライ返しで取り分けることが少ないのか、お手伝いそのものをする機会がないのか、フライ返しを使ってた頃、やたらと取り落す事件が多発した。

つまり、うまくフライ返しの上に魚を乗せられず、半端なポジションで皿にのせようとして落下。それも床に。
このパターンが多く、だったら挟むトングがよかろうと、ずうっとトングを使ってる。

これは譲歩した使い方だが、いつも何を使ったらいいのか迷う料理がある。

ポテトサラダやマッシュポテトなど、水分を含んだジャガイモ料理。

これはお玉を使うとお玉から離れず、ポテトを入れたボールでカンカン!と時折お玉についたものを落とさないといけない。トングだって同じ、というかかえって難しい。

ポテトサラダ、マッシュポテト、と書かれた献立表を見るたびに、ううむ、これは難儀だとうなるタヌキが一匹・・・

12月はどちらの献立も入ってるから、教室からカンカン!が聞こえるはずだ。





20171126クラス




にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

代理キャベツ


Category: 献立の話   Tags: ---

20171115キャベツ






給食献立では、なかなかドカン!としたものは出せない。

ドカン!というのはどでかサイズの肉とか魚のことで、とんかつも例外じゃない。

うっす〜いか小っさ〜い肉にパン粉をつけて揚げるので、残念感が漂う。

年度末までまだ時間がある。
ここらでひとつかましたろうじゃないかっ!てことで、ちょいと奮発して厚切りロース肉のとんかつを作ることにした。

とんかつは作り方の手順は簡潔。
しかし、さらに考えなきゃいけないのは付け合せのこと。

とんかつのお供といえばせんキャベツが定番だけど生野菜が出せない給食では、どうしても一度ボイルした温野菜となってしまう。

残念気分がチラチラしたけど、なんと!創世記のとんかつは温野菜が定番だったそうだ。


とんかつに欠かせない付け合わせとしてキャベツがある。当初は日露戦争の影響で人手不足となり、温野菜を添える手間を省くために添えられた代用品でしたが、値段が安くボリュームもあり、またソースにも合うことから取って代わられました。(日本食レストラン海外普及推進機構 「とんかつ」より)


ううむ、日露戦争・・・取って代わられた・・・
生のせんキャベツと温野菜の力関係がビミョーに思える。

柔らかいものを好むようになったと言われる日本人の食卓。
でもフライの付け合せはやっぱ歯ごたえのあるものが少々欲しい。

これは欲なのか本能なのか、それとも勝手に脳内で「フライものにはキャベツでっせ!」と囁く声が聞こえてるのか。

しばし考えることになったおたぬきでありまする。





20171118キャベツ



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

パンプキン


Category: 献立の話   Tags: ---

20171029不二家






今年ももうすぐやってくる、ハロウィン。

なんだかなあ、大人の仮装大会の様相で、正直ワタクシは興味がない。

とはいえチビッコたちにはすでにインプットされたイベントなんだろう。
かぼちゃの何か、が献立に出てくるとワクワクしてるのも感じちゃってる。

その「何か」は決してかぼちゃの煮つけや天ぷらじゃない。
デザートものだよっ!かぼちゃじゃないよ、パンプキンだよっ!
ビシバシと彼ら、彼女らのアピールを感じ、そして聞こえないふりをする。

とはいえ普段は超人気の薄いかぼちゃがパンプキンになって食べるのなら。
その一念でかぼちゃ、生クリーム、コンデンスミルクなどでパンプキンクリームを作り、これをパンプキンパン(パン屋さんのパンね)に挟むことにした。

パンプキンプリンが良かったのに・・・
そんな声はこれまた聞こえないことになってる、便利なおたぬき耳なのでござるよ。





20171029ハロウィン




にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

ゴミからチャイ


Category: 献立の話   Tags: ---

20171020御茶会






先日の記事でサモサの話をした。

当日は「インドっぽい」ものでまとめるため、ターメリックライス、タンドリーチキン、サモサ、スープ、デザートの献立にした。

さて、インドっぽいデザート、それも給食で作れるもので頭をひねった結果、チャイゼリーに決定。

チャイは本場モノはかなりの香辛料と甘さがあるけど、そこは給食。
シナモン、カルダモン、グローブを主としたスパイスを数種類入れて紅茶をガンガン煮だし、牛乳と砂糖を加えたゼリー。

今までも何度か作ったことがあっても、独特の香りがウリのこのデザート。
今年の生徒にはビミョーかなあと心配したけど、思いのほか拒否反応が少なくてホッとした。

その昔。
イギリス植民地時代のインドでは、上質の葉は紅茶用にイギリスに輸出されていた。インドに残った「ゴミ」のような茶葉を集め、煮出しただけでは苦いのでミルク、砂糖、香辛料を入れた飲物がチャイ。

つまり、インドのチャイはゴミ(ダスト、ホコリ)紅茶をどうやって飲むか?
その知恵が産んだものなのだと数年前に初めて知った。

何がきっかけで生まれ、受け継がれることになるのか。

歴史、文化をひもとくと本当に面白いと思う次第でございます。

「チャイ」ってなに?紅茶との違いは茶葉と作り方にあり!





20171020ヨガ


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

そっと戻す


Category: 献立の話   Tags: ---

20170531箸







替え時、はどんなものでもあるもの。

料理関係であれば、鍋、フライパン、皿、そして箸などなど。

給食の箸は木製を使っていて、時期が来ると取り替える。

先日、倉庫をガサガサしてたら新しい箸が少しだけ在庫としてあった。
そして驚くおたぬき。

なぜって、今使っている箸とあまりにも色が違うこと。

使って洗って乾燥させる。
この繰り返しだから使用感満載になるのは当然といえば当然。

しかし、並べてみたら、あーらごめんあそばせ、と言いたくなるほどの差があるのも確か。

こうなると「新しい箸が見つかったから、ちょいと入れ替えよう」とすると、新旧入り混じり、さらに新と旧がはっきり分かるだけに、テキトー命のワタクシでも、なんじゃこりゃ?!と思ってしまう。
食べる生徒にしてみればなおさらだろう。

箸や皿は備品の要素が強いので、学校購入ではなく区として購入し、一気に替える。
この新しいハンパ箸は思ったよりも多く届いた残り、ということだったのだろう。

スポンジや鍋は痛んだり替え時を見極めて交代してもうちうちのこと。
大量の箸を前に、新しいものだけをかき集めるのはできりゃしたくない作業だし、そんなことしてるなら他にやることがあるだろっ!と自分にツッコむ。

調理員さんたちに見つからないうちに、そーっと元の場所に箸を戻すおたぬき。

はてさて、新らしい箸が届きますよ、のお知らせはいつだろか。





20170607 ねじ





にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

初夏の果物


Category: 献立の話   Tags: ---

20170527缶詰







毎年、この季節になると悩むこと。

それは果物を何にするか。

果物の話は何度も記事にしてるので、自分でも「またか」であり、「またまたですか?」であっても、どうしても避けて通れない、もとい、避けて通るものか!でございます。

さてさて、なぜ悩みであり避けて通るものかかといえば、種類も価格も悩みのタネ。
これに尽きるからが理由。

メロンもスイカも美味しい、ビワなんて日本を代表する初夏の果物もある。
アンズもうまくすれば手に入るし、さくらんぼだって歯を食いしばってつける。沖縄(石垣島)のパイナップルも味が濃くてたまらんぜって思う。

しかし、ミカンやリンゴに比べたら本当にお高い。
さらに生徒たちの反応はイマイチで、メロンにはしゃぐわけでもなし、特にビワの嫌われっぷりときたら言語道断!

とはいえ言語道断の前に、まずお値段がワタクシの前で仁王立ちしてる。
サクランボ1個でオシマイにする勇気がない、お皿もない、付け方考えなきゃ!
スイカは1個をいくつにカットするかで悩むしね。

季節の果物は美味しい。
できれば缶詰には頼りたくない。

そんな思いとは裏腹に、缶詰パインが入ったゼリーにヒャッホー!と喜ぶチビッコ。

チキショーとばかりも言っていられない今日この頃でございます。





20170520びわ





にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
励みになりますので面白いと思ったらクリックお願いします。

テーマ : 絵日記    ジャンル : 日記

09 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

08

10


 
プロフィール
現役の学校管理栄養士の日記です。

管理栄養おたぬき

Author:管理栄養おたぬき
現役の学校栄養士の日記です。

初心者マークの写真とイラストで給食、日常、おとぼけ話などを書いています。

 
カウンター
 
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive   RSS   Login

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。